【2019年版】個人情報なしで車の査定をしたい人必見!匿名で車査定をする方法

車の乗り換えや車の売却をする前に、今の愛車の価値を知っておく必要があります。しかし、ネットで査定申し込みをする際、気になるのが個人情報です。

しつこい営業は面倒だと思い、ネットでの車査定を諦めていませんか?

今回は、申し込みに個人情報が必要な理由やデメリットと共に、個人情報なしで車の査定ができるおすすめの業者をご紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

査定で個人情報を入力するデメリット


車の価値を調べるのに便利な一括査定は、ユーザーに無料でサービスを提供しています。では、どこから利益を得ているのかというと、運営会社が車を売りたい人のデータを集め、買取業者に提供することで運営が成り立っています。

便利なネットの一括査定ですが、自分の連絡先を入力するリスクはあります。特に大きい2つのデメリットを解説します。

執拗な勧誘を受ける可能性

自分の連絡先を入力することで、しつこく勧誘を受ける可能性があります。

実際にサービスを利用した人の中にも「一括査定に申し込んだら営業がしつこくて疲れた」
「繰り返し営業電話がかかってくる」
などの口コミが多く、連絡先を入力することで執拗な営業を受けるのは残念ながらよくあるケースです。

中には、電話番号を登録した直後に早速電話がかかってきたという人もいます。

以前は深夜でも連絡がかかってきたケースもありましたが、現在では業界団体で規制され、夜9時以降の営業電話は禁止となっています。

しかし、それでもプライベートな時間に何度も連絡が来るのは厄介なものです。こうした勧誘が嫌で、あえてネットの見積もりは利用したくないという人もいるでしょう。

多くの業者に個人情報が知れ渡る不安

一括査定の便利なところは、一回の入力で多くの業者に見積もりを依頼できるところです。
その反面、登録している業者が多ければ多いほど、自分の住所や電話番号が知れ渡ってしまう不安があります。

基本的に、大手が運営しているサイトを利用する場合は、情報の流出はほとんどないと思って大丈夫です。

ただし、大手が運営している以外の場合は注意が必要です。セキュリティの信頼性も低いので、安易に登録しないようにしましょう。相手も商売ですから、車を売ってくれそうな見込み客のデータは喉から手が出るほど欲しいものです。

万が一のリスクを避け、連絡先の入力は、安心して利用できる大手のみにしておきましょう。

どうして査定には個人情報が必要なのか?


サービスを利用するために、わざわざ自分の連絡先を相手に教えるのは抵抗がありますよね。

いくら一括査定が便利といっても、プライベートな項目を入力するデメリットを考えると自分の連絡先は隠しておきたいという方も多いのではないでしょうか。

しかし、サービスを利用するために個人情報が必要なのは、ちゃんとした理由があります。

業者は車の正確な情報がなければ査定できない

車の価値は、単純にメーカーや年式、走行距離だけでは判断しきれません。外装、内装の状態や、修復歴など、細かいデータがあればあるほど見積もりがしやすくなります。

また、個人情報を入力することで、高額で買取してくれる可能性が高いところを紹介してもらえます。

買取となると、確認や受け渡しなどで直接のやり取りが発生します。そのため、住んでいる地域から遠過ぎるところで見積もりをしても意味がありません。

住んでいる地域などを入力することで、実際に買い取ってくれる可能性が高い業者を選別することができます。

このような点から、正確なデータがあるほど、査定の精度がアップします。

個人情報なしで分かる査定額は「大まか」なもの

具体的な情報の入力なしで見積もりをすることもできますが、算出される査定額は大まかなものになります。
ユーザーの住んでいる場所のデータなどがないと、メーカーや年式といった最低限の情報からしか見積もりを算出できません。

つまり、あくまでその車種の一般的な相場でしかないのです。自分が今乗っている車を査定しているわけではないため、車そのものの現在の価値を知ることはできません。

参考程度に大体の相場を知ることはできますが、買取価格を調べるには不十分です。

正確な査定情報を知るには個人情報は必須

正確な見積金額を知るには、個人情報の入力は必須です。
住所や電話番号などの入力なしで得られるデータは、過去のデータから算出したおおまかな相場になります。

また、見積もり金額も低めに見積もられることが多く、残念ながらあまり参考にならないところが多いです。

匿名で相場をチェックできるところはいくつかありますが、サイトによってかなり査定の精度が違います。特にディーラー系は元になる買取データが少ないため、かなり曖昧な金額が出ます。

そのため、匿名で調べる場合は、ひとつではなく複数のサイトを利用するのがおすすめです。

車査定の相場を個人情報なしで知りたい!そんな方にオススメのサイト6選

【最新2019年版】車の買取業者オススメ12社を徹底比較!

個人情報なしでより正確な査定額を知るなら「グー買取」の相場査定


グー買取は、中古車情報検索サービスの大手である「Goo」が運営している買取査定サービスです。

匿名で利用できるサイトの中でも、多くの買取データを元に相場を算出しているため、情報の信頼性が高いのが特徴です。

業者から電話がかかってこない

グー買取は、電話番号を入力する必要がありません。
電話番号を入力する時のデメリットである営業電話が一切かかって来ないので、申し込みのストレスがありません。

また、見積もりをお願いする業者も自分で選ぶことができます。
連絡先の入力は最低限で、自分のペースで取引を進めることができるのは大きなメリットです。

webだけで情報が取得できる

グー買取は、基本的な項目を入力するとWeb上で相場をチェックすることができます。

メールで査定額の到着を待つ必要がなく、Webだけで即時に金額が取得できるので、今すぐ相場を知りたいという人に非常に役立ちます。

さらに、グー買取ではあなたの愛車の未来予想グラフとして、半年先の買取相場までグラフで表示してくれます。

今すぐ売る意思がなくても、この先の予想価格の推移を知ることができるので非常に便利です。

業者提供の情報をもとにしているので精度が高め

グー買取は、中古車情報サービスが母体となっているため、これまでに登録された膨大な買取データを利用して相場を算出します。

参考データ量が多いため、正確な相場を出しやすく、匿名で利用できるサイトの中ではかなり精度が高く、信頼できる金額が出ます。

営業は一切ないのか?

グー買取は住所や電話番号などの詳細な項目の入力は必要ありませんが、申し込みの際はメールアドレスと郵便番号が必要になります。

メールアドレスを入力しても、一括査定のように多数の営業メールが届くという事はないので安心です。グー買取からメールマガジンが届くだけなので、厄介な営業メールに煩わされる心配はありません。また、登録したメールアドレスには、Web上で表示されたのと同じ結果が届くので、いちいちWebに表示された項目を保存したり、印刷する必要もなく便利です。

郵便番号は、見積もりを行う業者を選ぶために必要です。郵便番号を元に、一番利用しやすい最寄りの業者をピックアップしてくれます。

最低限の入力項目だけで精度の高い査定ができるので、できるだけ自分の連絡先は知られたくないという人にぴったりです。

口コミを元に調査!グー車買取のメリット・デメリットとは?

愛車の未来の相場も予測したい人は「ズバット」の中古車査定相場


ズバットの中古車査定相場は、メーカーと車種を選ぶだけで相場を調べる事ができます。
メールアドレスなども必要なく、完全に匿名で相場チェックすることができるので大変便利です。

メーカーと車種を入力した後に、年式や走行距離、ボディカラーなどの詳細を入力すれば、さらに正確な価格を割り出すことができます。
個人情報なしで相場を調べられるサイトの中では、かなり役立つのでおすすめです。

中古車オークションのデータをもとにしている

ズバットは、中古車オークションのデータから現在の相場を算出するため、情報の精度が非常に高いのが特徴です。

一般的に、売却された車は、中古車オークションで取引されることが多いです。そのため、中古車オークションのデータは、限りなく相場に近いリアルな数字といえます。

ズバットは膨大な中古車オークションのデータを元にして金額を算出するので、個人情報なしでもかなり正確な査定額が期待できます。ただし、実際の相場より若干低めに計算されることが多いので、その点を考慮しておくといいでしょう。

6か月後の相場も表示してくれる

ズバットの中古車査定相場の最大の特徴は、現在の相場だけでなく、6か月後の相場予想も表示してくれることです。
今すぐ売却する予定はなくても、とりあえず現在の価値と今後の予想価格を知りたいという人にはぴったりです。

査定価格の推移はグラフで表示されるので非常に見やすく、相場を調べるのが初めてという人にもわかりやすくなっています。

一括査定サイト【ズバット車買取】とは?気になる口コミや評価を徹底解説

売る気がないのに一括査定はNG


一括査定は、多くの業者に買取見積もりを依頼できる便利さが人気です。

しかし、売る気がないのにサービスに登録してしまうと、メリットよりデメリットの方が多いため注意が必要です。

車の最高査定額を出すには手っ取り早い

一括査定の最大のメリットは、最高買取金額を知ることができるという点です。
一括査定を利用すると、多くの買取業者に「この人は売却する意思がある」というのが伝わります。

そこで、数ある業者の中から自社を選んでもらうために、見積もり額をできるだけ高くしようと努力します。そのため、たくさんの業者を競わせて金額を付けさせられるので、一括査定は最高価格が出やすくなります。

一度の入力で手間を省いて、最大の利益を得るには一括査定は非常に役立ちます。お得に売却するなら、絶対に利用すべきサービスなのです。

無数の営業電話がかかってくる

一括査定に登録すると、営業電話が何度もかかってきます。サービスを利用した=今すぐ売却したい人と思われているため、営業電話がかかってくるのは避けられません。

また、多くの人が勘違いしているのですが、一括査定サイトからかかってくる営業電話は、サービスの運営会社ではなく、買取業者そのものです。

そのため、多くの業者を比較できるほど、連絡先があらゆるところに流れ、無数の営業電話がかかってくることになります。業者は、誰よりも先に自社でアポを取りたいと思っています。中には、自動で営業電話を掛けるシステムを導入しているところもあり、かなりしつこく営業電話がかかってくることは覚悟しなくてはいけません。

電話番号を登録した直後に、着信履歴が埋まってしまったというケースも実際にあります。

メールも頻繁に届く場合がある

一括査定に登録すると、営業電話だけでなく、メールでの連絡も多数届きます。メールは電話ほど厄介ではありませんが、受信トレイにずらっと未読の営業メールが溜まっているのを見るのは意外とストレスになります。

特に、仕事などで普段使っているメールアドレスを入力してしまうと、大事なメールが営業メールで埋まってしまうという可能性もあります。

一括査定に登録する際は、こまめにメールチェックをするか、大量の営業メールが来ても困らないメールアドレスを利用するのがいいでしょう。

「売る気が無い」と断ると査定額を知らせてもらえない事例も

業者が査定してくれるのは、自分たちに売ってくれる可能性を期待しているからです。そのため、今すぐ売る気がないというのがわかると、見積もり金額を伝えてくれない場合もあります。
備考欄などに「今すぐ売るわけではないが参考程度に査定額を知りたい」など書くと、業者から敬遠されてしまいます。

業者にとっては「今すぐ売りたい」という人が査定の対象になります。もしも今すぐ売る気がなくても、一括査定を利用するなら、その事は隠しておきましょう。

まとめ


査定で個人情報を入力するのは、メリットもデメリットもあります。匿名で相場を調べることも可能ですが、やはり正確な査定額を知るためには、ある程度の個人情報の提供は必要です。

匿名で相場を調べるなら信頼できるサイトを選び、参考程度に利用するのがおすすめです。

今すぐ高値で売却したいと考えているなら、多少のデメリットがあっても、一括査定を利用するのが一番です。自分の目的に合わせて、利用するサービスを使い分けましょう!

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます