車の買取額を上げるポイントとは?高く買い取ってくれる業者をチェック

そろそろ愛車を売りに出したいと考えている。でもせっかくなら出来るだけ高く愛車を買い取ってもらいたいと思っていませんか?
車を出来るだけ高く売るにはどのようなポイントを意識すれば良いのか。今回はそういった疑問に答えていきます。

車買取の基本的な方法をはじめ、高く車を買い取ってくれる業者の特徴、買取額を上げる方法まで詳しく解説しています。
この記事を読めば、たとえ初心者でも車売却をマスターできますよ!ぜひ参考にしながら、納得のいく金額で愛車を売りましょう。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

車買取の方法とは

まずは車買取の方法から見ていきましょう。車を売るのが初めての方の中には「そもそも車ってどうやって売るの?」と思っている人も少なくないはずです。でも大丈夫。ここでは車売却の簡単な流れをご紹介していきます。以下のポイントだけ抑えておけばスムーズに愛車を売ることができますよ。

車をどのように売るのか決める

まずは車をどのように売るのか決めます。車売却にはいくつかの方法があり、「買取業者での買取」「ディーラー下取り」「個人売買」「オークション代行」などさまざまです。

この中でオススメなのは断然【買取業者での売却】です。理由はいくつかあるのですが、もっとも高額かつ安心して愛車を預けられるのが買取業者です。ディーラーだと買取金額が低くなったり、個人売買だとトラブルに発展しやすくなったりします。オークション代行でも高額買取は狙えますが、仲介手数料や手間を考えるとあまりオススメできません、そういったリスクを避けるためにも買取業者を選んでおくのが堅実でしょう。

買取業者を選ぶ

買取業者に車を売ることを決めたら、次は「どの買取業者に依頼するか?」を決めます。当然ながら買取業者選びによって買取金額はもちろんサービスの質は大きく異なってきます。今や車買取市場はとてつもなく大きくなっており、なかには悪質業者も存在しているので要注意。後ほど詳しくご紹介しますが、大手買取業者を選んだりサービスの内容を見極めたりして、自分に合った業者を選びましょう。

実車査定→必要書類を揃える

どこの買取業者に売るか決めたら【実車査定】を受けます。ここで愛車の詳しい査定金額を出してもらうわけです。実車査定での提示金額に満足できたら契約を結ぶのですが、納得できない場合は希望額を伝えるなどして交渉をしましょう。

双方が買取に合意したら【必要書類】を準備します。車売却における必要書類はやや複雑になっており、車検証や自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、リサイクル券、実印、印鑑証明書などが必要となります。多くの書類は助手席のダッシュボードに入っているはずなので事前に確認しておきましょう。

これらの書類を全て揃えなければ車を売ることはできません。普通車を売る場合は実印も必要になるため、「印鑑登録がされているかどうか?」もきちんと確認しておくことが大切です。
最大限スムーズに車を売りたいのなら、契約を結ぶ前から準備しておくのが良いでしょう。

  • 車検証:車の所有者や使用者・型番が表記された書類。紛失した場合は「運輸局」で再発行可能。
  • 自賠責保険証明書:強制保険である自賠責保険に加入していることを証明する書類。紛失した場合は「契約している保険会社」にて再発行可能。
  • 自動車税納税証明書:毎年5月末までの納税義務がある自動車税の納税証明書。紛失した場合は「管轄の税事務所」にて再発行可能。
  • リサイクル券:自動車リサイクル法にて定められているリサイクル料の納付を証明する書類。紛失した場合は「”自動車リサイクルシステム”のホームページ」から代用可能。
  • 実印:各市町村に登録済みの印鑑。役場にて印鑑登録を行うことで「実印」として使用可能。
  • 印鑑証明書:印鑑が実印であることを証明する書類。役場やサービスコーナーにて発行可能。

契約が済んだら車を引き渡す

契約が済んだらいよいよ愛車を引き渡します。ここで注意しておきたいのが「引き渡し日のタイミング」です。もし新しい車を購入している場合、その車の納車日に合わせて引き渡し日を決めましょう。例えば新車が納車される1ヶ月前に今の車を引き渡すと、その期間車に乗れないことになります。そうならないためにも、引き渡しのタイミングについて業者ときちんと打ち合わせしておきましょう。

買取金額が入金される

車を引き渡したら、最後に買取金額が入金されます。基本的には「銀行振込」となるのでよく覚えておきましょう。契約する段階で口座番号の分かるものを持参しておくとスムーズです。
買取業者によって異なりますが、2日〜1週間ほどで入金が行われます。

高く車を買取ってくれる業者とは

それでは続いて、高く車を買い取ってくれる業者について見ていきましょう。ひとくちに【車買取業者】といってもその数は星の数ほどあります。業者選びが買取金額の明暗を決めると言っても過言ではありません。数ある中から優良な業者を選ぶためにも最低限、以下のポイントを抑えておきましょう。

全国に展開している大手買取業者

高額買取を狙うのなら【大手買取業者】を選んでおくのが間違いないでしょう。大手には「ブランド力」「圧倒的な買取実績」の2つが備わっており、それだけ多くのユーザーから支持されています。また全国展開によって強靭なネットワークが構築されていることから、そのユーザーに最適な情報やサービスを提供できるのです。

大手買取業者といえばガリバーやビッグモーター、アップルなどが代表例ですね。全国に100店舗以上を展開しているため、どこに住んでいても買取が可能です。

自社で買取から販売まで行なっている業者

言わずもがな買取業者は「買取専門」で行なっているわけですが、なかには買取だけでなく販売も行なっている業者もあります。ユーザーから買い取った車をそのまま自社で販売することで利益を拡大しているわけです。

また自社で流通を確保しているということは、余計な中間マージンが発生しないということ。つまり、より多くの利益を生み出せるため残った分をユーザーに還元できるわけです。
業者を選ぶときは買取だけでなく「販売を行っているかどうか?」も見るようにしましょう。

海外に再販ルートを持つ業者

海外に再販ルートを確保している業者も強いです。なぜなら、買い取られた車の中にはすでに国内需要のない車が存在するからです。年式が古かったり、そもそも国内需要のないグレードだったりすると、次なる買い手がつかないわけです。

そういった車はすでに日本国内で売りさばくのには限界があるため、海外で売る他ありません。たとえ日本国内で需要がなくても東南アジアやアフリカに行けば売れるケースが多々あるため、そういった国々での再販ルートを確立している業者は優良と言えるでしょう。
実車査定のときなどに「海外への販売ルートはありますか?」などと聞いてみるのがオススメです。

車両の悪いところもしっかりと説明してくれる業者

実車査定を受けた後に注意深く見ておきたいのが「スタッフの説明内容」です。良いことばかり言ってくる場合は注意しましょう。良いことをたくさん言ってくれるからといって、そのまま素直に買取に応じるのは危険です。場合によってはあとで買取金額を下げられるケースもあります。

スタッフは親切に対応してくれるかもしれませんが、相手は営業マンです。何としてでもあなたの車を買い取りたいと考えているわけです。
逆に車両の悪いところを並べてくるスタッフは信頼できると言えるでしょう。その方があとで損しないで済みます。こればかりは買取業者によって大きく異なりますが、良いところと悪いところの両方を見てくれる業者を選ぶようにしましょう。

買取額を上げる方法・ポイント

それでは最後に、買取額を上げる方法・ポイントをご紹介していきます。長年乗ってきた愛車ですから、せっかくなら高く売りたいですよね。ちょっとしたポイントさえ意識していれば、誰でも簡単に高額買取を狙うことができますよ。満足できる金額で愛車を売るためにも以下のポイントを意識してみてくださいね。

一括査定サイトを使う

愛車を出来るだけ高く売るためにオススメなのが【一括査定サイト】です。文字通りオンライン上で愛車の一括査定を受けられるサービスのことで、スマホひとつで誰でも簡単に使うことができます。

インターネットで「車 一括査定サイト」と検索すると多数のサイトが表示されますが、どれも基本的な使い方は同じです。専用フォームにて【売りたい車の基本情報】と【車の所有者の個人情報】を入力して査定依頼を出すだけ。その後、時間を待たずに依頼した業者から電話がかかってきて、簡単な見積もりや実車査定のスケジュールを決めることになります。

一括査定サイトにはたくさんの業者が登録されているため、競争が発生します。どこの業者も「自分のところで買い取らせてほしい」と考えているため、必然的に買取金額は引き上がります。
電話の数が多くなるのがデメリットですが、高額買取を狙うのにはもっとも効率的な方法と言えるでしょう。

車両をキレイに掃除しておく

査定を受ける前に愛車をキレイにしておきましょう。査定項目に「第一印象」というカテゴリーがあるわけではありませんが、スタッフから見ても車の外観・内観の状態は目に付きます。同じ性能であってもキレイな車と薄汚れた車だったら前者を選びたくなりますよね。

外観であれば洗車、内観であれば車内シートやフロアマットを定期的に掃除しておくようにしましょう。少なからず査定額アップに繋がるはずです。

買取業者に「いつ売るのか?」「なぜ売るのか?」を伝える

業者のスタッフと話す際に「いつ車を売るのか?」「なぜ車を売るのか?」を伝えることも重要なポイントです。なぜなら、売る時期を明確に伝えることで「この人はウチで車を売る気があるんだな」と思わせることができるからです。買取業者としては何としても自分の店で買い取らせてほしいと考えているので、売る気がある姿を見せることはきわめて重要と言えます。

車を売る時期を伝えるのも同様です。売る時期を伝えることで、そのタイミングの相場を見て買い取れるため安心感が増します。
また、どんな理由で愛車を手放すのかも伝えましょう。「新車に買い替えるから」「もう10年も乗ったから」など人によって理由は様々でしょう。理由を明確にしておくことで買取業者も納得できます。
車売却はある意味「心理戦」とも言えます。スタッフの心を読みながら取引を進めていくことを意識しましょう。

希望額を伝える

希望額を伝えるのもひとつの手です。実車査定を受け終わったタイミングで「この金額なら売ってもいいかな…」とさりげなく伝えてるのがオススメ。要するに「このタイミングで決めても構わない」という姿勢を見せることが大切なわけです。買取業者としては「できるだけ早く買い取りたい」と思っているため、即決で車を売ってくれることが分かれば、買取金額もアップしてくれる可能性もあります。

高く売れる時期に売る

高額買取を狙うのなら「車を売る時期」もチェックしておきましょう。今や大きなにぎわいを見せている中古車市場ですが、高く売れやすい時期が存在しています。その時期はいつかと言うと【1〜3月】です。このタイミングは「まもなく新生活が始まる時期」であるため、車の需要が増えます。たくさん車が売れるため買取業者も多くの在庫が必要となるわけです。業者からすると「売れることが分かりきっている」ので、多少高い金額でも車を買い取ってくれるのです。

また9月も高く売れやすくなります。1〜3月と同じように秋からの新生活が始まるタイミングで車を買い替える人が増えるからです。もし車を売ろうと思っているのなら、以上のようなタイミングを見計らって売却を進めましょう。

大切に乗ってきたアピールをする

交渉時にオススメしたい方法のひとつに「大切に乗ってきたアピール」があります。実車査定ではプロの査定スタッフが査定を行うわけですが、査定士といっても一人の人間です。

さりげなく「大切に乗ってきた車なんです」とアピールすれば査定士の心も動くことでしょう。また、ひとつの車を大切に扱える人とそうでない人を比べたら、当然ながら前者から車を買いたいと思いますよね。

また大切に扱われてきた車というのは、たとえ年季が入っていても良い状態がキープされています。年式が古くても高額査定されやすくなるため、日頃からしっかりとケアをしてあげましょう。

まとめ

車の買取額を上げるポイントや業者について詳しく解説しました。いかがでしたか?
ひとくちに車買取業者といっても無数の業者が存在しています。自分に合った買取業者を選ぶためにも、今回ご紹介したようなポイントをあらかじめ知っておくことが大切です。

車売却と聞くと難しそうなイメージがあるかと思いますが、決してそんなことはありません。少し下調べしておくだけで最終的な買取金額も大きく異なってくるので、ぜひ今回の内容を参考にしながら、スムーズな愛車売却に役立ててくださいね。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます