車の査定相場を知る方法と相場変動の要因とは?

愛車を査定に出そうと思っていても、いきなり実車査定に出すのは少し不安ですよね。実際に買取店に車を持っていく前に「相場」を知っておきたいのが本音かと思います。

そこで今回は、車の査定相場を知る方法をはじめ相場変動の要因まで詳しく解説していきます。
中古車市場における買取相場を知っているか知らないかで、後々大きな差が生まれるのも事実です。ぜひこの記事を参考にしながら、納得のいく車売却をしましょう!

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

車の査定相場の確認方法

そもそも査定相場ってどうやって分かるの?調べ方は?といった疑問を持っている人も少なくないはずです。そこでまずは【査定相場の確認方法】をご紹介します。一見面倒くさそうに見えますが実は誰でも簡単に調べることができるんです。それでは早速見ていきましょう。

一括査定サイトを利用する

まずオススメしたいのが【一括査定サイト】です。一括査定サイトとは文字どおり複数の買取業者から一括で査定を受けられるサービスのことで、サイトに一度登録するだけで一斉に査定依頼することができます。
いくつもの買取業者の査定額を知れるため、大体の査定相場を割り出すことができます。

一括査定サービスの使い方はいたってシンプル。サイトによってフォームやデザインは若干異なりますが、基本的な使い方は同じです。「売りたい車の基本情報」と「所有者の個人情報」を入力するだけでOK。その後すぐに買取業者から電話がかかってきて簡単な見積もりを出してもらえたり、実車査定のスケジュールを決めることもできます。
電話にて簡単な見積もりを立ててもらうことも可能ですが、より正確な相場を知るのなら実車査定を受けるのがマストです。実際にプロの査定士に見てもらうのと、そうでないのとでは大きな差があります。

相場サイトを利用する

前述した一括査定サイトの他には【相場サイト】というものもあります。文字どおり車の査定相場を調べられるサイトで、一括査定サイトのように個人情報を入力しなくても利用できるのが大きなメリットです。一括査定サイトの場合、個人情報を入力すると買取業者から一斉に電話がかかってくるというデメリットがありますが、相場サイトであればその心配はありません。
基本的には車種や年式、走行距離など「売りたい車の情報」だけ入力すればOKです。

代表的なサイトとして「ナビクル」や「グー買取」などが挙げられます。いずれも簡単に相場チェックが可能ですが、ナビクルの場合は過去と未来の買取相場もチェックできます。そのため「いつ売るのがベストタイミングか?」を見極めることが可能になります。
ただ、相場サイトには正確性が劣るというデメリットがあります。インターネット上ですべて完結できるのは大きなメリットではありますが、個人情報を入力しないため業者と直接アポイントが取れなかったり、実車査定を受けられなかったりするので信用しすぎないようにする必要があります。

中古車検索サイトから相場を割り出す

一般的な中古車検索サイトを使って査定相場を割り出す方法もあります。一括査定サイトや相場サイトと同じように、まず愛車のメーカーや車種、年式などを入力して「同じ条件で売られている車」を割り出します。
例えば検索した車が1,000,000円の車種だった場合、ディーラーの利益率はだいたい15%程度なので、買取業者はおおよそ765,000円で車を買うこととなります。つまり、765,000円が売却金額の相場ということです。
やや計算は面倒ではありますが、この方法を使えばどんな車の査定相場も自分で割り出すことができます。

知り合いに確認してもらう

知人や友人に聞くのもひとつの手です。もし自動車業界で働いている知人がいるのならなお良しです。車売却について詳しく教えてもらえればそれに越したことはありませんが、そもそも自動車に詳しい知人がいるかどうかがカギになります。
もしくは実際に同じような車種を売ったことのある知人でも良いでしょう。「どれくらいの金額で売れたのか?」「売った買取業者はどうだったか?」など事細かに聞いてみてください。

査定相場が変動する要因

そもそもなぜ査定相場は変動するのでしょうか?その理由はひとつだけでなく多岐に渡ります。ここでは【査定相場が変動する要因】をご紹介します。相場が変動する理由を覚えておけば、損しないで済んだり査定金額をアップさせたりすることが可能です。具体的には以下の要因が挙げられます。

車種やグレードによる変動

言わずもがなですが、車の車種やグレードによって査定金額は大きく異なります。基本的には新しい車種の方が査定相場が高くなりやすいです。また同じ車種でもグレードによって査定相場は異なります。ガソリンモデルだけでなくハイブリッドモデルやクリーンディーゼルモデルなどがありますよね。そういったグレードやモデルの違いによっても査定相場は変動するのです。

年式による変動

年式によっても査定相場は変動します。新しければ新しいほど査定相場は高くなり、古くなればなるほど査定相場は低くなります。ただ年式による査定相場の下落率は「1年目」がもっとも高くなります。1年を過ぎたタイミングで査定相場はガクッと落ち込みますが、それ以降は安定します。その後は「5年目」「10年目」といった節目となる年に査定相場は大きく下落するので要注意です。
一方、たとえ年式が経っていても高額査定が狙える車種もあります。例えば1980〜1990年代に生産されたプレミア車の場合、高く買い取ってもらえる可能性が非常に高いです。

ボディカラーによる変動

ボディカラーも査定相場に影響を与える要因のひとつです。車のボディカラーには高く売れるカラーとそうでないカラーがあります。特にブラックやホワイト、シルバーといったスタンダードカラーは高額査定が狙いやすく、一方でイエローやグリーンといったマイナーカラーは査定額が低くなりやすいのが特徴です。これは単に「人気度」によるもので、ブラックなどのスタンダードカラーは老若男女問わず人気を集めるカラーなので常に需要があり、査定相場も安定しています。逆にマイナーカラーは需要が少ないため査定相場も低迷しやすいというわけです。

走行距離による変動

査定相場は走行距離によっても変動します。基本的に年式と同じように、長く走れば走るほど査定相場は下がっていきます。走行距離に比例して査定相場は下落しますが、ガソリン車であれば走行距離100,000km、クリーンディーゼル車であれば200,000kmがひとつの目安となります。この数字を超えると査定相場は大きく落ち込むので要注意です。裏を返せば、これらの大台を迎える前に売ってしまうのが得策と言えるでしょう。

また、必ずしも年式と走行距離は比例しないため、年式が新しくても走行距離が長ければ査定相場は落ち込みますし、逆に年式が古くても走行距離が短ければ高額査定をしてもらえる可能性もあります。

車の状態による変動

実車査定を受ける際に「車の状態」を細かくチェックされますが、やはりダメージの多い車は査定相場も低くなります。古い車であっても良い状態が保たれていれば査定相場は高くなりやすいです。

当然、傷やヘコミも減額の対象にはなりますが、よほど大きなものでない限り大きな減額となることはありません。なかには「傷やヘコミがあるから修理しないと!」と思うかもしれませんが、大きな修理費をかけてまで直す必要はありません。修理費が高くついて損してしまう可能性もあるので、大金をかけた修理はしなくてOKです。

また車のニオイも要注意。タバコやペットのニオイはマイナス査定につながりやすくなるため十分気をつけましょう。実車査定の直前にスプレーを使うなどして誤魔化してもすぐにバレてしまうので、日頃からニオイが染み付かない工夫をしておく必要があります。長年車内でタバコを吸っている場合は完全にニオイを消すことは難しいので、ある程度の減額は覚悟しておきましょう。

メンテナンス状況による変動

「どれくらいメンテナンスしてるか?」も査定相場に影響を与えます。定期的に整備を行っていれば査定額もアップしやすくなります。また日頃から車を丁寧に扱っていれば、査定士にも好印象を与えることができますよ。

さらに「整備記録」や「メンテナンスノート」があるとなお良しです。今までどれくらい整備を行ったか記録した書類を提出すれば、買取店からの信頼も得ることができ、結果的に査定額もアップすることでしょう。

オプションの有無による変動

車についているオプションの有無や状態によっても査定相場は変動します。基本的には「純正オプション」が付いていると良い評価を受けられます。逆に純正でない「社外オプション」だとプラス査定は難しくなります。ただ、買取業者によって社外オプションでも評価してくれるところがあるので、あらかじめ問い合わせてみるのが良いでしょう。

また「最初は純正オプションを付けていたけど取り外して今は違うオプションを付けている」という人もいるはずです。そういった場合は、もう一度最初のオプションを付け直さなくてもOKです。オプションを提示するだけでも査定アップが見込めます。

消耗品による変動

タイヤやホイールといった消耗品も査定相場に影響を与えます。タイヤの場合「溝の深さ」に注目しましょう。溝が深くなっている場合は、タイヤが使用されていない=新しいと見なすことができるため、高額査定が見込めず。一方でタイヤの溝が浅くなっている場合は、それだけタイヤが使い込まれていると見なすことができるため、査定金額も低くなります。

スペアタイヤについては、買取業者に持っていけばプラス査定を受けられる可能性があります。タイヤの保管状態によって査定額は変動します。

カスタムの有無による変動

カスタムしているかどうかも査定相場に影響を与えます。改造車のまま売りに出すと査定金額は下がってしまいます。そのため、もしカスタムしている車を売りたい場合は「最初の状態に戻してから」売るのが鉄則です。

さまざまな理由があって今の状態のままでしか売れないという場合は、減額を覚悟しておきましょう。
また最初の状態に戻して車を売る場合、カスタムしていたパーツも持ち込むようにしましょう。たとえ社外パーツであっても買取業者によっては高く評価してもらえる可能性があります。

売る時期による変動

売る時期によっても査定相場は変動します。1年を通して車が高く売れる時期があったり、そうでない時期があったりします。なかでも車が高く査定されやすいのは【1〜3月】です。これらは「まもなく新生活が始まるタイミング」であるため、車の需要が爆発的に増えます。店側にしても、車が売れることが分かりきっているため、多少査定額を高くしてでも車を仕入れようと考えているわけです。
1〜3月を逃した人は9月もオススメです。秋口から新生活をスタートさせる人も多いため、査定金額も高くなりやすくなります。

またモデルチェンジが行われるタイミングもオススメですね。今乗っている車種の新たなモデルが発売される「前」のタイミングで売ってしまいましょう。モデルチェンジが行われた後だと今の車種の価値が落ちてしまうので、もし高額買取を狙うのなら必ずモデルチェンジ前に車を売ってしまいましょう。

リコールによる変動

リコールを含む自動車メーカーによる不祥事が起こると、車の査定相場も大きく変動します。当然ながら、リコールが起こるとユーザーは不安になります。リコールが起こると車が売れなくなるため、販売店も価格を下げて販売せざるを得なくなるわけです。それに伴って車の買取価格も下がってしまいます。そのため、各メーカーの経営状況なども確認しておくと良いでしょう。

取引が行われる地域による変動

車の取引が行われる地域によっても査定相場は変動します。中古車の市場規模から見ると東京の査定相場がもっとも高いです。その他の地域はそこまで大差はありませんが、「都会か?田舎か?」が大きな区分基準となります。田舎になるとそもそも買取業者が存在しないことも多いのが現状です。

景気による変動

国内の景気の状況によっても査定相場は大きく変わります。景気状況によって需要と供給のバランスが変化しますが、景気が良くなれば車の需要は高まり、逆に景気が悪くなれば車の需要は減るわけです。

またガソリン価格によっても査定相場は変動します。ガソリンが高くなれば車の買取価格は低くなりますし、一方でガソリンが安くなれば買取価格は高くなる傾向にあります。
日本国内だけでなく海外の景気も査定相場に影響を与えます。特に為替は重要なポイントであり、例えば円安になると海外輸出用の中古車価格が高くなるのです。このように景気状況によって査定相場は大きく変動するので、新聞などで国内・海外経済をチェックしておくことも大切です。

社会の変化による変動

経済だけでなく社会の変化によっても査定相場は変動し、その代表例なものとして災害が挙げられます。地震や火災、水没などによって車が故障または紛失してしまった人が増えると、新たな車の需要が増えます。当然ながら中古車の需要も増えるので、結果的に査定金額も高くなるわけです。災害に関してはいつ起こるか分からないので、場合によっては普段の相場よりはるかに高い金額で買い取ってくれることもあります。

車査定は信用できる?査定時の注意点

それでは最後に【査定時の注意点】をご紹介します。そもそも車査定って信用できるの?と疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。たしかに100%信用できるとは言い切れません。いくつか注意点があるので、以下のポイントを事前にしっかりと確認しましょう。

ディーラー下取りではなく「買取」を依頼する

車買取には「ディーラー下取り」と「買取業者での買取」があります。買取だけを行う買取業者に対して、新車を安く買える代わりに今の車を下取りに出すのがディーラー下取りです。どちらでも査定は受けられますが、基本的には【買取業者での買取】を選ぶようにしましょう。

買取のプロである買取業者に対して、ディーラーは販売のプロです。したがって販売にまつわる知識や経験は豊富なのですが、買取に関してはどうしても弱くなってしまいます。そのため適切な査定ができず買取業者よりも査定額が低くなりやすくなります。
その点買取業者は実績も豊富ですしプロの査定士も揃っています。大手買取業者であればブランド力もあるため、安心して車を預けられるでしょう。

複数の買取業者に見積もりを出してもらう

一括査定サイトなどを通して買取業者に査定を依頼することになりますが、複数の業者に依頼するのがオススメです。というのも、複数の業者をチェックすることで競争が生まれるため、査定金額もアップしやすくなるからです。

買取業者にとって車は商品そのもの。そもそも車がないと商売が成り立ちません。そのためどこの業者も「ウチで買い取らせてほしい」と考えているので、多少査定額をアップさせてでも目の前にある車を買い取りたいと考えています。

また1社しか見ていない場合そこの買取業者でしか売ることができず、結果的に安く買い叩かれてしまう可能性が高くなってしまいますが、複数の業者を見ておくことでそのリスクを減らすことができます。可能であれば3社以上の業者を見ておくのが良いでしょう。

見積もりの内訳をしっかりと確認する

実車査定を受けた後に詳しい見積もりを受け取ることになりますが、ここでしっかりと見積もりに目を通しておくことが重要です。なぜなら、車を売る際に「自動車税の還付金」が受け取れるケースがあるからです。悪質な業者に当たってしまった場合、この還付金が内訳に含まれていないこともあるためしっかりと確認しておきましょう。

こちらからガツガツ交渉しない

基本的にこちらからガツガツ交渉するのは控えた方が良いでしょう。なぜなら、そもそも複数の業者に査定依頼を出していれば自然と査定金額はアップするからです。そのためガツガツしすぎると向こうから距離を置かれて、あまり納得のいく結果が得られない可能性が高くなるでしょう。

また実車査定の際には「複数の業者にお願いしようと思っている」と伝えるのもOKです。そうすることで買取業者に競争意識が芽生え、査定金額をアップしてくれるはずです。ガツガツするのではなくナチュラルに交渉を進めることを意識しましょう。

査定後の契約内容もしっかりと確認する

査定を受けた後の契約内容もしっかりと確認しておきましょう。なぜなら、「最後の入金で減額された」「キャンセルを依頼したが高額なキャンセル料がかかると言われた」などのトラブルが多数報告されているからです。車を売るときには必ず契約書に押印をすることになるのですが、この契約書の文章をしっかり読んでおきましょう。

押印する前に「もし車を引き渡した後に故障が見つかった場合、査定額はどうなりますか?」と聞くようにしましょう。キャンセルについても同様です。悪質な業者によっては多額なキャンセル料を請求してくるケースがあるので十分に注意しましょう。

オークションや個人売買はしない

オークションや個人売買はオススメしません。これらの取引には仲介業者が存在しないため余計な中間マージンが発生せず、結果的におトクに車を売れるように思いますよね。ただ、それ以上に大きなトラブルに発展してしまう可能性が高いと言えます。たとえ売却先が親しい友人だったとしても、お金が発生するわけです。後になって契約の内容についてトラブルになっては本末転倒ですよね。最悪の場合、裁判にもなりかねません。

また契約書の作り方なども一から学ばなければならならず、かなり手間がかかります。

まとめ

車の査定相場について詳しく解説しました!いかがでしたか?
あらかじめ相場を調べておくのと調べておかないのとでは、後々大きな差になります。また、査定相場は一見面倒くさそうに思うかもしれませんが、インターネットひとつで誰でも簡単に調べることが可能です。スマホでもチェックできるので今すぐにでも調べてみてくださいね。またさまざまな要因によって査定相場は変動するため、日頃から情報を集めておくのが良いですね。車を売ろうと思った時にいつでも売れるように万全の体制を整えておきましょう。
ぜひ今回の内容を参考にして、スムーズかつ納得できる買取金額で愛車を売りましょう!

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報