話題のインターネット査定!賢く一括査定を使って高額買取を狙え

自分の足で沢山の車買取業者を回るのはもう古い!インターネットを使って登録僅か数十秒で、複数の車買取業者を一括で査定が出来る時代。たくさんある車一括査定サイトの中で、最も人気のあるかんたん車査定ガイドを使った買取査定について今回は紹介しますね。

基本的な車の査定手順

今まで長い間、乗っていた愛車を売りに出す時は、誰しも複雑な気持ちになるのではないでしょうか?もちろん次の新しい車の納車は楽しみだけど、今まで乗っていた車には思い出がたくさん詰まっていますから、手放す瞬間が来た時は凄く寂しくなるものですよね。

そんな大切な愛車を少しでも高く買い取ってもらう為には、買取に出す方法を1番最初に考えなければいけません。買取査定の手順や査定方法、必要な書類を簡単に説明していきます。

車の売却方法の決定

車の売却方法には、大きく分けて4種類あります。

・車買取専門業者で売却する方法。

・インターネットの車買取査定を利用する方法。

・インターネットオークションに愛車を出品して売却する方法。

・第3者に個人売買で売る方法。

この4種類の中から自分にあった売却方法を選ぶ必要があります。

車買取専門業者を決める

車買取専門業者は数多く存在しますが、その中でも最も高く愛車を買取を行ってくれる買取専門業者を探さないといけないのですが、それってかなり大変ですよね。

その為には、数多くの車買取専門業者に自らの足で1件1件回って、各買取専門業者で査定を行って見積書を貰い、その査定見積書を使って査定金額の交渉を行いつつ、納得の行く買取金額になるまで買取専門業者を回り続けなければいけません。

時間と労力がかかる作業で、途中で諦めてしまう人が多いのも実情です。大切な愛車なので、¥10,000-でも高く買い取ってくれる買取専門業者を簡単に選定してくれる事で話題を集めているのが車一括査定サイトなのです。

契約手続きの準備

車を買取に出す時に、必要な書類関係は下記の通りです。

・自動車検査証(普通自動車、軽自動車)

・印鑑登録証明書×2通(普通自動車)

・自賠責保険証明書(普通自動車、軽自動車)

・自動車納税証明書(普通自動車)

・軽自動車納税証明書(軽自動車)

・実印(普通自動車)

・認印(軽自動車)

・振込口座情報(普通自動車、軽自動車)

・預託済みリサイクル券(普通自動車、軽自動車)

※印鑑登録証明書は発行後1ヶ月以内のもの。
※自動車納税証明書と軽自動車納税証明書は、有効期限内のもの。
※自動車検査証の住所が異なる場合は、住民票や住民票の除票が必要となります。
※結婚などで苗字が変わっている場合は、戸籍謄本は必要となります。

愛車を売却する時には上記の書類が必要ですが、【自動車税の未払い】【自動車納税証明書紛失】【ローン支払い中の車】のどれかが該当する場合、愛車を売却する事が出来ません。

【自動車税の未払い】がある場合は、滞納している自動車税を納付する事、普通車の【自動車納税証明書紛失】の場合は、都道府県の税事務所で再発行の手続きを行う事、軽自動車の場合は区市町村役場にて、再発行する事が出来ます。

また、【ローン支払い中の車】については、ローンの残債金額を完済しなければ愛車を売却する事が出来ませんので、ローンの残債がいくら残っているかを借入をしている会社へ確認する必要があります。

ローンの残債金額を確認する方法としては、自分で借入をしている会社へ直接連絡をして確認する方法と、買取専門業者へ免許証のコピー等を渡して間接的に確認してもらう方法もあります。

ローン残債金額よりも愛車の買取金額が低い場合は、差額分を一括で完済するのか?それとも差額分だけを改めてローンを組見直すのか?2通りの方法があります。

上記全ての事が解決して、買取金額にも納得する事が出来たら、いよいよ買取の契約手続きに入っていくのですが、上記の売却に必要な書類が契約時に用意する事が出来なくても、買取契約を結ぶ事は可能なのでご安心下さい。売却に必要な書類については、買取契約後に準備をしてから後日、買取専門業者へ渡すようにすれば大丈夫です。

車を業者に引き渡す

契約も終わり、売却に必要な書類もお渡ししたら、最後に買取専門業者へ愛車を引き渡します。引き渡す前に必ず忘れ物のチェックを行って下さい。良くある忘れ物は、DVDやCDなどがオーディオ機器へ挿し込んだままと言う忘れ物が多いので気を付けて下さいね。

また、リモコン類や合鍵など付属品の最終チェックをするのと、ナビゲーションシステムが付いている車は、ナビゲーション本体を初期化する事を忘れずに!個人情報がナビゲーションシステムには詰まっていますから、必ずデータ削除または初期化する事だけは忘れないようにして下さい。

入金を確認する

買取金額の受け渡し方法は、買取専門業者によって異なります。基本的には車の引き渡しの時に振り込むのが良いのですが、直接現金が必要な場合は前もって相談しておかなければいけません。

銀行などへの振込の場合は、契約時に説明を受けているとは思いますが、念のために入金日の確認をするようにしてトラブルがないようにするのがポイントです。

簡単な車の査定手順

最近は、わざわざ買取専門業者に出向く必要もなく、インターネットを使って簡単に買取査定の申し込みが行えます。インターネットを使って買取査定を行う手順を簡単に説明しますね。

車一括査定サイトに情報を入力

車一括査定サイトは、簡単な情報を入力するだけで、登録している複数の買取専門業者に一括で査定の申し込みをする事が出来ます。車一括査定サイトによって入力する内容は異なりますが、愛車のメーカー、年式、車種、走行距離、申し込み者の名前、電話番号、住所などを記入するだけで査定の申し込みが行えます。

専門業者から電話やメールで連絡がくる

車一括査定の申し込み完了後は、サイトに登録している買取専門業者からの返事が来るのを待つだけです。電話やメールで連絡が来たら、実際に現車を査定する日程の打ち合わせを行って、現車を直接査定して頂きます。

1社1社、複数の買取専門業者を回る時間も節約する事も出来ますし、場所も自宅以外でもOKなので、自分の都合にあわせて予定を組むことが出来ます。

簡単な車の査定で生じるトラブル回避ガイド

車一括査定は、車を高く売る方法としては大変、便利なサイトですが、良い事ばかりでは無くトラブルがあるのも事実です。一番多いトラブルは、仕事中とか関係なく色々な買取専門業者から電話が掛かってくる事です。

勧誘電話がしつこくくる

車一括査定サイトへ登録完了後に、買取専門業者からどんどん電話が掛かって来るので、電話はマナーモードかサイレントモードにしておく事をオススメします。買取専門業者も車の査定を行って車を買取る事が仕事ですから、その辺りを理解した上で登録を行って下さい。

メール取引やサイトのキャンセル機能を利用

車一括査定サイトによって電話番号の入力が任意の所もあるので、連絡のやり取りをメールで行い人は、電話番号の入力が任意の所を利用するのが良いでしょう。あまりにも電話がしつこい場合は、査定申し込みをキャンセルする事も可能なので、一旦キャンセルするのも良いでしょう。

誤認識を防ぐ

車一括査定サイトに申し込みが完了したら、車の買取専門業者から電話かメールが必ず来ます!とはサイト内には記載されていません。サイト内の説明が不十分な事で、申し込む側の誤認識トラブルを招いている場合が多いのは確かです。

誤認識を防ぐ為にも、申し込む側にも車一括査定がどのようなサイトなのかを良く理解してから利用する事も大切になってきます。

車一括査定サイトあくまで車を高く売る方法

車一括査定は、あくまでも愛車を高く売る為のサイトで、愛車の買取相場を確認するものではありません。申し込みを行った以上は、車一括査定サイトに登録している買取専門業者も仕事ですから当然、申し込みが来たら必ず連絡をしてきますよね。申し込みをしていないのに営業電話が来るのは迷惑ですが、登録した以上は誠意をもって対応して下さいね。

最終的には車をみせて査定しなければならない

愛車のメーカー、年式、車種、走行距離だけでは、正確な査定金額を出す事は不可能です。外装や内装も査定しないといけませんし、修復歴車の有無も査定金額を出すのに重要な事です。

申し込み後に、愛車を実際に査定する場所や日程を買取専門業者と打ち合わせを行ってから本番の査定に臨んで下さい。査定金額に納得が出来たら売却すれば良いですし、査定金額に不満があればハッキリと断っても大丈夫です。

かんたん車査定ガイドとは

かんたん車査定ガイドは、利用者実績280万人突破の完全無料自動車一括査定サイトで、初めて一括査定を利用する人でも安心して登録が行えるサイトです。

人気の一括査定サイト

かんたん車査定ガイドは、車一括査定おすすめランキングで、第1位に輝く人気サイトです。

JADRI認定の大手専門業者と提携

かんたん車買取査定ガイドに登録している買取専門業者は、加盟することが難しいと言われるJADRI(日本自動車流通研究会)に加盟している優良買取専門業者なので、安心して取引が行えます。また、クレームなどが起こった場合でも専用の受付窓口が用意されているのも初めて利用する人にとっては安心出来ますね。

9つの項目を入力するだけ

かんたん車買取査定ガイドに登録する方法も簡単で、9つの項目を入力するだけで複数の買取専門業者へ一括査定が依頼出来るのですが、自宅からでも喫茶店からでもインターネットが繋がる環境なら何処ででも入力して査定依頼をすることが出来ます。

利用するメリット・デメリット

かんたん車査定ガイドは、45秒ほどの簡単な入力をするだけで、最大10社の優良車買取業者へ一括で査定依頼が行えるのが最大のメリットと言って良いでしょう。申し込みが完了した後に、買取専門業者からの電話がたくさん掛かって来る事をデメリットに挙げる人も少なくありません。

かんたん車査定ガイドは、本気で愛車を高値で売却したい人が利用するサイトなので、安易な気持ちや冷やかしでサイトを利用してしまうと、逆に電話が鬱陶しくなるので注意して下さいね。どうしても営業電話に耐えられない人は、問い合わせフォームからキャンセルも出来るので、最終的な手段として覚えておいて下さい。

他の車一括査定サイトとの比較

かんたん車査定ガイド以外で、車一括査定で有名なサイトを紹介します。

ズバット

ズバットもかんたん車査定ガイドと同じで、約45秒の簡単な入力をするだけで、最大10社の査定額を比較する事が出来ます。ズバットの累計利用者は、150万人以上となっていますから、かんたん車査定ガイドの方が利用者実績は多いですね。

カーセンサー


カーセンサーの売りは、なんと言っても大手リクルートが運営しているサイトと言う事で、信頼度が高い車買取サイトです。入力項目は大変細かく、約90秒で入力出来るとなっていますが、もう少し掛かる内容になっています。

最大13社の査定額を比較出来るのですが、車買取業者も任意に選択出来るので、依頼する車買取業者を自分の好みで絞る事が出来ます。

楽天カーサービス


楽天カンタン一括査定も、かんたん車査定ガイドと同じで最大10社に一括査定を依頼する事が出来ます。楽天会員の人には、楽天スーパーポイントのプレゼントもありますから、会員になってから利用すると良いでしょう。

入力は、任意の項目も多いので、45秒あれば入力出来ますし、依頼する業者もカーセンサーと同じで選択する事が出来るのも楽天カーサービスの特徴です。

まとめ

車一括査定サイトについて紹介してきましたが、サイト登録後の営業電話に困っている人が多いのですが、利用する側も誤認識を防ぐ事が大切です。本気で高く買取査定を狙っている人にとっては、買取専門業者からたくさん電話が掛かって来ると言うこと自体、人気車種の所有者である証ですから迷惑と思わず喜べる事ではないでしょうか?

実際に査定をしてもらった後でも、必ず売らないといけないわけではないので、あまり過敏にならずに利用して下さい。自分の足で1社1社買取専門業者を回るよりは、効率良く高額査定を狙える事は間違いありませんので、気軽に利用してみて下さいね!