車の下取りと買取はなにがどう違う?結局どっちがオトクなの?

「そろそろ愛車を売ろうと考えてるけど、下取りと買取のどっちで売ろうか迷っている。結局どっちがおトクなの?」と考えている方へ。
そこで今回は、【車の下取り買取の違い】について徹底解説します!せっかく愛車を売るなら、やっぱり高く売りたいですよね。

そこで、下取りと買取それぞれのメリットやデメリット、下取り価格の決まり方などを具体的に説明します。ぜひこの記事を参考にして、愛車をスムーズに売却しましょう!

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

車の下取りと買取の違い

まずは【車の下取りと買取の違い】について解説します。車を買ったり売ったりしたことのある人なら一度は聞いたことがある「下取り」と「買取」。でも詳しくは分からないという人も少なくないはず。

下取りと買取には以下のような違いがあるので、よく覚えておきましょう。

下取りはディーラー、買取は買取店

車の下取りと買取には「ディーラーなのか?」「買取店なのか?」という決定的な違いがあります。「下取りはディーラー、買取は買取店」が基本です。

ディーラー下取りの場合、今乗っている車を買ったところでそのまま売るケースが多いでしょう。信頼できるディーラーに売るという人も多いです。

一方の買取店は、信頼度はやや落ちるものの数が多く、ある程度大きな街であればすぐに見つけることができます。例えば「ガリバー」や「ビッグモーター」「ラビット」などの店舗が挙げられます。

下取りは新車を買う前提での取引

先述したように、ディーラーは「新車の販売を専門」としています。買取は専門外であるため、下取りというかたちで車を買い取っているのです。

また、ディーラー 下取りでは「売って新しい車を買うことが条件」となっています。そのため、基本的にはそのディーラーにて新車を発注することになります。

買取は「売るだけ」

車買取は「ただ売るだけの取引」となります。車を売りたいと思ったら買取店に行けば、新しい車の購入を決めなくても、良い買取店さえ見つかればすぐに愛車を売ることができます。

また、買取店はディーラーと比べて買取に関する知識も圧倒的に多いため、そういった意味では買取店でも十分に信頼できるでしょう。

下取りと買取のメリット・デメリット比較

それでは早速【下取りと買取のメリット・デメリット】を見ていきましょう。どちらも「車を売る」ということには変わりはありませんが、当然良いところと悪いところがあります。車を売る前にしっかりと確認しておきましょう。

下取り

まずは下取りのメリットとデメリットを見ていきましょう。

下取りのメリットは?

同じディーラーで車の買い替えが可能

ディーラー下取りの場合、同じ場所で車の購入と売却を済ませることができるため、ほとんど手間がかかりません。車を買い替えようと思っている人にとってはありがたいですよね。

売却と購入を別々で行うとなると、手続き周りや納車のタイミングなどがバラバラになりやすく、なかなかスムーズに進まないのが実際のところです。「あまり手間をかけたくない」という人はディーラー下取りがおすすめです。

下取り価格が安定している

下取り価格が安定しているのも大きなメリットです。買取だと相場が常に不安定となってしまいますが、下取りの場合、どんな車種であっても価格は常に安定しています。

古い年式の車や過走行車を持っている場合、ディーラー下取りがおすすめです。

納車ギリギリまで前の車に乗れる

車を買い替える場合は、納車のタイミングも重要です。先述したように、ディーラー下取りだと購入と売却を同じ場所で行えるため、納車の時期などを考える必要がありません。

基本的には新しい車が納車されるギリギリまで、前の車に乗ることができます。

下取りのデメリットは?

下取り金額が低くなりやすい

ディーラー下取りのデメリットとして、「下取り金額が低くなりやすい」が挙げられます。ディーラーは「買取のプロ」ではないため、どうしても車の買取となると弱くなってしまいます。買取店の比べると価格は低くなりがちなので、出来るだけ愛車を高く売りたいと考えている人は、一度考えてみた方が良いでしょう。

社外オプションなどが評価されにくい

ディーラー下取りには「社外オプションが評価されにくい」というデメリットもあります。オプションには、メーカーが作った「純正オプション」と、それ以外が作った「社外オプション」がありますが、信頼できるという点において、純正オプションのみが評価されるわけです。

愛車をカスタムしている人は、ディーラー下取りではやや不利になってしまう可能性が高いです。

買取

続いては買取のメリットとデメリットをご紹介します。

買取のメリットは?

買取金額が高い

買取店での買取の最大のメリットは「買取金額が高い」ことです。買取店は「買取のプロ」なので、買取の実績数も圧倒的に多くなります。ディーラーと比べて、今まで買い取ってきた台数はもちろん、蓄積されたデータの数も桁違いです。

買取店によってやや異なりますが、愛車を適正な価格で買い取ってくれます。

複数の買取店をチェックできる

買取店はとにかく「数が多い」です。ある程度大きな街であれば、歩けばすぐに買取店が見つかることでしょう。そのため、複数の買取店を周りやすいのも大きなメリットです。

複数の買取店を調べたり査定依頼したりすることで、だいたいの相場が分かりますし、サービスの質も見ることができます。

オプションが評価されやすい

買取店では、基本的にどんな車でも買い取ってくれます。ディーラーでは評価してくれなかった「社外オプション」なども評価してくれるケースが多いです。

もちろん純正オプションの方が査定アップには繋がりやすいですが、社外オプションであってもプラス査定されやすくなります。愛車をカスタムしている人などは買取店に持ち込むのが良いでしょう。

買取のデメリットは?

ディーラー下取りよりもやや面倒

ディーラー下取りよりやや面倒なのがデメリットです。新しい車を買い替えようと思ったとすると、買取店の場合、売却と購入を別々で行わなければなりません。そうなると手続きや納車のタイミングがバラバラになり、かなり面倒に思ってしまうことでしょう。

今では買取と販売を両方行なっている買取店もありますが、いずれにせよ中古車のみの取り扱いなので、手間なく新車に買い換えたい場合は、ディーラー下取りを選ぶのが無難ですね。

車を売る時期によって査定額が変わる

中古車市場は規模が大きいため、買取価格の変動も激しくなります。消費者の動向やモデルチェンジなどさまざまな状況やタイミングによって買取価格は変化するため、思ったよりも高く売れなかったり、予想以上に高く売れたりするわけです。

古い車や過走行車は安くなりやすい

買取店での買取では「車の状態」が何よりも大切です。車種も新しければ新しいほど高く売れます。古い車種だったり走行距離が長かったりすると、それに比例して買取価格は低くなるため、そういった車を持っている場合はよく調べてから売るのが良いでしょう。

下取り価格の決まり方

それでは最後に【下取り価格の決まり方】について解説していきます。なかにはディーラー下取りに出そうと考えている人もいるはず。いきなりディーラーに持ち込むのか、下取り仕組み知ってから売るのとでは見える世界が変わってきます。交渉を有利に進めるためにと、以下の以下のポイントを抑えておきましょう。

内外装のキレイさ

内外装のキレイさは査定項目が多いです。ボディ全体の汚れやドアの動作、ガラス類、フロアマット、喫煙の有無など、さまざまなところをチェックして、下取り価格が決められます。出来るだけ高く下取ってもらうためにも、定期的に洗車を行なったり、車内を掃除したりするのが良いでしょう。

エンジンや足回りの状態

車の機能的な部分も見られます。代表的なのがエンジンや足回りですね。当然ながら、エンジンの状態が良ければ良いほど下取り価格は高くなりやすいです。またバッテリーの状態やエンジンオイル、修復歴も見られます。

まとめ

車の下取りと買取について詳しく解説しました。いかがでしたか?聞きなじみのある言葉ではありますが、いざ車を売るとなるとイマイチ違いが分からない人が多いはずです。

あらかじめメリットやデメリットをしっかりと把握できていれば、安く買い叩かれる心配もありません。今回の記事を参考にしながら、出来るだけ良い条件で愛車を売りましょう。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます