車の売値を簡単に調べる方法って?売値を引き上げるコツも解説

車を売る際に一番気になるのは、車の売値です。しかし、車の売値は、業者からするとデリケートな部分なので簡単に教えてくれません。査定相場を見て車を売る人が多いのに困りますよね?

実は、車の売値を調べる方法があります。この記事では、車の売値を簡単に知る方法や車の売値の決まり方、売値を引き上げるコツについて説明していきます

車の売値を知るには査定相場を確認する

車の売値を知るためには、査定相場を確認すればだいたいの売値についても知ることができます。しかし、査定相場を知ることは難しいと思っていませんか?
また、ネットで調べたけど、ネットで掲載されている相場と実際に査定に出した相場では売値に開きがあったという方もいるかもしれません。

実は車の売値はインターネット上のシミュレートサイトから簡単に調べることができます。

主なシミュレートサイト

車の売値を調べるのに、複数の業者に査定を頼む必要はありません。シミュレートサイトを使う事で、オンライン上で査定相場がわかるのです。もし査定相場が自分の思うような値段でなければ、その業者で売る必要はありません。
以下に主なシミュレーションサイトをご紹介します。

Ullo(ウーロ)

Ulloはオンライン上で車の査定相場がわかるので、業者に車を見せる必要がありません。また多くの業者に査定を依頼しても、高値をつけた業者2社のみを選んで連絡してくれます。そのため、普通の一括査定サイトのように一斉に10社ぐらいの業者から営業の電話がくる事もありません。

かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドは簡単な情報を入力するだけで車の査定相場がわかります。査定にかかる時間はなんと45秒しか掛かりません。もちろん、実際に売るかどうかは、査定相場を見てからでも大丈夫です。査定相場を提供する業者もJADRIに加盟している優良業者しかないので、安心して査定を依頼できます。

DMM AUTO

DMM AUTOはスマートフォンで車の写真を撮影するだけで査定相場がわかります。面倒な必要情報の入力もありません。車のボディとメーター周り、車検証の写真と、簡単な質問に答えるだけです。査定時間も3分しか掛かりません。

グー買取

グー買取はメーカー・車種・グレード・年式の情報を入力するだけで車の査定相場がわかります。査定時間が長くても10分〜15分しか掛からず、わずらわしい営業電話も掛かってきません。以前はスマートフォンのアプリ版もあったのですが、現在は停止しているので、パソコンから査定をする方法しかありません。

車の下取り査定相場を確認する

ここまでは車の買取をする場合の査定相場を調べる方法について説明してきました。ここからは、下取りの査定相場を調べるのにおすすめのシミュレートサイトについて説明いたします。

トヨタ下取りシミュレーション

トヨタ下取りシミュレーションでは個人情報の入力なしでディーラーの下取り価格がわかります。またトヨタ以外のメーカーの車の査定相場もわかります。ただし、外国車についての査定相場はわかりません。また車によってはデータ量が少なく、査定相場がわからないこともあります。

そして、スマートフォンからは見ずらいサイトなので、PCで査定相場を調べるときに使いましょう。

日産下取りシミュレーション

日産下取りシミュレーションは、トヨタ下取りシミュレーションと同じく個人情報の入力なしで下取り価格がわかります。また日産以外のメーカーの査定相場もわかります。日産下取りシミュレーションでは、グレードを入力できるので、トヨタのシミュレーションサイトに比べて、やや査定相場が正確になります。

これら2つのシミュレーションサイトではだいたいの査定相場はわかりますが、車の走行距離や状態については査定の対象に入っていないため、実際にディーラーで査定をしてもらうと、全く違う金額になることもあるので注意してください。

ナビクル

ナビクルは、買取価格だけでなく下取り価格もわかるサイトです。ナビクルでは、買取相場と下取り相場の過去〜未来までの査定金額の流れがわかります。過去や現在の査定相場がわかるサイトは珍しくないですが、未来の査定相場も予想できるのはすごいですね。車の買取や下取り時期を考える参考になるかもしれません。

車の売値が変動するパターン

ここからは車の売値が変動するパターンについて説明いたします。物の値段は需要と供給によって決まっています。車の売値も例外ではなく、ずっと同じ値段というわけではありません。車の買取査定を業者に依頼すると、その査定の有効期限が設定されています。車の売値はそれほど売値の変動が激しいのです

車の売値を決める要素は主に3つあります。それは買取業者・地域性・時期によって売値が変動します。したがって、これら3つの判断を間違えると、思った以上に安い査定をされてしまうことがあるので注意が必要です。

買取業者

車の売値は買取業者によって違いがあります。買取業者によって売値が違うのは主に2つの理由があります。

一つ目は、買い取った車が売れる販売ルートがあるかどうかです。
もし買い取った車があまり人気のないモデルや年式の古い車だったらどうでしょうか?そのような車を売るための販売ルートがない買取業者は当然売れる見込みの少ない車は買取りたくありません。たとえ、買い取ってもなるべく安く買い取りたいので高い値段では売れません。しかし、もし、人気のない車でも売れる販売ルートがあったらどうでしょうか?例えば海外に輸出する販売ルートです。

日本ではあまり人気のない車でも、日本車自体の需要があれば輸出して高値で売る事が可能です。当然、買取金額は販売ルートがある買取業者に依頼した方が高値で車を売ることができます。

このように買取業者によって買い取りたい車は違います。同じことは事故車や修復歴のある車にもいえます。事故車や修復歴のある車を高値で買い取ってくれる業者は、車の部品を販売するルートがあるから高値で買取をしてくれます。ディーラーなどは、状態が悪い車を売る販売ルートを持っていないから、買い取ってもらえない事が多いのです。

買取業者を選ぶ際は、自分の売ろうとしている車を販売したいと考えている業者に依頼できれば、売値は高くなります。

地域性

車の売値を決める2つ目の要素は地域性です。
車はみなさんが人生で購入する物の中でも高い部類に入ります。したがって、都市と地方では年収に開きがあります。例えば、厚生労働省が平成29年に発表した賃金基本構造統計調査というデータがあります。

(出典:厚生労働省平成29年賃金構造基本統計調査:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2017/dl/08.pdf

このデータでは、47都道府県の平均賃金がグラフでまとめられています。大都市圏では、東京が最も賃金が高く3,775,000円となっています。続いて神奈川県3,298,000円、大阪府3,261,000円と都市圏ほど賃金が高い事がわかります。

逆に賃金が低いのは、青森県2,348,000円、宮崎県2,355,000円、岩手県2,368,000円と地方は賃金が低い傾向にあります。ちなみに全国平均賃金額は、3,043,000円でした。

このように都市圏と地方では、100万円以上も平均賃金に差があります。

当然、高級車など高い車の購入者は東京や神奈川、大阪などの都市圏が多くなります。したがって、高級車の需要は、地方よりも都市圏が高いため、買取の売値も都市圏が高くなります。地方も、需要がないわけではないですが、購入できる人が多くないため、どちらの方が買取業者は販売しやすいか考えれば理解できます。

また地域性は年収などの賃金だけではありません。地域によって需要が違う事があります。例えば、愛知県豊田市に本社があるトヨタ自動車の場合、全国的に人気がありますが、愛知県ではかなりのシェアがある事が想像できます。

同じことは他の自動車メーカーでもあります。例えば、マツダの本社がある広島県では、マツダの車をよく見かけます。しかし、大阪や東京、それ以外の地方になるとマツダの車もいますが、そんなに多くのマツダ車は見かけません。

当然需要がある車の地域で車を売却した方が売値も高くなります。

時期

車は時期によって価格が変動しやすいです
時期による主な価格変動原因は以下の通りです。

車の需要が高いため在庫を多くしたい

1月〜3月と9月〜10月はディーラーも中古車販売業者も車をたくさん販売する季節です。なぜならその季節に車を購入する方が多いため業者は車の在庫を増やしておきたいからです。

決算時期とかぶる時期

3月や9月は業者の決算時期のため多くの売り上げを確保する目的もあります。さらに1月〜3月は特に高値で売りやすい時期です。なぜなら自動車税の課税時期が4月だからです。したがって、車を売る際は、その時期を狙って買取をしてもらうのが一番良いです。

季節によって需要のある車が違う

季節によって需要が高くなる車もあります。例えば、冬になるとスタッドレスタイヤがついている車の需要は高くなるので、買取の際の査定金額も高くなりやすいです。また冬場に活躍する4WD車などは、雪の時期が多く降雪量も多い北海道や東北・北陸地方では、高値で売れる傾向があります。

売値の相場はどのように決定するのか?

ところで、車の売値はどのように決まるのでしょうか?車の売値の決定方法がわかれば、私たちが車を下取りや買取に出す時に交渉する際の武器になるかもしれません。

その事を知るためには業者がどこから車を仕入れる事が多いのかを知る必要があります。結論から言うと、業者は業者間オークションと呼ばれるオークションで車を販売したり、購入しています

つまり、業者はあなたの車を買い取る時に、車を買い取った後、オークションで車を販売して、どれぐらいの利益を得られるかを計算しています。当然。オークションで販売する金額よりも高い金額で車を買い取ることはありません。そして、なるべく安く車を買い取りたいとも考えています。

業者間オークションは全国の様々な地域で行われています。

オークションの参加者はディーラーや中古車販売店の方などが参加されています。ここで行われる車の落札価格の影響で買取価格の相場も日々変動しています。したがって、昨日まで20万円で買取を行っていた車が、業者間オークションでの販売価格が下がったことで、いきなり15万円になってしまうこともあるのです。

より正確な車の売値を算出する方法

査定相場のシミュレートサイトで知ることのできる売値はあくまでだいたいの金額です。車の状態など細かい査定を入れると、金額に開きが出ることもあります。より正確な車の売値を算出する方法は、業者間オークションに参加している中古車販売店やディーラーの知り合いがいれば良いのですが、なかなか教えてくれないでしょう。

しかし、実はより正確な車の売値を算出する方法があります。まず売値を知るために以下の情報は重要です。中古車販売ディーラーの利益率は15〜20%と言われています。そして、買取業者が出せる限界の買取価格は90%です。これ以上高い金額で買取をしてもらうと利益が全くなくなってしまいます。

この2つの点を踏まえた上で、正確な車の売値を以下のような流れで算出します。

1.自分が売ろうとしている車と同じ車種・年式・グレード・走行距離の車を探す
2.調べた車の価格に85%を掛けて計算する
3.買取店の限界買取価格を2の本体価格に掛けて計算する

以上のような流れで算出すると、正確な車の売値がわかります。これだけではわかりにくいので、具体的に説明します

まず中古車販売サイトなどで、自分が売ろうとしている車と同じような車種や条件の車を探します。ここでは、1で調べた車の本体価格が200万円だとします。

次に中古車販売業者の仕入れ価格を調べます。中古車販売業者が、オークションに車を出した場合の利益率は15%〜20%です。つまり、最低でも仕入れの値段は車の価格の15%以上だということです。したがって車の仕入れ価格は以下のように算出します。

200万円×85%=170万円

仕入れ価格は170万円だということがわかりました。

次に買取業者に売る車の限界査定金額はオークション価格の90%です。つまり2で求めた仕入れ価格の90%の値段までならつけられます。

170万円×90%=153万円

つまり中古車販売サイトで200万円の車の買取価格は153万円です。

実際には交渉をしていくことになりますが、査定金額の上限がわかっていれば、交渉は楽になり、高い値段で車を売ることもできます。

車の売値を引き上げる方法はあるか?

車の売値を引き上げるためには、様々な方法があるので説明します。

車の定期的なメンテナンスをする

同じ車種でも車の状態が良い方が高く売る事ができます。なぜなら、車を査定する人は、見た目はもちろん車内の臭いなど細かい点も良く見て査定をしているからです。

例えば、洗車やワックスがけは定期的に行いましょう。洗車をしていると車の前だけでなく、全体部分の状態も見る事ができるので、小さな傷やエンジンオイルの漏れなどに素早く気づけるようになります。そして、車体の傷やサビを防いだり、足回りの寿命が延びます。最低でも月に1回は洗車をしましょう。

車は外から見える部分だけではなく、中の掃除もしましょう。例えば、車内にゴミを放置しているとダニが発生しやすくなります。車内の臭いは自分では気づかないことも多いので、頻繁に換気をしたり、消臭をします。

今回挙げたメンテナンス方法は専門技術は必要ないので、初心者の方でもできる事で、査定をされる方の印象もよくなります。

買取時期をはっきりさせておく

次に買取時の交渉術について説明します。一番大事な点は自分が車を売る気がある事を業者の方に伝える事です。前述した通り車の価格は変動が激しいです。そのため買取時期がはっきりしていないと業者の方は買取に乗り気でなくなります。

査定次第ではすぐに売るつもりである事を伝えれば、査定金額の引き上げにもつながりやすくなります。

ノーマル車以外を売却する時は専門業者で買取をしてもらう

また改造やオプション品を付けた車を売る時は、業者にもよりますが、純正品を保管している事を伝えれば、売値が高くなります。買取業者も1社だけで即決するのではなく、複数の業者の中からきちんと選びましょう。

そして、改造車や事故車などを売る時は業者選びが大事です。ノーマル以外の車はディーラーの下取りや中古車販売店の買取では売値が安くなります。改造車や事故車などの車は専門に買取をしている業者で買い取ってもらった方が査定金額が高くなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?車の売値は必ずしも通常の一括査定サイトで営業されないとわからないわけではなく、ほとんどの場合、売値ならオンライン上で調べることができます。そして、売値は買取業者だけでなく、地域性や売却する時期によっても変わってきます。車の詳細な買取価格を知ることで、交渉がしやすくなるのです。さらに少しでも高い金額で査定してもらうためには、日々のメンテナンスが欠かせません。