車のディーラー下取りは実際どうなの!?メリットデメリットを徹底解説

車の買い替えをする際は、売却の他に下取りという選択肢があります。特に、長年同じメーカーを乗り続けている方や、新車の購入を考えている方は下取りを選ぶことが多いです。価格面では中古車販売店での売却の方がお得というイメージが強いですが、ディーラーでの下取りには売却にはない様々なメリットもあります。

車のディーラー下取りを検討している方に向け、下取りのメリットとデメリットを解説します。

車をディーラーで下取りするメリット

車の買い替えを検討する際は、今ある車を最もお得な手段で手放したいものです。車をディーラーで下取りする際のメリットをまとめました。

一つの店舗で完結し手間がかからない

ディーラーでの下取りは、今の車の処分から新車の購入まで、車の買い替えに関する手続きがすべて一つの店舗で完結します。売却を伴う車の買い替えというのは意外とストレスが溜まるものです。

お得に車を売却するには複数の業者に査定してもらう必要があり、業者選びにも悩みます。さまざまな業者から営業の電話がかかってくることもあり、それらをいちいち断っていくのも面倒です。

その点、ディーラーでの下取りであれば、下取りの査定と新車の購入が同じ店舗でできるので、無駄な時間と労力をかけずにスムーズに車の買い替えをすることができます。車の売却と購入を同じ営業マンが担当するため、下取り査定も商談と並行して行うことが多く、買取時のようにいちいち査定のための時間を空けて業者を待つ必要もありません。

しかも、買取の場合は売却と新車の購入のタイミングが合わず、車がない期間が発生することがあります。ディーラー下取りは下取りと購入をまとめて行うので、買取のような不便さもありません。車の買い替えに伴う時間のロスや手間を省くことができるのは、ディーラー下取り最大のメリットといえます。

場合によっては値引き額の交渉可能

ディーラーで新車を購入する際は、車両本体の値引きと、ディーラーオプション用品の値引きに加え、下取り査定での上乗せという3つの値引き交渉ができます。

このうち、車両本体の値引きとディーラーオプションでの値引きはディーラーの利益を守るため、ある程度目安となる値引き率が存在します。そのため、新車をお得に購入するためには下取り査定の上乗せ交渉がポイントとなってきます。ディーラー下取りの場合、車の価値はそれぞれのディーラーの判断によって異なります。基本的にディーラー査定はその車の価値だけ見るのが原則です。

そのため、以前は車のディーラー下取りは中古車販売店の買取に比べて大幅に安い傾向がありました。しかし、最近ではディーラー下取りでも中古車相場をある程度反映して査定額をつけるようになりました。一昔前と比べると、買取と下取りの価格差は、小さくなったといえます。

ディーラーでの下取りを検討している方は、中古車販売店の売却査定は受けないケースが多いです。しかし、ディーラーでの下取りに中古車相場が反映されるようになってきたため、中古車相場を知っておくことは交渉に役立ちます。そこで、ディーラーでの下取りが目的であっても、買取査定をして大体の相場を知っておくとお得です。下取り査定をアップさせ、新車の値引き交渉の材料となるでしょう。

値引きが難しい車でもお得に購入できる

新車や人気の車種、高級車などを普通に購入しようとすると、ほとんど値下げされないことがあります。ディーラーが車の市場価値やブランドイメージを守るため、車種によっては安易な値下げを行わないためです。特に人気の高い車種などは、値引きが一切ないというケースも当たり前にあります。

しかし、下取りを利用することで本来値引きできない車種でも安く購入することができます。新車の購入を検討している場合は、購入価格に反映できる下取りの方が、よりお得に購入できるというメリットがあります。

無価値の車でも下取り可能

ディーラーでの下取り査定は、買取では値段がつかないような無価値の車でも下取りが可能というメリットがあります。ディーラーでは、買い取った中古車を自社の中古車販売の販路に流します。下取りした車の販路がある程度保障されているため、他で価値がないと判断された車でも下取りすることができるのです。

また、ディーラーは新車を売るのが最大の目的です。中古車販売業者は、買い取った車を販売して利益を出すので査定がシビアですが、ディーラーの場合は新車を販売することで利益を出します。そこで、新車を売るために下取り査定をわざと甘くすることがあるのです。そのため、買取では無価値の車でも、ディーラーでは下取り可能となるケースが多いです。

車をディーラーで下取りするデメリット

車のディーラー下取りには、価格面をはじめいくつかのデメリットもあります。事前にデメリットを知っておけば、交渉などに役立ちます。

中古車販売店と比較すると下取り価格が低い

ディーラー下取りの最大のデメリットは、売却と比べて価格が低い事です。ただし、一昔前ほどはディーラー下取り価格と中古車買取価格の差は少なくなりました。しかし、車のメーカーや状態によっては、ディーラー下取りの値段はかなり下がってしまいます。

ディーラーでは、下取りした車を自社の中古車販路に流すことが多いため、売りづらい他社メーカー車の査定額は低くなりがちです。また、中古車買取ではオプション装備があればその分がプラス査定となりますが、ディーラー下取りではオプションはマイナス査定となります。車に手をかけてカスタムした車ほど下取り査定額がつきにくくなるので、車全体の評価を査定してもらいたい場合は買取の方が高値となります。

「下取り査定料」が発生する場合も

中古車の無料買取査定が一般的になってきたため最近では少なくなりましたが、ディーラーによっては下取りの際に査定料が発生する場合があります。査定が無料だと思い込んでいると思わぬ料金を請求されることがあるので、査定料の有無は事前に確認しておきましょう。

また、査定料の他に手数料がかかる場合もあります。下取りの際に発生する手数料は、主に名義変更や廃車にかかるものです。金額としては1万円~2万円程度ですが、下取り査定額が低い場合は手数料がネックになります。名義変更や廃車は自分ですることも可能です。価格交渉をしても査定料や手数料の減額が難しいなら、こうした手続きを自分でしてしまうというのも一つの手段です。

ディーラー下取りに向いている人

ディーラー下取りには、中古車買取にはないメリットがあります。以下のような条件に当てはまる人は、ディーラー下取りの方がおすすめです。

忙しくあまり時間が取れない人

中古車買取では、複数の業者に査定を依頼したり、売却と新車の購入で別々の業者になるなど、非常に手間がかかります。ディーラー下取りなら、車の下取りから新車の購入までを一括で行えるので、時間や手間を大幅に節約できます。新車の納車など、スケジュールも無駄がないように調整できるので忙しくてあまり時間が取れない人にとっては、ディーラー下取りの便利さは非常に快適です。

人気の車種や新車等に興味がある人

ディーラー下取りは車の買い替えが前提です。下取りをすることで次の車をお得に買い替えることができます。人気の車種や新車などは、購入時に値引きがされないものも多いです。ディーラー下取りを利用すれば、普通に買うと値引きできない車でもお得に購入することができます。

車の売買に安心感が欲しい人

市場にはたくさんの中古車買取業者がありますが、中にはあまり信頼できない業者も存在します。車の売買には高い金額が絡んでくるため、業者の安心感は見逃せないポイントです。その点、ディーラー下取りなら車の売却から新車の購入まで、大手の自動車メーカーのディーラーで一括して行えるので、安心感は段違いです。安心できる相手に手続きを任せたいのであれば、ディーラーの方がおすすめです。

車を下取りするなら「見積書」を持参しよう

車の下取りで交渉を有利に進めるなら、見積書を用意しておきましょう。見積書がないまま下取りに出すと、交渉材料がないため下取り査定額が上がりません。下取り査定を申し込む前に、必ず複数の買取業者に依頼して見積書を用意しておきましょう。

ディーラーとだけのやり取りになると、新車の購入が前提とした話になるので、査定額が低くても断りづらくなってしまいます。交渉を有利に進めるためにも、他の業者ではどの程度の価格で車を売却できるかを交渉材料にすることは大切です。

見積書のための査定は「一括査定」が便利

忙しい方にとって、車の売却査定の申し込みや手続きは面倒です。しかし、そのひと手間を惜しむと、ディーラーの下取り査定で損をしてしまいます。買取査定をするなら、一度の申し込みで複数の業者に査定を依頼できる一括査定が便利です。ネットから簡単に申し込むことができるので、効率よく最も高値の見積もりを調べることができます。

まとめ

車のディーラー下取りは、中古車買取と比べて損というイメージは過去のものです。最近では下取り相場も買取額に近くなり、デメリットは少なくなりました。何より、新車への買い替えを検討している人にとっては、手続きの便利さや新車の値引きは大きなメリットになります。

少しでも下取り査定を有利にするためにも、事前に見積もりはしっかりとって交渉材料としましょう。ディーラー下取りのコツを知っていれば、買取よりもお得で便利に新車への買い替えができるのでおすすめです。