車の買取をしてもらうとき、相場を匿名で調べることはできる!?

車を売ろうと思っているとき、できる限り高く売りたいですよね?そのためにはまず相場を知るというのも有効な手段のひとつです。

しかし、相場を調べるときにできれば匿名で調べたいという人もいます。というのも自分の個人情報を買い取り業者に知られたら、営業をかけられて煩わしい思いをすることになると不安に思うからです。

昨今では、車の買い取り額の相場は匿名で調べることができますが、匿名で調べるのに向いている人と向いていない人がいますので注意が必要です。また、実際に匿名で相場を調べたときにも注意点があります。これらについて具体的にみていきましょう。

車の買取額の相場は匿名でも調べられる

車の買い取り額の相場はネットを使えば匿名でも調べることができます。昔と違っていまならウェブ上でそのようなサービスを公開しているサイトは多いです。ですから、わざわざ実際の店舗に赴く手間も省けます。匿名でかまわないので煩わしい営業トークに付き合わされる必要がありませんので手軽に利用することができます。

特に車を売るつもりがなく、ただ相場だけが知りたいという人ならば匿名のサイトで十分です

相場をシュミレーションしてくれるサイトがある

相場をシュミレーションしてくれるサイトは数多くあります。例えばトヨタや日産といった大手自動車メーカーが運営しているサイトです。他にも大手買い取り会社gooが運営しているサイトもあります。このようなサイトを使えば、車種や年式など簡単な質問に答えるだけでおおよその相場を知ることができます。

もちろん注意点はあります。まず、これらのサイトで相場を調べたとしても、それはあくまでも目安に過ぎないということです。車は使用年数や回数いった使用状況やどれくらいキズや汚れがあるのかという車両状態、さらにその車に対する需要などによっても査定額が大幅に上下します。ですから相場が出たとしてもそれをそのまま鵜呑みにしないようにしましょう

また、匿名でシュミレーションをした結果は見積もり、査定で使うことができないという点にも注意しておく必要があります。匿名でのシュミレーションはあくまで使用年数や車種といった一般的な情報を基に作られたものにすぎません。正確な金額を出してもらうには、やはり実際の店舗で査定する必要がでてきます。

相場だけが知りたいなら匿名でも十分

自分の車を売るつもりはまったくなく、ただ相場が知りたいだけだという人は匿名のシュミレーションサイトで十分です。先ほど、匿名のシュミレーションを使う上で、2つ注意すべき点を挙げました。相場はあくまでも目安に過ぎないのであまり鵜呑みにしすぎてはいけないという点と、その結果を見積もり、査定で使うことはできないという点です。

ですが、ただ相場が知りたいというだけならこれら2つのポイントに注意する必要もありません。そういう方は、面倒な営業を避けるためにも匿名のサイトを使うほうがベターです。

匿名で買取相場を知れるサイトに向いてる人は?

匿名で買い取り相場を知ることができるサイトに向いている人、向いていない人がいます。

向いている人は、車をまだ売るつもりはないがただ相場を知っておきたい人です

逆に向いていない人は、査定の精度を重視する人や実際に車を売るつもりの人となります。相場を鵜呑みにしすぎてしまうというひとにもおすすめできません。

特に実際に自分の車を売ろうと考えている人は、匿名で相場を知るサイトを使うとしてもその結果を鵜呑みにせず、自分が考える材料の一つに役立てるという位置づけにする必要があります。

単純に愛車の今の買取相場を知りたい人には向いている

匿名でシュミレーションできるサイトの一番の利点はその手軽さです。その意味で自分の愛車が今どれくらいの価格で売れるのかについておおよその買い取り相場を知りたいという人に一番向いています。自分の車の相場が知りたいけど、わざわざお店に出向くのは面倒だし、店側に個人情報を渡したくないという人もいるでしょう。そんな人に匿名のシュミレーションサイトを使うことをおすすめします。

精度を重視する人には匿名は不向き

逆に、買い取り価格の精度を重視する人には不向きとなります。匿名でのシュミレーションはあくまでも目安にすぎず、正確な査定額を知ることができないからです。正確な査定額を出すにはどうしてもお店に行って自分の車の今の状態を見てもらう必要があります。もちろん、匿名サイトでも自分の車の車種や年式をもとおおまかな買い取り相場を出すことはできます。

しかし、その情報だけで正確な買い取り価格を見積もるのは難しいです。なので、精度を重視する人には匿名サイトは不向きだと言えます

実際に売るつもりで行動するならあまり向いていない

同様の理由で実際に売るつもりで行動している人にも不向きです。実際に売ろうとしている人からすると、知りたい情報は大まかな相場というより、自分の車はどこなら一番高く売れるのかということでしょう。売ろうと考えている人はお店に行って査定してもらって正確な見積額を出す方が重要です。

とはいえ、お店に行く前に匿名サイトで大体の相場を把握しておくのも売るのかどうか、どのお店で査定してもらうのかを判断する材料になりますのでまったく向いていないというわけではありません。

相場を鵜呑みにしてしまう人は要注意

匿名サイトでおおまかな相場を知ることはできます。ですが、それを信じ切って鵜呑みにしてしまうのはよくありません。匿名で行うシュミレーションはあくまでも目安にすぎません。実際の査定額はその車の状況、その時の需要、経済状況などにも大きく左右されます。

もしもこれを鵜呑みにしてしまうと、いざ実際にお店に行ったときに提示された査定額と相場がかけ離れていた時に、思っていた金額と違ったと考えてしまうでしょう。そうなってしまうと満足のいく取り引きをすることが難しくなります。そうならないためにも相場はあくまでも相場であって、その値段で自分の車が売れるわけではないということをはっきりと認識しておく必要があります

精度順!買取相場を知れるサイト一覧

ここからは精度順で買い取り相場を知ることができるサイトを紹介していきます。精度が高ければそれだけ自分が車を売る際、参考にできます。

1位:goo買取「買取相場検索」

1番にお勧めしたいのは、買取大手のgooが運営している「買取相場検索」です。こちらのサイトはgooがいままでに構築してきた情報網をもとにウェブ上でいくつかの質問に答えていくだけで相場がわかります。特徴としては現実的な相場を提供することができるということです。長年買取相場でビジネスをしてきただけに、相場といえども現実的でシビアな数字を出してきます。必要な情報はメーカー、車種、年式、グレードのほかに売却検討状況、郵便番号、メールアドレス、車体の色、走行距離、車検情報です。

メールアドレスと郵便番号は入力必須

個人情報を極力出したくない人にとって自分のメールアドレスと郵便番号を入力しなければならないのは抵抗があると思います。これらは必須項目なので必ず書かなければなりません。

しかし、より正確な査定をするためにどうしても必須なものとなります。例えば郵便番号を入力することで自分が住んでいる地域の中古車買取業者の査定を出すことができます。中古車買取業者査定額は地域によって、もっと言えばお店によっても変わります。したがって、郵便番号を入力することで自分が売れる現実的な値段に近い額を知ることができるのです。

メールで営業されることはない

また、メールアドレスを入力することで、そこからしつこく営業メールが届くことを心配する人もいるかもしれません。
しかし、実際に届くのはgooのメールマガジンだけですし、こちらもすぐに停止することができます。郵便番号とメールアドレスを入力してもそこまで不利益を被ることはないと言えます。

2位:ズバット車買取「査定相場」

ズバッと車買取は個人情報を入力しないサイトの中ではかなりわかりやすくて使いやすいものです。視覚的にもグラフが使われていてわかりやすいです。入力しないといけないのはメーカー、車種、年式、走行距離、利用頻度、車体の色です。さらに現在の査定相場に加え、半年前、半年後の査定相場を出すことができます。個人情報を入力することもないので匿名で査定をしたいという人にはぜひともおすすめできるサイトとなっています

3位:ナビクル「下取り・買取相場」

ナビクルは個人情報を入力しなくても、買取、下取り相場が同時にわかります。特徴としては「ズバッと」と同様、視覚的にも見やすくわかりやすいです。必要な情報としてはメーカー、グレード、新車購入年月、走行距離と「ズバッと」と特に変わりません。「ズバッと」との違いは買取相場だけでなく、メーカーによる下取り相場もわかることです。

ただ、10年以上前の情報は載っていませんので、その点では精度が低いと言えます。

精度は気にせず気軽に使うなら他にもある

中には精度はそこまで気にしていないから、もっと手軽に相場が知りたいというひともいるでしょう。そんな人のために大手自動車メーカーの日産とトヨタが提供しているwebサービスを紹介します。

日産「下取り参考価格シミュレーション」

日産の公式ホームページで利用できる「下取り参考価格シミュレーション」は日産のディーラーでの下取り価格をシミュレートすることができます。日産のサイトの特徴はポップな仕上がりになって視覚的に申し込みやすいことです。
メーカー、車種、年式、グレードや仕様を選択するだけで結果が出てきますので非常に使いやすいサービスとなっています。

トヨタ「下取り参考価格情報」

トヨタの公式ホームページでも日産と同様、トヨタのディーラーでの下取り価格を簡単な質問に答えるだけで知ることができます。質問内容は日産とほぼ共通のものとなっていて、メーカー、車名、年式、ボディタイプと型式、グレードと仕様を答えていきます。ただし、古すぎる車やマイナーな車は表示されないことがあるので気を付けてください。

実際に車を売る時も相場は役に立つ?

実際に車を売るときにも相場は役立たせることができます。ですが、それを鵜呑みにしすぎるのはよくありません。相場はあくまでも相場にすぎません。目安だと思って参考程度に考えるのがいいです。むしろ、相場の金額にとらわれすぎるのは危険だと言えます。もし車を売るのだとしたら、下取りと買取の両方で査定する方がおすすめです

あくまで相場は相場…参考程度に考えよう

相場は相場でしかありません。相場を信じ切って、自分の車はこれくらいで売れるんだと思い込むと予想外に低い金額で査定されたときに足元をすくわれかねません。実際の買取価格はその車のコンディションによっても大きく異なるため、一度お店で見てもらうしか正確な額を知ることができません。

相場はあくまでも参考程度に留めておくことでいらない心労を抱えずに済みます

相場の金額に捉われるのは危険

相場の金額に捉われすぎると損をする危険性もあります。はじめに相場をみてしまうと、自分の車はこのくらいの値段なんだというイメージを持ってしまうこともあります。例えば、買い取り業者は自分の販売網を使ってある車を100万円で売ることができ、私たちから40万円とか50万円くらいの安値で買いたたくとします。

この場合、相場も40万円くらいで、その相場を鵜呑みにしたとすると、本来はもっと高値で買ってもらえた可能性もあるのに「相場はこれくらいだから」と思って安く売ってしまうということもあるのです。このようなことがあり得るので、相場を鵜呑みにしすぎるのはよくありません。

売る時は下取りと買取で査定する方がおすすめ

車を売ろうとするとき、中古車買い取り業者のほうが一般的には高く売れます。一見すると買取業者だけで査定すればいいと考えがちですが、必ずしもそうではありません。というのも下取りのほうがお得な場合と買取のほうがお得なときの2通りがあるからです。

たしかに、車を売り払ってそのまま新しい車は買わないという人なら買取の方がいいと思われるでしょう。しかし、その場合でも、複数のお店を比較することで価格交渉をする材料を手にすることができます

車を買い替える場合でも同様です。新車を購入するとき、一般的に新車の購入価格を値引いてもらえるよう交渉します。しかし、新車に関しては正直値引きの余地は少ないです。逆に、下取りの場合なら買取価格を交渉する余地が大きいといえます。新車を買ってもらえるならとあっさり買取業者の査定額を上回る金額を提示してくれることもあります。トータルで見たら下取りのほうがお得になることも多いのです。

ですから車を売るときは下取り、買い取りの両方で査定することが大事になります。

まとめ

今の時代なら匿名で買取、下取り相場を知ることができます。しかし、匿名のシュミレーションに向いている人と向いていない人の両方がいます。

また、相場を鵜呑みにしすぎるといろいろと不都合が生じることになります。とはいえ、匿名と言えども相場を知ることで価格交渉の材料にも使うことができるので有効な手段のひとつとなります。実際に売る際には買取業者だけ、逆に下取りだけを考えるだけではなく両方をみるのが大事になります。