ポイントをおさえれば安心!人気のジムニ―の買取価格を上げる方法とは

本格的なオフロードが楽しめる軽自動四輪車のジムニー。2018年7月のフルモデルチェンジでさらなる大人気を博し、納車まで1年がかかるほどの話題を呼んだ車です。

ただ、フルモデルチェンジによってこれまでのモデルの買取価格が心配な人も多いでしょう。そこで、ジムニーの買取査定額の実例や特徴、高く売れるポイントなどを紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

目次

ジムニーの買取で必要な基本情報

ここからはジムニーの買取を依頼する上で必要な基本情報について説明します。ジムニーはスズキが販売している人気の軽自動四輪車です。ジムニーは中古車市場でも人気のある車として高値で売却されることも多くなっています。ジムニーが最後にモデルチェンジをしたのは、1998年です。

つまり今回のモデルチェンジは20年ぶりだということです。ジムニーは1970年から販売されています。ジムニーの車種にはランドベンチャーやワイルドウインドリミテッド、XGなどがあります。ジムニーで人気の車種はランドベンチャーやワイルドウインド、クロスアドベンチャーなどの特別仕様車です。

ランドベンチャーは四輪自動車の割に燃費性能が良いため、オフロード走行に適しています。見た目もメッキパーツを採用しているなど豪華で、車の中の内装にも高級感があるのが特徴です。

クロスアドベンチャーは、フロントにメッキグリルがあったり、アルミホイールもクロスアドベンチャーだけの限定品を使用しています。クロスアドベンチャーは、自分で改造するのは好きでないけど、他の車とは違う感じを出したい方にはぴったりの車です。

ワイルドウインドは、アウドドアに行く際に助かる車です。様々な荷物を積むことができるエリアが用意されていたり、泥などで車内が汚れても清掃が楽になるフロントトレーマットを採用しています。

ジムニーは古い年式でも20万円以上の値段がつくことがある

現在中古車市場で盛んに取引されているのはジムニーJA11,JA22,JB23などがあります。JA11は2代目と呼ばれる1990年〜1995年に販売されたモデルです。JA22も2代目のモデルですが、1995年〜1998年に販売されたモデルです。JB23は3代目のモデルで1998年以降販売されたモデルです。

現在ジムニーを所有しているかたのほとんどは3代目のモデルをお持ちの方が多いのではないでしょうか。なお、通常10年以上古い年式の車は、値段がつかないことが多いですが、ジムニーは古い車種ほどマニアに好まれる傾向があります。したがって、2代目のジムニーのJA11やJA22も人気があり、20万年〜30万円の値段がつく事もあります。

ジムニーの走行距離は10万kmまでなら他の車よりもはるかに高い金額で買取をしてもらえる

ジムニーは、前述したように1998年以降モデルチェンジをしてきませんでした。したがって、ジムニーの多くは走行距離も長い車が多いです。通常の軽自動車は走行距離が10万kmを超えると一気に買取価格は下がる傾向にあります。

ジムニーも走行距離が10万km買取価格は下がっていきますが、それでも他の軽自動車と比べると高値で売れます。また年式が3年や5年ぐらいのジムニーの場合、同じぐらいの年式の車よりもはるかに買取金額が高くなります。

ジムニーのグレード構成は3つあり、特別仕様車のランドベンチャーの人気が高い

ジムニーのグレード構成は、ベーシックグレードのXG、豪華なXC、ベーシクグレードのXGに追加の装備を付けたランドベンチャーの3種類があります。例えばジムニーXGの上位グレードであるXCには、フォグランプやリヤシートヘッドレスト、ルーフレールなどの追加装備が14個も装備されています。

特別仕様車のランドベンチャーにも運転席・助手席シートヒーターや本革巻ステアリングホイール、専用メッキフロントグリルなど14個も装備が追加されています。この中でも一番人気のグレードは、見た目が豪華なランドベンチャーです。

そして、ジムニー人気の色は、ホワイト(パール)、ブラック、カーキ色などです。さらに近年はオートマ車が当たり前になっていますが、マニュアル車は希少性も高くオールドファンからも絶大な人気があります。

ジムニ―の買取査定額は他の車よりも査定金額が高め

ジムニーの買取査定額は他の軽自動車よりも高い査定がつくことが多いです。ジムニーの買取査定額は、他の中古車と同じように走行距離や車の状態でも変わってきます。しかし、そのほかにも買取をしてもらう時期や車種のリセールバリューによって価格は違います。

ジムニーの買取をしてもらう場合は、これらの条件によって変わる査定額をあらかじめ知っておかなければなりません。査定相場がないわからない状態で買取を依頼すると、査定業者に買い叩かれることもあるので注意してください。

車の走行距離や状態などで買取価格が異なる

ジムニーの買取査定額はまず走行距離や車の状態で買取価格が異なります。例えば、ジムニーの走行距離が3万km以内で年式も平成28年のランドベンチャーMTだと90万円前後ぐらいの査定金額がつきます。しかし、走行距離が1万kmの場合は、なんと査定金額は110万円まで上がります。

次に走行距離5万km前後で年式が平成26年のランドベンチャーMTの査定金額は80万円ぐらいに買取価格が落ちてしまいます。ただし、年式が平成26年でも、走行距離が3万km前後のランドベンチャーMTは、85万円以上の価格がつきます。このように、年式が古ければ価格は下がりますが、走行距離が短ければ、買取価格が大きく下がりません。

次にXCの平成26年と平成24年でも比較してみます。平成26年のXCは走行距離5万kmのケースで65万円の価格です。しかし、走行距離が2万kmに落ちると、75万円前後の価格になります。次に平成24年のXCは走行距離6万kmのケースでは40万〜45万円の価格です。しかし、走行距離が1万kmだけの場合、75万円まで高値になります。

また車の買取価格は状態によっても大きく違いが出てきます。例えば、ジムニーのクロスアドベンチャーXCの平成23年式で走行距離が5万kmの場合、110万円〜120万円の価格がつきます。ところが、自己修復歴がある車だと同じ条件でも70万円〜80万円まで価格が落ちるのです。

買取時期により査定額が異なるので注意!

車の買取価格はジムニーに限らず、車を売る時期によっても値段が違います。基本的には、中間決算期である9月10月前後や決算期である1月〜3月は中古車を多く販売した事情から買取を強化している店舗が多いです。ただし、ジムニーの場合は2018年7月に20年ぶりに新モデルを販売しています。新型モデル発表直後は、買取金額は大幅に下がります。

実際に、新型モデル発表直後からジムニーの車の価格は下がり続けています。次に買取をしてもらう狙い目の時期は1〜3月です。この時期は、中古車市場の買取が1年で一番活性化する時期なので、下がり続けた買取価格が横ばいになるかもしれません。

ジムニーの旧型モデルの売却を検討している人は、今年中か年初すぐに売却に必要な手続きを済ませ、2019年の1月〜3月の間に買取をしてもらった方が高値で売却できる可能性が高いです。

車の買取価格はリセールバリューの影響が強く、ジムニーは84%

車の買取金額はリセールバリューによっても違います。リセールバリューとは車を売却したり、販売する時の価値のことです。リセールバリューは3年落ちの曾鞏距離が3万kmの車の価値を表します。平均的には購入金額の40%〜60%ぐらいだといわれています。ちなみに、リセールバリューの価値が高い車は人気の車種だけでなく、海外でも需要のある車です。

リセールバリューの価値が高い車の場合は、年式が古かったり、走行距離が長い車でも高値で売却されます。ジムニーの場合は、他の車では価値があまりない8年以上前の年式の車でも40万円〜50万円以上の価格で取引されます。そして、ジムニーでも人気のあるランドベンチャーの場合リセールバリューは84%です。他の車よりも20%〜30%も価値が高いです。

価値が高い分、ジムニーの車は全体的に緩やかに買取金額が下落します。ちなみに、ジムニーにはオートマ車とマニュアル車の2種類がありますが、マニュアル車の方が7%ほどリセールバリューの価値が高いです。

ジムニ―を買取に出す方法を4つ紹介!

ここからはジムニーを買取に出す方法について解説します。ジムニーは他の車と比べてリセールバリューの価値が高い車です。しかし、買取に出す方法を間違えてしまうと、相場よりも安く買い叩かれる事もあるので注意しなければなりません。

車の買取方法はディーラー下取り・中古車を販売する買取業者に出す・ネットでの一括査定・ヤフーオークションなどでの個人売買の4つの方法があります。

ジムニーをディーラー下取りで売却するのはもったいない!

車を売却する際、ディーラーに下取りをしてもらう方法が一番人気があります。なぜなら、手間があまり掛からないという点が大きいからです。しかし、ジムニーのような価値が高い車をディーラーで下取りしてもらう方法はおすすめできません。

中古車の買取相場がわかるナビクルで確認してみると、平成25年のXCの平均価格は、買取金額が78.5万円、下取り金額が73.5万円と5万円も違います。また2014年式のランドベンチャーでも、買取金額が104.3万円、下取り金額が99.1万円とこちらもほぼ同様の結果となりました。

また年式がとても古く10年以上経過している車になると、相場よりも安い値段で買い叩かれるケースも多くなるのでおすすめできません。

ジムニーを買取業者に出す方法は買取相場を知っておくことが前提

次の方法は買取業者に出す方法です。買取業者に出す方法はおすすめの方法の一つです。しかし、買取業者によっては安く買い取ることを一番に考える業者も多いので、1つの買取業者だけで判断するのはやめましょう。売却予定のジムニーの車種がどのぐらいの値段で売れるのか相場感覚がなければいけないので、上級者向けの方法です。

ジムニーの一括査定は買取が初めての方にもおすすめ!

次に一括査定の方法について説明します。一括査定に出す方法は、車の買取を頼むのが初めての人でも安心な方法です。ネットで簡単に一括査定ができるので、手間が掛かりませんし。複数の業者を比較することで値段交渉の結果、査定金額が大幅にアップするケースがあります。

ただ、欠点としては、一括査定の依頼をすれば営業電話が一度に多く掛かってくるので、その対応が少し大変な点です。しかし、いちいち店舗に行って相見積もりを取る大変さに比べれば、一括査定の方法はおすすめできる方法です。

ジムニーの個人売買は、マニアに高く売却できる可能性もあるがトラブルに発展するケースも

最後に紹介するのは個人売買です。ヤフーオークションなどでジムニーを出品して、車を売却します。面倒なら個人売買の代行業者に依頼をする方法もあります。個人売買のメリットは、ジムニーが好きなマニアの方が落札をしてくれるので、買取業者や下取りに出すよりも高い値段がつきやすい点です。また年式が古い車は、逆に希少価値が高いので思わぬ値段がつくこともあります。

しかし、個人売買のデメリットは、金銭トラブルに発展する可能性がある点です。特に中古車の掲示板だけでやりとりをするのは危険性が高いので注意してください。

ジムニ―の買取価格を上げる方法について解説!

ここからはジムニーの買取価格を上げる方法について解説します。ジムニーは他の自動車と比較しても人気があり、根強いファンも多いためもともと買取価格は高めです。しかし、ジムニーの買取価格を上げる方法を知ることでさらに買取価格を上げる事も可能です。

ジムニ―の買取時期が高い時に売る

車を売却する際に気をつける点は、買取の金額が高い時期に売却する事です。1月〜3月は決算があるためどこの中古車販売店も多くの車を売りたい時期です。そのためその期間内でもできるだけ早い時期に売却するべきです。

つまり3月の終わりぐらいに売却するよりも1月や2月の早い時期に売却をした方が高値で売れる可能性があります。新モデルが出たばかりのジムニーでもその点は変わりません。

定期点検をした整備記録を残しておくのは必須!

次に大事な点は定期点検をした整備記録を残す事です。定期点検整備記録簿では、オイルの交換や消耗品の交換をしたかなどの記録が残っています。きちんとした定期点検をしたことが確認できれば、買取業者も安心して車を販売できます。

もし、整備記録がなければ、大幅なマイナス査定です。定期点検整備記録簿をなくしてしまった場合は、メンテナンスノートを探せば整備記録簿も一緒に入っていることが多いです。

カスタマイズしたジムニーは元に戻して買取を依頼しないと安い査定になる

ジムニーが好きな人の中には、改造などしている方も多くいます。買取業者で売却する場合、改造した車はジムニーに限らず安い査定になることが多いです。なぜなら、買取業者の多くは改造した車を販売するルートを持っていないからです。

もし、改造したジムニーの買取を業者に頼む場合は、事前に元の状態に戻すことをおすすめします。そのためには、ジムニーを改造した際に純正品はオークションなどで売却せずに手元に保管しておかなければなりません。

車内の掃除や洗車を行う事で査定金額アップが狙える

車を売却する場合、車が綺麗な状態と汚い場合では査定金額に差が出ます。普段から車を洗車していたり、車内の掃除をしていれば、買取業者も安心して車を販売できるので、その分査定金額も高くなります。

例えば、洗車をすれば見た目がかなりよくなります。査定士は、マニュアルに沿って買取金額を出しますが、判断するのは人間です。やはり、状態が綺麗な車だと他の項目を査定するときも「この人は信頼がおけそうだな」と思われるので、査定が甘めになる可能性はゼロではありません。

ボディカラーをアピールして、少しでも高い金額で買取をしてもらう

車の買取に大事な要素としてボディカラーも外せない要素の一つです。車の色にも人気のある色と人気のない色があるからです。無難な白や黒は人気が高い車ですが、青や赤などの原色の色は人気がないため査定金額もやや低くなります。ジムニーの査定金額でも、人気の高いブラックやホワイト(パール)、カーキ色とそれ以外の車では、3万円以上査定金額が違う事もあります。

ジムニーの最新の買取相場

ジムニーの最新の買取相場は以下の通りです。

<ジムニー XC 4WD>
年式:平成28年(2016年) 走行距離:2万km カラー:グレー系
新車価格:162.0万円 買取価格:116.3万円 残価率:約71%

<ジムニー クロスアドベンチャー 4WD>
年式:平成26年(2014年) 走行距離:3万km カラー:グレー系
新車価格:167.0万円 買取価格:113.5万円 残価率:約67%

<ジムニー ランドベンチャー 4WD>
年式:平成29年(2017年) 走行距離:3万km カラー:ブラック系
新車価格:169.0万円 買取価格:99.8万円 残価率:約59%

本格的オフローダー【スズキ・ジムニー】!維持費や費用を徹底調査

ジムニーは買取時期と買取方法を間違えなければ高値での買取が期待できる車

いかがでしたでしょうか?ジムニーは他の車と比べても人気が高い車で、オールドファンが多くみられます。年式が20年以上の車でも価値が高い車が多いのが特徴です。またリセールバリューも他の車種よりも20%以上高いので買取価格の下がり方も緩やかです。

新型モデルが出た事で、いつ売却をするか迷っている人も多いですが、買取の方法や買取時期を間違えなければ高値で売れるので心配いりません。ただし、新型モデルが出てから長い時間が経過すると、旧型モデルのジムニーは値段が下がっていくことが予想されます。そこで、できるだけ早く売却をするのがおすすめです。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます