車の買い替え時期はいつがベスト?準備期間や税金あれこれ

「そろそろ車を買い替えようと考えてるんだけど、買い替えにベストな”時期”ってあるの?もしあるのなら、いつ買い替えるのがオススメなのか教えてほしい。併せて税金のことなども知っておきたい。」と考えているあなたへ。

そこで今回は【車の買い替え時期】について徹底解説します!実は車の買い替えには「オススメの時期」が存在するのです。いつ売るかによって買取金額が大きく異なることもあるんですよ。

この記事では【買い替えで準備しておくべきこと】【買い替え時期と税金】についても詳しく解説しています。ぜひベストなタイミングで車を買い替えて、快適なカーライフを送りましょう!

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

車の買い替えにベストな時期とは

そもそも車の買い替えにベストな時期とはいつなのでしょう?まずは具体的なタイミングについて解説していきます。売りたいと思ったときに売っても良いのですが、一度立ち止まって考えた方が良いケースもあるんです。

納得のいく金額で車を売るためにも、ぜひ以下のタイミングを参考にしてみてくださいね。

もっともオススメなのは「3月」

車の売却にもっともオススメなのはずばり【3月】です。3月は1年の中でも買取店・販売店にとっていちばん忙しい時期でもあります。なぜかというと、3月というのは「まもなく新生活が始まる時期」だからです。

進学や就職、異動などによって「心機一転、新しいクルマを買おう!」と思っている人が多く、それに伴って車の需要が高まります。中古車市場も大変盛り上がる季節なので、もし車を買い替えるなら3月が良いでしょう。

ただ、3月に買い替えを決めるのでは少し遅いです。遅くとも2月からは動き始めた方が良いでしょう。理想は「年末~1月にかけて売る店舗を決めて2月に契約をする」です。春先はどこの店舗もかなり忙しいので、余裕を持って準備しておくとスムーズに手続きができるでしょう。

買取店側から見ても、この時期は「買えると分かりきっている」ので、多少高くても買い取ってくれます。1~3月の3ヶ月間であれば高額買取が実現できますよ。

3月に買い替えを逃したら「9月」でも◎

「3月の買い替えは厳しい・・・」という人は【9月】もオススメです。9月は、3月と同様に新生活をスタートさせるタイミングでもあります。

ただ、3月ほど車の需要は多くないため、やや買取金額は劣ってしまいますね。9月に買い替えを完了させるのなら、前月の8月から準備を始めても問題はありません。1ヶ月あれば十分に価格交渉もできますし、余裕を持った納車も可能です。

コストを考えると「車検を受ける前」が良い

車を売るタイミングですが【車検を受ける前】がオススメです。車を持っている人は全員受けなければならない車検ですが、1回ごとに数万円ほどかかります。そもそも売ることが決まっているのに、車検を受けてから買取に出すのは大きな損になってしまいます。

たしかに車検を受けてから買取に出すと査定金額が大きくなりますが、それでも車検にかかる費用の方が大きいです。結果的に所有者が損してしまう可能性が非常に高いので、もし車検が迫っているタイミングで車の売却を考えているのなら、車検前に売ってしまうのがオススメです。

また、新たに中古車を買うのなら、もし新しい車の車検が切れていても、もともと払う予定だった車検費用をそちらの車に回すことができます。

逆に、前の車の車検費用を払った上に新しい車の車検費用も払うとなると「二重支払い」となるため、かなりの負担になってしまうでしょう。そういったリスクを避けるためにも車検前に売ることが大切なのです。

ディーラーの「決算期」に合わせて売る

おトクに車を買い替えようと考えているのなら、【ディーラーの決算期】がオススメです。ディーラーの決算期は年に2回あり、それが「年度末決算の3月」と「中間決算の9月」となります。

各ディーラーは、この時期を区切りとしてノルマ達成を目標としているわけです。つまり、決算の直前期のディーラーは「ノルマを達成するために何としてでも在庫を売らなければ!」と考えているのです。ノルマが達成できれば、メーカーからさまざまな賞賛や報酬が受け取れるので、どこのディーラーも必死になって車を売り始めます。

新車を買おうと考えている人は「決算期の直前」を意識してみてください。この【直前】というのがきわめて重要です。新車を買うと新車登録を行うことになるのですが、登録が行われるのは納車後となります。

たとえ3月だとしても、タイミングによっては登録が間に合わないケースもあるのです。登録が4月に繰り越されてしまう場合、ディーラーの販売実績には含まれないので、新車価格も安くなりません。

モデルチェンジ前もオススメ

車を売るなら【モデルチェンジ前】がオススメです。どんな車種でも数年に一度は新型モデルが発売されますが、このモデルチェンジの時期が近づくと買い替えのチャンスです。モデルチェンジが行われる前に車を売ってしまいましょう。

ただ、モデルチェンジ前に売ったからといって買取金額が高くなるわけではありません。新型モデルが発売されるということは、旧型モデルの需要が減るということなので、古い型の車は買取価格が下がってしまいます。価値が下がらないうちに売ってしまうのが得策ということになります。

モデルチェンジが行われる車種によって差は異なりますが、旧型モデルの需要が低くなればなるほど買取金額も低くなります。損しないためにも、モデルチェンジ前に確実に売ってしまいましょう。

ただ、場合によっては旧型の方が価値が高くなるケースもあります。大衆向けというより、コアな人気を集める車種などです。自分の車の需要について一度調べてみるのが良いでしょう。

消費税が増税される前に売る

車の買い替えを考えているのなら、消費税が増税される前に買い替えるのをオススメします。もちろん、消費税が高くなると車の価格も高くなります。

特に車は「一台あたりの税額が高い商品」です。1,000,000円の車を買ったら、80,000円の消費税が課せられることになります。また2019年の10月より消費税が10%となるため、その前に売ってしまうのが理想でしょう。

ただ、ここで注意しておきたいのが、消費税額が確定するのが「納車が終わってから」であるということ。2019年10月に増税されるとして、10月中に納車が済んでいなければなりません。10月中に手続きをして納車が11月になった場合は、消費税額が10%になってしまうので要注意です。

買い替えの準備はいつからはじめればいい?

車売却のベストタイミングをご紹介しましたが、その時期にいきなり車を持っていってもスムーズに進むとは限りません。ベストタイミングに車を売るには、前もって準備しておくことが大切です。快適に車を買い替えるためにも、具体的に以下のような準備をしておきましょう。

だいたい1〜2ヶ月前から準備しておく

車種によって異なりますが、だいたい1〜2ヶ月前から準備しておくのが良いでしょう。車の買い替えとなると「売却」と「購入」の両方を行わなければならないため、そのぶん手続きなどの数も増えます。

人気車種となると1〜2ヶ月の準備では間に合わないケースがあります。需要が多い車は在庫不足になりやすく、納車まで3ヶ月以上かかることもあるのです。自分が欲しい車の車種はもちろん、何月に車を買い替えたいのか逆算して手続きなどを進めるようにしましょう。

中古車市場は価格変動があるので早すぎる準備もNG

早め早めの準備をしておくことに越したことはありませんが、一つだけ注意しておきたいことがあります。それが「中古車は価格変動がある」ということ。商品の価格は需要と供給によって決まりますが、なかでも中古車の価格は常に不安定です。

「かなり前から売却のタイミングを見計らっていたのに直前になって買取金額が下がった」などのケースもあります。売却・購入のタイミングもたしかに大切ではありますが、それと並んで中古車市場における売りたい車・買いたい車の価値をしっかりとチェックしておくことも大切なのです。

新しく買う車の条件も絞っておく

売却も重要ですが「新しい車の購入」のこともしっかりと考えておきましょう。欲しい車種はもちろん「予算」「ボディカラー」「オプション」など出来るだけ細かく絞っておくと良いでしょう。新しく買う車の予算を立てておくことで、今乗っている車がどれくらいで売れればいいかも分かります。

ただ、「絶対にこの車がいい!」というこだわりがない限り、条件を確定させすぎない方が良いでしょう。先述したように、中古車市場は価格変動が激しいです。直前になっていきなり車が高くなったり安くなったりするので、そのあたりも踏まえて条件を考えておくと良いでしょう。

目ぼしい買取店や必要書類などを準備しておく

買い替えの準備において大切なのが【買取店探し】です。車が高く売れるか安く売れるか、その全ては買取店次第といっても過言ではありません。車を買い替えることを決めたら、まずは自分の目的に合った買取店を探しに注力しましょう。

直接買取店に足を運んでも良いのですが、それだと労力と時間がかかるので【一括査定サービス】を使うのが良いでしょう。インターネット上にある専用サイトのことで、複数の業者に査定依頼を出すことができる優れものです。出張査定も可能なので、店舗まで行く時間のない人でも心配は要りません。

また必要書類の準備も進めましょう。車の売却には「車検証」「自動車税納税証明書」「自賠責保険証明書」「実印」「印鑑証明書」「リサイクル券」などが必要になります。

買い替え時期と税金の関係

それでは最後に【買い替え時期と税金の関係】について解説していきます。実は車を買い変えるタイミングによって、税金周りのことも変わってくるんです。特に「自動車税」には要注意。

タイミング次第で還付金が受け取れたり、逆にケースによっては支払わなければならないケースもあるので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

車の買い替えに関係するのは「自動車税」

車を所有すると、自動車税、自動車取得税、自動車重量税などさまざまな税金を支払わなければなりません。なかでも車の買い替えに関係するのが【自動車税】です。

自動車税とは、毎年4月1日の時点で自動車を所有している全ての人に課せられる税金のことで、5月末までに納める必要があります。自動車税は「1年分を前払い」するシステムになっているため、年の途中で車を買い替えると支払い損になるわけです。

具体的な税額表はこちらです。

排気量

自家用車

営業用車

1リットル

29,500

7,500

1リットル~1.5リットル

34,500

8,500

1.5リットル~2リットル

39,500

9,500

2リットル~2.5リットル

45,000

13,800

2.5リットル~3リットル

51,000

15,700

3リットル~3.5リットル

58,000

17,900

3.5リットル~4リットル

66,500

20,500

4リットル~4.5リットル

76,500

23,600

4.5リットル~6リットル

88,000

27,200

6リットル~

111,000

40,700

払いすぎた税金は「還付金」として受け取れる

1年分を前払いするのが特徴の自動車税ですが、払いすぎた税金は「還付金」として受け取ることができます。例えば7月に車を売った場合、8〜翌年3月分までの税金が戻ってきます。

ただ、還付金の設定については買取店によって異なります。基本的には払ってくれるところが多いですが、なかには払われない買取店もあるのでしっかりと確認しておきましょう。

また、軽自動車の場合は還付金が存在しないので要注意。軽自動車は普通自動車のように「月割」がないため、どのタイミングで車を売ってもお金は戻ってこないのです。

まとめ

車の買い替え時期について徹底解説しました!いかがでしたか?
あまり知られていませんが、車は買い替え時期によって買取金額が大きく異なるんです。今回ご紹介したタイミングに車を売れば、期待以上の金額で車を手放せるはず。

ただ、ベストタイミングで車を売るには、それなりの準備が必要なので、前もって準備を進めていきましょう。売る時期によっては車の税金も関係してくるので、あらかじめしっかりと確認しておきましょう。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます