車のコーティング剤おすすめ5選!愛車のコーティングをおすすめする理由

愛車のボディを美しく保つためのケアとして定番しているコーティング。コーティングにっはいろいろな種類があります。

専門業者に依頼するか、自分で行うかによって金額や仕上がりは異なるコーティング。おすすめのお店の選び方とセルフで施工するときのコーティング剤5選を紹介します。

車のコーティングをおすすめする理由

車のコーティングはボディ塗装の劣化を守り、愛車を美しく維持するためにおすすめです。コーティングをするべきといえる理由をいくつかご紹介しましょう。

コーティングをおすすめする5つの理由
  • 洗車が楽になる
  • 小さな傷からボディを守る
  • 雨による染みがつきにくくなる
  • 色あせを防止する
  • 査定時に金額アップの理由となる
コーティングしていると、ボディ塗装の上に滑らかな膜ができるので汚れが水圧だけで簡単に落ちるようになります。車に乗っていると自然と小さな傷がいくつもついてしまうものですが、コーティングをしていれば薄い膜でボディを守れるというのは大きなメリットです。

雨水に含まれているミネラルやホコリは放っておくと、ボディに雨染みをつくる原因。水滴を放置していると紫外線とレンズ効果によって塗装が焼けて劣化してしまいます。一度ついてしまうとなかなか取れない雨染みができないようにコーティングをして守るのです。

色あせや小さな傷などから塗装を守っているコーティングが施された車は、売却時の査定額アップにつながります。コーティング費用分が還元されるケースもありますのでコーティングはしておいて損はありませんよ。

愛車のコーティングを依頼するべきお店の特徴

愛車のコーティングを専門業者に依頼するのであれば、どこに行けばいいのでしょうか。コーティングを行えるお店は、ガソリンスタンド、ディーラー、コーティング専門店です。どのお店をお選ぶべきかについて、おすすめの6つの特徴を紹介します。

①コーティングを専門としている

1つめのポイントはコーティング専門店であることです。コーティングの知識と経験に特化しており、様々な車種のコーティングを行える専門店がおすすめ。

愛車をコーティングするなら、長く美しい状態を保てて傷から車を守ってくれるコーティングを施してくれるお店を選びたいと毛のではないでしょうか。耐久性に優れていて5年以上の持続性が期待できるコーティングの技術力を持っている職人がいるお店を探しましょう。

ディーラーやガソリンスタンドに比べて、専門店にはコーティングのノウハウが高いスタッフが豊富にいます。また、コーティングに適した設備と環境が整っているので、質の高いコーティングを期待できるのです。

②品質を重視している

2つめのポイントは、質の高いコーティングを誇りとしている専門店であることです。費用が安いことを強調してくるお店は要注意。なぜなら、コーティングの素材や作業時間でコストカットしている可能性があるからです。

確かに、コーティングは高額なケアになるため出来るだけ費用を削減したいと思われるのもうなずけます。しかし、相場に対して安すぎる費用で提供されるコーティング施工は、持ちが悪かったり仕上がりが満足できなかったりするかもしれません。

優良な質の高いコーティング技術を提供しているお店の相場はどんな車でも10万円以上を想定しておくと良いでしょう。

③施工環境が整っている

3つ目のポイントはコーティングに適している環境が整っているかという点です。どれほど充実した施工環境が整っているかによってコーティングの仕上がりが変わります。愛車のコーティングを美しく施工してもらうためには次の3つの条件を抑えているお店を選んでください。

優良コーティング店の施工環境
  1. 照明器具の充実
  2. ほこりや汚れが入ってこない隔離された環境
  3. 遠赤外線乾燥器の使用
水銀灯やハロゲンランプなどの照明器具が充実しているお店がおすすめです。ディーラーやガソリンスタンド、整備工場での照明器具ではボディについている細かいキズやシミを見つけることができません。

隔離された施工環境には浮遊しているホコリや黄砂、花粉が入り込みません。屋外の自動車保管所でコーティングを行うと、汚れが浮遊しているので綺麗な仕上がりになりません。コーティングの密着性を高めるためにも環境が充実しているお店は必須です。

遠赤外線を利用しているお店はおすすめ。遠赤外線乾燥機を使えば、コーティング皮膜がしっかり硬化してくれるので強度が増し、耐久性が増します。一部の専門店でしか扱われていないので、優良店を見極めやすいでしょう。

④コーティングの種類を豊富に扱っている

コーティングの種類は豊富にあるので、理想の仕上がりや車種によって最適なコーティング剤を選ぶ必要があります。コーティング剤を選ぶポイントとなるものは以下の通りです。

  • ボディカラー
  • 洗車頻度
  • 駐車環境
  • コーティングに求めるもの
  • 車種
コーティングの種類を選び間違えると、シミが出来てしまったり施工後すぐにはがれてしまったりします。細かい傷がつきやすく、汚れやすい仕上がりになってしまうので適切なコーティング剤を選んでくれるお店がおすすめ。

コーティング専門店は、条件に応じた適切なコーティング剤を勧められるほど種類がバリエーション豊かです。コーティングのメリットやデメリットもわかりやすく説明してくれます。

⑤アフターフォローがある

5つめのポイントは、コーティング施工だけではなくアフターフォローが徹底していることです。アフターフォローはコーティング料金に含まれていないため、オプションとしてお金を追加で支払わなければなりません。

コーティングしているからといって、全くメンテナンスをしなくて済むようになるわけではありません。コーティングの薄い膜の表面に、空気中に飛散している花粉、黄砂、酸性雨などによる汚れが蓄積していくので、こまめに汚れを取り除かなければこびりついて取れにくくなってしまいます。

また、コーティングも経年劣化するので、皮膜の撥水性能が低下しボディ塗装に影響が出始める可能性もあります。コーティングを施工してくれるお店にコーティング終了後のアフターフォロー・メンテナンスのコースがあるかをチェックしておくことをおすすめします。

⑥施工事例が確認できる

コーティング専門店でも施工事例が確認できるお店がおすすめです。コーティングの施工事例がたくさんあるほど、ノウハウをたくさん持っているといえます。リピーター客が多いほど技術が高く評価されているということです。

実績が少ないコーティング専門店は、施工内容が不明確で技術力が低い傾向にあるので要注意。お店に行かなくても評判をあらかじめチェックして、施工事例を確認しておけばどれほどの実績を持っているかは確認できます。

セルフ派におすすめのコーティング剤5選

お店でコーティングを依頼すれば理想通りの美しいボディ表面になります。しかし、質の高いコーティング専門店の相場は10万円以上…。セルフコーティングで費用を削減しようと考える方もいるはずです。

自分でコーティング施工をする際に、おすすめのコーティング剤を5つ厳選しましたので参考にになさってください。

1.ミラーシャイン

ミラーシャインは付属のマイクロファイバークロスにフッ素系コーティング剤を取り分けて、塗り広げていくタイプのコーティング剤です。ふき取り不要なのでスピーディにコーティングが行えます。

セルフコーティングにしては耐久性が高く、9カ月半はコーティング効果が持続する点が一つの魅力です。劣化している皮膜には塗り重ねていると艶・強度を増すことができます。

ミラーシャインではヘッドライト、テールランプ、ホイール、メッキパーツもコーティング可能です。予算をかなり抑えてコーティングできるでしょう。

2.美膜ボディコート

ウィルソンの本格派コーティング剤。耐久性は7~9カ月と長持ちします。コーティング剤をムラなく塗りつけた後、乾燥させるのを待ちます。

しっかり乾燥させてから拭き上げるのが大事です。フッ素を原料にしているコーティング剤は防汚機能に優れています。

3.イオンコートレジェンド

イオンコートレジェンドはポリマー系コーティング剤。撥水力と密着性が高いので、汚れをしっかり防いでくれます。

耐久性は13カ月。洗車機を使っても撥水性が維持される強度の高いコーティング剤です。車のカラーによって種類を選べます。

4.スマートミスト

洗車後にスプレーして拭きあげるタイプのコーティング剤、塗り広げるように力いらずでピカピカのボディにできます。塗り重ねるほど、光沢感が増して高級な印象を与えるコーティング剤。

詰め替え用も購入できます。ガラス系ポリマーコーティングで経済性を気にしながら簡単に愛車のボディをコーティングしたい方におすすめです。

5.ホワイトロン

5つ目におすすめするのはポリマー系コーティング剤のホワイトロン。ボディの撥水力を保ち、ドアノブの傷を目立たなくできるコーティング剤です。水アカを取る効果が高く、使えば使うほど、美しさが向上していきます。

おすすめはガラスコーティング

愛車はいつまでも美しく新車同然の状態をキープしたいと誰もが思うことでしょう。しかし、車を走らせているとどうしても傷がつきますし、表面に汚れがついてざらざらしてきます。車をきれいに維持したいのであれば、ガラスコーティングがおすすめです。

ガラスコーティングのメリット

お店に依頼するときはもちろん、セルフコーティングでもガラスコーティングをおすすめする理由を説明します。

ガラスコーティングのメリット
  • 皮膜の強度が強い
  • 塗装面のツヤがアップ
  • 汚れからボディを防止
  • ウォータースポットを防止
  • 洗車がしやすくなる
ガラスコーティングは他の種類のコーティング剤に比べて、耐久性が高いのでおすすめです。

ガラスコーティングのおすすめコーティング剤

セルフでガラスコーティングをする人におすすめのコーティング剤を3選ご紹介します。

ギガクリスタル

初心者でもガラスコーティングに挑戦しやすい施工簡単なコーティング剤です。耐久性は3年以上。水溶性溶剤を利用しているため、しっかり乾燥させられているかを気にすることなくムラのない美しい仕上がりになるという大きな魅力があります。

ピカピカレイン

コーティング剤の伸びが良く、DIYで本格的なコーティングができるピカピカレイン。100%無機質ガラスコーティング剤です。3年間ノーワックスで抜群のツヤを発揮します。

ジェネシスα

3番目におすすめするのはジェネシスαです。カーファクトリーanswer独自の成分吸着処方により、コーティング剤の定着率が高い点が魅力。本格的なガラスコーティンに匹敵している美しいツヤを実現させてくれます。

愛車は信頼できる専門店でコーティングするのがおすすめ

Hand with paper money and car shape. new car buy concept

最近、愛車のケアとして定番化しているものがコーティング。コーティングをしておけば洗車の手間が減り、傷や色あせ、雨染みを防止できるのでおすすめです。

コーティングを任せるなら専門店。豊富な実績と高いノウハウを持っているコーティング専門店をリサーチしましょう。

セルフで施工する際におすすめのコーティング剤を紹介しました。プロの質よりは落ちますが、セルフでも本格的なガラスコーティングができるのは確か。

コーティングをして愛車を美しく保ちましょう。