【保存版】車の売却時に必要な書類は?高値売却をかなえるために

車の売却時に困るのが、必要書類を揃える事です。特に初めて車を買取店に売却する予定の方はいったい何から準備すれば良いのか悩みますよね?また書類の不備で何度も手続きがやり直しになると困ります。

今回の記事では、車の売却に必要な書類や、紛失してしまった場合の対処法だけでなく、高額査定につながる書類について説明します。

車の売却時に必要な書類一覧


車を買取店で売却する場合、普通自動車と軽自動車では必要な書類が違います。書類に不備があれば、再度書類を揃えないといけないので、車の売却に手間取ります。最初に必要な書類をきちんと把握してきましょう。

普通自動車の売却時に必要な書類

普通自動車の売却には以下の書類が必要です。買取を依頼する前に事前に揃えておきましょう。

自動車検査証(車検証)

自動車検査証は常時車に携帯しておく事が義務付けられています。大体の人はダッシュボードの中に入れている方も多いかもしれません。自動車検査証は住所と氏名が現在のものになっているか確認しましょう。

印鑑登録証明書

印鑑登録証明書とは、書類に押された印鑑が本人の物であることを証明する書類です。

自動車納税証明書

自動車納税証明書がなければ車検を受ける事ができません。
有効期限は確認しておきましょう。この書類は、法的には必要ないのですが、車を売却する買取店では提出を求められます。なぜなら売却時のトラブルを避けたいからです。

具体的には、車の買取時に売却する人が自動車税を納めたと言っても、実際には自動車税が納められてなければ、その車は公道で走ることができないのです。その場合、当然トラブルになってしまいます。

自動車納税証明書はレシートぐらいの大きさで紛失しがちなのできちんと保管しておきます。

実印

実印は印鑑登録証明書の取得や委任状、譲渡証明書に捺印する際に必要です。三文判やシャチハタは実印ではないので注意してください。普通車は動産なので実印が必要です。なぜなら、動産は国土交通省で登録や抹消を行わなければならないからです。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書は自動車やバイクを所有している人に加入が義務付けられている保険です。万が一交通事故を起こしてしまった際、被害者の方に最低限の損害賠償金を支払う事ができます。なお、自賠責保険証明書がない場合や有効期限が切れていると、車を売却できません。

振込口座の情報

買取業者や販売店で車の売却を行う場合、売却代金は銀行口座への振込が多いので、用意しておきましょう。

リサイクル券(預託済みの場合)

リサイクル券というのは、リサイクル料金を支払った際にもらえる証明書です。リサイクル料金とは、自動車を廃車にする際にかかる費用です。車を所有している全ての人が支払う義務があります。

リサイクル料は前払いが義務なので新車の購入時・中古車の購入時・車検時のいずれかのタイミングで支払っています。

ここまでは事前に用意しておく書類です。以下の2つの書類は買取店舗で作成する書類なので、書類については店舗側で用意してもらえます。

譲渡証明書

車を譲渡する証明書の事です。売却された車は名義が売却した人から買取業者やディーラーなどに変更されます。この証明書は、車を売却した人がその旨を証明するための書類です。実印の押印が必要です。

委任状

車を売却する場合には名義変更などの手続きをしなくてはなりません。自分で普通自動車を売却する場合、陸運局で手続きをする必要があります。

しかし、買取業者に売却をする場合は、買取業者がその手続きをしてくれるため委任状が必要です。

軽自動車の売却時の必要な書類

次に軽自動車の売却時に必要な書類について解説します。軽自動車の場合は、普通自動車の売却時よりも書類の数が少なくて済みます。

自動車検査証(車検証)

普通自動車と同じく車検証は必要です。

自賠責保険証明書

自賠責保険証明書も普通自動車と同じく必要です。

印鑑

軽自動車の売却の場合、印鑑は実印である必要はありません。普通自動車と違い、国土交通省への届出が必要ありません。届出をするのは、軽自動車検査協会なので認印でも大丈夫です。

軽自動車納税証明書

軽自動車の場合は、軽自動車農事証明書が必要です。有効期限には注意してください。

振込口座の情報

軽自動車の場合も同じく、銀行の振込口座が必要なので用意しておきましょう。

リサイクル券(預託済みの場合)

普通自動車と同じくリサイクル券も預託済みの場合は必要です。

ここまでは事前に用意しておく書類です。以下の書類は買取店舗で作成する書類なので、書類については店舗側で用意してもらえます。普通自動車の売却と同様に軽自動車の場合も、2つの書類が必要です。ただし用意する書類が違います。

譲渡証明書

軽自動車の売却でも譲渡証明書は必要です。

申請依頼書

申請依頼書とは、軽自動車の所有者が直接申請できない場合に、代理人を立てる事で申請を行う事ができる書類です。普通自動車の委任状に似ていますが違います。

車を売却するための必要書類の取得方法


次に必要書類の取得方法について説明いたします。書類によってはすぐに発行されない物もあるので注意が必要です。余裕を持って売却依頼をするためにも事前に何日掛かるのか調べておきましょう。

車検証・自賠責保険証明書・リサイクル券については車検を受けた際に一緒にもらえます。自動車納税証明書や軽自動車納税証明書は年1回5月に発行され、自宅に送付されます。

印鑑登録証明書は市役所や区役所で手続きをすれば取得可能です。発行後1ヶ月以内のものが2通必要です。また取得の際に実印も必要です。実印はハンコ屋やオンラインショップで購入できます。100円ショップなどで売っているものは実印ではありません。

状況によって追加書類が必要

車を売る際の状況によっては必要書類だけでなく、追加書類が必要な場合があります。

引越しなどをして住所が違う場合

一番多いのは自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合です。自動車検査証と印鑑登録証明書の住所が違う場合は、住所変更の回数によって追加で書類が必要です。

住所変更が1回なら住民票、住所変更が2回以上なら戸籍の附票か住民票の除票が必要です。戸籍の附表には、以前の住所が全て載っています。

区画整理などで止むを得ず住所が変わった場合も行政区画変更証明書の提出が必要です。

結婚をして姓が変わった場合

また結婚をして姓が変わっている場合は戸籍謄本も必要です。

車の所有権が自分にない場合

ローンで購入した車の場合、まだローンを支払い終えていない事もあります。つまり所有者が売却主ではなく、ローン会社やディーラーの状態です。

所有者がローン会社やディーラーの状態では、車の売却ができません。ローンを返済する必要があります。さらに所有権解除の手続きも必要です。

なお、ローンを返却し終わっていても所有権解除の手続きが終わっていなければ車は売却できません。

所有権解除の手続きは、車の販売会社や買取店などに依頼をする事もできます。その場合は以下の必要書類を郵送してもらい、記入後送り返せば問題ありません。(費用は無料〜1万円前後)

所有権解除に必要な書類

・印鑑証明書
・委任状
・自動車検査証
・自動車税納税証明書のコピー
・ローン会社から送付された所有権変更のハガキ

車の所有者が亡くなった場合は戸籍謄本と遺産分割協議書の書類が必要です。なお、軽自動車の場合は、遺産分割協議書については必要ありません。

もし書類を無くしてしまったら再発行の手続きを!

もし必要書類をなくしても慌てる事はありません。書類の多くは再発行をしてもらえます。

自動車検査証を紛失した時は運輸局で再発行の手続きをしましょう。
自動車納税証明書を紛失したら普通自動車の場合は、各都道府県の税事務所で、再発行の手続きが必要です。軽自動車の場合は市役所や区役所で再発行をします。

自賠責保険証明書を紛失した場合、すぐに保険会社に連絡し再発行の手続きをしてください。自賠責保険は強制加入の義務があるので急ぎましょう。再発行には印鑑と本人確認書類が必要ですが、手数料は無料の保険会社が多いです。

リサイクル券については再発行ができません。ただし、自動車リサイクルシステムのホームページから自動車リサイクル料金の預託状況というページにアクセスし、そのページをプリントアウトすればリサイクル券の代わりになります。

リサイクル券は車検証といっしょに入っているケースが多いですが、心当たりがない場合は、プリントアウトしておきましょう。

売却金額をアップさせる書類もある

車の売却をする際、車さえきちんと用意されていれば、売却金額は一緒だと思っていませんか?取り外した純正品、整備手帳、取り扱い説明書、スペアキーなどを一緒に売却すれば、車だけで売却した場合よりも高い値段がつきます。

査定時にこれらの書類や備品があることはきちんと申告しましょう。査定後に、これらの書類や備品がないからと減額される可能性があるからです。

必要書類を手早く揃える事が高値での売却につながる

買取店の立場になってみればわかりますが、数日以内に売却してくれる顧客と売却に1ヶ月以上掛かる顧客では、すぐに売却してくれる顧客の方が業者も乗り気になります。

高値で売却するために、複数の業者で査定をしてもらう事は大事ですが、相見積もりに時間が掛かり過ぎると、査定額が落ちてしまいます。

また売却を検討した時期や状態によっては、下記のように車の売却を急いだ方が良いケースもあります。

新車も中古車も需要が高くなる1月〜3月や9月〜10月頃
車の走行距離がもう少しで5万kmや10万kmという大台の手前

これらの時期が来たらすぐにでも売却した方が良いです。しかし、必要書類が揃っていないと、揃えるのに時間も掛かります。車の買取価格は日々変化しています。査定にも有効期限があります。高値で売却したいときに売却できるように準備をしておく事が大事なのです。

まとめ


いかがでしたでしょうか?車の売却には軽自動車と普通自動車では準備する書類が違います。また書類を紛失してしまった場合も再発行ができるので安心してください。車を高値で売却するためには必要書類を素早く揃えておく事が大事です。