自動車買取業界での必須資格「中古車査定士」とは?概要や試験内容について徹底解説


中古車販売業界が盛り上がってきていることで今注目を集めている民間資格、「中古車査定士」。

ディーラーや中古車販売店の経営にはこの中古車査定士の存在が必ず必要になってくるということもあって、自動車販売業界に携わっていきたいのであれば今や必須の資格だと言えます。

しかし、実際に中古車査定士の資格取得を目指そうと思ったときに気になってくるのが、中古車査定士が今後役立つ資格なのかということや試験の内容について。
また、合格を目指す方にとっては試験の難易度なども気になるところでしょう。

そこで今回は、今注目の民間資格である「中古車査定士」について詳しく解説していきたいと思います。

中古車査定士になりたいと考えている方はもちろん、自動車業界で働きたいと方にとってとても参考になる内容になっているので、ぜひ参考にしてください。

中古車査定士とは?


中古車査定士とは、中古車査定制度が定める中古車を正しく査定できる資格の所有者のことを指します。

近年新車が高騰してきていることもあって中古車に対するニーズがこれまでにないぐらい高まってきていますが、中古車査定士は、そういった中古車の販売をおこなう販売店において欠かすことのできない資格の持ち主です。

そのため、これから自動車の販売店や買取店に進もうと考えているのであれば、確実に取得しておきたい資格だと言えます。

中古車に関する詳しい知識が必要

中古車鑑定士は、自動車販売店や買取店において持ち込まれる中古車の査定を行い、下取りや買取を行います。

自動車の買取や下取りを行う際、その車に最適な金額で買取を行わなければその下取り店や買取店は赤字になってしまいます。

かといって低い金額ばかりをつけてしまっているようではお客さんの信頼を得ることができず、商売自体が成り立たなくなってしまいます。

そのため、持ち込まれる車の使用状態や傷・汚れの有無などからその車の適切な価値を判断する、中古車に関する詳しい知識を持った中古車鑑定士の存在が必要になってくるわけです。

資格を持つことで信頼される

中古車の下取りや買取をおこなう場合、中古車鑑定士の資格を持っているかどうかで信頼度に天と地ほどの差が出ます。

というのも、中古車鑑定士の資格を持っていないと「本当にこの査定金額は適切なのか」という疑問が生まれてしまうからです。

そしてその結果、中古車鑑定士がきちんと在籍している店舗に流れていってしまいます。

車の買取業者の場合、中古車鑑定士が在籍しているかしていないかで信頼度が大きく異なってくるので、お客さん側からはもちろん店側から見ても中古車鑑定士の存在はとても大きいものだということがわかります。

今後役立つ資格なの?

中古車鑑定士の取得を目指している方にとって、最も気になるのが「中古車鑑定士は今後役に立つ資格なのか?」ということだと思います。

せっかく頑張って取得した資格が、今後人気がなくなっていくものであれば、取得する意味がありません。

ですが、安心してください。

中古車鑑定士の需要は今後も伸びていくことが容易に予想できます。

というのも、最近の車は昔の車に比べて故障しにくいということもあって、走行できなくなるまで乗り潰す人が少なくなってきています。

それにともない新車への買い替えなどでまだまだ走行できる車でも中古車として手放す人が増えてきているため、今これだけ中古車市場が盛り上げっているわけです。

この流れは今後も加速していくと思われるので、車の買取業者にとって必要不可欠である中古車鑑定士の需要は今後もなくなる心配がありません。

どんな試験を受けるの?


中古車査定士の概要に触れつつ、中古車査定士が今後も需要の高まっていく魅力的な資格であるということがわかっていただけたかと思います。

「実際に中古車査定士の資格を取得してみたいな」と思った方もいるかと思いますが、そこで気になってくるのが中古車査定士の試験内容について。

合格を目指すのであれば試験内容の把握が必要不可欠です。

そこで、ここからは中古車査定士の試験内容やどこで受けることができるのかなどについて詳しく解説していきたいと思います。

試験を受けるための受験資格もあるのでしっかりと確認しておきましょう。

査定士の種類は2つある

実は中古車査定士には

①小型車査定士
②大型車査定士

という、2種類の資格があります。

どの資格の取得を目指すのかによって対策内容が異なってくるので注意するようにしてください。

小型車査定士

その名の通り、小型車の査定に関する資格となります。

査定ができる対象は、「乗用車、及び最大積載量4t未満の貨物車」となっています。

中古車査定士には、小型車査定士の他に大型車査定士の資格がありますが、大型車査定士の資格では小型車査定士の査定対象となる「乗用車、及び最大積載量4t未満の貨物車」の査定をおこなうことはできません。

あくまで小型車査定士の査定対象となるので、それらの車種の査定がメインになってくる場合には小型車査定士の資格を取得しておく必要があります。

大型車査定士受験者

小型査定士が査定することのできない大型車の査定をおこなう際に必要になってくる資格です。

大型車査定士が査定をおこなえるのは、小型車査定士が査定をおこなえる「乗用車、及び最大積載量4t未満の貨物車以外の大型貨物車、及びバスなど」となっています。

一般的な自動車買取業者ではこういった大型車両の買取をおこなうことはほとんどないかと思いますが、トラック専門の買取業者やバスなどの大型商用車などを専門に買い取っている業者もあるので、そういった買取業者への就職を目指している方は、大型車査定士の取得を目指すと良いでしょう。

受験資格

小型車査定士と大型車査定士の資格を取得するためには専門の試験を受験し合格する必要がありますが、その試験を受験するためにはそれぞれの試験の受験資格を満たしていることが条件となります。

まず、小型車査定士についてですが、小型車査定士の試験を受けるには以下の条件を満たしている必要があります。

・普通運転免許以上を保有していること
・自動車販売の経験や自動車整備の経験が半年以上あること
・自動車協会所定の研修を修了していること

次に、大型車査定士についてですが、大型車査定士の試験を受けるには以下の条件を満たしている必要があります。

・大型第一種運転免許以上の免許を保有していること
・自動車販売の経験や自動車整備の経験が半年以上あること
・自動車協会所定の研修を修了していること

これらの条件に当てはまらない方は試験を受験すること自体ができませんので、しっかりと条件を満たしてから受験するようにしてください。

試験の内容は?

中古車査定士の試験は、6つの学科試験と2つの実技試験とで構成されています。

学科試験の内容は以下の通りです。
・中自動車査定制度
・中古自動車査定基準、同細則及び加減点基準
・自動車の構造、機能及び取扱い
・保安基準、その他自動車に関する法規
・自動車の機能、構造等自動車工学の基礎知識
・その他査定に関する事項

実技試験の内容は以下の通りです。
・査定の実技(乗用車)
・査定の実技(貨物車)

実技試験では想定される車両が決まっており、文章と略図が提供されます。

その文章と略図を用いて状態をチェックしていき、カーチェックシートに想定車両の状態を記入しながら査定をおこなっていきます。

試験はいつ行われる?

中古車査定士の試験は年に2回実施されます。

その年によって開催される時期は若干異なりますが、基本的には前記と後期に分かれており、前期は6月ごろ、後期は12月ごろに開催されます。

ただし、前期試験への申込みは4月の頭から4月末まで、後期試験の申し込みは9月の半ばから10月半ばまでとそれぞれ申し込みできる期間が決まっていますし、申込者が殺到した場合、上記の受付期間内であっても申し込みが締め切られてしまうこともあるので注意しましょう。

また、小型車査定士の試験は年に2回実施されていますが、大型車査定士の試験は前期だけの年に1回のみの実施となっているので、こちらにも注意が必要です。

受験料はいくらかかるの?

中古車査定士試験の受験料は以下の通りです。

どの資格を受験するかによって受験料が異なります。

・小型車査定士:17,280円
・大型車査定:18,090円

どこで受けられるの?

中古車査定士試験の試験会場は、決まった場所でおこなわれるものではありません。

毎年日本自動車査定協会の各支所がセミナールームなどに設定し、おこなわれます。

試験会場については、各種試験の受験を申し込んだ方に対して後日通知されるようになっているので、しっかりと確認するようにしてください。

また、各種試験の申し込みについては、日本中古自動車販売協会の各支所にておこなわれています。

試験の難易度

自動車査定のスペシャリストを目指す中古車査定士試験ですが、実はそんなに難易度が高い試験ではありません。

というより、受験資格の一つである3日間の研修でしっかりと学んでおけば簡単に合格することができるレベルです。

合格率についても、毎回受験者の8割以上が合格しているので、研修にさえきちんと参加しておけば合格できる類の試験だと考えておいて良いでしょう。

そのため、事前に勉強しておくなどの対策は特に必要ないと言えます。

合格後の更新について


試験難易度が高くなく比較的簡単に合格できる中古車査定士ですが、中古車査定士の資格には有効期限があります。

当然ですが、この有効期限を過ぎてしまうと中古車査定士として認定されなくなってしまうので注意が必要です。

更新時期が近くなった場合や切れてしまった場合は、日本自動車査定協会の各支所がおこなっている技能向上研修会に参加し、有効期限を更新するようにしてください。

まとめ


中古車査定士の資格は、自動車の買取業者に勤務する上で必須になってくる資格です。

中古車査定士の資格を保有しているのとしていないのとでは採用率が異なりますし、お客さんからの信頼度も異なってきます。

資格を取得するための試験自体は決して難しいものではないので、自動車買取業界へ進みたいと考えている方やすでに業界にいて更なるスキルアップを考えている方は、資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?