車のパーツを高い値段で買取してもらう方法を詳しく説明します!

みなさん、車の買取の際パーツを付けたまま車を査定してもらっていませんか?実は、時期や物によっては車とパーツを別々に売った方が高値になる時もあります。今回は、どのようにすれば車のパーツを高値で売ることができるのかということに焦点を当てて詳しく説明していきます。

買取や下取りに出す前に注意したいパーツの扱い

車の買取や下取りの際に、車に付けていたカーナビやホイールなどのパーツを取って売るのか、付けたまま売るのか悩むことがあると思います。ここでは、パーツは付けたままの方がいいのか、取ってしまった方がいいのかということを説明していきます。また、どのようなパーツが高値で取引されやすいかということも説明してきます。

パーツを付けたままそのまま買取に出してよいのか?

カーナビやホイールなどのパーツは単体で売ることもできます。また、次に売る車に搭載することもできます。しかし、それらのパーツを取り外した状態で買取に出すよりも、付けたままの状態の方が高値で査定してもらえることが多いです。特にカーナビに関しては、その車の会社のものでさえ、付いているか付いていないかで査定額が大きく異なるということもあります。

また、車のパーツは取り外す際に自分で取り外すことができない場合は業者に頼んで取ってもらうことになります。それにも費用がかかるということを注意しておきましょう。取り外さなければお金がかからないのに、カーナビ等では数千円程度の費用が無駄にかかってしまいます。なので、基本的にはパーツと車を別々に売るのではなく、パーツを付けたまま車を売った方がいいでしょう。

一言にパーツといっても需要が異なる

先ほどは、一言にパーツとしましたが、そのパーツがどこのメーカー・ブランドのものかということで需要が大きく異なるようです。当然、多くの人が好むメーカーやブランドのパーツの方が高い査定額になる傾向があります。特にエアロパーツでは、C-WESTやケンスタイルなどの有名なブランドのものが好まれるため、それらには高値がつくことが多いです。

また、純正のパーツかどうかで査定が変わるということも多いそうです。純正のものでは無い社外のパーツが付いたものだと、純正のものの場合よりもマイナス査定になってしまう傾向にあります。なので、もし純正のパーツを保管している方は、そのパーツも査定の際に持って行くことをおすすめします。

パーツを売るのに適切な時期

ここまで買取の際の車のパーツの扱いを見てきましたが、ここではパーツによっては売るべき適切な時期があるということを紹介していきます。適切な時期にパーツを売れば、普通の時期に売るよりも高値で売却することができます。

自分の車のパーツが活躍するシーズンを考える

車のパーツを売る際には、もちろんどの時期にも売ることはできるのですが、そのパーツが活躍するシーズンを考えて売るべきです。

車のパーツは、その種類によって需要が大きく変わります。特に季節性の高いパーツは売る時期で大きく値段が変わってくるので注意してください。例えば、雪道に強いタイヤであるスタッドレスタイヤは、実際に使うようになる真冬の時期よりも少し早い、秋から冬前の時期は最も需要が高く買取の値段が上がります。逆に、エアロパーツの一種であるフロントスポイラーなどのアイテムは、ドライブシーズン前の春から夏にかけて需要が高いです。

このように、車のパーツを売る際はそのパーツの需要を考えて、どの時期に売るのが適切かを考えてから売ることをおすすめします。需要の多い時期になると、買取アップのキャンペーンなどが行われることも多いので随時チェックするようにすると良いでしょう。

時期が合えばパーツ単体で売った方が得をする

先ほど、パーツは付けたまま車を売ってしまう方が得であると言いましたが、季節性のあるパーツに関してはその例外になることも多いです。多くの人は、買取作業の面倒さから車本体とパートを同じタイミングで売ってしまいます。

しかし、先ほど紹介したような季節性のあるパーツはその季節に合う時期に売った方がより高値になるケースも多いようです。なので、季節性のあるパーツが付いた車を売る際には、車とそのパーツをセットで売るか、別々で売るかを吟味してから売るようにしましょう。

パーツを外すべき時とは

ここでは、実際に車を売る際にどのタイミングでパーツを外すべきなのかということを説明していきます。パーツを外すタイミング次第で査定の値段が変わるのでぜひ、ベストなタイミングでパーツを外すようにしてください。

廃車買取業者に車を売る際

走行距離が長いなどの理由で中古の自動車として需要がなく、廃車買取業者に車を売るというケースもあります。そのような場合には、自分で装備したカーナビなどのパーツは全て取り外してから販売するべきです。廃品買取会社の中には、高値で売却できそうなパーツを他の場所で転売するような人もいるので、外せるものに関しては外すようにしましょう。また、外したパーツも自分で売ることができます。

下取りに出す場合は純正オプションのみがオススメ

下取りに出す際には、自分でカスタムした非純正のパーツは外しておいて、純正品に戻すことが高値で売ることを考えるとおすすめです。特にフルエアロ装備の車は、ファミリー層には避けられがちなので、そのようなパーツは前もって外しておいて、それらのパーツは別で買い取ってもらうと良いでしょう。
逆に、純正のパーツは他の車では使えないので、パーツ単体として高値で売ることは難しいです。なので、純正パーツは取り外さないで車と一緒に売るようにしましょう。

また、カスタムカーとして買取をしてもらう際には、非純正のものでもパーツは外さない方がいいです。カスタムカーに乗りたいが、自分でカスタムする技術がなく中古で購入したいという方もいるので、そのままの状態でもカスタムカーを販売するという選択肢もあります。なので、カスタムカーというカテゴリーで販売したい場合には、カスタムしたアイテムはそのままにしておきましょう。

パーツ買取店を見つけるには?

ここまで、パーツを販売することについて色々と説明してきましたが、いかがだったでしょうか。ここではどのようなサイトで車のパーツを買い取ってくれる店を探すのかということを紹介していきます。

有名なサイトとしては<アップガレージ>があります。このアップガレージは、国内に160以上の店舗を持つ日本最大級の車用品専門店です。国内に多く店舗を持っているため、買取がスピーディーであるだけでなく、宅配買取も実施しており非常に便利です。車の部品を専門に扱っている店なので、他のディーラーで低い評価しか受けられなかったパーツでも、独自の知識を活かして高値で買い取ってくれることもあります。

また、<アイパーツ>も車のパーツの買取を行う店として有名です。このアイパーツは埼玉県を中心にして7店舗あります。廃車予定の車でも、パーツを付けたままの状態で車ごと買取を行う場合もあり、修復や改造などが原因で査定を断られた方にはオススメです。

他にも、<グーパーツ>や<ガレージオフ>など様々な車用品買取店があります。ここで紹介したような店に査定してもらって、一番高く売れる店で売ると良いでしょう。

買取店以外なら、オークションもオススメ

車のパーツを売るなら買取店が便利そうですね。特に車用品を専門にする買取店では、多くの知識を駆使して査定してくれます。しかし、買取店だけではなく、オークションでも車のパーツを売ることができます。オークションでは思わぬ掘り出し物が見つかることもあるので面白いです。そこで、ここではオークションで車のパーツを売買することに焦点を当てて説明していきます。

買う場合も安く手に入りやすい

オークションでは、当然車のパーツを売るだけでなく、買い取ることもできます。オークションサイトとしては、車やバイクに特化したオークションサイトである<クルオク>がいいでしょう。このサイトでは、検索条件を保存しておくとその条件にマッチする商品が入荷した時に、すぐに通知が来るようにできるので便利です。また、一般的なオークションサイトである<ヤフオク>などでも車のパーツが出品されていることもあります。

オークションでは、比較的安価で車のパーツを手に入れることができるので、欲しいパーツがある際には、店で購入する前にオークションサイトを一目覗くことをオススメします。

買取店で値段が付かないものも評価される可能性

買取店では需要が少ないと思われる商品はあまり高値で買い取ってくれません。しかし、オークションでは需要が少ない商品でも、欲しいと思う人がいれば高値で取引できることもあります。これが、オークションで車のパーツを売るメリットだと言えます。

なので、買取店で買い取ってもらうのももちろんいいですが、需要が少なさそうであまり高値で買い取ってもらえなさそうなパーツに関しては、オークションで売るということも検討してみてはいかがでしょうか。

このように、ネットオークションも車のパーツを売りたい時に非常に便利です。ネットオークションは、出品手続き等が少しめんどくさいので使ったことがない人には少し敷居が高く感じてしまうかもしれませんが、ぜひ利用してみてください。

まとめ

ここまで、車のパーツの買取について説明してきましたがいかがだったでしょうか。ただ単に車のパーツを売るだけでも、車に付けたまま売るか、そのパーツごとで売るか、どのタイミングで売るのか、どこで買取してもらうのかなど様々なことを考慮して売るべきということが分かってもらえたことだと思います。皆さんもぜひ、車のパーツを売る際にはこの記事を参考にして、より高い値段で売ってみてください。