車の査定相場は要チェック!下取りで損しない方法とは?

車の乗り換えを考えた時、馴染みのディーラーで下取りをしてもらう人は多いです。しかし、何も考えずに下取りをディーラー任せにしてしまうと、査定で損をしてしまう可能性があります。

今回は、下取りの際に相場表をチェックするメリットなど、お得に下取りを進める方法をご紹介します。

査定相場はなぜチェックすべきか


新車で車を購入したことがある人なら「ディーラーなら愛車の事をよく知っているので信頼できる」と考えることがほとんどです。

下取りのメリットは、ディーラーに車の売却から乗換えまで全てを任せられるという点ですが、ディーラー下取りは実は損するケースが多いというのをご存知ですか?

相場を知らずに下取りを全て業者に丸投げしてしまうと、愛車を買い叩かれても気付くことができず、大きな損をしてしまうのです。大切な愛車を言い値で手放さないためにも、査定相場は必ずチェックしておきましょう。

車売却の目安になる

一般的に、下取りは買取に比べて査定価格が安くなりがちです。そのため、相場を知っておけば、下取りではなく売却したほうがお得なケースに自分で気付くことができます。

相場価格を目安にすることで、下取りを選ぶか売却を選ぶかの判断材料にすれば、車を手放す際の選択肢がより広がります。

売却時に交渉材料として活かせる

ディーラーから提示された価格が相場より低いと感じたら、相場を元に交渉することができます。車を高く買い取ってもらうには、交渉は必要不可欠です。

こちらがきちんとした相場観を持っているとわかれば、ディーラーもうかつに安い価格を提示できないので、対等な立場で交渉することができます。

不当な買い叩きを回避する役割

下取りで失敗する大きな原因として「ディーラーに任せておけば安心」という考えがあります。そのため、相場を知らないと不当な買い叩きにも気付かない可能性があります。

相場を知っておけば、低すぎる査定額にすぐに気付くことができるので、買い叩きを回避することができるのです。

有名な下取りの査定相場がわかるサイト

下取りをするにあたって、ディーラーに直接車を持ち込まなくても、ネットから簡単な査定相場を調べることができます。

国産車の中でも特にユーザーが多いメーカーである、日産とトヨタの下取り査定サイトをご紹介します。

日産の下取り参考価格シミュレーション

日産の公式サイトには、下取り参考価格シミュレーションというコンテンツがあります。ここでは、車の情報を入力するだけで相場を調べることができます。

メーカー、車種、年式などをクリックして選ぶだけで、目的の車の相場をチェックすることができる手軽さが便利です。

しかし、グレードや古い車種など、下取り実績が少ない車は、参考価格のデータが表示されないことも多いです。また、国産車のデータしか掲載されていないため、外車の場合は相場を調べることができないのがデメリットです。

トヨタの下取り参考価格シミュレーション

トヨタの公式サイトにも、日産と同様の下取り相場コンテンツがあります。簡単な項目の入力ですぐに結果がわかるので、大まかな価格を調べたい時に役立ちます。

掲載されているデータが少ないため、ユーザーの多い人気の車種などのデータを調べるには便利ですが、マイナーな車種や他メーカーの車種のデータは掲載されていないことも多いのが難点です。

日産とトヨタの公式サイトのポイント


日産とトヨタの公式サイトのサービスは共通点が多いです。サービスを利用する前に、以下のポイントを抑えておきましょう。

個人情報の入力の必要がない

相場の検索方法は、メーカー、車種、年式などの項目をクリックで選択するだけでOKです。個人情報の入力の必要がないため、ディーラーからの営業電話がかかってくる心配がなく、気軽に愛車の値段を調べられます。

愛車の走行距離が入力できない

日産とトヨタの下取り査定は、入力項目に走行距離がありません。メーカー、車種、年式といった最低限の情報から相場を割りだすため、細かい査定価格を調べるには不向きです。

実際の下取り価格は走行距離や車の状態によって大幅に変わります。そのため、公式サイトで調べられる情報は、あくまで参考価格として考えましょう。

トヨタ公式の参考価格情報は他社の車もカバーしている

トヨタの公式サイトは、他メーカーの車もカバーしています。ただし、登録されている車種がそれほど多いわけではないため、掲載されていないデータの方が多いです。

やはりメインはトヨタの車なので、他社の車の下取り価格を調べるには、トヨタ公式の下取り査定は物足りなく感じるでしょう。

買取相場をチェックするのも有効


日産やトヨタの公式サイトで調べられる下取り価格の情報は非常に限られています。

古い車や外車、他社メーカーの車だとそもそも検索結果が出てこない場合もあります。より信頼できる情報を探すなら、下取り相場ではなく買取相場を調べるのも有効です。

みんカラ下取相場

みんカラは、車情報を掲載している口コミSNSです。3万件を超える過去データの中から、買取相場を検索することができます。さらに個人情報の入力も不要で、しつこい営業を気にせず気軽に相場を調べることができます。

表示されるデータはユーザーによって投稿されたデータなので、車種に偏りはありますが、人気の車などは買取データが豊富というメリットがあります。

同じ車種でも買取業者の違いで査定結果も変わるので、買取業者選びの参考にもなります。検索システムも使いやすく、メーカーや年式、グレードなどで細かく車種を絞り込むことができるのも便利です。

価格コム

価格コムは、日本最大級の価格レビューサイトです。ユーザーの口コミが多数掲載されているため、愛車の情報を検索するには非常に便利です。

価格コムが運営している車買取・中古車査定のサービスは、最大30社の見積もりを比較することができます。多数の業者を比較して最高額を知ることができるので、より正確な見積価格を知りたいという人にオススメです。

入力項目も少なく、申し込みはわずか3分で完結する手軽さです。参加している業者も多く、最短即日で実車査定が可能なスピーディーさも魅力です。

中古車査定の基本やお得な方法など、中古車買取に関するお得なコラムも多数掲載されているので、車買取が初めての人は是非目を通しておくといいでしょう。

車の本当の相場を知る方法はあるか?


車の下取りや買取というのは、そう頻繁にするものではありません。そのため、車の本当の相場を知らないまま、業者の言い値で車を手放してしまうケースが多いのが現実です。

車の買い替えで損しないためには、車の本当の相場を知ることが大切です。正しい相場を知るためのポイントをいくつかまとめました。

中古車市場の傾向から辿る

車の下取りや買い替えを考えているなら、中古車市場全体の傾向を知っておきましょう。中古車市場の仕組みを知ることで、愛車が市場の中でどの程度の価値があるかを自分で判断できるようになります。

中古車の相場というのは、ディーラーや買取業者による相場表によって動いています。相場表には、車の年式、走行距離といった車自体の価値に加え、ユーザー人気や業者の利益など、様々な要素が反映されます。

高値がつきやすい車の傾向

中古車市場の傾向として、走行距離が少なく年式が若い車は、査定価格が高くなるのが一般的です。

また、下取りや買取された車は再び中古車市場に出回るので、売れやすい人気の車種やボディカラーも値段が高くなります。たとえば、同じ車種でも奇抜なカラーより、ブラックやホワイトといったベーシックなカラーの方が査定価格は高くなります。

購入した車をいずれ手放す予定があるなら、いわゆるマニアックな車より、大衆受けする車種で、定番の車を購入したほうが、あとあと中古車としての価値は高くなるのです。

さらに、市場にはトレンドというものがあり、時代によって人気の車種が変わります。たとえばミニバンやコンパクトカーなどは需要が高く、安定した人気を保っています。

SUVもここ10年近く根強い人気がある車で、各メーカーが毎シーズンのように新型モデルを発表しています。中古車市場でも高い需要があり、相場は高止まりしています。

このような中古車市場の傾向を踏まえ、あらゆる要素から自分の車がどれだけ需要があるか考えてみましょう。

相場が下がるタイミングを判断する

中古車市場では、車の相場はリアルタイムで変動していきます。そのため、車を処分するなら、一番高値で売れるタイミングで手放したいものです。

中古車市場では、モデルチェンジのタイミングで相場が変動します。新型モデルや後継車種の発表があると、既存のモデルの価値が大きく下がってしまうのです。

中古車を買う側にとっては旧モデルを安く手に入れるチャンスですが、処分する側にとっては値下がりは大きな痛手です。愛車のモデルチェンジの周期や、新モデルの発表情報などをこまめにチェックしておき、売り時を逃さないようにしましょう。

また、車が売れやすい時期というのもあります。一般的に中古車は、3月の決算や4月の新生活スタートに向けて需要が高まるので、例年1月~2月頃から春にかけて中古車相場が上がる傾向にあります。

業者が得る車の利益率を考える

中古車の下取りや買取をする上で重要なポイントになるのは、業者の得る車の利益率です。一般的に、ディーラー下取りの方が中古車買取より値段が低いのは、この利益率が関係しています。

ディーラーや中古車買取業者は、ユーザーから買い取った車を中古車として販売することで利益を得ますが、中古車の販路が多いほど販売がしやすくなるため、利益を上げやすくなります。

ディーラーにとって下取りは儲からない?

新車の乗り換えを考えている人にとって、車の下取りから新車の買い替えまでを一括でできる下取りは便利な方法です。

初めて利用する中古車買取業者を利用するより、付き合いのあるディーラーの方が信頼できると考える人も多く、ディーラー下取りは根強い人気があります。

それだけに、ディーラーは下取りで大きな利益を上げているように思えますが、実はディーラーにとって下取り自体はそれほど利益が高いわけではありません。

ディーラーは新車を販売することで利益を上げるのが目的です。そのため、中古車市場での販路が少なく、下取りした車で得られる利益というのはそれほど多くないのです。

中古車買取は、買い取った中古車そのもので高い利益を生み出すことができるため、その分高額査定でユーザーに還元することができます。この違いが、ディーラー下取りと中古車買取の査定額の違いを生み出します。

高額査定を狙うなら買取の方がお得

ディーラー下取りの場合は、下取り価格が安い代わりに新車の値引きをしてくれることがあります。ただ、もともとの下取り価格がかなり安いため中古車買取業者に売却する方がお得なケースがほとんどです。

ディーラー下取りを利用する人の大多数が中古車についての知識がないため、自分が損しているのを知らないまま、ディーラーの言いなりで安い価格で下取りをしてしまうのが現実です。

車の乗り換えを考えているなら、ディーラーの下取り査定だけに頼らず、中古車買取業者に査定を依頼するのは必須です。とはいえ、これまで中古車買取業者を利用したことがないという人がほとんどなのではないでしょうか。

CMなどで何となく聞いたことのあるショップはあるけれど、どの業者を選べばいいかわからないという人におすすめなのが、中古車の一括査定です。

一括査定とは、1度の申し込みで複数の業者に買取査定を依頼できるサービスです。無料で利用できる上、下取り査定と変わらない手軽さで愛車の中古車相場を簡単に調べることができます。

複数の業者を競合させて見積もりを依頼できるため、高額査定が出やすいという大きなメリットもあります。

下取りという選択肢だけにこだわらず、中古車の相場表を考えて買取査定を依頼するのが、賢く車を乗り換える方法です。

まとめ


車の下取りで損しないためには、愛車の本当の価値を知っておくことが重要です。自分が思っている以上に、愛車には高い価値が付く可能性があります。それを知らないと、不当に買い叩かれてしまうかもしれません。

また、正しい相場観があれば業者との交渉材料にもなります。車の下取りや買取を考えているなら、まずは自分で相場表を調べてみましょう。