車の下取りの相場は安い?下取りのメリットとデメリットとは

あいうえお

新車を買うにあたって、今まで乗ってきた車を売りに出す人がほとんどだと思います。
考えも無しにディーラーに車を下取りで出すのはちょっと待ちましょう!
今回の記事でご紹介する下取りのメリットとデメリットを知った上で賢く使いましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

車の下取り価格の相場が知りたい!

「そろそろ新車を買いたい!」と思う多くの人は、同時に「今まで乗ってきた車を売りたい」とも思っている事でしょう。お金的にもスペース的にも、車を何車も保有できる人はあまり多くはいません。

実際に車を売るにあたり、一般的には、「下取り」と「買取」の2つの方法があります。

「下取り」と「買取」、一見どちらも同じ様に見えますが実は異なります。それぞれにメリットとデメリットがあるので、まずはその違いを説明していきましょう。

そもそも下取りと買取の違いってなに?

車の「下取り」と「買取」、実は業界の中では異なる概念として扱われています。

簡単に言うと「下取り」とは、新車を購入する際に、その購入費用の足しとして同じ新車を購入するディーラーに、直接引き取ってもらう事です。
それに対して「買取」とは、新車購入の業者とは関係なく、まったく別の中古車買取業者に査定に来てもらい、その業者に売る事を指しています。

下取りとは

下取りでは新車を購入する際に、今までに乗ってきた車の買取も含め、すべて同じディーラーが行ってくれます。1社だけで行う事によって、書類面も含めてとてもスムーズに話が進むので、苦労が少なくて済みます。

なので、売却する際の車の金額は優先順位として低くても良いから、とにかく早く新車に買い替えてしまいたい、という人にとっては大変便利なサービスです。

買取とは

一方で買取とは、複数の中古車買取業者を相手にして。自らの車を売る交渉をする事を指します。

下取りに比べ、さまざまな事をすべて自分で行わないといけないため面倒な事は多いですが、多くの業者に見てもらえるため、「できるだけ高い値段で車を売りたい」という人にとってはこちらの方が望ましい方法だと言えます。

車を下取りをするメリット・デメリット

両者の違いを見てもらって分かる様に、下取りでは新車購入の際にすべて1つの業者が行ってくれるため、面倒な事がほとんどありません。

人によっては「手間がかからない分、業者の仕事の負担と作業が少ないんだから、下取りの方が高く買い取ってもらえるんじゃないか?」と思ってしまう人もいますが、これに関しては大きな間違いだと言えます。

下取りで付くあなたの車の値段は、買取のに比べてほとんど場合安く付くと思ってもらって間違いないでしょう。

というのも、「今すぐ新車が欲しくて、そのためにはもう中古車はいらない」といった人しか、下取りしてもらいたいという人は来ません。その時点でディーラーから足下を見られてしまっているんですね。なので相手も、「相場よりも安く値段を付けても、きっと売ってくれるだろう」という風に低めな値段をつけてしまうのです。

下取りのメリット

「値段」という事に関しては買取に比べてデメリットしかない様に見える下取りですが、それでも利用するメリットは少なからずあります。
以下説明していきますので、見ていきましょう。

1.買取されない車でも下取りしてもらえる

車によっては、年数や走行距離、傷の具合によってはどこも買い取ってくれないという場合もあります。
購入してからの年数や、今人気の色合い等もありますが、特に走行距離は中古車の値段に取ってとても大事な要素であり、30万キロ以上の車に至っては買い手を捜すのが難しいと言わざるを得ません。

もし自分が中古車を買い取る立場であったら、30万キロの走行距離を経過した車なんて、わざわざ値段を付けて買わない、という人が圧倒的多数だと思います。中古車買取業者にしたってそれは同じです。

このように、廃車になるしかない状態が決まってしまった車は、その多くの場合0円どころか、引き取ってもらうために費用が発生してしまいます。

下取りなら、現在では多くの場合費用を払わずに0円で、場合よっては少しばかり値段を付けて引き取ってもらえたり、新車購入の際の足しにしてもらえるケースもあります。
中古車買取業者に断られた場合は、とりあえず下取りに出すというのも1つの手段です。

2.古い車でも下取りしてくれる

同様に、一般的に買い手の付かないような古い車についても、引き取ってもらえます。

なぜ誰も欲しがらない様な年数の経った中古車に値段がつくのでしょうか?
それは車としてはもう走れない状態でも、分解してパーツにすればそれぞれに再利用できる価値がある場合もあるからです。

車検等もあって古い車は中古車買取業者では扱えなくても、メーカーにとっては使い道があることがあるから、買い取ってくれるのです。

3.自分で車を売る手間がない

前述した様に、中古車を売るにあたっては書類等などの面倒な作業がありますが、下取りなら1つのディーラーで完結する事ができます。

下取りをする人の多くは、この面倒な作業を行わなくて済む、という事にメリットを感じて下取りを行います。

手続き上分からない事があっても、下取りしてくれるディーラーがほとんど行ってくれますし、仕事等で常に忙しく時間がない人にとっては、1秒でも時間をロスしたくないですよね。そういった人にとっては大変便利なサービスだと言えるでしょう。

4.ディーラーと信頼関係が築ける

新車購入の際、相手をしてくれた営業担当に好感を持ち、そのディーラーと長い関係性を保ちたいなら、付き合いを良くしておくに越した事はないでしょう。その事で思いがけないメリットを得る事もあります。

特に大きいのは、一期一会ではなく長い関係性を築く事で、担当してくれた相手が昇進する場合です。この場合、贔屓にしている担当が成長してくれたという喜びもさることながら、実際に大きなメリットを受ける事もできます。たとえば長く相手と付き合いを続ける事で、ちょっとしたサービスや情報を得る事ができ、融通もきくようになります。

そして、その担当の人が出世とともに決定権が上がる事で、あなたが授かれる恩恵はより高い物になる事でしょう。単純にその人の人柄に好意を抱けて、やり取りをできるだけでも心楽しい物がありますし、目先のお金に捕われずに、まずはそこを意識したやり取りをしてみるのも良いのではないでしょうか。

下取りのデメリット

デメリットとなると、「価格」が一番大きな要素になってしまいます。
新車購入のためにすぐにでもお金が欲しい、という人にとってはどうしても無視できない要素ですよね。

それでは、いったいなぜディーラーの下取りは値段が低くなってしまうのか?それを見ていきましょう。

1.買取額より値段が安い

「ディーラーによる下取り価格は買取価格に比べて低い」
そう思ってもらってまず間違いないでしょう。

その理由はいくつかありますが、中古車買取業者に比べて、「あなたの車を特別欲しがっている訳ではない」という点があります。ディーラーが下取りするのはあくまでもサービスです。下取りではなく買取を行う中古車買取業者は、車を売り買いする事によって利益を上げ、そのお金で生活しています。

それに比べて、ディーラーは新車を購入する事こそが大事で、中古車を買い取るのはそのついでです。新車を買ってもらう一連の作業の一貫として仕方なく、やっている訳でもあります。そこに儲けのような物はほとんど期待していません。

2.下取り価格がよくわからない

ディーラーは中古車の下取りに関しては知識が無い事も多く、その相場を把握していない事も珍しくありません。なので簡単に調べて相場よりもちょっと低い、といった値段で普通に交渉してきます。

その際に「ネットで調べた相場と違う」と主張しても、ほとんどの場合買い取り価格を上げてもらえる事はできません。
高く売りたい場合は、中古車買取業者の方に交渉してみましょう。

3.他社メーカーの場合値段が低くなる

ディーラーにとっては、自分メーカーの車こそがもっとも大事な物です。別の会社の車を下取り持ってこられても、彼らはその車に愛着を抱いたりしません。

低めの値段を付けられる事になるので、同じメーカーの新車を買いにいき、その下取りをしてもらいたい、という場合でもない限り、中古車買取業者に任せた方が良いかもしれません。

下取り価格の相場を知るには

愛車を売るにあたって、自分の車の相場を理解しておく事はとても大事です。インターネット上ですぐに調べる事ができるので、絶対に把握しておきましょう。
以下にいくつかの知っておいた方が良いテクニックを紹介いたします。

下取りの相場をシミュレーションするサイトを使う

中古車売買とインターネットのサイトはとても相性が良く、今ではちょっとした手間をかけるだけで自分の車の相場を知る事ができます。

ただしインターネットでの相場という物は、あくまでも自分の車の車種の平均的な値段であって、走行距離や傷の具合、人気の色等によって大きく値段は変わります。なので、「下調べのつもりであくまで平均的な相場を知っておく」という位の気持ちで見てみましょう。

知り合いのディーラーに下取りの相場を聞く

ディーラーに知り合いがいると、交渉はとても楽になります。

ディーラーの本音というのは、よっぽど親しくない限り聞き出す事はできません。ディーラーからすれば自分たちに取ってそんな情報を教えるメリットがありませんし、できれば安く楽な手段で引き取りたいと思う人も少なくありません。

なので、友達や親しくなったディーラーの営業から、本音を聞くのはとても大事でもあります。
親しくなった知り合いにあらかじめ相場を聞いておけば、最終的にそこに売れば良い訳ですし、低い値段をつけた別のディーラーに対しても、「向こうはこの値段を付けてくれた」という交渉が可能なのです。

なによりネットで調べた情報と違い、実際に「いざとなったらこの値段で他の所に売る事ができる」という状況だと、相手ももう少し慎重に交渉の相手をしてくれるのです。それだけで値段が変わるのはよくある事です。

下取りのシミュレーションにおすすめのサイト

相場を知る事が大事だと説明しましたが、面倒な作業は嫌ですよね。
しかし、今では日産やトヨタなど、多くの車メーカーが参考価格としてインターネット上でその情報を載せています。

メーカーは新車を買ってもらいたいため、そういったサービスを展開しています。

ただし、車メーカーの下取りなので、多くの場合自社の車の情報が圧倒的に強く、そして自社のメーカーを高く買い取る傾向があるので、自分の車と同じメーカーのサイトで情報を調べるのがもっとも得策だと言えます。

日産 下取り参考価格シミュレーション

メーカーの下取りでは、電話番号等の個人情報を入力する事なく、おおまかな下取りの買値を知る事ができます。

利用者にとっても、大手国産メーカーのサイトという事で安心して利用する人が多いかと思います。

個人情報を入力しないで済むので、中古車買取業者の様に、業者が営業目的でひっきりなしに電話をかけて来るといった心配はまず無く、信頼性があります。安心して自分の車の値段を見る事ができます。ただし、走行距離や傷の具合等の個人情報を入力しないで済む分、価格はあくまでもおおまかな参考くらいに捉えるのがちょうど良いいかもしれません。

トヨタ 下取り参考価格情報

日本一の売り上げを誇るトヨタにおいても、情報量や価格はあくまでも「参考程度」として使うのが良いでしょう。

基本的にメーカーサイトで下取りで出す上では、自車の状態というもっとも重要な状態の情報を問われる事が無いため、あくまでも「その車種の平均的な相場」しか知る事ができません。実際には走行距離や傷の状態で、査定をおこなう際にサイトで表示された表値段よりも低い値段になってしまうので、それ以上は期待しないでおくのが良いでしょう。

ナビクル 下取り・買取相場

ナビクルはエイチームの子会社である、「エイチームライフスタイル」が運営しているサービスです。ナビクルはインターネット上において、車一括査定というサービスを展開しています。

一括査定とは、インターネットで自分の車の情報を入力するだけで、複数の中古買取業者がその情報を参考に査定して、買取希望金額を提示してくれるサービスの事です。

電話番号を知られてしまい、営業の電話がかかってきてしまうなどのデメリットがありますが、最小の手間で最大の値段で自分の車を買い取ってもらいたい、と思っている人にとっては一括査定は一番おすすめな方法です。すべての作業を一社で行ってくれる下取りに比べて多くの手間がかかり、売ってしまうまでにも多くの時間がかかります。それに高く売る事のできる時期というのもありますので、利用するにあたっては事前にいろんな情報を仕入れていた方が良いでしょう。

車の下取りの相場を知って賢く売ろう!

下取りはやり取りのすべてがスムーズに済むという便利な反面、売値が低い等のメリット、デメリットそれぞれがある事を知ってもらえたでしょうか。面倒な手続きを省けて、時間を取られないシステムなので、忙しい方にはとってもおすすめです。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報