車の下取り時の疑問に答えます!傷があったら下取りで評価が低くなる?

車を下取りに出す前に傷を発見すると、下取りに出すのは難しいかもしれないと思ってしまいますよね。ただ、傷がついてしまった車に価値はないのでしょうか。査定で傷がどのように評価されるのかは気になるポイントのひとつです。

そこで、今回は車の下取りと傷について調べてみました。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

傷のある車も下取りはできる?

車に傷がついてしまうと、下取りができないと思う人もいるでしょう。傷がついてしまった車は廃車にしてしまうしかないと考える人もいるかもしれません。

しかし、傷があっても下取りは可能です。なぜなら、下取りに出される車は中古車のため、傷があるのは仕方ないと考えられているからです。あまりにも大きな傷がある場合には査定価格に影響しますが、小さな傷の場合には下取り査定に影響しません。

車の下取りは減点方法で行われる

車 査定は日本自動車査定協会が定めた規則に基づいた減点方式で行われます。そのため、査定の基準は日本中どこでも同じだといえるでしょう。

傷がある車は傷の大きや種類ごとに減点され、基本価格から減点分を引いた価格が、査定価格として提示されるのです。傷により減点される点数は異なります。

車の下取り査定のポイント

小さい傷なら減点にならない

ボディに傷があるといっても、1センチ以下の場合には減点の対象外です。1センチ以下の傷というのは、近くで目を凝らしてみないことにはわからないですよね。

そのため、自動車の経年劣化と同じであると考えられ、減点の対象にはされていません。そのため、小さな傷があっても、臆することなく下取り査定が受けられます。

目立つ傷は減点の対象

近くに行かないことにはわからないような傷は減点の対象にはなりません。しかし、少し離れた場所からでもわかるような傷の場合には、査定で減点されてしまいます。

査定で減点となる傷の大きさと点数は、ボディに1センチ四方以上の傷がある場合はマイナス10点です。1点につき1,000円として計算しますので、査定額から10,000円が引かれます。

しかしながら、この程度の値引きであれば、値段が大きく変わるとはいいきれないでしょう。場合によっては値引きが数千円程度に収まることもあり、傷があるからといって査定価格がつかないといったことではありません。

凹みの場合には大幅な減点も

誰が見てもわかるような目立つ凹みの場合には大幅な減点となるでしょう。小さな傷は中古車であるだけに仕方がない範囲です。しかし、大きな凹みは見栄えに影響することから査定においても悪い印象を与えます。

車の下取り査定前に傷を直す方がいい?

傷は直してから査定に出すと、価格に影響すると考える人もいるでしょう。もし、査定価格が高くなるのであれば、直したいですよね。傷の直し方には修理工場に持ち込む方法と自分で直す方法とがあります。ここからは、どちらの方法を選ぶのがいいのか紹介していきましょう。

修理工場に持っていく場合

大きな傷や凹みがある場合には自分では修理ができません。そのため、修理工場に持ち込むことになるでしょう。修理工場ではプロの手によって傷や凹みがあったことがわからない程度にまで修理してもらえます。

しかしながら、修理工場で傷を直す場合にはコストがかかりすぎることを忘れてはいけません。修理工場では、部品代だけでなく作業あたりの時間工賃も必要です。減点される金額よりも修理代のほうが高くつき、結果的に損をしてしまうことも多いでしょう。

時間とお金をかけて修理をしたのに、元が取れない可能性が高く、修理工場で直してから下取りに出すのは得だとはいいきれません。

自分で直す場合

車の傷は自分で直すことも可能です。カー用品店などでは、塗るだけで傷が目立たなくなる部分塗装剤などが売られていますので、それを塗ると傷がわからなくなるでしょう。しかしながら、あくまでも素人の修理であり、プロの作業ではありません。

車の下取り査定を行う人もプロですので、自分で傷を補修した場合には見破られてしまうことが多いでしょう。傷の補修はもともとここに傷があったことを示しているのと同じ意味を持つことから、傷と同じ減点となります。

時間をかけて傷を目立たなくしても結局減点されるのですから、そのまま査定に持ち込むのがいいでしょう。

車の下取り査定でプラス評価を得る方法とは?

これまで、傷や凹みによる減点について説明してきましたが、車の下取りではプラス評価を得る方法もあります。ここからは、覚えてきたい査定でプラス評価をゲットする方法を紹介しましょう。

事前に洗車をし見た目をよくする

車を下取りに出す前には、きちんと洗車をして見た目をきれいにしておくことが大切です。同じ年式で同じ走行距離の車であっても、汚れている車の売却は不利に働きます。汚れたクルマは雑に使用されているといった印象も与えますので、きれいにしておくのがいいでしょう。

さらに、汚れを傷とみなされ、減点される可能性も考えられるのです。そのほかにも、これまでの時間を共にした愛車ですので、下取り査定の前にはきれいに洗い、気持ちのいい最後を迎えましょう。

純正パーツに戻しておく

車はオプションをつけることで快適性能などが向上し、外観もスタイリッシュに変わることがほとんどです。そのため、購入の際にオプション装備をすすめられた人も多いでしょう。

しかし、ディーラーの下取りでは人気のある車種やグレードに人気のオプションが付いていた場合でも評価されません。むしろ、減点されることが多いのです。オプションなどは取り外し、純正パーツに戻すことで高額査定がつきやすくなります。

キャンペーンなどのタイミングをねらう

ディーラーや中古車販売店などでは、下取りキャンペーンをしていることがあります。このキャンペーンのタイミングをねらって下取りに出すと、高値で車の売却ができるでしょう。

下取りキャンペーンとは、販売促進のひとつであり、下取り価格の最低保証額を約束してくれます。普通車であれば最低でも50,000円、軽自動車は最低でも30,000円などといった金額が保証されるのです。

価格がつかないような車でも、ディーラーに乗ってくることが可能なだけで50,000円になるのですから、非常にお得感がありますよね。下取りキャンペーンはマメにチェックし、少しでも高く下取りをしてもらいましょう。

車の査定額は傷だけで決まらない

車の査定価格は傷のあるなしだけでなく、さまざまなポイントから総合的に評価されます。そこで、ここからは、下取り査定のポイントを紹介しましょう。

査定のポイント

下取りの査定で非常に重要なポイントとなるのが車のメーカーやブランドです。下取りに出すディーラーの自社ブランドであれば高く評価されるといえるでしょう。なぜなら、下取りされた車は下取りをしたディーラーの販売店で中古車として売りに出されることが多いからです。

自社ブランドでない車は安く売りに出しますので、下取りでは高値がつきにくい傾向にあります。これまでの車とは違うメーカーの車を買う予定の人は、下取りの査定価格は期待できないでしょう。

車の査定では、メーカーのほかにも標準状態と査定者の状態で価格が決定しています。なかでも、標準状態は日本自動車査定協会によって定義された6項目が基準となります。標準状態6項目とは次の通りです。

  • 内装や外装が無傷の状態である
  • エンジンや足回りに問題がなく、走行にも支障をきたさない
  • 車検の残り月数は3カ月以内である
  • 標準的な走行距離
  • タイヤの残り溝が1.6mm以上ある
  • 事故や修復歴がなく、腐食や臭いもみられず、改造もしていない

査定の相場を知ることも重要

車の下取り査定の前には、査定の相場を知っておくと安心です。査定では、自分が思っているよりも少ない価格が提示されることもあります。覚悟と決めるといっては大袈裟ですが、ショックを受けないためにも事前に査定の相場を知っておくのがいいでしょう。

車を無料で査定してくれるサイト

インターネット上には車の下取り価格が調べられるサイトがいくつかあります。事前に下取り価格がわかっていることで、査定を依頼した際にも不安がないでしょう。ここからは、下取り価格が調べられるサイトを2つ紹介します。

日産下取り参考価格シミュレーション

大手自動車メーカーのひとつである、日産が提供している下取りサイトです。日産が提供しているため、安心して使えると高く評価されています。また、下取りする車種やモデルなどを入力するだけであり、個人情報などが必要ないことも信頼できるポイントでしょう。

ただし、輸入車には対応していませんので気を付けてください。

トヨタ下取り参考情報

日本のトップクラスの自動車メーカーであるトヨタも下取り参考情報を提供しています。このサイトではトヨタだけでなく、マツダなど他のメーカーの車の下取り価格も調べることが可能です。

また、日産と同じく、個人情報の入力が必要ありませんので安心して使えるでしょう。トヨタでも輸入車は対応していません。

車の売却には買取という方法も

車の売却方法は下取りだけではありません。買取という方法もあります。下取りと買取には違いがあり、メリットやデメリットも異なるのが特徴です。ただし、買取の場合には車の高価買取が期待できるでしょう。

車は少しでも高く売却したいですよね。そこで、高値がつきやすい買取について説明します。

下取りと買取の違い

下取りというのは、車の乗り換えをする際、新しい車を購入する販売店に車を引き取ってもらうことです。下取り価格は新しい車の購入代金から差し引かれます。

一方で、車の買取では中古車の買取店などに売却を依頼します。車が買取られると現金が手元に振り込まれますので、次の車の購入資金などへの利用が可能です。

買取のメリット

買取にはいくつかのメリットがあります。買取に出すことで、下取りよりも得をすることが多いため、買取のメリットを知っておくのがいいでしょう。

高額査定が期待できる

車の買取では高値がつきやすいといえるでしょう。買取業者は買取った車を販売することで利益を得ています。そのため、転売で得られる利益を見越した価格を提示しているのです。中古車市場で需要の高い車であれば高額査定も夢ではないでしょう。

また、独自の販売ルートを持っている買取店も多くみられます。そういった買取店では一般的な買取店では値段がつかなった特定のファンに人気の車でも、高値で売却できる可能性があるでしょう。

現金をゲットできる

下取りでついた値段は新車購入価格から値引きされますが、買取では指定した口座にお金が振り込まれます。そのため、現金がゲットできるのがメリットです。

お金が必要なことを理由に車の売却を希望している人は、買取を選ぶのがいいでしょう。

車を査定に持ち込む必要がない

買取業者の中には、自宅まで査定に来てくれる出張査定を行っているところがあります。近くに買取業者がないという人や、小さい子供がいてなかなか外出できないという人にはぴったりのサービスです。

出張査定を無料でおこなっている買取業者も多く、お金をかけることなく手軽に査定ができます。

買取のデメリット

下取りと比べると値段がつきやすいのが買取のメリットです。ただし、買取にはデメリットもあります。

手間がかかる

買取の場合には、買取店を探して査定を依頼し、売却の手続きを進めなくてはなりません。車を買い替えるのであれば、買取店での手続きと同時進行で新しい車を購入するディーラーを訪れ、新車購入の手続きもする必要があります。

また、査定価格に納得がいかない場合には別のディーラーを探す必要に迫られることから、さらに手間がかかるでしょう。

買取後には車が手元にないことも

車を買取に出すと、買取の成立と同時に車を買取店に引き渡します。このとき、次に乗る車の納品前であれば、手元に車がない期間が生まれてしまうでしょう。

査定価格がつかないこともある

買取業者は買取をした車を転売することで利益を得ています。そのため、売れない車には価格がつけられません。年式の古い車や走行距離の長い車の場合には、買取が不可能なこともありますので気をつけましょう。

まとめ

車の傷は、小さい場合には中古車としての経年劣化と同じように考えられることから下取り査定でも影響しないことが多いでしょう。ただし、大きい傷や凹みは減点の対象となり、下取りの価格が下がってしまいます。

しかし、傷のあるなしに関わらず、下取りではそれほどの高値は期待できません。車の売却で高額査定をねらうのであれば買取を選ぶのがいいでしょう。なかでも、一括査定を利用すると、車の高額買取も夢ではありません。

買取サイトのひとつであるビットナウ車買取は、LINEで簡単な質問に答えるだけで買取が可能です。車の売却で少しでも高値を希望するのであれば、ビットナウ車買取に相談してみましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報