車の下取りで損しないおすすめの方法2つ!下取りと買取りの違いとは

「車を下取りに出したいけれど、おすすめの方法はない?」
「車の下取りで一番高く売れる方法を知りたい」
こんな悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

今回は「車の下取りで損をせず、少しでも高く売る為のコツ」と、「ディーラー・車買取専門店での売却のメリット・デメリット」をそれぞれ徹底解説します。

あまり車の売却に詳しくない方は、新車購入時に深く考えずに車をディーラーの下取りに出してしまう事が多いです。

下取り価格に関しては、多くの方が営業マンの言うことを疑わずに営業マンの言い値で売却してしまっているのではないでしょうか。

実は車を売却するには、ディーラーでの下取りが一番お得な方法ではない場合も多くあります。少しでも高く車を売る為に色々な方法を検討してみましょう。

目次

ディーラーで車を下取りに出すメリット・デメリット


車の売却には、車の状態や個人の状況により様々なケースがあります。自分の車がディーラーでの下取りに向いているかどうか良く検討してください。

メリット

車をディーラーで下取りに出すメリットを3つ紹介します。

乗り換えにタイムラグがない

車を「売却する所」と「購入する所」が一緒だと、新車の受け取りに車で行く事が出来ますのでスムーズに車を乗り換える事が可能です。

「売却は車買取専門店」「新車購入はディーラー」というふうに売却と購入する場所が別々になってしまうケースがあります。その場合、売却したお金を新車購入資金に充てようとすると、どうしても車に乗れない空白の期間が出てきてしまいます。

もし、うまく同じ日に売却と受け取りをセッティングしたとしても、車の売却をしてからの移動には車が使えませんので手間もかかります。こういう手間は日常で車を使用している人なら、それなりにストレスになるものです。売却の手間を減らす事を考えるなら、圧倒的にディーラーが便利です。

手間がかからず面倒が少ない

車を売却・購入する時には複数の書類が必要です。売却と購入を別々の店ですると2回に分けて手続きをする必要があります。これも結構面倒なものです。車をディーラーに下取りに出せば、売却・購入の手続きを同じ場所で一度に行う事が出来ますので余計な労力がかかりません。

市場で人気のない車でも金額がつく場合がある

下取りに出す車がマイナーな不人気車であっても、ディーラーと同じメーカーの車の場合は少し甘めに査定してもらえる事が多いです。ずっと自分のメーカーの車に乗り続けてもらいたい為の囲い込みですね。

年式、走行距離などの条件が悪すぎて車買取専門店では買取価格がゼロ円になってしまうような車でも、数万円で下取りしてくれるケースが多いです。これもサービスの一環で値引きのようなものです。

大手企業の安心感

ディーラーは大手自動車会社の販売代理店ですので、やはり安心感があります。ディーラーでの下取りでトラブルがあったなど聞いたことがありませんし、売却から購入まで一人の営業マンで窓口が一本化されているので心理的に非常に楽です。

もちろん、車買取専門店でもトラブルは滅多にありませんので単に心理的なものなのですが、やはり信用は大きい部分です。

デメリット

ディーラー下取りにはデメリットもあります。以下の4つの事に注意してください。

市場での人気や価値は度外視される

ディーラーも車買取専門店も、「一般財団法人 日本自動車査定協会 JAAI」と言う組織の定めた「車査定の基準」を元にして車の査定をしています。ただ、ディーラーは新車販売がメインのビジネスの為、中古車売買や中古車市場に関してはあまり詳しくありません。

車買取専門店では中古車市場で人気のあるボディカラーやグレードなどでは、買取価格が上がる傾向があります。ディーラーでは中古車市場の知識があまり無くそう言った要素をあまり考慮しないので、無視されてしまう事が多いです。

パーツやチューニングも査定に反映されない

ディーラーの下取りでは車にエアロやマフラー・ナビなど高額な社外品が付いていたとしても、プラス査定になる事はほとんどありません。特にエンジン・走行関係のチューニングは査定に反映される事は難しいです。

ディーラーではそれらの専門知識がありませんので価値が分からないのです。同じく一般ユーザーもその価値が分かりませんので、カーオークション出品や系列中古車販売店での販売価格に上乗せする事が出来ません。なのでプラス査定になる事もありません。車買取専門店では販売時に付加価値を付けられるような装備であれば、価格を上乗せしてくれる事があります。

査定額が何円だったかハッキリわかりにくい

ディーラーで車を下取りに出すと、個別に下取り価格としての金額は提示されます。しかし、営業マンは新車の値引き金額との兼ね合いを見て下取り価格を調整している事が多く、本当の下取り価格がいくらだったのかが分かりにくいのです。

値引き交渉時の足枷になる場合がある

車を下取りに出していると新車の値引き交渉をした時に、「下取り価格でかなり上乗せしていますので勘弁してください」などと逃げ口上に使われる場合があります。下取り価格が高いのか安いのか分かりにくいので、ユーザーにとってトータルで得したのか損したのかが判別出来なくなるのです。

下取りに出すのがおすすめなパターン


下取りにはメリット・デメリットがありますが、下取りに出すのが最適なケースもあります。

売りたい車が不人気車だった場合

前述したように車買取専門店では中古車市場の動向に敏感です。市場で人気のない車の査定には本当にシビアになります。不人気車種の場合はディーラーに下取りに出したほうが得するケースも多くあります。

とにかくすぐに新しい車が必要な場合

車を高額で売却しようとすると、複数の車買取専門店で見積もりをしてもらうなど少し時間が必要になり、すぐに車を売る事は出来ません。その点、ディーラーは下取りも手続きも簡単で、価格にこだわらなければスピーディーに取引を済ます事が出来ます。急いでいて一刻も早く新車に乗りたい場合はディーラーに下取りしてもらいましょう。

下取りに出す車の注意点


売りたい車の状態により、厳しい査定価格になる事もあります。

年式が古すぎる車は0円になる可能性がある

車の年式が10以上前のものになると、車の査定評価はかなり厳しくなります。車をそのまま販売したりオークションに出品することが難しくなる為です。12年より古い車はほぼ0円の評価がつくと考えてください。

走行距離が多すぎると0円になる可能性がある

車の走行距離が15万km以上になっていると、査定額0円の可能性が高いです。走り過ぎた車は部品も劣化しているので、そのまま販売することは難しく商品としての価値が無くなっているのです。

純製品でないパーツは戻す手数料を引かれることも

車に奇抜なデザインのホイールやグリルなどの社外品のパーツを付けてあると、カーオークションに出したり販売する時に、そのパーツを純正品に戻さなくてはならない事があります。

残念ですがせっかく高額で買った社外品のパーツでも、あまりに個性的なパーツは一般のユーザーに好まれないので販売しても売れ残ります。そのままでは販売・出品する時に不利になるので純正品に付け替えなくてはならないのです。

ですので、メーカー純正品ではない社外品パーツが付いている車は、純正品への付け替えの費用の分だけ査定額が下がることがあります。

状態によっては廃車手数料が取られる場合も

年式、走行距離や外観などの車の状態が悪すぎる場合、車の利用価値が全くなく廃車にするしか方法が無い事もあり得ます。廃車にしてもらうとその手数料を請求される事もあります。

下取り査定が0円の場合は廃車にする?

査定価格が0円になってしまった時の対処法をお伝えします。

廃車にするのは待って!

下取り価格でゼロを提示されたとしても、その場で早急に廃車を決めてはいけません。まだ車をお金に変える方法が残されいるかも知れないからです。

廃車にかかる手数料を購入する車の割引額から差し引かれることがある

車を廃車にするのにも費用が発生します。その費用を新車の割引額から差し引きされる場合があります。ディーラーでは常に1つの取引で得られる利益を計算していますので、一つの部分で損をしたら、どこか他の部分で得をしようとします。ディーラーは明細の色々な所で駆け引きをしています。

下取り査定が0ならまずは買取業者に見積もりしてもらおう

ディーラーでの下取り価格で0円を提示されたらひとまず保留しておいて、車買取専門店に車を持ち込んで査定してもらいましょう。車買取専門店は車を流す様々なルートを持っているものです。ディーラーで0円査定だった車でも数万円の値をつけてくれることは珍しくありません。

結局下取りと買取はどっちがおすすめ?


ディーラーの下取りと、車買取専門店の買取、どちらがお得でしょうか。

一概に「どっち」とは言えない

結論としては、どちらにもメリット・デメリットがありケースバイケースです。車が人気車種・人気カラーかどうか。車の年式・外観の状態や走行距離によって適切な売却ルートは違ってきます。

売却価格が数万円程度の違いなら、手間を考えてディーラーでの下取りを選ぶ人もいるでしょうし、千円でも高いほうで売却したいと考える人もいます。車買取専門店で買取してもらうほうが手間はかかりますので、どれくらいの金額差なら下取り以外の売却を選ぶのか、基準を決めておくと良いでしょう。

下取りか買取か…一番賢い方法は?


「下取り」と「買取」どちらが高く売却できるのか慎重に検討しましょう。

下取りの見積もり査定と買取の一括査定の金額をそれぞれ出してもらう

少しでも高く車を売却するには、やはり「相見積もり」の状態にするしかありません。ディーラーと複数の車買取専門店で査定をしてもらってください。

車買取専門店での査定には「一括査定」が便利です。自分の車の状態や住所氏名などの情報を一回入力するだけで、10社以上の車買取専門店にデータが届きます。その後、待っているだけで買取店のほうが連絡を入れてきます。

後は各店と査定場所・時間を決めて査定してもらうだけです。査定の場所は自宅駐車場を指定すれば、自宅に居ながらにして査定が終わります。何回も出かける手間はかかりません。

10社の車買取専門店に連絡を取り、査定をしてもらうのは大変な労力です。「一括査定」ならば、その面倒な作業が一度に片付きます。査定してもらう買取専門店は多ければ多いほど査定価格は上がりますので、少しの手間を惜しまずになるべく多くの買取専門店に査定してもらいましょう。

次に購入する車を下取りなしで見積もりしてもらう

純粋に「車の売却の損得」を考えるのであれば、車の購入と売却を一度切り離して検討してみる必要があります。ディーラーで下取りと切り離した「新車の購入費用」だけの見積もりを作ってもらいましょう。ディーラーでの見積もりで、下取り価格と購入価格が一つの明細書に入っているのが思考が混乱する原因なのです。

それぞれの金額を比較しながら一番得になるパターンを見極める

「ディーラーの下取り金額」「車買取専門店の査定の最高額」「新車の購入金額」の3つの金額を集めたら、一番得になる組み合わせが分かるはずです。良くシュミレートして最適な形を見つけ出しましょう。そして、ディーラーへ「車買取専門店の査定最高価格」で下取りしてもらえないか掛け合うことを忘れないでください。同じ価格なら下取りのほうが取引が簡単に済みますので。

まとめ


今回は「車の下取りのおすすめの方法」についてお伝えしました。車をどこに下取りに出したほうが良いのかというのは、車の状態や個人の事情や価値観により違います。

ですが、どのケースでも間違いなく言えるのは「知識を付けて慎重に検討する」という事です。「とにかく楽に売ってしまいたい」のならディーラー一本で間違いないですし、もし目標が「少しでも高く売る」という事なら、手間を掛けてでも多くの業者に査定をしてもらうと確実に売却価格は高くなります。

もちろんその中間もあり得る訳でして、そこが悩み所です。お伝えしたようにディーラーも車買取専門店も一長一短と言った所で、それぞれにメリット・デメリットがあります。下取り先を決めるには、あせらずに車の状態や自分の好みを考慮して良く検討してみてください。