車の下取り査定の流れ&チェックポイント【売却したい方必見!】

車を下取りに出すとき、ディーラーへ依頼して車の状態をチェックするため、査定士の査定を受ける必要があります。

しかし、一般的には査定によってどのような項目がチェックされるのかわからず、査定価格に大きな影響があるのでは、と心配することもあるでしょう。事前に査定される流れやチェックポイントを把握しておくことで、査定前に自分でおこなうことがわかり、自信をもって査定に臨むことができます。

今回は、下取り時に必要な車の下取り査定の流れとチェックポイントについて見ていきましょう。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

下取りとは

いま所有している車の売却を考えたとき、方法として大きく分けると買取と下取りがあります。

買取というのは、買取専門店などに車の査定を依頼し、査定金額に双方納得のうえで売却する方法です。買取られた車は中古車として販売されることになるので、細かな査定項目が設定されています。

また、下取りよりも買取のほうが高額で買取られやすいという特徴があり、一括査定で複数の買取業者に査定依頼をし、一番高額な買取業者に売却するという方法も有効です。ただし、買取金額は買取相場に影響されるので、タイミングによっては高く売却できない可能性もあります。

一方下取りですが、基本的には新しい車を購入するといった条件のもと、下取り査定を受けることができます。

下取りの場合、ディーラーに査定依頼をして査定をした際、おおまかにこのくらいという査定金額を提示されますが、その金額は新しい車の割引額となるため手元にお金は入りません。しかし、新しい車を購入する際の頭金と割り切り、保管してくれていると考えるとスムーズな購入がイメージできます。

また、ディーラーで下取り査定から新しい車の購入手続きまで一連の流れでおこなってくれるため、手間があまりかからないというのが大きな特徴です。売却や購入に必要な書類は準備する必要がありますが、それ以外はほとんどディーラーが代行してくれるので気持ちに余裕が生まれます。

ただ、良く言われることですが、買取よりも高い査定額はつかない傾向にあり、希望する金額とはほど遠くなる可能性もあります。しかし、買取のように買取相場の影響を受けないので買取金額がガクンと下がることはなく、安定した下取り金額を提示されることが多いのも特徴です。

下取りの場合、同じメーカーの車でないと下取りできなかったりディーラーによるメリットを受けられないなど、弊害もあります。そして、もし社外品のオプションパーツを装着している場合、下取り金額が下がる傾向にあります。下取りはメリットもあればちょっとしたデメリットもありますので、そのあたりを考慮することが大切です。

車下取り査定の流れ

いざディーラーへ下取り査定を依頼したとき、項目ごとにおこなう査定の流れがあります。いったいどのような査定の流れによって査定金額が提示されるのか、わからない部分は多々あるものです。

ここでは、下取りはどのようにおこなわれるのか、下取り査定の流れについて見ていきましょう。

まず、下取りの大きな流れですが、

  1. ディーラーで購入する車を決める
  2. 購入予定の車の見積もり依頼をする
  3. 下取りする車の査定依頼をする
  4. 査定額をもとに交渉する
  5. 購入契約と下取り手続きをおこなう
  6. 納車と引き渡しをおこなう

という6つの項目ごとの流れになっています。一連の流れはディーラーの担当者と一緒におこないますので、それほど難しいことはありません。

では、上記6項目の流れを細かく見ていきましょう。

ディーラーで購入する車を決める

まずはディーラーにて購入する車を決める必要があります。即決する必要はなく、今後乗る車ですので時間をかけて探すことも大切です。

ディーラーの担当者から車の機能や装備など確認したり、実際に試乗して体感してみるなど、気に入った車を色々チェックしながら、購入を決めましょう。

購入予定の車の見積もり依頼をする

購入する車が決定したら、今度は購入する車の見積もりを出してもらいましょう。車は決して安い買い物ではありませんので、後々後悔しないためにも細かなところをチェックし、納得する必要があります。

また、下取りと見積もりを同時におこなってしまうと実際の下取り金額が見えにくく、わかりづらくなります。できれば下取りと見積もりは別々におこなってもらうなど、どちらもしっかりとチェックすることが大切です。

下取りする車の査定依頼をする

見積もりを依頼して納得したら、次は下取りする車の査定依頼をしますが、その前にできれば下取りの買取相場をチェックしておくことで極端に損をすることを避けることができます。

下取りの買取相場をチェックするには、トヨタが公開している「下取り参考価格情報」、日産が公開している「下取り参考価格シュミレーション」などを利用し、簡単にチェックすることができます。下取り相場をある程度把握し、それを元に下取りの査定額を比べていきましょう。

査定額をもとに交渉する

下取り査定が終わると査定額が提示されますが、下取り相場と比較して、納得いく金額であれば問題ありません。

しかし、予想していた金額と合わなかったり下取り相場からかけ離れている金額であれば、価格交渉をすることも大切です。新しい車を購入するという前提があるので、査定員も柔軟に対応することが多く、話し合いをすすめることができます。

要望がすべて通るわけではありませんが、交渉をしてみることで展開が変わることも十分ありますので、やってみる価値はあるでしょう。

購入契約と下取り手続きをおこなう

下取り査定が終わったら、次は新しい車の購入契約と古い車を引き渡すための下取り手続きをおこないます。

契約と下取りの手続きは必要書類だけ集めればよく、簡単な記入と捺印のみで、後は基本的にディーラーが細かな手続きをすすめてくれますので手間がかかりません。

参考までに、下取り手続きに必要な書類ですが、普通自動車の場合、

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自動車納税証明書
  3. 自賠責保険証明書
  4. 印鑑登録証明書
  5. 実印
  6. リサイクル券

となっています。軽自動車の場合はまた少し変わり、

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 軽自動車納税証明書
  3. 自賠責保険証明書
  4. 実印(認印可)
  5. リサイクル券

となっており、印鑑登録証明書が不要となっています。また、実印ではなく認印で手続きをおこなうことができます。

必要書類のほとんどは自宅にあるか車の中、ダッシュボードなどに入っている場合が多いので、集めておきましょう。

納車と引き渡しをおこなう

すべての必要書類の提出が終わり、購入契約と下取り手続きが完了したら、新しい車の納車と古い車の引き渡しをおこないます。書類手続きの段階で納車と引き渡しをおこない日を取り決めることが多いので、日程については担当者とすり合わせをしておきましょう。

また、基本的には車が手元に無く困る期間が発生しないよう、納車のタイミングと引き渡しのタイミングが合うように日程調整をしてくれます。もし万が一、引き渡しが先におこなわれ納車が後になってしまった場合にも、多くのディーラーでは代車を用意していますので安心です。

もしなにかわからないことがあれば担当者にすぐ確認するなど、担当者と常に連携をしてすすめていくことでスムーズに手続きが完了します。

下取りに出す前にチェックしておくこと

ディーラーへこれまで乗ってきた車を下取りに出す前、できるだけチェックしておいたほうが良いポイントがあります。そのポイントを押さえておくことで下取り交渉をなどを有利にすすめることができ、得することも多いものです。

ここでは、下取りに出す前にチェックしておくことについて見ていきましょう。

下取りの買取相場をチェックしておく

いざ下取りをすすめようと思ったとき、できるだけ下取りの買取相場をチェックし把握しておくことで、損をする確率は低くなります。基本的に買取よりも下取りのほうが査定金額は低くなりやすいという特徴がありますが、それでも下取りの買取相場をチェックしておくことで、担当者と交渉をすすめることができます。

メーカーであるトヨタと日産が、下取りの買取相場がある程度チェックできるWEBサイトを公開していますので、そちらを利用してチェックしておくと良いでしょう。また、下取りではなく買取で利用する一括査定サイトも利用してみることで、より詳しい中古車の相場をチェックすることができます。

【1】トヨタの下取り参考価格情報

メーカーであるトヨタは「下取り参考価格情報」というWEBサイトを公開しており、こちらでは無料で現在所有している車の下取り相場をチェックできます。メーカー、車名、年式を入力するだけで簡単に下取りの相場が表示され、おおよその目安を把握することができます。

トヨタ以外の車でも下取り相場を調べることができますが、情報は少なく、車種によっては参考にならない可能性があります。しかし、トヨタの車であればほぼすべてを網羅していますので、利用してみると良いでしょう。

【2】日産の下取り参考価格シュミレーション

日産も「下取り参考価格シュミレーション」というWEBサイトを公開しており、こちらでも下取り相場をチェックすることができます。

トヨタと同じく他のメーカーの車もチェックできますが、やはり情報は少ない印象であり、車種によってはあまり掲載がありません。しかし、日産車であればほぼすべての情報を網羅していますので、利用してみることをおすすめします。

【3】車買取一括査定サイト

こちらは主に車の買取を依頼するとき、複数の登録業者が車の査定をしてくれるもので、数多くのWEBサイトがあります。

比較的有名な一括査定サイトはにはカーセンサーやナビクルなどがあり、どのWEBサイトも簡単な車情報を入力するだけで、複数の買取業者から査定が提示されます。提示された複数の査定額を元に、平均を割り出すとその車の相場が見えてきますので、ある程度把握することができます。

一括査定サイトも無料で利用できますので、下取り相場の参考として利用してみるのが良いでしょう。

洗車や掃除をしておく

下取りに出す前、できれば洗車や車内の掃除をしておいたほうが良いでしょう。

洗車や掃除をすることで査定額に大きなプラスにはなりませんが、ディーラーの査定士も人間ですので、やはり心証が変わります。洗車や掃除をして少なくともマイナス評価になることはありませんし、気持ち程度のプラス査定になります。

ここでは、洗車や車内の掃除についての押さえておきたいポイントについて見ていきましょう。

【1】洗車はボンネットの内側から始める

洗車をする際、外側から取り掛かろうとすることは多いものですが、本来はボンネットの内側から始めるのが正解です。ボンネットの内側は空気がたくさん循環していますので、必然的に枯れ葉や砂、その他のゴミなどが蓄積しています。

まずは大きな枯れ葉やゴミを手で取り除き、その後に水でおおまかな汚れを洗い流しましょう。細かい部分に入り込んだ砂や汚れなどは使い古しの歯ブラシが役立ちますので、掻き出したあとは水で洗い流します。また、ライト周りも細かな汚れが付着しやすい部分ですので、同じく歯ブラシで掻き出した後、水で洗い流すようにしましょう。

【2】タイヤやホイールを掃除する

ボンネットの内側が終わったら、次は車の下回りの掃除に入ります。こちらは大きめのブラシを使ってタイヤ周りやホイールに付着した泥や汚れを水で洗い流します。

タイヤ周りとホイールの掃除が終わったら、タイヤクリーナーなどを使って拭きあげておくと、見た目もキレイになります。

【3】ボディーを洗車する

タイヤとホイールが終わったら、次に車上部、全体の洗車に入ります。まずは水を屋根から全体にかけ、ボディー全体を水で洗い流します。その後、カーシャンプーなどを使ってボディはもちろん窓ガラスなどの汚れをしっかりと洗っていきます。

洗い終わったらこちらもしっかりと水をかけ、キレイに洗い流しましょう。洗い流した後、そのままにしておくと水あかなどシミの原因となってしまいますので、柔らかいウエスを使って水分をしっかりと拭きあげることが大切です。

【4】車内掃除は上から下におこなう

ボディーの洗車が終わったら、次は車内の掃除に入っていきましょう。車内の掃除はダッシュボードやハンドル周りなど、上部をウエスなどで拭きあげ、その後にマットなど足元の掃除に入ります。

マットは一番汚れる部分でもあるので、取り外して家庭用の中性洗剤で使い水をかけて洗います。カーシャンプーでマットを洗うと色落ちや色移りする可能性がありますので、できるだけ家庭用の中性洗剤を使うのが良いでしょう。

マットを取り外したら、ハンドクリーナーなど掃除機を使って足元やシート部分のホコリや砂などを取り除きます。隙間にもホコリが溜まっていることがありますので、見逃さず掃除機をかけるようにしましょう。

【5】室内のニオイ対策をする

車内についているニオイを取り除く、消臭するのも掃除の一環として大切なことです。

ニオイの原因はタバコやペット、食べ物が多いので、普段から十分な換気をおこなう必要があります。換気をおこなった後、ニオイが残るようであれば無効性の消臭スプレーを使って対策をおこないます。

取り外したマットが乾くのを待ち、マットの取り付けが完了したらすべての洗車や掃除は終わりです。

下取りと合わせて新車を買うときのポイント

これまで乗ってきた車をディーラーに下取りに出し、新車を購入する場合、スムーズに契約に至るまでのいくつかのポイントがあります。

ここでは、下取りと合わせて新車を買うときのポイントについて見ていきましょう。

諸経費を把握しておく

下取りに出し査定が完了したとき査定額を提示され、その金額が新しい車を購入する際に割引額となります。しかし、提示された査定額のまま割引になるわけではなく、そこからさらに諸経費が引かれるため、実際に割引額はダウンします。

新車の場合は車両価格の5%から10%ほどが諸経費にかかると言われていますので、この分の金額が別途引かれることを考慮しておく必要があります。ちなみに諸経費とは、自動車税や自賠責保険、登録代行費用のことを指しています。

見積もり時のサービスを把握する

購入する車を決めた際に見積もりを提示されますが、そのときディーラーが用意するサービスを把握しておくことで、お得に新車を購入することができます。

新車の購入はディーラーにとって売上にもつながりますが実績にもなりますので、サービスをすることで確実に売り上げを上げたいというのが心情です。

ディーラーが用意するサービスとしては主に、「値引き」「オプション」「下取り額」の3つです。新車の見積もりを提示された際にはサービス内容に話を振り、うまく話をすすめていくことでお得感が増すでしょう。

交渉を有利にすすめる

新車の見積もり金額と下取り金額が提示された後、できるだけお得になるよう交渉をおこなうのが良いでしょう。

ディーラーは何も言わなければ基本的に、市場の買取価格よりも安い金額を提示してきます。もちろんその金額に納得しても良いのですが、希望の金額があればそれを前面に出して交渉することが大切です。交渉の際にはあらかじめ調べておいた下取り相場や買取査定で出された見積もりを元に、他の店舗での買取価格の説明をし、それより高い下取り価格を出して欲しい旨を述べましょう。

このような提示をされるとディーラー側としても対処せざるを得ず、話し合いが深まっていきます。しかし、ディーラーもあくまで人間ですので、乱暴で無理やりな交渉は心証を下げてしまいます。あくまで冷静で紳士的な説明と交渉を心掛けるようにしましょう。

契約時に注意すべき点

新車の見積もり、下取りの見積もり、交渉が無事に終わるとホっとしますが、最後の契約時に注意すべき点があります。それは、契約完了した後は基本的に契約の取り消しはできないということです。

ディーラーは契約に進むまでの間にも様々な手続きを完了させており、何も問題ないという信頼のもと契約まで至っています。不明な点はどのようなことでも良いので、契約を完了させる前までにしっかりと確認しておきましょう。

また、自賠責保険だけでは不安であれば、その場合は様々な任意保険がありますので、ディーラーや保険会社に相談すると良いでしょう。

まとめ

車の下取り査定は素人ではわからないことが多く、どのようなところが査定に響くのか?不明な点も多いものです。しかし、事前に査定時のチェックポイントや流れがわかれば、余裕をもって査定を迎えることができます。

せっかく査定に出すのであればより高い下取り金額を目指すべく、事前の準備をしっかりとおこない査定に臨むようにしましょう。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます