車を売りたい方必見!車の売却方法から査定金額UPの理由まで

皆さんは車を売却される際、どんな基準や条件で車を手放されることを決めますか?

「高い値段をつけてくれる」「売れるまでのスピード感」「次の車が来るまでのスケジュール」様々な意見があるかと思いますが、今回はそのお悩みを解決するべく、記事を書かせて頂きます。

今回のテーマは『車の売却方法』についてです。
ただ車を売るためにはこうしろというお話ではなく、

「どんな業者があるのか?そのメリット・デメリットとは?」
「車を売りたいけどどんな流れかわからないし、書類は何を用意すれば良いの?」
「スムーズに売りたいからトラブルに巻き込まれたくない」
「出来ることなら1円でも高く売りたい」

このようなお客様や読者の方にわかりやすく一から車の売却について網羅していこうと思います。

どんな売り方があるの?

まず初めに売り方です。

いざ売るとなってもたくさんの選択肢の中から決めなければなりません。今現在、車関連のお店は各都道府県にたくさんあり、車をどの店に持っていくかだけでも悩むところです。

そこで今回は、「買取業者」、「ディーラー」、「一括査定業者」の3つ分けてお話しさせていただきます。
またここでは、皆さまに分かりやすいように「各社の特徴」、「メリット・デメリット」、「どんな人におすすめか」のカテゴリーにまとめていますので、是非参考にしてみてください。

買取業者

○特徴

今では国道などを走ると大手買取店(ガリバー・アップル・かーセブン・ビッグモーターなど)がひしめき合う形で店を構える時代になりました。
もちろん大手であれば取引実績もしっかりしており、車売却ならトラブルの確率も少なく、安心です。また全国にしかし、支店や営業担当者によって対応が異なるので、大手買取店だからといって、すなわち安心だと断言することはできません。

また、大手買取店以外は品質を保証する情報が少ないため、利用する場合は口コミや利用者の評判をしっかり調べることが大切です。大手買取店にしても、小中規模の買取店にしても、口コミや良い評判が少ない業者はトラブルが発生する可能性が高いので避けた方が良いでしょう。
車売却をするときは一社だけではなく、複数の業者に査定依頼をするのがおすすめです。

たった一社との交渉の場合、買取額の引き上げ交渉でも比較対象がないので難しくなります。さらに営業担当者の態度が悪かった際も、他の選択肢を取ることができません。

買取業者へ売ることは正解がありません。査定額についてはその車両を業者側が欲しいかどうかで決まることがあります。

○メリット

店に車を持ち込むため、【売るまでの時間が圧倒的に短い】ことが言えるでしょう。

やはり買取業を専門としているのでノウハウがありますし、大手などでは自社販売だけでなく、独自ルートや海外販売など全国にネットワークを持つため、常に最新の相場がわかります。よって“人気があるかどうか”や、”オプションや社外品の有無”など、ディーラーでは扱ってもらえないものでも、プラス査定になる会社もあるくらいです。

また会社によっては面倒な手続きが省けたり、出張査定をしてくれるところもあります。

○デメリット

それは【今すぐ手放すことを求められる】ことです。

先ほども話しましたが、売却価格が高いと言っても査定してもらった時の値段ですので、時間が経つにつれて目減りする可能性があります。また他の店との確認にも時間がかかるため、比較が出来なかったり、提示された価格が高いのか適正なものなのか分からず、業者側の言い値になってしまっている点が挙げられます。

そして未だに悪徳業者が存在している点も見過ごせません。対策として、しっかり口コミを確認することや、他社との比較をとってもらうなど行動をとるようにしてください。

○どんな人にオススメ

下取りよりも手続きなどを含めると面倒さが増しますが、1円でも高く売りたいという人にオススメです

ディーラー

○特徴
車を売るとなって初めに思い付くのがこの方法だと思います。
一度ディーラーを通して新車をご購入されている方であれば、まずディーラーに車を持って行き、下取りを考えられるのが最も一般的です。

○メリット

まずはなんとも言って【面倒がなく手間がかからない】ということです。
ディーラーでは”買い取る”というより“下取りに出す”という表現になりますが、こうすることで、現車を手放して新車に乗ることが出来ます。
また車を売るためには、通常なら必要書類を提出や、複雑な手続きをしなくてはなりません。

その作業をディーラー側の担当者が代行してくれます。そのため簡単に車を売ることができて、時間の節約にも繋がります。
また新車が届くまで、現車に乗り続ける事が可能なため、引き継ぐ際にストレスがかかりません。

○デメリット

言い切ることは出来ませんが、やはり買取業者と比較した時に、査定額が安くついてしまうことです。そのため、高く売りたいという事であればディーラーでの買取は厳しいでしょう。あくまでディーラーは新車を専門として販売しているお店が多く、中古車買取のノウハウが乏しいためです。

また下取りした車も業者のオークションに出すことになるので、その車種の人気度合いなどはあまり関係なく、オークション価格として当たり障りのない値段をつけるディーラーが多いというのが現状です。

○どんな人にオススメ

新車の購入から売却までを1つのディーラーで一貫して行える事は大きなメリットですし、ユーザーによってオススメ度合いは違ってきます。
また車にあまり詳しくなく、安心して買取や乗り換えを行いたい人にとってはディーラーでの買取は最適と言えるでしょう。

一括査定業者

○特徴

一括査定業者とは、個々に依頼するのではなく、必要な情報を入力するだけで複数の車買取業者に査定を依頼をして競合させられるサービスのことを指しています。最終的には先述した買取業者に持ち込まれることになるのですが、申し込む時点で、手間が省け、他社との金額やサービスの比較を一度に出来るという点で異なります。これはかなり効率的と言えるでしょう。

○メリット

やはり何と言っても車を比較した上で高く売れることではないでしょうか。
特徴の際にも書かせていただきましたが、サイトに提携している数十の業者に一斉に依頼する事が出来るので、大幅に手間が省けます。また持ち込んだりすることもなく、各業者の査定額などを知った上で判断出来ますので安心です。

○デメリット

買取業者と同じ事が言えますが、常に価格が変動しているため高く売りたい場合には、手放すまでにあまり考える余地はありません。(もちろんこれは常に当てはまる訳ではありませんので気にしなくても大丈夫かと思います。)

またこれが一括査定をする上での、唯一のデメリットになるのですが、申し込み後に勧誘電話がかかってくることです。複数者に査定を出しているので、あたまり前と言えばそれまでですが、回避する事がなかなか困難なため、一応デメリットとして挙げさせていただきました。

○どんな人にオススメ

再三申しております通り、とにかく車を高く売りたい方には最適といえます。
また買取業者とディーラーのいいとこ取りが出来るような形になりますので、あまり知識がなく、でも高く車を売りたいという方にはオススメです。

車を売る時の手順を解説

ここでは、具体的に車を売りたいと思った瞬間から、ちゃんと入金確認ができるまでの一連の流れについてお話しさせていただきます。

売却方法、業者を決める

最近ではディーラーや買取業者の他にも様々な売却方法が存在しています。中古車買取点、オークション、ネットを介した個人売買など方法は多様化しています。

オークションや個人売買は中間マージンを省けるので、下取りや買取業者より高く売れる可能性があります。しかし個人間を例に出すと、契約の不備や車両トラブル、料金の未払い、煩雑な手続きなど、結果的に専門家に任せておけばという事態にもなりかねません。

買取業者でも先ほど特徴の際にも書きましたが、担当者の営業トークにのせられたり、業者も存在します。業者を決める際は、慎重に相手先を選定する必要があるでしょう。焦る事なく口コミや評判をみてしっかりと下調べをおこないましょう。

契約手続きのために準備するもの

車を売却するためには、免許証や売りたい車を持っていけばいいということ話ではありません。契約する上では必要な書類があり、書類によっては取得に日数がかかるものもあります。このタイミングで、事前にその書類がどこにあるかの確認を行い、直前で困ることのないように、前もって準備しておきましょう。

必要書類を揃える

まず普通自動車の場合ですが、下記が必要書類になります。

・自動車検査証(現住所、氏名をご確認ください)
・印鑑登録証明書(発行後1ヶ月以内のもの×2通)
・自賠責保険証明書
・自動車納税証明書(有効期限をご確認ください)
・実印
・振込口座情報
・リサイクル券(預託済みの場合)

*車を売る際に必要となる書類は、【普通自動車】と【軽自動車】一部異なります。
ここでは改めて分けて記載します。

・自動車検査証
・自賠責保険証明書
・軽自動車納税証明書
・印鑑(認印でも可能)
・リサイクル券

プラスで査定が上がるかもしれない書類

ここで紹介するものは、必須ということではなく、あくまで【持っていればプラス査定になる可能性がある】ということになります。
・整備手帳(メンテナンスノート)
・取り扱い説明書
・スペアキー
・純正オプション

手続きの後、車両の引き渡しをする

契約後に車を引き渡す際も注意が必要です。
引き渡す場所や手段についても必ず相手側と確認をしておきたいところです。
また、引き渡しの際に、費用が発生することもあり、これも知らないとトラブルの原因になるので聞いておきましょう。

また引き渡すわけなので、しっかりと車内にある私物は片付けておきましょう。

入金確認

最後に大事な項目になりますが、入金確認も確認をしましょう。一般的な場合ですが、車両を引き渡す当日に代金が支払われるわけではありません。

だいたい大手買取業者ですと、【1週間以内】での【銀行振込での支払い】が相場になっています。もし上記以外の支払いを希望される場合、契約を結ぶ際に担当者に相談をしておくことで、引き渡し当日又は翌日への日程変更や、現金での支払いに応じてくれる業者もありますので、しっかりと事前に担当者に確認をとって、このタイミングになって心配事をつくらないようにしましょう。

査定に響くポイント

走行距離

調べてみると走行距離が短いほどプラス査定と書かれてる事が多いですよね。実際そのような節もありますが、必ずしも走行距離が短いからといってプラスに働くわけではありません。走行距離については、年間10,000km目安として、”年式“と”総走行距離”から算出した「年間走行距離」との差がどれくらいあるかがポイントになります。

ただ先ほどもお話ししたように、短ければ良いというわけではなく、車はある程度動かす事で、コンディションや劣化を防ぐことにも繋がります。

ボディのスレ・キズ

ボディーカラーは査定金額を大きく左右する要素になります。車両で異なる人気カラーや、白や黒などの王道なカラーは査定価格を高くする要因にもなります。ボディーのスレやキズ、破損なども大きく査定に影響します。小さい擦り傷や、ぶつけた時に凹んだままのボディーなど、一つ一つプロがしっかりチェックしていきます。

しかしここで注意していただきたいのは、査定の価格を上げたいからといって、キズや凹みをなおしてもその修理費用分が査定価格に上乗せされることはありません。気になるようでしたら買取業者に持っていき、そのままで出た査定額を見てからでもなおすのは遅くはありません。しっかりとプロの意見を聞いてみてからの判断をお願い致します。

装備品の交換

純正パーツの紛失などや取り外しによるキズや汚れはマイナス要因になります。
また各種装備品の点検がしっかり行われているか、綺麗に使われているかなどは一つずつチェックされています。

内装の臭い、汚れ

直接的な車内の汚れ(飲食物によるカスやシミ)やタバコ・ペットの臭いは大きなマイナス要因になります。なかなか臭いや汚れがついてしまうと落ちないものですが、車内掃除機や臭いのきつくない消臭剤などを活用して出来る限り綺麗な状態を保ちましょう。

タイヤ・ホイール

タイヤの溝の深さは査定額に影響を及ぼします。基本的には5㎜以上溝が残っていれば問題ありません。(新品のタイヤが7㎜以上溝があるので、5㎜という溝は新品に近いと言えるでしょう。)

ホイールについては社外品を装着している場合です。社外製のホイールやタイヤは過度なカスタムとみられる場合もあるのでマイナス要素にもつながります。(もちろん評価の高い社外タイヤ、ホイールもあるので、その場合はプラス査定になりますが。)

車検

車検は通したからといってプラスに働く訳ではありません。車検代だけでも車種別で、5〜10万円ほどの費用がかかってきます。
それにもかかわらず通す前後ではそれほど買取価格に上乗せがされるわけではありません。

ですので、スムーズな乗り換えや買取を希望される方は、車検が切れる1〜2ヵ月前に車を売るように準備していきましょう。

トラブルを避けるために、やっておくべきこと

業者の口コミや評判を調べておく

先程から何度か書かせていただいているように、今でも悪徳業者は存在しています。また大手各社でも各店舗によって営業の対応で金額が上下してきます。そういった事態を防ぐ為にも、その店舗を使われたオーナーからの評価や口コミもバカには出来ません。そこに書かれてる意見をしっかり読んで、後にトラブルに巻き込まれぬようにしっかりと下準備をしてから望みましょう。

同時に複数の業者を依頼をしよう

一括査定の際に書かせていただきましたが、今現状でこの方法が最も効率的に、しかもより高く売る方法だと言えるでしょう。また車にあまり詳しくない方でも、査定額が高いところに持っていく事で存することは防げます。

契約に不明点があれば、すぐに確認すること

上記の2点がしっかり出来ていれば基本的にトラブルに巻き込まれる確率は低くなります。ただ手順の際にもお話ししましたが、引き渡しの際や入金の確認なども気を抜くとトラブルに繋がります。分からないことがあれば契約の際に担当者に聞くことは恥ずかしいことではありません。
自分の資産でもある車に対して、しっかりと最後まで責任を持って行動していきましょう。

まとめ

ここまでで車を売る上での一連の流れについてご説明出来たかと思います。読まれるとわかりますが最も労力を使う行程となるのは、やはり業者の選定と言えるでしょう。ただ改めて言えることは、この売る予定の車がなぜ売ることになったのか。

【新車に乗り換えたい】【今より大きい(小さい)車に変更する】【もう乗る機会がないから要らない】

理由によってどこで売るべきなのかは必然と変わってきます。

査定価格が高いことも大切ですが、オーナーが今後どう車生活をしていくのかで売却先は変わると思いますので、ぜひ自分に合った売り方を見つけて頂けたら嬉しい限りです。