車のスクラップ買取はどれくらい?廃車の方法や仕組みを大公開!

愛車を売却したくても、年式が古かったり事故車だったりと、様々な理由で価値が付かない場合があります。0円査定の車を処分する時に検討したいのが、スクラップ買取です。

廃車にするのにもお金がかかりますが、スクラップにして買取してもらえば、付けてもらった価値と手数料がプラスマイナスゼロになることもありますよ。

車は場合によりスクラップ工場でも買取可能


車の買取というと、中古車を扱うところに見積もりを依頼し、自動車として引き取ってもらうというイメージがあります。

しかし、年式が古かったり状態が悪い車は自動車としての価値がないため、中古車買取業者では0円査定になってしまう可能性があります。

そんな時に是非利用したいのがスクラップ工場での買取です。スクラップ工場は、車を分解して鉄スクラップにして再利用するのが役目です。

よく解体工場と混同されがちですが、解体工場は車を解体した上で使えるパーツを再利用するのが役目で、スクラップ工場はその解体されたパーツを鉄スクラップにしています。

つまり、処分の順番で言えば、中古車買取業者→解体工場→スクラップ工場ということになります。スクラップ工場は、車の素材を再利用する最終的な行き先です。

そのため、自動車の抹消登録などの手続きはスクラップ工場では行っていないことが多く、買取してもらう前に自分で手続きを済ませておくか、業者に代行してもらう必要があります。

鉄の価格相場により買取価格が異なる

スクラップ工場では自動車としての価値ではなく、鉄スクラップの価値として値段を付けます。

人気のある車だからといって査定額が上がるわけではないですが、逆に自走しない事故車であっても、素材としての価値が付くのです。

基本的に鉄スクラップの量で買取金額を見積もるため、単純に鉄の使用量が多い大型車の方が買取価格は高くなります。

また、鉄には相場があり、日々買取価格が変動しています。スクラップの買取価格は、その日の鉄の買取相場によって変わります。

相場の変動は国際的な需要や経済状況に関わってくるため、なかなか素人が判断するのは難しいです。

ただし、大量のスクラップを売却する場合でもない限り、車1台分の買取金額に相場が大きく影響してくることは考えにくいです。

そのため、売るタイミングは特に気にせず、処分したい時にすぐ売ってしまうのがベストの選択でしょう。

スクラップ業者によって価格は当然異なる

スクラップ相場は関東と関西でも異なるため、買取価格は変わります。また、手続き代行を行っている業者なら手数料もかかりますし、スクラップ工場だからといって買取価格は同じではありません。

たとえば関東の場合、2019年1月後半のスクラップ相場は1トン当たり2万8500円から3万1000円あたりで推移しています。

普通自動車は平均1.5トン、軽自動車は平均0.8トンの重量がありますが、パーツなども全て含めた総重量のため、鉄が使われている部分は全体のおよそ半分ほどです。

つまり、普通車であれば0.85トン、軽自動車は0.4トンの値段をその日の鉄スクラップ相場と比較したものが買取額に近くなります。

スクラップ買取を考えている方は、このような方法で事前に買取金額を予想しておくと、見積価格と比較してお得な業者を見つけやすくなります。

鉄代金だけでなく税金還付も可能

スクラップ工場に車を売却すると、場合によっては税金還付を受けられることがあります。還付が受けられるものは、自動車税、重量税、そして自賠責保険です。

これらは1年分の金額を先に納付しているため、たとえば5月に売却した場合、3月末までの税金が還付されるのです。

ただし、還付金が受けられるのは普通車のみです。もともと税額が優遇されている軽自動車に関しては、還付金制度はありません。

自動車税の還付

年度途中で廃車にした場合は、残りの期間から月割りで自動車税の還付が受けられます。還付の対象となるタイミングは永久抹消登録時なので、実際にスクラップ工場に売却するより前の段階となります。

重量税の還付

重量税とは、車の重さに応じて課せられる税金のことです。車検の残り期間に応じて還付されるので、車検期間の残りが長いと意外と多く重量税が返ってくるのでお得です。

自賠責保険の還付

自賠責保険の有効期限の残りに応じ、解約した保険の還付が受けられます。

自賠責保険に関しては、保険会社に解約を申し入れたタイミングで計算されるため、手続きできるようになったら早めに連絡するのがおすすめです。

スクラップ工場に車を持参すると発生する諸費


スクラップ工場というのはあまり一般人になじみがなく、どれくらいの費用がかかるかわからないという方も多いのではないでしょうか。スクラップ工場に車を持参する時にかかる金額をまとめました。

解体費用は必ず払う

車をスクラップにするためには、解体費用が必ずかかります。主な内訳は、スクラップ代、引取り代、自動車リサイクル料金です。

スクラップ代は車種や業者によって異なりますが、大体1万円程度が相場です。スクラップの代金と相殺してくれることが多いので、実際にはスクラップ代はそれほどかかりません。

引取り代は、廃車を工場まで持って行くときにかかる費用です。自走すればもちろん費用はかかりませんが、車の状態によっては牽引が必要になるため、1万円から3万円程度の引取り代がかかります。

工場までの距離によって引取り代が変わってくるので、自走しない場合は工場の場所も大きなポイントになります。

リサイクル料金とは、その名の通り車の再利用にかかる費用です。ほとんどの場合、新車購入時に支払っており、リサイクル券を紛失してしまった場合でも、運輸支局で再発行を行えば大丈夫です。

手続き代行にも費用がかかる

自動車の永久抹消登録は自分でもできますが、忙しくて時間がない方は業者に代行してもらうことも可能です。

業者に代行を依頼した場合は、大体5,000円から1万円程度の手数料がかかります。できるだけ費用を抑えたいのであれば、面倒でも手続きは自分で行うのがおすすめです。

車を持参すればレッカー代は不要

車の廃車に伴い最も費用がかかるのがレッカー代です。レッカー代がかかってしまうと、大幅に赤字になってしまう可能性もあります。

まだ走れる状態であれば、できる限り自分で工場まで持参するようにして、レッカー代を節約しましょう。自分で車を運べばレッカー代や運搬費はかかりません。

スクラップ工場での手続きは赤字になりやすい

スクラップ工場で手続きする場合は解体費用や運搬費用がかかるため、状態によっては赤字になりやすいというデメリットがあります。

スクラップの買取金額で解体費用を相殺すれば手数料をゼロにできる場合もありますが、あまりに状態が悪い車の場合は難しいでしょう。

そもそも、自動車やパーツとしての価値がなく、スクラップにするしかない車というのは稀です。

スクラップにするのはあくまでも最終手段と考え、中古車買取業者や解体工場での見積もりを優先したほうがお得です。

自分で手続きする際に必要なこと


スクラップ工場で車を処分するにあたり、すぐに車を解体してしまうわけにはいきません。きちんとした手順を踏んで、運輸支局での手続きを行う必要があります。

手続き代行には費用がかかりますので、節約するなら面倒でも自分で運輸支局に行くのがおすすめです。自分で手続きを行う際に必要な書類や、手続きの流れをご紹介します。

必要書類は揃えて運輸支局へ

車を解体する前に、運輸支局に出向いて一時登録抹消を行います。必要な書類は車検証と、車検所有者の印鑑登録、ナンバープレート2枚です。

もし車検証と住民票の住所が異なる場合は、それを証明できる書類も必要となります。

運輸支局で手続きに必要な書類を購入し、手数料350円を支払ってナンバープレートを返納すれば一時抹消登録証明書が発行され、手続きは完了です。

各手続きを済ませて解体作業を依頼

一時抹消登録が済んだら、解体業者に作業を依頼します。自動車の解体が完了すると、移動報告番号と解体報告日が発行されます。

これらの解体通知はその後の永久抹消登録手続きに使うため、しっかり保管しておきましょう。

永久抹消登録を行う

無事に解体が済んだら、再び運輸支局に行って永久抹消登録を行います。手続きの流れは一時抹消登録の際とほぼ変わりません。必要な書類は以下の通りです。

印鑑証明書
車検証
自動車税・自動車取得税申告書
印鑑
使用済自動車引取証明書(リサイクル券B券)
解体通知
振込先口座がわかる通帳など

重量税の還付申請は永久抹消登録と同時がおすすめ

車検証の有効期限が1ヶ月以上残っていれば、重量税の還付が受けられます。手続きは永久抹消登録と同時でなくても構いませんが、月割りで計算されるため早めの申請がお得です。

還付申請は永久抹消登録と同時にできるので、還付金の振込先が分かる通帳などを忘れないようにしましょう。

車をスクラップ工場に依頼する際の注意点


スクラップ工場についての知識がないままだと、思いがけないトラブルに発展する可能性もあります。実際に手続きを依頼する時に気を付けておきたい注意点を事前に知っておきましょう。

業者トラブルが発生する可能性あり

中古車販売業者は一般のユーザーがメインの商売ですが、スクラップ工場はディーラーや整備工場など、プロの業者相手の商売です。
そのため、一般人が突然スクラップ工場に持ち込んでも、受け入れてもらえない可能性もあります。
事前にネットなどで調べて、一般ユーザーでも持ち込みを受け付けているスクラップ工場を探しておきましょう。

また、解体工場と違い、スクラップ工場では抹消登録手続きの代行を行っていないところがほとんどです。自分で手続きを行うか、代行してくれる業者を別に探す必要があります。

さらに、車の持ち込みも自分で行わなくてはいけません。自走する車であれば直接工場まで持ち込めますが、動かない場合はレッカーの手配が必要です。こうしたサービスをスクラップ工場では提供していないというのを知らないと、トラブルに繋がる可能性があります。

解体を依頼したいところを見つけたら、車を持ち込む前に必ず連絡を取り、一般からの依頼を受け付けているか、必要な書類や手続きの流れなどを確認しておくのがいいでしょう。

帰りの移動手段を用意しておく

意外と忘れがちなのですが、スクラップ工場に車を持ち込んだ場合、帰りの交通手段が無くなってしまいます。
徒歩で移動できる範囲や公共交通手段が整っているなら問題ありませんが、スクラップ工場が辺鄙な場所にある場合、帰りの移動に困ることがあります。

やむを得ずタクシーを利用した結果、無駄に交通費がかかってしまったら大損です。スクラップ工場の場所と、車を使わない帰りの移動手段を事前にしっかりと確認しておき、いざ帰り道になって困ることがないようにしておきましょう。

永久抹消登録しないと還付金が貰えない

スクラップ工場で車を解体したら廃車は完了したいうイメージがありますが、実は廃車というのは永久抹消登録を行うまでが一連の流れです。

そのため、車を解体した後に再度運輸局に行き、永久抹消登録を完了させなくてはいけません。

手続きが終わっていないと、自動車税や重量税、自賠責保険の還付が受けられないので、残り期間があった場合損してしまいます。

税金などの還付は永久抹消登録を完了させた時点で、月割りで発生します。そのため、手続きを遅らせているとどんどん還付金が減ってしまうのです。

解体が終わったら、速やかに永久抹消登録を行い、還付金申請をするのがお得です。

各手続きを自身で行う必要がある

スクラップ工場で解体をするのに一番費用がかからない方法は、全ての手続きを自分で行う事です。
しかし、一時抹消登録から車の持ち込み、永久抹消登録、還付金申請など、スクラップにかかる一連の手続きは非常に手間がかかります。

その上、スクラップの買取で得られる金額というのは多くても数万円です。レッカー費用や解体費用がかかった場合、赤字になることの方が多いでしょう。

まとめ


スクラップの買取は、車の処分の最終手段です。スクラップとして買い取ってもらっても赤字になるか、良くてプラマイゼロにしかならない可能性もあるでしょう。

車の処分には、中古車買取や解体工場によるパーツ買取など、様々な手段があります。
最初からスクラップ工場に依頼してしまうと、せっかくの車の価値に気付かないまま損をしてしまう可能性が高いです。

まずは中古車買取業者に複数依頼して、愛車の価値をしっかり判断してもらいましょう。スクラップにするのは、それからでも遅くありません。