車の下取りの申込みの流れを教えて!見積もりをもらう時の注意事項って?

新しい車を購入する場合、古い車の処分を検討する方がほとんどだと思いますが、古い車の処分方法として定番なのが、ディーラーなどに持ち込んでおこなう「下取り」です。

ディーラーでは車の買い替えを検討している方のために新しい車の購入資金を捻出するための方法として、古い車の下取りを勧めることが多くなっています。

最近では中古車に対する需要が高まってきたこともあって、他社メーカーの車でも下取りしてもらえることも多くなってきました。そこで今回は、車の買い替え時の初期費用を抑えるため方法として人気が高い「下取り」について詳しく解説していきます。
不要になった車の下取りをおこなう上で知っておきたい、

  • 下取りと買取では何が異なるのか
  • 実際に下取りをおこなうときの流れ
  • 下取りをおこなうときに注意しておきたいポイント
  • 下取りを出す前に確認しておきたい下取り相場の調べ方
  • 下取り価格を下げてしまう絶対にやってはいけないこと

といった点について解説していくので、現在車の買い替えを検討している方はぜひ参考にしてください。

車の下取りと買取の違い


車の買い替えをおこなうときの古い車の処分方法としては、下取り以外にも買取という方法があります。
では、下取りと買い替えの違いはどういったところにあるのでしょうか?

まず下取りについてですが、車の買い替え時の下取りは車を販売するディーラーが提供しているサービスの一つです。車の買い替えを検討し来店するお客さんに対して、「車の買い替えを検討しているなら、古い方の車を下取りに出して購入する車の購入資金にプラスしませんか?」といった形で提案をおこないます。

新しい車を購入する際ほとんどの場合において古い方の車は不要になるので、この下取りの提案は購入者にとっても嬉しい提案だと言えます。ただし、下取りはあくまでディーラーのサービスの一つということもあって、買取に比べると売却価格が低くなってしまいがちというデメリットもあるので注意が必要です。

次に買取についてですが、買取の場合は専門の買取業者がおこないます。買取業者はお客さんから買い取った古い車を中古車として販売するのですが、販売する車がないと商売にならないため、どの業者も買取価格をギリギリまで上げてどうにか車を買い取らせてもらおうと努力します。

そのため、下取りに出すよりも高い価格で売却することが可能です。

買取は買取業者に査定を依頼して立ち会うなどの手間がかかるので、下取りのように買い替えのついでにとはいきませんが、少しでも高く車を売りたい方におすすめの売却方法だと言えます。

新車の見積もりから下取りに出す流れ

車を買い換える際の古い車の売却方法として下取りを検討しているのであれば、実際に下取りをおこなう際の手順や流れについて把握しておくことをおすすめします。

ここからは、新車に買い換えるときの見積もりから下取りの流れについて紹介していきます。流れについて理解しておくことで、より買い替えと下取りをスームズに進めることができるようになるので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

購入車両の検討

車の買い替えをおこなう場合、まず初めにどの車に買い替えるのかを検討していきましょう。もちろん自分の好きな車を購入するのが一番ですが、もし今度乗り換えることや最終的に売却する可能性があるのであれば、売却するときのことを考えて高く売れる車を購入するのもおすすめです。

その際は、リセールバリューの高い車を購入するようにしましょう。

新車の見積書を出してもらう

購入する車が決まったら、早速ディーラーに足を運び、新車の購入にかかる金額の見積もり書を作成してもらいましょう。このとき、同時に下取りの話も進めておくことをおすすめします。

そうすると、担当者が購入と下取りの話を同時進行で進めてくれるので、購入と下取りをよりスムーズに進めることができます。

ですので、ディーラーに来店する前に一度電話を入れておき、下取りをお願いしたい旨を伝えておくと良いでしょう。そうすると、下取りの際に必要になる書類などを教えてくれるので、それらの必要書類を準備してからディーラーに来店するようにしましょう。

下取りを依頼する際に必要な書類については、以下のようなものがあげられます。

  • 実印
  • 印鑑登録証明書
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車検査証
  • 自動車納税証明書
  • リサイクル券

価格交渉

購入する車の見積もりと手放す車の下取りの査定が完了したら、すぐに手続きに入るのではなく、しっかりと価格交渉をおこなっていくようにしましょう。

「値引きなんて…。」と思うかもしれませんが、自動車を購入する際の値引き交渉をおこなう人は意外と多く、ディーラー側もある程度の交渉には応じてくれるものです。そのため、交渉をおこなわないというのは、かなり損をしているということになります。

実際に交渉をおこなう際には、新車の購入価格についてだけではなく、

  • 購入する新車の価格からの値引き
  • オプションアイテムやパーツの追加
  • 下取り価格のアップ

といった3点で交渉をおこなうようにしてください。

新車の購入金額自体を下げることが難しい場合でも、「購入金額が下がらないなら何かオプションをつけてもらえませんか?」「購入金額を下げるのが難しいのであれば、下取り金額をアップしてもらえませんか?」というような形でどんどん交渉していきましょう。

手続き

価格交渉まで終わったら、後は購入と下取りの手続きを進めるだけです。

手続き自体は特に複雑なものではなく、担当者に言われた必要な書類も用意し、指定された場所に記入・捺印をしていけば完了します。新車の見積もりから、古い車を下取りに出すまでの流れについては以上になります。

車を下取りに出す前の注意点

新しい車を購入するにあたり古い車を処分するための手段として下取りを選択するのであれば、下取りのメリットとデメリットについても把握しておくべきです。

新車購入時の古い車の売却方法には、下取りと買取があると解説してきましたが、「やっぱり買取を選べば良かった…!」とならないためにも、下取りならではのメリットとデメリットについてきちんと確認しておくようにしましょう。

下取りをするメリット

古い車を下取りに出すメリットとしては、

・手間がかからない
・値引き交渉のカードとして使えるといったものがあげられます。

先ほども少し触れましたが、古い車を下取りで処分する場合、新車の購入手続きを進めるためにディーラーに行くついでに話や手続きを進められるため、余計な手間や時間がかかりません。

これが買取となるとそうもいきませんよね?そのため、買取ではなく下取りを選ぶことで、古い車の処分方法を効率的に進めることができます。

また、新車の購入価格の値引きカードとして古い車の下取りを使うこともできます。ディーラーは新車の本体価格からの値引きはあまりおこないたがりません。

しかし、これは他のお客さんの過剰な値引き交渉を防いだりメーカーのブランドを守るという狙いがあるためであって、決して値引きができないということではありません。新車の本体価格を値引くよりも下取りの金額をアップさせる方がディーラーとしては交渉に応えやすいという裏事情があるわけです。

そのため、新車の本体価格からの値引きでなく下取り価格のアップをお願いすることで、交渉を通しやすくなるという、下取りならではのメリットがあります。

下取りをするデメリット

買取ではなく下取りで古い車を処分するデメリットとしては、以下の3点があげられます。

  • 買取に比べると査定金額が低くなる
  • 他社のメーカーの場合査定金額が低くなる
  • 外車の下取りはおこなっていないところがある

先ほども少し触れましたが、下取りはあくまでのディーラーのサービスの一部でしかありません。そのため、買取を専門におこなっている業者に比べると力の入れ具合が弱く、どうしても査定金額が低くなってしまいがちです。

また、他社メーカーの車を下取り用の車として持ち込む場合、査定金額が低くなってしまうこともあります。他社メーカーの車と同様に外車の場合も査定金額が低くなってしまうことがありますし、下取りをおこなってくれないこともあります。

下取り参考価格の調べ方

下取りを依頼する前に下取りの参考価格について把握しておきたいという場合は、下取り参考価格を調べることができるツールを活用しましょう。
下取り参考価格を調べるツールとしては以下の2つがおすすめです。

  • 下取り参考価格情報(トヨタ)
  • 下取り参考価格シミュレーション(日産)

上記のツールはトヨタと日産のシミュレーションツールですが、トヨタと日産以外の車の下取り参考価格も調べることができます。

車を下取りに出す前にやってはいけないこと

車を下取りに出すとなるとほとんどの方が査定金額を少しでもあげようと、キズを修理してみたりメンテナンスをおこなってみたりしてしまいがちですが、絶対にやってはいけません。

というのも、下取りをおこない再販する際に、ディーラーの方で修理やメンテナンスをおこなうからです。

その際、ディーラーは独自の伝手を使って安く修理をおこなうので、キズや凹み、メンテンスについてはあまり気にする必要はありません。下手に自分でおこなってしまうと査定金額に響いてくる可能性がありますしプロに依頼するとアップする査定金額よりも高くついてしまう可能性もあるので、行わないようにしてください。

車の見積もりを貰う際にやってはいけないこと

車の見積もりを依頼する場合にやってはいけないこととしては、交渉をせずに素直に提示された価格で了承してしまうというものがあげられます。

これまで解説してきたように、基本的にある程度の交渉には対応してくれるので、交渉をおこなわないと損をしてしまうことになります。
また、口約束もトラブルの原因となるので絶対にやめておきましょう。

大事なことは必ず書面で提示してもらい、形が残るようにしてもらってください。

まとめ

新車購入時の古い車の処分方法として下取りを選ぶのであれば、今回紹介してきた内容を最低限把握しておくようにしましょう。そうすることで、新車をよりお得に購入することができるようになります。

今回紹介してきた内容を参考にするのとしないのとでは、下取り価格に大きな差が出てきてしまうこともあるので、しっかりと実践するようにしてください。