車の買い替えはタイミングが重要!3つの時期に分けて詳しく解説

「車の調子が悪くなり、修理費がかさむようなら乗り換えよう」
「3年目か5年目での買い替えが良いと聞くから、その時にしよう」
という方も多いと思います。

そこでこの記事では、
・そもそもどのようなタイミングでの買い替えがお得なのかわからない
・買い替えの基準はなに?
という方向けに、車の買い替えの時期についてのお悩みを解決していきます。

具体的には、車を買い変える時期を3つご紹介した後、それぞれについて詳しくご説明していきます。重要なポイントに絞り、簡単にご説明していきますので、ぜひ一読ください。

車を買い替える3つの主な時期


そもそも車を買い換える時期は、一般的に下記の3つです。もちろん事故や故障などによって、車を買い換えなければならない場合は除いています。

  • 生活環境の変化
  • 車の最新モデルが発売
  • 車の走行距離

生活環境の変化

車を買い換える時期で一番多いのが、生活環境の変化によるものです。1人であれば、スポーツカーや外車など、維持費のかかる車でも問題ないでしょう。

しかし結婚した場合や家を立てる場合など、家族構成が変わったり出費が増えたりする時には買い替えを考えざるを得ません。また転勤などで住む場所が変わる場合も車の買い替えを考える必要が出てくる可能性があります。

特に子供が生まれるタイミングでの車の買い替えとなると、しっかりと考えながら次の車を決める必要があります。最初は、乗り降りの楽なスライドドアがついている軽自動車が良いと思うかもしれません。

しかし子供が2人になり、荷物が増えてくると軽自動車では不便になる可能性があります。そうなると少し大きなコンパクトカーなどに買い換える必要が生まれ、結果として高くついてしまいます。そのようなことにならないために、ある程度先を見越して車の買い替えを行いましょう。

車の最新モデルが発売

車の最新モデルが出たタイミングも車を買い替える時期としてはオススメです。当然のことですが最新の自動車には、より高い安全性能と最新の装備がついています。特に最新のナビがついている方が安心して運転できますよね。さらに燃費も良くなっているため、維持費も節約できるでしょう。

しかし最新モデルが出たタイミングで買い換える場合、旧モデルの買取価格は下がる傾向にあります。できるだけお得に買い替えを行いたい場合は、最新モデルが発売されたタイミングは避ける方がオススメです。

車の走行距離

車の走行距離も車を買い換える目安になります。そもそも車の走行距離は、車の状態を判断するのに有効な情報で、塗装など時間とともに劣化していく部分もあるので、走行距離以外ももちろん重要です。

ただ一番は車の走行距離が買取価格に大きく影響します。そのため特に、
・お得に車を買い替えたい
・コスパを良くしたい
という方は車の走行距離を目安に買い換えるのがオススメです。

生活環境の変化で買い替える時期


ではここからは生活環境の変化で買い換える時期に焦点をあてて詳しくご説明していきます。

子供の成長にあわせて車を変える

子供が生まれるタイミングだけでなく、子供の成長に合わせて車を買い換える必要があります。子供が小さい時は、車にチャイルドシートやベビーカーを乗せる必要がありますよね。その場合、ある程度車内の天井が高いほうが良いです。

また子供を抱っこした状態からチャイルドシートに座らせるとなると、自動で開いてくれるスライドドアがあると乗り降りが楽になります。このような場合は、電動スライドドアのついている軽自動車でも良いですね。

子供が大きくなると荷物が増えてくるため、軽自動車では不便に感じる場合が多いです。そのためこのタイミングで、少し大きめの車を買い換える方がいます。旅行やアウトドアが多い方は、4WDのSUVなどに買い替え、そうでない場合は維持費の安いコンパクトカーを買う方が多いです。

もちろんこのように家族の人数や荷物に合わせて車を買い替える必要はありますが、結果的に高くついてしまう可能性があります。そのため最初からある程度先を見越して大きめの車を購入することも一つの方法です。

子供が車を運転できるようになる

子供が運転できるようになると、以前のように送り迎えなどをする必要がなくなります。そのため大きな車から小さい車に買い換える方が多いです。また車が無いと生活できない地域では、子供にも車が必要になりますよね。

そうなると車を増やさなければならず、維持費も増えてしまいます。子供が運転出来るようになったら思いきって小さい車に買い換えると維持費を節約でき、総合的には車の買い替えがお得になる可能性があるのでオススメです。

最新モデル発売にあわせて買い替える


最新のモデルが発売されるタイミングで買い換えることもオススメです。

モデルチェンジについて

最新のモデル発売をフルモデルチェンジといい、おおよそ5年から7年周期で行われます。そもそもフルモデルチェンジとは、車種名が同じでありながらも車自体は完全な新型車として開発され、発売される車のことを言います。

一方でフルモデルチェンジまでの間に、外装やインテリアなどが細かく変更される場合は、マイナーチェンジと言われます。そのためマイナーチェンジの場合は、車の性能が大きく変わることは少ないです。

モデルチェンジ時期のメリット

モデルチェンジ時期の買い替えのメリットとしては、下記の4つがあげられます。

  • 燃費が良くなる
  • 緊急ブレーキや運転アシスト機能などの安全装備が最新
  • ナビのデータや性能が最新
  • 旧モデルでの欠点が改善されている

最新モデルになり燃費が良くなっていると、ガソリン代だけでなくエコカー減税なども適用され維持費を安く抑えることができます。また安全性能が上がっているため、事故に合うリスクも少なくなりますね。そのような理由から買い換えるタイミングとしてはオススメです。

ただ買い換える方が多いので、新型モデルの発売時期は現行モデルの買取価格が下がってしまいます。そのためお得に買い替えたい方は、発売からある程度期間をあけて買い換えるのがオススメです。

車の走行距離で買い替える時期


車の走行距離も買い換える目安になります。

走行距離の目安

ではここから走行距離の目安についてご紹介してきます。基本的に普通車でも軽自動車でも年間の走行距離の目安は、1年で1万kmと言われています。例をあげると、3年で4万km走っていれば過走行となり、買取価格も下がってしまいます。逆に3万kmより少ない場合は、低走行とされ買取価格も高値が付きやすいです。

では具体的にどの程度の走行距離を目安に買い替えを考えればよいのでしょうか。それは普通車と軽自動車で違って来るので、ここからは分けてご説明してきます。

普通自動車

普通車の場合の目安となる走行距離は、7年7万kmと言われています。7年というのは、新車購入から3回目の車検のタイミングです。

車の寿命は、基本的にメンテナンスを行なえば、車は何十年でも乗ることが出来ます。しかし車の買取価格は、10年10万kmを超えるとほぼ値段がつきません。つまり7万kmであれば、車の値段がつく段階で次の車に買い替えができるため、お得に買い換えることが出来るのです。

軽自動車

軽自動車は、普通車に比べると耐久性が劣ります。そのため普通車よりも短い5万kmが買い替えの目安と言われています。もちろんメンテナンスを行なえば20万km以上走ることも可能です。しかし軽自動車の買取価格は、7年7万kmを超えると大きく下がってしまいます。そのため、買取価格が下がりきらない5万kmでの買い替えがオススメです。

5万キロを過ぎたら考慮を

走行距離5万kmというのは、車の買取価格が下がるタイミングです。また普通車にしても軽自動車にしても走行距離が5万kmを超えたあたりから、消耗品の部品の交換が必要になってくる可能性があります。そのため、買い替えの時期として5万kmを一つの基準にすることをオススメします。

乗り潰すか早く売るか


では乗り潰す方がお得なのか早く売ってしまう方がお得なのか、という部分も気になると思います。そこでここからはそのことについて、それぞれのメリットについてご紹介していきます。

乗り潰すメリット

先程言ったように、車はメンテナンスを行えば何十年も乗ることが出来ます。では乗り潰すとはいつまで乗ることなのでしょうか。それは走行距離が10万kmを超えることを言います。中古車市場では、走行距離が10万kmを超えると車の価値がほぼ無くなるためです。

そして乗り潰すメリットは、買い換えるよりも費用がかからないという点です。価値があるうちに早く買い替えてしまう方がお得だと言う方もいます。しかし、車を買い換えると以前使っていた冬タイヤが使えなくなったり、自動車取得税や手続きの費用がとられてしまったりします。そのため総合的に見ると、乗り潰す方がお得です。

早く売るメリット

では早く売るメリットにはなにがあげられるでしょうか。それは車の価値が残っている間に買い替えが出来ると言うことです。中途半端に長く乗るよりは、お得に買い替えができるため、乗り潰すことの次にお得に買い替えが出来ます。

さらに最新の車に買い換えるのであえば、安全装備や燃費などが常に良い状態の車に乗れるというメリットもあります。コストパフォーマンスで考えた場合は、早く売る方がオススメですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。以上が車の買い替えの時期についてでした。ライフスタイルの変化や故障など車をやむを得ず買い替えする場合もあります。しかしそれ以外の場合は、乗り潰すか5年以内での買い換えがオススメです。ぜひベストなタイミングで車をお得に買い換えましょう!