車の買取相場が知りたい!買取価格と査定相場を調べる方法を詳しく解説

「そろそろ愛車を売ろうと思っているけど、どれくらいの金額で買い取ってくれるのか分からない……実際に車を売る前にだいたいの相場を知って安心したい」あなたへ。

今回は【車の買取価格と査定相場】について徹底解説します!
下調べなしでいきなり車を売るのは正直かなり不安。あらかじめ買取価格や査定相場を知っておくと、安心して車を売ることができます。

ここでは【査定額を知る方法】をはじめ【相場が変化する要因】【車を売却する方法】【査定アップのポイント】まで幅広く解説しています。実際に買取店に足を運ぶ前に、ぜひこの記事を参考にしてスムーズな車売却に役立ててくださいね。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

下取り査定額・車買取価格の相場を知る方法

まずは【下取り査定額・車買取価格の相場を知る方法】をご紹介します。車を売却するには必ず査定を行わなければなりません。査定を受けて、その査定額に納得できたら買取店にて買取が行われます。

しかし、その初期段階として、まずは査定額や買取金額の相場を知っておくことが重要。それらを知る方法には、以下の3つがあります。

下取り相場シミュレーションを使う

まずは【下取り相場シミュレーションを使う】という方法です。下取りとは「古い車をディーラーが買い取る代わりに新しい車を安くしてもらう」こと。

「下取り」と「買取」は混同しやすいですが、基本的に下取りはディーラーが行なっており、同じディーラー内で売却と購入を完結できることが大きなメリットと言えます。

下取りの相場を調べる方法として、各メーカーが提供している「下取り相場シミュレーション」があります。売りたい車のメーカーや車種、グレード、年式などを入力するだけで、だいたいの下取り参考価格が表示されます。個人情報を入力する必要はありません。

住所や電話番号を入力しなくていいので、気軽に相場を調べることができます。ただ、下取りシミュレーションはあくまでも「おおむねの参考価格」となっているので、信頼性はやや劣ります。それらのデメリットも踏まえた上で使うのがオススメです。

インターネットで買取相場を調べる

次に【インターネットで買取相場を調べる】という方法。ディーラー下取りとは違い、例えばガリバーなどが提供している「専用ページ」にて必要事項を入力し、買取相場を調べます。

ガリバーに限らずさまざまなサイトにて概算相場を見ることは可能です。メーカーや車種などを入力するだけで、平均買取価格・最低買取価格・最高買取価格などが表示されます。サイトによっては「過去の相場」や「未来の相場」を見られるものもあるので、愛車を売却するタイミングの参考にもなります。

本格的な査定サイトとなると個人情報を入力するケースが多いため「気軽に相場を調べたい」という人は、この方法を試してみるのがオススメです。

一括査定サイトを使って業者に査定依頼をする

続いては【一括査定サイトを使って業者に査定依頼をする】方法です。「車一括査定 サイト」などと調べると、検索エンジン上にずらりとサイトが並びます。例えばカーセンサーやユーカーパック、かんたん車査定ガイドなどが代表例です。

一括査定サイトでは、サイト内で一度査定依頼を出せば、複数の買取店から査定を出してもらうことができます。買取店ごとに査定額を比較することができるので、データの正確性が高まるのがメリット。

「個人情報を入力するサイトか否か」によって買取相場の正確性が異なり、入力した方が査定価格の正確性は高まります。

また一般的に業者での買取相場は、ディーラー下取り相場より高くなると言われています。「下取りよりも買取がオススメ」と謳っている業者が多いのも事実です。

【保存版】車の査定はネットで簡単!使える車査定サイト一挙公開

変動する買取相場とその要因

続いては【変動する買取相場とその要因】について見ていきましょう。
買取相場はかなり不安定で、さまざまな要因によってすぐに変動します。その要因を知らないがために「本来であれば高く売れたはずなのに……」と後悔してしまうケースもあるので、ここでしっかりと確認しておきましょう。

「車の種類」が要因になるケース

もっとも大きな要因とも言えるのが「車の種類」によるものです。車のモデルやカラー、年式などが当てはまります。

まず車のモデルですが、当然ながら新しいモデルの方が需要が多く人気度が高くなります。モデルが古くなるにつれて需要は落ち込み、併せて買取相場も下がっていきます。

特に「モデルチェンジ」が行われるタイミングでは価格が大きく変動します。例えば同じ車種でも、たった1年違うだけで相場もまったく異なるケースも。高額買取を狙うのなら、モデルチェンジが行われる前が良いでしょう。

同じく車の年式も買取相場に影響を与えます。車を買ってから「1年目」「5年目」「10年目」のタイミングになると大幅な減額がされ安くなります。基本的に年式が古くなればなるほど価格は下がりますが、なかにはプレミアがついて高く買い取ってもらえる車もあるので注意深く見ておきましょう。

ボディカラーも重要な要素。なかでも「ブラック」「ホワイト」「シルバー」といったカラーは需要があるため、買取金額も高い傾向にあります。なぜなら、これらの王道カラーは万人受けするからです。一方で「レッド」「ブルー」「イエロー」などは不人気色となります。

「車の使用状況」が要因になるケース

車の状態も重要なポイント。当然ながら、キレイな状態が保たれている車ほど高額で買取されやすくなります。具体的には「走行距離」「ダメージ」「ニオイ」「メンテナンス状況」などが挙げられます。

まずは走行距離。走行距離が長くなればなるほど買取価格も低くなります。ガソリン車であれば10万km、ディーゼル車であれば20万kmを超えると、価格は大幅に下がるでしょう。モデルや年式が新しくても、走行距離が長ければ買取価格は低くなってしまうので要注意です。

続いては車のダメージ。査定を受けるときは、傷やヘコミ、シートの状態などがチェックされます。目立たないダメージであれば大きな減額はありません。しかし、買取価格を下げないためにも定期的にクリーニングをしておくことが大切です。

「エンジン周り」が損傷していると買取価格は大きく下がるので気をつけましょう。また、「事故での修復歴の有無」も買取相場に大きな影響を与えます。修復歴があると価格は一気に下がってしまいます。

車内のニオイも重要な要素です。特にタバコやペットのニオイは買取価格にも影響を与えます。消臭スプレーなどを使って日頃から車内をクリーンにしておくと良いでしょう。

また、日頃から車をメンテナンスしているかどうかも重要に。しっかりとメンテナンスを行っていれば当然、買取価格もアップします。「メンテナンスノート」をつけておくと高評価されやすいのでオススメ。

「車の付属品」が要因になるケース

車の買取相場は、車本体だけで判断されるわけではありません。付属品も評価に大きく関わってきます。ただ、大きく評価されるものもあれば、まったく評価されないものもあるので覚えておきましょう。

付属品の代表例がオプション。オプションには、工場で取り付ける「メーカーオプション」と、ディーラー入荷時に取り付ける「ディーラーオプション」などがあります。

ただ、どんなオプションであっても【純正】は高く評価されます。社外品でも評価される可能性はありますが、場合によってはマイナスになることもあるので要注意です。ただし、純正から社外オプションを付け替えたとしても、元の純正オプションを持っていれば評価されます。

タイヤも買取価格に影響を与えます。特に「タイヤの溝」が重要。タイヤの溝が深ければ深いほど「タイヤが使われていない」と判断することができるので、買取価格も高くなります。

溝が大きくすり減ってしまっている場合は、タイヤ交換が必要となるため、買取金額から「部品交換費」が差し引かれることになるので要注意です。また、スペアタイヤを持っている場合はプラス査定されやすくなります。

車を改造している場合は、そもそも正しい査定ができなくなるのでマイナスに働く可能性が高いです。もし、改造車を売却したいときは「元の状態に戻してから」売るのが原則となります。

しかし、改造といっても人それぞれですし、カスタムパースも多様です。なかには高額取引されているパーツもあるので、パーツを元に戻した後、専用パーツだけ売りに出すのも良いでしょう。

「車のトレンド」が要因になるケース

世の中のトレンドと買取相場には大きな影響を与えます。前提として、市場においては「その時代に合った車」が高く評価されていることを覚えておきましょう。流行っている車ほど価値は上がり、人気のない車ほど価値は下がります。

トレンドに影響を与えるのが「競合モデル」の存在。例えばミニバンを例に挙げると、似たような車種が各メーカーで発売されていますね。このように競合モデルが存在する車種の場合、人気の優劣によって買取金額にも差が生まれます。

また「車や基本的なモデルトレンド」も重要です。ミニバンが流行る時代だと、コンパクトカーの需要は少なくなるということ。その場合はコンパクトカーの買取価格が下落します。「今の時代はどんな車が求められているのか?」を見極めることが大切。

各メーカーの「リコール」「不祥事」によっても買取相場は変動します。自動車に限らず、その企業でトラブルが起こればユーザーは不安になります。そのためメーカー側も値引きせざるを得なくなるわけです。

その他の要因

上記でご紹介したもの以外にも要因はいくつかあります。「地域」「季節」「景気」などによって車の買取相場は大きく変化します。

地域に関しては、都会の方が買取相場は高くなります。「そもそも市場が大きい」「競争相手が多い」などの理由から都市部での車を売る方が有利です。

また、季節によっても変化します。販売店の繁忙期になると、直前月は「できるだけ高く買い取ってもいいから商品を揃えたい」と販売店側は考えるため、買取価格が高くなる傾向にあります。もっとも高くなりやすいのは3月です。

加えて「ミニバン」などのファミリー層向けの車種は、ゴールデンウィークや夏休み前に需要が一気に増えるため、それらのシーズンの直前になると高額買取されやすいです。

景気によっても買取相場は変化します。景気が良くなれば車の需要は増え、買取価格も高くなります。一方で景気が悪くなれば車の需要は減り、買取価格も下落するのです。国内だけでなく海外の景気も関係するので、円安や円高の情報は常にキャッチしておくのが良いでしょう。

車を売却する方法

では次に【車を売却する方法】をご紹介します。車を売るにはいくつかの方法があります。新たに車を買い替えるためにディーラー下取りに出すケースや、知り合いに車を売る個人売買などがあります。車の売却には以下の4つの方法があるので、よく覚えておきましょう。

ディーラー下取りに出す

まずは、ディーラー下取りに出す方法です。新しい車を買おうと考えている人にとってはポピュラーな方法ですね。ディーラー下取りの最大のメリットは、同じディーラー内で売却と購入が済むこと。信頼できるディーラーがいるのなら、すべてを任せてしまって問題ないでしょう。

しかし、下取りは買取と比べると買取価格が低くなる傾向にあります。なぜなら、ディーラーは「買取のプロ」ではないからです。彼らは売る経験は山ほど積んでいますが、買取実績が少ないため、ユーザーを満足させるほどの買取価格を提示できないケースが多いです。信頼できるディーラーでない限り、あまり下取りはオススメしません。

中古車買取業者に依頼する

中古車買取業車に直接依頼する方法です。インターネットや電話で申し込んだり、直接店舗に足を運んで買取を申し込みます。先ほどご紹介したディーラー下取りとは異なり、買取業者は「買取のプロ」です。大手になればなるほど輝かしい実績を持っており、買取価格も高くなります。結果的に顧客満足度の高い業者がほとんどです。

ただ、買取業者に直接買取を申し込むと「他に競争相手がいないので買取価格が低くなりやすい」というデメリットが。複数の買取店を周っているのであれば大丈夫ですが、1社だけしか見ていないのなら要注意です。安く見積もられてしまう可能性があります。

一括査定サイトを使う

続いては一括査定サイトを使う方法です。インターネット上には【中古車一括査定サイト】なるものが存在しています。自分の車を一括で複数業者に査定に出すことができます。

よく知られているものでいうと「かんたん車査定ガイド」「ズバット車買取」「ユーカーパック」「カーセンサー」などが挙げられます。

それぞれのサイトの専用ページにて「車の情報」と「個人情報」を入力するだけで、複数の業者へ査定依頼を出すことができるという優れものです。同時に査定依頼を出せるということは「競争相手がたくさんいる」ということ。つまり一括査定サイトを使うと、高額査定がされやすくなります。

基本的には、依頼したい業者を自分で選んで、その後業者と電話やメールで直接やり取りするシステムです。誰でも簡単に高額査定を受けることができるのでオススメです。

個人売買で売る

車を個人間で売買する方法です。車を欲しがっている知り合いがいれば、そこで売ってしまっても問題ありません。買取価格についてはお互いの合意によって決まるので、人によって異なります。

また、個人売買は中古車買取店とは異なり「仲介手数料」「オークション手数料」などが発生しないため、車を高く売りやすいのが魅力です。しかし、手続きを全て自分で行わなければならないので面倒なのがデメリット。また個人売買は、支払いに関するトラブルも起こりやすいため、あまりオススメできません。

車をより高く売却するためには

それでは最後に【車をより高く売却する方法】をご紹介します。せっかく愛車を売るなら、最大限高く売りたいですよね。

何も知らずに車を売るのと、少し知識をもってから車を売るのとでは、買取価格にも大きな差が生まれます。以下のポイントを意識するだけでかなり変わってくるので、ぜひ参考にしてみてください。

一括査定サイトを使って「買取」を依頼するのがベスト

車を最大限高く売るのなら【一括査定サイトを使って買取業者に買取を依頼する】のがベストです。車買取には「ディーラー下取り」「買取業者に直接依頼」「一括査定サイト」「個人売買」など多数ありますが、もっともオススメしたいのは一括査定サイトです。

サイトではさまざまな買取業者が提携しているので、サイトからそのまま買取業者に査定依頼を出すのが良いでしょう。

競争があるため高額査定が狙いやすい上に、優良業者も数多く名を連ねています。基本的にスタッフの対応も良いところばかりなので、車を売るのが初めての人でもスムーズに愛車を売却できるでしょう。

【最新2019年版】車の買取業者オススメ12社を徹底比較!

車の内装や外装をキレイにしておく

売却前に、愛車の内装や外装をキレイにしておきましょう。やはり「第一印象」は大切。パッと見て汚れていると印象は良くありません。内装であればシートやハンドル周り、フロアマット、外装であれば傷やヘコミがないか確認しておきましょう。

傷やヘコミは基本的に「直さない」方がよい

基本的に傷やヘコミは直さなくてOKです。なぜなら、修理費が意外と高くついてしまうからです。車が高く売れるからといって高い修理費をかけて車を直しても、結果的にプラスマイナス・ゼロです。

よほどダメージの大きい損傷でない限り、手は付けない方が良いでしょう。また、小さな傷やヘコミであっても、修理に慣れていない場合は直さない方が良いです。かえって塗装をダメにしてしまう恐れがあります。

ボディカラーによって買取金額は異なる

ボディカラーは査定においては重要なポイント。ブラックやホワイト、シルバーなどの王道カラーは老若男女問わず人気があることから、高く売れやすくなります。すでに車を購入している場合はどうしようもありませんが、売ることを見越して車を購入するのなら、これらのカラーを選んでおくのが良いでしょう。

査定時にしっかりとアピールする!

車を売りに出すときは必ず実車査定を受けることになりますが、査定時にアピールすることも大切です。特に「大切に使ってきた車なんです」とアピールするのがオススメ。

日頃から丁寧に扱われてきた車は、査定士が見ると一発で分かりますし、それを所有者に直接言われると査定士の心も動きます。もちろん査定基準に基づいて査定は行われますが、査定結果に良い影響を与える可能性が高くなるので、アピールできることはしっかりとアピールしておきましょう。

まとめ

車の買取価格や査定相場について徹底解説しました!いかがでしたか?買取価格と査定相場がごちゃごちゃになっていた人も、これでスッキリしたはず。査定相場は、インターネットでのシミュレーションや直接買取店に足を運んで調べられたりと様々です。

また、いろいろな理由で買取相場は変動しますが、ポイントをしっかりとおさえておけばおトクに車を売ることができるでしょう。少し意識するだけで査定アップも可能なので、今回の記事を参考にしてみてくださいね。
ぜひ今回のご紹介した方法を実践して、スムーズに愛車を売却しましょう!

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報