車の一括査定のしつこい電話は避けられない?その理由や対処法

車を電話で一括査定すると、その後に営業の電話がしつこくかかってくるということを耳にしたことはありませんか?残念ながら、一括査定を行うと、その後にしつこく電話がかかってきてしまうのは事実です。しかし、この電話もうまく利用することで査定額をあげることができるかもしれません。今回は、そんな一括査定の際の電話について紹介をいていきます。

一括査定サイトで車を売ると起こること

一括査定サイトで車を売ると、大量に電話がかかってきます。ここでは、どのようにして電話がかかってくるのかを紹介します。

登録している複数の業者から電話

実は、電話と言っても車一括査定サイト自体からしつこく電話がかかってきているのではなく、各車買取店から電話がかかってくるのです。車買取店は、自社以外の車買取店に負けないためにたくさん電話をかけてきます。

しつこいことで有名

また、この電話はしつこいことで有名です。申し込み直後から電話が来て、その電話中にも他社からの電話のキャッチ音がしきりに鳴るほどに電話が鳴り止みません。電話に出ないと、数十件ほどの不在通知が溜まることもあります。

一括査定サイトで車を売る最大の欠点

一括査定サイトに登録すると、1つのサイトへの査定申し込み依頼だけで複数の買取業者と取引することができるので、非常に便利です。しかし、先ほど紹介したように営業の電話が非常にしつこく厄介に思う方も多いようです。ここでは、そのようなしつこい電話の実態に迫っていきたいと思います。

大手の安心できるサイトでも関係なし

「大手の安心できるサイトだから、しつこい電話はかかってこないだろう。」と考えるのは甘いです。逆に大手のサイトの間では競争が厳しくライバルが多いので、かなりしつこく電話がかかってきてしまいます。例えば、この業界でも最大手と言われている<ガリバー>や<ビッグモーター>などの一括査定サイトを使うと、登録した数分後から早速営業の電話が鳴り止まなくなるようです。

この対策として、<カーセンター>や<ユーカーパック>などのサイトを使うことが考えられます。これらのサイトでは業者数を自分で指定することができ、しつこく電話がかかってくるのをある程度軽減することができるでしょう。

電話なしとあっても注意

電話なしでメールのみで査定を行うようなものもあります。しかし、メールのみでの査定にした場合は、あくまでも過去の実績などを加味した上で算出された価格でしか売却することができません。なので、本気でできるだけ高い価格で売却したい場合には不向きです。

また、電話なしで設定しても、<ガリバー>や<ビッグモーター>などの大手の買取店を選択すると、ガンガン電話をかけてくるので、注意しましょう。こららの企業では、オートコールというシステムを導入しているので、どうしてもしつこく電話がかかってきます。

オートコールとは、自動で複数の電話番号に対して一度に電話をかけるようなシステムです。これは、サービス申し込み直後に手の空いている電話オペレーターが、勝手に電話をかけているような状態にすることができるシステムです。つまり、申し込みが済んだら、すぐに勝手に電話をかけることができるので、ユーザーが電話に出なくても、しつこく自動で電話をかけてきます。

なぜしつこい電話がくるのか

ここまで、一括査定サイトに登録することでしつこく電話がかかってくる実態について説明してきましたが、いかがだったでしょうか。大手のサイトでも関係なくしつこく電話がかかってくるようですね。

しかし、なぜここまでしつこく電話をかけてきたがるのかということを疑問に感じた方も多いことだと思います。ここでは、なぜ業者からこんなにもしつこく電話がかかってくるのかということを説明していきます。

他の業者より早く交渉したい

ユーザーと一番初めにコンタクトを取ることができた買取業者こそが、売却の契約を成立させる可能性が圧倒的に高いという理由で、業者はいち早くユーザーとコンタクトを取ろうとしてきます。

インターネットでの車の一括査定の利点は、複数の業者に見積もりをして一番高く買い取ってくれる業者を自分で選ぶことができる、という点です。しかし、ユーザーはつい一番初めにコンタクトを取った業者と契約をしがちです。業者は、いち早くコンタクトを取ると、「今すぐに契約すると、金額を上乗せします。」などと常套句を言ってきますので、ユーザーはついこれに乗せられて契約を完結させてしまいます。

このようなユーザーの傾向も業者はよく知っているので、しつこく電話をかけてくるのです。

昔は昼夜問わず電話がきた

昔は特に業者が電話をかける時間についてルールがなかったので、昼夜を問わず何度でもしつこく電話がきました。しかし、今はJPUC(日本自動車購入協会)という団体によって業者が電話をかけてきても良い時間が規制されているので、現在は21時以降は電話がかかってこないようになっています。

もし、夜の21時以降にサイト上で個人情報登録を行ったならば、翌朝8時までは電話がかかってくることはなく、その時間を過ぎると一斉に電話がかかってくることになります。

しつこい電話は避けて通れない

ここまで、一括査定サイトに登録するとなぜしつこく電話がかかってくるのかということを説明してきましたが、いかがだったでしょうか?業者側にも、しつこく電話をかけるだけの理由があるということが分かっていただけたと思います。次にここでは、そのようなしつこい電話を避けることができるのかということを説明していきます。

減らすことはできても止めることは不可能

基本的に、完璧に電話なしで一括査定を行ってくれるようなサイトというものは存在しないので、一括査定を行うならばしつこい電話は避けて通れません。しかし、<ユーカーパック>や<車査定・買取の窓口>や<かんたん車査定ガイド>などのサイトを使えばある程度電話の数を減らすことができるようです。それらのサイトでは自分でどれくらいの数の業者と取引を行うのかを指定することができるので、電話がしつこくかかってくるのが嫌だという方は使ってみるのも良いでしょう。

しかし、しつこい電話を軽減することができるサイトだけを使うのではなく、<ガリバー>や<ビッグモーター>などの最大手のサイトで一回は査定を行うことをオススメします。最大手のサイトでは中古車の流通量が多いので、他の会社よりも強気な査定価格を提示してくれるからです。

また、値段の相場もしっかりとしているため、このような最大手の企業で査定された価格は非常に信用が高い価格になっています。なので、このようなサイトで提示された金額をもとに、他の会社ともより良い契約を結ぶことがオススメです。

便利さを選んだ代償

車の一括査定のサイトは一つのサイトに登録するだけで複数の業者とコンタクトを取ることができる、非常に便利なものです。その便利さの代償として、電話がしつこくかかってくることは仕方ないことでもあります。その代わり、簡単に複数の業者とコンタクトをとることができるので、うまく立ち回ることでとことん高く車を売却することができる契約を勝ち取りましょう。

一括査定で車を売るテクニックに昇華

ここまで説明してきたように、一括査定サイトに登録するとしつこい電話は避けて通れないようです。
しかし、そんな鬱陶しい営業の電話も、うまく利用することで売却の値段を上げることができるなど、プラスの面もあります。そこで、ここからはしつこい電話への対策方法を紹介していこうと思います。

営業の決まり文句を調べる

まずは、業者が営業の際に使ってくる決まり文句を調べるということがあります。業者側も多くのお客さんに対応しなければいけないので、ある程度の決まり文句を持っています。あらかじめそのような業者が使ってくる決まり文句を知っておけば、その言葉に流されることなく自分のペースで電話対応をすることができます。

代表的な決まり文句としては、「ちょうどあなたの車を欲しがっている人がいるので今すぐに契約すれば、金額を上乗せします。」というものがあります。この決まり文句を聞くと、売り手側はラッキー!と思ってつい今すぐに売ろうとしがちですが、せっかくたくさんの業者と取引をすることができる一括査定サイトを使っているのに、これは勿体無いです。即決に応じず、しっかりと他の業者の査定額と吟味してから金額を決めるべきです。
もちろん、このちょうどあなたの車を欲しがっている人というのもほとんどが方便なので、信用して焦る必要はありません。

また、「いくらぐらいでお売りになりますか?」というような言葉で査定前に希望の買取価格を聞かれることもあります。これは客が本当に売却する気があるのかどうかを見極めるためだけでなく、先に客の希望価格を聞くことで交渉の主導権を握るという目的もあります。客の希望する価格が相場よりも低い場合は、査定額を安く提示することで安く買取ができます。

希望額が相場よりも高かった場合でも、買取価格を値切るために低めの査定額を提示して、そのあとに落とし所を探ってきます。このように、査定前に金額を聞くことで業者側は客の出方を伺ってから値段を決めることができるようになります。なので、この類のことを聞かれても毅然とした態度で「先に査定額をお聞かせください」などと答えると良いでしょう。

複数の業者を同時に呼んで査定させる

複数の業者を同時に呼んで査定させるという対策法もあります。実際に複数の業者を呼ぶことで、競争させて値段を釣り上げていくことができます。自分と一つずつの業者で取引を行うのではなく、複数の業者を同時に呼んで査定させることで、一つずつの業者と取引を行う場合よりも、値段が上がることが期待できます。

いろいろな業者の人と比較して競争心を煽ることで、値段が数万から数十万まで変わることがあるので、是非うまく活用していきましょう。

電話が来る前提で構える

電話が来ても支障がないような状況にするという対策法もあります。

一番楽なのが、業者さんを諦めさせるような理由を考えることです。業者も、そこの会社に売る気がないお客さんには電話をかけてこなくなります。例えば、車を売却するのをやめて今の車を乗り続けることにしたというものや、親戚や他の家族に車を譲ることにしたというものや、すでに他の業者に売却したというものなどが考えられます。

ただし、すでに他の業者に売却したと伝えたときには、しつこい営業担当の時に注意が必要です。しつこい営業担当の人だと、他の業者との売却契約を破棄して、自分の会社とより良い値段で取引しようと言ってくるときがあります。このときに、査定額がいくらくらいだったのかということを聞いてくることが多いので、注意しましょう。

他にも、電話がかからなくなるようなキャンセル依頼をするという方法もあります。申し込みを行った車の一括査定サイトの問い合わせ窓口に連絡を取ることで、査定依頼のキャンセルをすることができます。しかし、サイトによってはそのようなキャンセル依頼を行っていないサイトもあるので注意が必要です。

また、スムーズに電話を終わらせるために要件を事前にまとめておくというのも良いでしょう。事前に電話で聞かれると想定される質問を考えておいて、答えを用意しておくと電話が掛かってきたとしてもスムーズに電話を終えることができるのでオススメです。想定される質問としては、実際に売却する時期や、希望する販売価格や、査定を行う希望日時などがあります。これらのよく聞かれる質問に対しては、前もって答えを用意しておくと良いでしょう。

まとめ

ここまで、一括査定サイトでの車の査定について説明してきましたがいかがだったでしょうか。一括査定サイトは簡単に複数の業者とコンタクトを取ることができるので便利ですが、一旦登録すると、しつこく電話がかかってくるようです。しかし、これも便利さの代償として仕方のないことです。しつこい電話が来てしまうことは仕方ないと諦めてしまって、この記事で紹介したテクニックを活用してその電話に上手く対応してみてください。