車の下取りのメリットや相場とは?流れを詳しく解説!

長年乗ってきた愛車を手放そうと考えたとき、少しでも高く買取って欲しいと考えるのではないでしょうか。しかし、車を売る機会というのはそれほど多くはなく、どのように売ったらお得なのか?わからない人も多いものです。

車を売る方法には大きく分けて「下取り」と「買取」があり、車を売る状況によってどちらを選ぶべきかが変わります。

今回は、車の下取りのメリットや相場、そして実際の流れについて解説していきましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

「下取り」と「買取り」の違い

車を売る方法として下取りと買取があり、一見同じように感じますが、実はまったくタイプが異なります。車を売却した後に新しい車を買う予定があるか?もしくは予定がなくただ売却したいだけなのか?によってどちらの下取りか買取を選択する必要があります。

  • 下取り

車の販売業者であるディーラーに売却し、次に購入予定の車の資金に充てることができるものです。あくまでも新しい車を買うという前提ですので、車種や年式に関わらずある程度の下取り金額を提示してくれることがほとんどです。

また、下取りはこれまで乗ってきた車の査定から新しい車の購入までの流れを一本化できますので、効率良く手順をすすめていくことが出来ます。ただし、下取りはメーカーが同じ車でないと一本化の手順をすすめることが出来ません。また、純正ではなく社外品パーツの装着、改造などをしていると査定がマイナスになることがあるので注意が必要です。

  • 買取

買取専門店や買取業者に査定を依頼して売却のみをおこなう方法です。

下取りと違い買取業者は買取った車を中古車としてオークションに出品したり中古車販売店に売りますので、査定時には細かなチェック項目があり、車の状態によってはマイナスのチェックが多くなることもあります。買取は直近で新しい車を買う予定がなく、ただ売却したいときに有効な方法で、下取りよりも比較的高値での買取が期待できます。

また、買取で良く使われる手法なのですが、買取業者をひとつに絞らず複数の業者に査定依頼をして、その中からより高値がついたところに売却する、という方法があります。買取業者や販売店によって必要としている車種やメーカーは異なりますので、その業者が必要としている以外の車種やメーカーだと高値での売却が期待できない可能性があります。

そのような理由から、複数の買取業者に査定依頼することでいま所有している車を必要としているところがわかり、高値での売却が期待できます。

 

下取りのメリット・デメリット

車の下取りはディーラーが面倒な手続きなどを請け負ってくれるので、下取りならではの便利さがあります。しかし、便利さとは逆に下取りならではの不便さもあり、しっかりとメリットやデメリットを把握しておくことが大切です。

メリット

値段の交渉がしやすい

下取りの場合、下取りに出すディーラーにて新しい車を買うという前提がありますので、比較的値段の交渉がしやすいということが挙げられます。ディーラーも車を売ることが商売ですので、新しく車を購入するのであれば細かなことも聞く耳を持ちますので、購入金額に合わせての交渉がスムーズにおこなえます。

また、交渉次第とはなりますが、例えば販売価格の高い車の購入を考えている場合には下取り価格をある程度高くすることも交渉次第では可能です。綿密な交渉次第ではお得に新しい車が手に入りますので、大きなメリットと言えるでしょう。

色々な手続きの手間が少ない

下取りの場合は必要な書類や手続きが比較的少なく、買取と違い余分な手間がかからないこともメリットです。下取りに出すディーラーにて新しい車を買うという前提があるのでそれは信用につながりますし、それゆえ身元が保証されています。

買取の場合は車を買うといった前提がなく、ある意味信用の無い人から車を買取しますので、確認のため様々な手続きや書類が必要になります。様々な手続きや書類を集めるといった面倒な作業が省かれますので、下取りから購入までスムーズにおこなうことができます。

ディーラーなのでおかしなトラブルが無い

買取業者は個人が経営している場合もあり、社会的な強い信頼性があるかと言えば、そうとも言いきれないところがあります。しかし、下取りをおこなうディーラーは個人が経営していることはなく、多くは社会的に名の通った企業が運営していますので、社会的な信頼性があります。

そのような理由から、下取りに出した後でおかしなトラブルに巻き込まれるということはありませんので、安心感というのも大きなメリットと言えるでしょう。

手元に車がない期間が短い

普段から頻繁に車を利用するのであれば、手元にいつでも乗れる車が無いと不便であり困ることも多くなります。

下取りの場合、基本的に新しい車の納車日に古い車の引き取りをおこなうことは多く、手元に車が無く困ってしまうことがあまりありません。また、もし古い車の引き取りと新しい車の納車が別日になってしまった時でも、多くは代車を用意してくれますので安心です。

デメリット

高額の査定は期待できない

買取の場合は引き取った車を中古車として販売したりオークションに出すことが目的ですので、車の状態や付けているパーツによっては高額の査定が期待できます。

しかし、下取りの場合は車の状態によって廃車にすることもあるため、買取に比べると高額な査定というのは期待できません。車種や年式、車の状態によっては査定額がつかないこともあり、無料で引き取られることもあります。

あくまで下取りの査定額は新しい車を購入するための+αとして、過度な期待はしないほうがいいと言えるでしょう。

買取のみはおこなっていない

車の下取りはあくまで新しい車を購入することがベースとなっていますので、ただ車を売却するだけということは出来ません。メーカーが同じなので買取ってもらおうと考えディーラーに持っていっても、大きな時間の無駄となってしまいます。

売却だけしたい場合はあくまで買取業者になりますので、時間を無駄にしないためにも気を付ける必要があります。

現金として手元に入らない

下取りは新しい車を購入するのにあたり、古い車を提供する代わりに割引を受けられるといったイメージです。下取り査定を依頼して金額がついてもその金額が手元に入る訳ではなく、購入する車の価格からその分引かれるというシステムになっています。

現金が手元に入ると勘違いしている人も多いので、あくまで割引されるシステムとして認識しておく必要があります。

ドレスアップや社外品の人気パーツが評価されない

車をカッコよく見せるため、ドレスアップをおこなったり世間で人気のある様々な社外品パーツを取り付けることがあります。外装や内装がカッコよくなっているので当然査定額は高額になると感じますが、実は逆に査定額は低額になってしまいます。

下取りの場合、純正品以外のパーツの取り付けは低評価になってしまいますので、将来下取りを考えている場合には注意する必要があります。

下取りの価格や相場の決まり方とは

車を下取りに出すとき、ディーラーの査定に応じて下取り価格が決まりますが、多くはその価格に疑問を持たないまま契約がすすんでいきます。しかし、ディーラーが決める下取り価格はいったいどのようなことを理由にして決められているのでしょうか。

ここでは、下取りの価格や相場の決まり方について見ていきましょう。

まず、車の下取り価格の決め方はディーラーによって多少の違いがありますが、おおまかな基準として、

  • これまでどのような車の乗り方をしてきたか
  • 現時点で車はどのような状況にあるか

というポイントを意識しながら査定時、重点的にチェックしていくといったシステムです。

そして、車を査定する際多くのディーラーで活用されているのが「イエローブック」と呼ばれる下取り価格が掲載されている冊子です。これは、一般財団法人日本自動車査定協会が車業界向けに発行している冊子であり、こちらの冊子に掲載されている価格を元に車両ごとの様々な条件を考慮して査定額が決められています。様々な条件とは、例えば年式、カラー、オプション、修理歴など、査定時の細かなチェック項目があり、そちらに基づいた条件とされています。

また、下取りの価格を割り出す公式というのもあり、

下取り基本価格+プラス点(車検の残り、オプション、カラー)-マイナス点(傷、修理歴、内装や外装)

このように基本価格を念頭に置き、そこからプラス点とマイナス点の計算がおこなわれます。

少しでも下取りを高くしたいのであればプラス点に気を付ける必要があり、同時にできるだけマイナス点が反映されないようにする必要があります。

次に下取り相場の決まり方ですが、下取り相場というのは常に流動しており、大きく分けて時期や地域によって決まります。

これはオークション価格によって左右されるもので、時期によって求められている車がオークションに出ればそれを求める業者や個人が殺到しますし、逆に時期があっていないと購入されず、下取り相場は変動します。

そして、日本で一番大きなオークション会場は東京にありますので、自然と中古車の仕入れ業者が東京に集まります。

東京に比べると地方のオークション会場は仕入れ業者が集まりにくく、どうしても活性化しづらいため、それに合わせる形で下取り相場は変動することになります。このような、時期や地域といった特性により相場は決まりますので、相場自体もかなり値段の上げ下げが激しく流動性があります。

下取り金額が高額に感じる理由

車の下取りというのは新しい車の購入を前提にしていますので、その前提から下取り金額が高いようなイメージがあります。ディーラーも車を売るために下取り金額には好条件を提示するようなイメージもあり、下取り金額に期待することもあるでしょう。

実際に査定時に高い金額を提示されることもあり、そして新しい車も特に手に入る感じがするので下取りはお得感が高いと感じます。しかし、下取り金額が高額に感じるというのはディーラー側の見せ方もありますので、一概に高額な訳ではありません。

下取りというのは新しい車を購入する際、購入代金の割引という位置づけですので、査定時の金額がそのまま割引になるものではありません。実際には購入する車の金額があまり下がっていないというケースもありますので、下取り金額が高額だからといってお得感があまりないということもあり得ます。

また、純正品ではなく高額で人気のある社外パーツなどを取り付けている場合も下取り金額は高額なイメージがありますが、実際には高額にはなりません。場合によっては下取り金額が下がることが予想されますので、社外品パーツの取り付けや改造などは考えておこなう必要があります。

下取りの流れや必要書類

いまの車を下取りに出して新しい車の購入を考えている場合、どのような流れになるのか、そして必要な書類はどういうものか、事前に知っておくことで混乱を避けることができます。

ここでは、下取りの流れや必要書類について見ていきましょう。

まず、下取りの流れについてですが、大きく5段階に分かれています。

  1. ディーラーに通い購入する車を確定する
  2. ディーラーでいま所有している車の査定を依頼する
  3. 購入予定の車の値引きを交渉する
  4. 下取り金額と購入金額が確定したら契約をおこなう
  5. 新しい車の納車といまの車の引き渡しをおこなう

上記の5段階は特に難しいことはなく、流れに沿って行動することでスムーズに納車から引き渡しまで完了させることができます。ここからは5段階を詳しく見ていきましょう。

ディーラーに通い購入する車を確定する

下取り査定を依頼する前、先に購入する車を決める必要があります。

ディーラーに行きその場で購入を決めてしまうのも問題ありませんが、その場合はディーラー側としてしっかり割引された見積もりを提示してくることはほとんどありません。

何度かディーラーに通い信頼関係を築きながら購入する気を見せていくことで、徐々に値引額が上がっていきます。できれば3回以上通い、値引きの金額が上がるのを待つことでお得に購入することができます。

ディーラーでいま所有している車の査定を依頼する

ディーラーに何度か通い購入する車が確定したら、下取り査定の依頼をします。

参考までにあらかじめ大体の下取り価格相場をWEBサイトで確認しておくと、安く下取りされてしまうというようなトラブルもなく、査定もスムーズに進みます。

また、下取り前には車内を掃除や洗車をする、社外品パーツを取り付けていたら純正品パーツを下取り時に持つこむことで不要な値下げは起きにくくなります。

購入予定の車の値引きを交渉する

下取り査定も完了し、金額が決まったらできるだけ値引き交渉をすることでお得に車を購入することができます。

目標とする金額を決め、いくらなら購入するということをディーラーに交渉することで、すべてではありませんが希望額に使い近い金額を提示されることは多いものです。

ただし、割引に制限がないわけではありませんので、大体40万円前後の割引で交渉できると良いでしょう。

下取り金額と購入金額が確定したら契約をおこなう

下取り金額、そして購入金額が確定したらディーラーと売買契約を結びます。

売買契約を結びにあたり、いくつかの必要書類がありますので事前に準備しておく必要があります。必要書類は普通自動車か軽自動車かによって若干違い、軽自動車のほうが普通自動車に比べて必要書類が少なくて済みます。

車の下取りに必要な書類

下取り時必要書類

保管場所や入手経路

普通自動車

軽自動車

実印

ご自宅

必要

印鑑証明書

市役所や区役所、コンビニなど

必要

自動車検査証

必要

必要

自動車税納税証明書

必要

自賠責保険証明書

必要

必要

リサイクル券

必要

必要

住民票の写し

必要

委任状・譲渡証明書

必要

軽自動車税納税証明書

必要

自賠責保険証

必要

認印

必要

住民票の写しと印鑑証明、委任状・譲渡証明書以外は車の中か自宅にて保管してあるものばかりですので、それほど手間はかかりません。

新しい車の納車といまの車の引き渡しをおこなう

ディーラーとの売買契約が完了したら、最後に新しい車の納車といまの車の引き渡しをおこないます。

納車と引き渡しを同じ日にできればベストですが、車種によっては納車が遅くなる可能性があります。その時まで下取り車に計な傷や汚れなどが付かないよう、あまり動かさずできれば屋根付きの駐車場などで保管するのが良いでしょう。

普段から車を利用している、足代わりに使っているのであれば、納車が遅くなると困ることが多くなります。すべてではありませんが多くのディーラーでは納車までの間、代用車を貸出ししているところもあるので事前に確認しておくことも必要です。

また、引き渡し時にあたふたしないよう、あらかじめ車内にある荷物は出しておく、車内にゴミが落ちていないか、汚れが付着していないか、清掃しておくことも大切です。

まとめ

車を売ろうと考えたとき、買取と下取りの違いがわからず、大きく損をしてしまったというケースもあります。

ディーラーにてこれから新しい車を購入するのであれば下取りのほうが都合が良く、余計な手間も省くことができるのでスムーズに進めていくことができます。

メリットやデメリットも考慮し、いざ下取りに出すときの流れや必要な書類を知っておくことでトラブルも回避でき、お得に車を買い替えることができるでしょう。

上手な買い物をするため、下取りの流れや段階を把握することは大きな強みとなります。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報