車をできるだけ高く売るために!車種や方法別にポイントを解説

車を売るなら、できるだけ高く売りたいと考えるのは当然です。とはいえ、自分の車について、現在の買取り相場を知っておかなければ、査定額が高いのか安いのか判断できません。他にも、車を高く売るためには、車の種類や売却方法によって、それぞれコツがあります。今回は、車を売りたい人には必見の高く売るためのコツをご紹介します。

車を高く売るにはコツがいる


車を高く売りたいからと、ディーラーや買取店に行き、ただ「高く買って欲しい」と訴えたところで、期待したほどの買取額は狙えないでしょう。高値買取を望むなら、相手が査定額をアップしたくなるように、価格交渉をする必要がありますが、それにはコツがいります。一口にコツと言っても、車を売る際の条件によって、多くのポイントが存在します。

売る方法すべてに必ずメリットがある

車を売るときにまず考えることは、どこに売るか?です。通常考えられるのは、車を購入した自動車ディーラーに下取りに出すか、買取り専門業者に売却するかです。しかし、車の種類によっては、このような方法では、安く買い叩かれてしまうこともあります。

オートオークションや個人売買など、車を売る方法は他にもあり、それぞれに相応のメリットがあります。良い方法を選択するには、自分の車についての情報を、少しでも多く知っておくことが大切です。

必ず高く売れる方法は存在しない

車を高く売る方法は、売却したい時のいろいろな条件によって、もっとも好ましいと考えられるやり方が、浮かび上がってきます。「車を高く買取ってもらう方法はこれだ!」など、必ず高く売れる決定版のような方法は存在しません

自分の車が、今、どのくらいの価格で買取られているのか?人気車種で、中古車市場で需要のある車なのか。カラーやグレードはどうかといった、多くの要素が、査定額を決める要素になります。とにかくたくさんの情報を集め、売りたい時の状況と照らし合わせて、自分の車に最適な売却方法を模索しましょう。

車のディーラー下取りでのコツ


車を売るときに利用する、大きなケースとして、ディーラーに下取りに出す場合のコツを紹介しましょう。まず、ディーラーへの下取りでは、新車に乗り換えることが大前提です。現金での買取りは、ディーラーは、高く売るためには向いていません。

車が安く売れてしまう方法でもある

ディーラー下取りの注意点として、車が安く売れてしまう方法だということです。ディーラーでの査定額は、買取店とは異なり、実際の市場価値を考慮していません。ディーラーの営業マンは、<イエローブック>という、JAAI(日本自動車査定協会)から毎年発行される、下取り相場の目安表に基づいて査定を行います。

イエローブックの数字は、実際の買取り相場よりも平均13~16万円ほど安くなっています。営業マンは、新車を売るのが仕事のため、下取りする車の価値を、正しく見極められる人はいません。そのため、いくら価格交渉をしても応じてくれることはなく、イエローブックにある数字を見せて、これが限界ですと言われるのがオチでしょう。

時期によっては高値がつく事がある

ディーラーへの下取りは、あくまで新車に買い替えることが前提のため、下取り額と新車値引きを合わせて考えた場合は、お得に新車に乗り換えることが可能です。例えば、登場したばかりの新型車では、値引きが一切ないことも多いです。これは、ニューモデルとしてブランドイメージを守る必要があるためで、新車を売りたい営業マンも値引きができません。

そこで、下取り車が効力を発揮します。本来は値引きが出いない新型車でも、通常よりも下取り額を高くすることで、実質的に値引きをしてもらったのと同じになります。特に、旧モデルから、デビューしたての新型車に買い替えるときなどは、下取り額が高くてお得です。

また、3月・6月・9月・12月といった企業の決算時期は、人や物が良く動くため、下取り車に高値がつくことがあります。

向いている車の特徴

ディーラーへの下取りには、車種によって、向いている車とそうでない車があります。新車市場で人気が高く、中古車での引き合いが多い車では、買取り専門店の方が、確実に高く売ることができるでしょう。ディーラー下取りに向いている車は、市場で極端に人気薄の車です。

例えば、買取店ではほとんど値段がつかない不人気車でも、ディーラーでは新車に買い替える時のサービスとして、いくらかの値をつけて下取りしてもらえます。車を高く売るには不利と言われている、ディーラーでの下取りも、条件によってはお得に新車へと買い替えができることを、ぜひ覚えておきましょう。

車買取専門業者へ依頼時のコツ


車を高く売りたいなら、買取り専門業者がおすすめです。買取り業者は、あらゆる車について、現在の価格相場や市場での人気、どのくらい需要があるかといった情報を熟知しています。買取り業者は、車の価値をより正確に把握し、利益を出せる車は、高い値をつけても買取ろうとします。

とはいえ、いかに高額査定が売りの買取り業者でも、ユーザーから車を安く買えた方が、都合が良いことに違いはありません。では、買取り業者に、より高く車を売るにはどうすればよいのか?依頼時のコツを紹介します。

価格交渉で下取りより高額を狙える

車に限らず、あらゆる物を売るときに、決め手となるのは、価格交渉です。価格交渉を有利に進めることで、高値での買取が望めます。買取業者と価格交渉をする際のコツは、車についての情報を、事前により多く仕入れておくことですが、そこで重要なポイントの一つがディーラーでの下取り相場です。

ネットで、大まかな相場をチェックしたり、実際にディーラーで見積もりを取るなどして、価格交渉のネタに使います。そうすることで、下取りよりも高額の査定が狙えます。

希望額を言うのは絶対にダメ

また、買取り業者の常套手段として、希望額はいくらかを聞いてきますが、そこで具体的な額を言うのは禁物です。もし、希望額の数字を伝えてしまうと、その値段ではとてもムリですと言われ、そこから査定額を下げられてしまいます。ここはグッとこらえて、「限界まで高く」と言うなどして、上手に切り抜けましょう。

ぜひ売りたいという意志を明確に伝える

車を売りたいという意志を、買取り業者にはっきりと伝えることも、高値で売るための秘訣です。ただ査定額を知りたいだけや、冷やかしだと思われたら、まともな交渉には応じてもらえません。「納得できる値段にしてくれたら、すぐにでも売りたい」と、きちんと伝えれば、ユーザーあっての商売ですから、可能な限りの努力をしてくれるでしょう。

1つ業者で決めない

もう一つ重要なポイントとして、1つの業者で決めないことがあります。買取り業者で車を高く売るには、必ず数社に査定を依頼しましょう。そうして、他の業者での査定額をネタに価格交渉をすれば、競争原理が働き、査定額アップが期待できます。

とにかく車を買い続けることが、買取り業者の仕事です。ライバル業者より、一台でも多く車を買取ることで、業績アップにつながります。複数の業者から査定してもらうことが、買取り業者に車を売る場合の、最重要ポイントです。

向いている車の特徴

買取り業者に売るのに向いている車は、人気のプリウスやアクア、スバルXVといった、新車市場でも人気の車です。このような人気車は、中古車市場でも非常に引き合いが多く、買取り業者も、より積極的に買取ろうとします。新車ではあまり人気が無かったり、生産を終了してしまった車でも、中古車では人気がある場合があります。

そうした<隠れた人気車>も、交渉次第では査定額アップが期待できるでしょう。スポーツカーなど、一部のマニアに人気が高く、一定の需要が見込める車も、買取り業者がおすすめです。不人気でも珍しい車や、希少価値のある車といった、市場で何らかの需要が見込める場合は、ぜひ買取り専門業者に査定を依頼しましょう。

一括査定サイトを利用するコツ


ネットに入力するだけで、複数の買取り業者から見積もりが届き、もっとも高値の業者を比較して検討できるのが、車一括査定サイトです。自分で何軒もの買取店を回って、査定をしてもらうという手間もなく、気軽に利用しやすいことから、広く普及している車一括査定サイト。上手に利用することで、車をより高く売ることができます。便利な一括査定を、利用するコツを紹介します。

最も高く売る方法と言われている

車を高く売るための鉄則は、たくさんの買取り業者に査定を依頼し、一番金額の高い業者に売却することです。一括査定サイトは、10社から30社までの買取り業者から、ネットで同時に見積もりをもらうことができ、車をもっとも高く売る方法だと言われています。

ネットで各業者の見積額を比較検討できるのは便利ですが、最終的には、出張査定に来てもらった業者と、直接価格交渉をして決めることとなります。買取り業者も、そこは良く理解しているはずで、ネットに表示される見積額は、実際よりも低く抑えた買取り金額です。

納得できる高値買取りを目指すなら、いくつかの買取り業者に出張査定を依頼し、他社の見積もりをネタに競争させるなど、上手に価格交渉をしましょう。

大きなデメリットをいかに抑えるか

一括査定を使う大きなデメリットとしては、買取り業者からのしつこい営業電話があります。電話が掛かってくるのは、一括査定サイトに申し込む際に、住所や電話番号といった個人情報を入力するためです。そうなると、ユーザーは、サイトに登録している多くの買取り業者に、個人情報を知られることとなります。

買取り業者は、車を買えるチャンスがあれば、是が非でも買取ろうとするため、時間構わずにユーザーに電話してきます。ですが、業者から電話があるのは、ユーザーの車にそれだけの価値があるからです。逆に電話を利用して、上手く価格交渉をするのも査定額を上げるコツです。

どうしても買取り業者からの電話を抑えたい場合は、個人情報を入力しなくても良いサイトや、ユーザーへ直接電話をするのを規制しているサイトもあります。LINEでお友達に追加するだけで、ネットで簡単に買取り業者を比較検討できる、新しい一括査定サイトもあり、自分の目的に合ったサイトを選びましょう。

向いている車の特徴

一括査定サイトで、高価買取を狙うのに向いている車は、新車の販売台数が多い人気車種で、中古車市場での流通量が多い車です。人気車は、ユーザーからの引き合いが多く、買取り業者は一台でも多く買おうとします。そのため、業者によって今すぐにでも買取りたいところと、すでに在庫が十分にあるところでは、査定額に大きな差が出てきます。

そこで、一括査定サイトで、複数の業者に見積もりを請求します。そうすると、その車がすぐに欲しい業者は、他社よりも、より高い金額を提示してくるでしょう。市場で人気があり、流通量の多い車は、ぜひ車一括査定を利用して、査定額アップを狙いましょう。

その他の方法で車を高く売るコツ


車を高く売るコツとして、ディーラーで新車に買い替える、買取り専門業者に依頼する、車一括査定サイトを上手に使うといった方法を紹介しました。ですが、これら以外にも、まだ車を高く売るやり方はあります。その他の方法で、車を高く売るコツを紹介します。

輸出業者

近年は、中古車を海外へと輸出する買取り業者が、どんどん増えています。日本国内では値段がつかない車でも、海外に輸出すれば、きちんと売却して利益を上げることができます。ディーラーや一般の買取り業者では、査定額が非常に安かった場合でも、輸出業者に依頼すれば、思わぬ高値で買取ってくれることもあります。

一体なぜ、国内で人気のない車を、輸出業者は高値で買取れるのでしょうか?

海外で人気が高い車は高額に

輸出業者が、不人気車を高値で買取れるのは、日本の中古車は海外で人気が高く、輸出すれば高額で売却できるためです。日本の中古車は、品質が良いこともありますが、一番の理由は、日本車はとても信頼性が高いからです。新車から15年が経過し、15万km以上を走行した車は、日本国内では値段がつきませんが、海外ではまだまだ現役で走っています。

それほど大きな部品交換をせずに、15万kmや20万kmも平気で走行できるのは、日本車以外にはありません。海外の人たちは、手に入れた車は、少しでも長く乗ろうとします。海外の人には、信頼性の高い日本車で、距離を多く走った中古車こそが理想とする車です。

年式が古く走行距離の多い中古車であっても、日本車なら海外で信じられない高額で販売されています。輸出業者は、不人気車を相場よりも高く買取り、海外へと輸出することで、大きな利益を上げています。

解体業者

事故車や不動車、放置された車といった、通常ではどうしても値段がつかない車は、解体業者に相談しましょう。解体業者は、車を分解してパーツとして販売します。日本車の中古パーツも、海外では人気が高く、解体したパーツを輸出することで、十分に利益を上げることがで可能です。

事故車や放置車両でもあきらめずに、解体業者に査定を依頼すれば、思わぬ高値で買取りしてくれることもあります。

売れない車を売る最終手段

中古車としては値段がつけられず、パーツとしても価値のない車でも、最終手段として売却する方法がまだ残っています。それは、リサイクル業者に依頼して、買取ってもらうことです。車は金属のカタマリですので、リサイクル業者によってスクラップにされれば、資源として再利用が可能。

自分の車では値段がつかないと、嘆いている人にも、車を売るにはいろいろな方法があることを、ぜひ知っておきましょう。

まとめ


車を高く売るコツを、車種や方法別に紹介しましたが、車を売るためには、こんなにも多くの方法があるのに驚かされます。ディーラーで新車に買い替えたり、買取り業者に現金買取をしてもらったり、一括査定サイトを使うなど、それぞれにメリットや高く売るコツが存在します。

また、輸出業者や解体業者などは、通常では値段がつかない車でも買取りが可能です。自分の車に合ったやり方を選んで、賢く車を売りましょう!