車を一括査定するデメリットと匿名査定の利用の仕方を解説!

車の買取は今や簡単に行える時代になりました。ところが、買取についてたくさんの情報があふれてしまい、買取一括査定やディーラー持ち込み、下取りなどに対して何の疑問ももたなくなっています。

しかし、メリットが強調される買取一括査定には隠れたデメリットがあります。そして、それは世間一般には伝えられていません。そのせいで個人の情報を気軽に入力してしまっている一括買取の現状があります。そこで今回は買取一括査定のデメリットについて詳しく紹介します。

車の買取一括査定を頼むデメリット


車を売りたいとき、買取一括査定を利用すると便利です。車が高く売れる、手間がかからないなどのたくさんのメリットが一般的に知られています。しかし、買取一括査定には同時にデメリットも存在します。さっそく一括で買取を行えるサービスのデメリットを解説します。

個人情報を入力する必要がある

まずは、買取一括査定を依頼するデメリットの一つとして、個人情報を入力する点があります。例えば、買取業者に車を持ち込んで査定してもらう際、売却時に個人情報は必須です。

しかし、一括査定では、査定の最初にまとめて個人情報を記載し、連絡先などを明かさなければなりません。特に一括査定を運営しているサイトでは、必須項目として多数の個人情報入力欄があり、いくつかの必要項目(名前や電話番号など)を埋めないと査定そのものをしてもらえません。

日程の取り決めなど電話がしつこい

個人情報の入力というデメリットに加えて、底から派生するのが電話の営業です。これはデメリットの一つとして数えられていて、一括で査定を申し込んだ複数の会社から電話がかかってくるケースが後を絶ちません。特に、査定を提携している複数の会社に情報を送る申し込みを行った際は、買取対応にかなり時間を取られてしまいます。

査定してもらうだけのつもりなのに粘られる

「とりあえず今所持している車の価格を知りたい」と思って一括査定をしたとしましょう。しかし、電話がかかってきて、査定額を聞くだけでは終わりません。

特に、一括査定は会社側からすれば買取まで持ち込めるチャンスですからしつこく営業で粘られることがあります。買取の日程や実物を査定する許可を得るために売りたいかの意思表示確認や車の情報をいろいろ聞かれることになります。

車の査定を匿名でできるサイトはある?


車を一括買取すると個人情報を伝えなければなりません。「でも、個人情報を知らせずに、査定で自分の持っている車の価格を知りたいだけなのに」という方もいることでしょう。そこで、利用したいのが車の査定を匿名で行えるサイトです。

ナビクル「下取り・買取相場」

ナビクルでは車のメーカーや人気の車種からだいたいの査定金額を提示してくれます。主に、「買取相場」と「下取り相場」を数ヶ月ごとに表示しています。現在の買取価格が前月とくらべてどのくらいなのか比較情報が記載されています。

例えば、トヨタ プリウスなら、買い取り相場が2018年11月現在、前月比で2.2万円下がっている情報を知ることができます。

また、月ごとに「買取価格/下取り価格」のグラフが表示されているので、過去にさかのぼって価格の変動相場を知ることができます。同時に、今月が最高価格かどうかを知ることができます。

ナビクルのサイト内では、口コミ・評価やお役立ち情報などを閲覧することができます。車買取や車に関して知りたい方におすすめです。

ズバット車買取「査定相場」

ズバット車買取では、中古車の買取価格を「査定相場」として知ることができます。簡単にメーカーと車種を選択するだけで、その月の査定相場の平均金額を表示します。

さらに、年式と走行距離の二項目を選択すると、所持している車の査定額にかなり近い額を提示します。価格が上がる要素があれば最初の提示した額より上昇します。

日産「下取り参考価格シミュレーション」

日産では車の購入資金として下取りのシミュレーションをしています。順にメーカー、車種、年式、グレード/仕様を入力していくと、シミュレーション結果として下取り額の数値を表示します。

例)トヨタ アイシス、平成29年(2017年)、G CVT 2000ccと選んだなら下取り参考価格シミュレーション結果として、「67.5万円~86.0万円」と表示されます。

ただし、グレードや年式次第では、下取り価格が分からない場合があります。その際は、「お近くの日産のお店にお問合わせください。」と表示されます。

トヨタ「下取り参考価格情報」

トヨタでは、直接販売店での下取りとは別に、サイト上で「下取りの参考価格」を調べることができます。メーカー、車種、年式を選んで「同意の上利用する」で先に進みます。次にボディタイプ/モデルを選択、グレード/仕様選択と経てシミュレーション結果が表示されます。

例)トヨタ FJクルーザー 2017年 オフロードパッケーシ 258万円

最初に選んだ車種や年式によっては、参考価格が表示されないことがあります。

匿名査定のデメリット


一括査定での個人情報入力を避けることができる匿名査定ですが、当然ながらデメリットもあります。それは、匿名であるがゆえに、詳しく査定して正確な査定額を調べることができないことです。

大まかな相場しかわからない

第一に、匿名で可能なサイトでは、直接、買取会社に査定を依頼するわけではなく、すでに行われている車買取の取引から分かっている相場を大まかに伝えることしかできません。調べても大体の相場しか分からないので注意が必要です。

車の詳細な情報を入力する場所がない

匿名査定では、メーカーや車種、詳しく聞かれてもグレードや年式なので、いま所持している車の詳しい情報を入力することができません。より正確に自分の車の情報を提示したいと思ってもそれができないようになっています。

実際に査定に出すと相場以上に低い可能性もある

査定の相場は大きく変動し、一部の業者では相場よりもかなり低く買取を行うことがあります。実際、匿名査定の結果で80万ほどと出たのが、買取に持っていったら60万ほどでしか売れなかったなど価格の落差が激しいのが特長です。

グー買取は匿名でも正確性は高い


グー買取では、正確性に定評のある買取相場の検索ができます。正確な相場を知るときは買取の場面で大いに役立ちます。また、どうして正確な価格を知ることができるかを理解することで、車の参考価格が車の情報によって左右されることが分かるようになります。そこで、グー買取の匿名による相場検索について詳しく見ましょう。

比較的精度の高い結果が出る

中古車の買取額を照会する際、いかに正確な車の情報を詳しく入力するかで査定の正確な金額がわかります。グー買取で入力するのは、メーカー、車種、年式、グレードといった他サイトでも相場を出すときに使われる項目です。

もちろん、それだけではなく、加えてクルマの売却検討状況、排気量、車体色、走行距離、次の車検を細かく入力します。以上のデータから正確な相場を算出して表示します。

メールアドレスと郵便番号を入力する必要はある

査定を匿名で行えるというのは間違いありませんが、グー買取の入力項目は車の情報に加えて2点のみ個人情報を必要とします。それは郵便番号とメールアドレスです。しかし、郵便番号は個人特定に至りませんし、アドレスはフリーアドレスの使用が可能です。

メールマガジンが届くことがある

メールアドレスを入力するので、グー買取からのメールマガジンが配信されることがあります。電話などのしつこい勧誘に比べると些細な情報提供メールマガジンです。

嫌な場合は配信停止できる

メールマガジンを届かないようにしたいときは、配信を停止することができます。特にメールが来ても嫌でなければそのまま放置しておいても問題ありません。

グー買取は強化買取店も調べられる


高価買取店を探すことができるのもグー買取の特徴です。どうやって調べればよいのか、強化買取を調べるのに必要な点について説明しましょう。

売りたい車の買取を強化している店を検索できる

自分の住んでいる都道府県から車の買取を強化しているお店を探すのは思った以上に大変です。チラシが出ている会社なら良いですが、細かい中小の買取点となれば情報は表に出てきません。そこで、グー買取は都道府県から、売りたい車に合った買取強化店の候補を探せます。

都道府県・メーカー・車種名を入れるだけだから簡単

グー買取で高価買取店を探すためには、簡単な項目を3つ入力します。都道府県、メーカー、車種名を選択して、後は都道府県内の買取強化店が一覧で表示されます。そこから良さそうな店舗に連絡を取ります。レビューや店舗情報も閲覧できるので、事前にそのお店のことを知ることができるので便利です。

買取相場と併用すれば満足いく結果が出るかも!

買取で満足のいく結果を出すためには、十分な買取額とそれを可能にする買取店を探す必要があります。グー買取ではその両方ができるので、併用して使うのがおすすめです。まずは、買取検索で相場を知って、高価買取店を調べます。相場より高く買取をしている店舗があればそこで査定するといった具合です。

実際に売るための査定はどうすればいい?


車を売る場合、ネットで査定額を知ったり、電話で話を聞いたりするだけでは実際に車を売ることはできません。実際に買取してもらうには、直接査定を受ける必要があります。

例えば、車に傷が付いていたりした場合、買取額に影響が出ます。さらに中古の流通量が少ない車では、実際に査定してもらわないと査定額が分からないといったケースもあります。そこで、査定をするときに知っておきたいことを事前に押さえておきましょう。

匿名での査定はあくまでも相場チェック

匿名査定は、相場から予想される査定額を算出したもので一つの基準に過ぎません。それが正確であれ見当はずれな額であれ、参考額の範囲を超えません。

そして、直接の査定は匿名査定と別物です。本物を査定してようやく、買取の正確な額が算出されることになります。ただし、相場をチェックすることは無駄な行為ではなく、実際に査定された際に、あまりに査定額が低い場合に考え直すこともできます。また、「どうしてこの金額になったのか?」を査定者にツッコミを入れて、納得できなければ売らないという判断を下すことができます。

当然、査定額に納得したならばそのまま売ってしまうことができます。もし査定の相場を知らずに闇雲に査定をして車を売ってしまうと、偶然相場よりも安く買い取ろうとする業者に当たってしまうことがあります。

しかし、相場をよく知ってから査定をすることで買取に対する心構えや売る際の査定額に納得する基準を自分の中で作ることができます。「このくらいまでなら売ってもいいかな・・・」と判断を下せるのが車の買取査定には必要なのです。

実際に売るなら個人情報も入力して査定してもらう

実際の買取額として知るためには、個人情報を入れての査定が有効です。その人に売る気があるのか、査定方法に如実にあらわれます。売りたいと考えているのであれば、ただ車の情報だけ渡すのではなく、個人情報を入力しての積極的な買取の活動をすることです。

1社に依頼するより複数社に依頼する方がいい

買取査定に出す場合、相場を知っているだけでは足りません。複数の会社に依頼して買取会社同士の間でどのいくらい査定額の差があるのか確認する必要があるからです。

まとめ


今回は、買取一括査定のデメリットと参考になる相場を調べることができるサイトの紹介などを紹介しました。ネットで匿名を使った参考価格の調査や詳しく正確な価格情報を知るための方法、実践的に買取をするときに準備しておきたいこと、事前に気をつけたいことなどをよく知った上で買取をしましょう。