車を売ると決めたらまずは相場をチェックしてみよう!

車を売ることを決心したのはいいけど、「果たしてこのまま売っていいのだろうか・・・?」と不安になっていませんか?

・そもそも車を売る方法って?
・車の相場を調べることってできるの?
・前もって相場を知ることはできるの?またどうやって調べるの?
・なぜ相場は変動するの?
など、車を売却する上で、事前に知っておいた方がいいことをまとめていきます。

特に、車を売却する前に、相場を知れたら安心して愛車を売ることができますよね。しかし、いざ相場を知ろうと思っても調べ方が分からないという人も少なくないはずです。相場について知っているか知らないかで買取価格にも大きく影響してくるので、ぜひここで相場の基本的な知識をマスターしましょう!

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

車を売る方法とは

買取店や販売店に売却するのがもっともポピュラーですが、その他にもいくつか方法はあります。具体的にどんな方法があるのか解説していきます。目的によって売却方法も異なるので、しっかりと確認しておきましょう。

ディーラー下取り

まず1つ目の売却方法は【ディーラー下取り】です。厳密に言うと売却ではないのですが、車を手放すという意味では売却とほとんど同じです。ディーラーとは「新車販売」を専門に行っている販売店です。要するにディーラー下取りとは「古い車をディーラーに渡す代わりに新しい車を安く買う取引」のことを言います。車の買い替えをしようと考えている人にはオススメですね。ただ、「下取り」なので現金を受け取れるわけではありません。

ディーラー下取りの場合、売却と購入を同じ場所でできます。通常であれば、売却と購入は別々に行います。「売却は買取店にお願いして購入はディーラーにお願いする」あるいは「売却は買取店にお願いして購入は別の販売店にお願いする」といった人がほとんどです。
ただ、売却と購入を別々にやるというのは相当疲れます。手続きだけでクタクタになってしまうでしょう。そのような面倒なことがイヤなら、断然ディーラー下取りがオススメです。 売却と購入を同じ店舗内で行うので、見慣れたスタッフが対応してくれます。手続きもかなり簡略化されるので、初めての人でもまったく問題ないでしょう。

買取店での買取

2つ目の売却方法は【買取店での買取】です。数ある売却方法の中でもっともポピュラー方法でもあり、文字どおり中古車買取店に足を運んで車を買い取ってもらう方法です。
ひとくちに買取店といってもその種類は多岐にわたりガリバーやラビット、ビッグモーター、アップルなど大手業者をはじめ、スポーツカー専門店や輸入車専門店などコアな需要に特化した専門業者も存在しています。

先ほどご紹介したディーラー下取りは新車の購入を前提とした取引ですが、買取の場合は新しく車を買う必要はありません。クルマを売りたいときに売ることができます。買取の場合、ディーラー下取りとは違って売った車は現金として受け取れます。
また買取は査定金額も高くなりやすいのが特徴です。なぜなら、買取店は「買取のプロ」だから。買取台数やデータの蓄積量が圧倒的ですし、自社で買取から販売までのルートを確立しているところがほとんどなので、より高くクルマを買い取れるわけです。

一括査定サービス

3つ目の売却方法として挙げるのが【一括査定サービス】です。売る先は買取店なのですが、より簡単に買取店とアポイントを取れる方法として、一括査定サービスがあります。

そもそも一括査定サービスとは何なのでしょう?ずばり「インターネット上で複数の買取業者に査定依頼を出せるサービス」のことです。直接店舗まで足を運ぶことなく、スマホひとつで簡単な見積もりを受けられたり、実車査定の予約ができたりします。今や中古車市場は大きな盛り上がりを見せています。日本全国あちらこちらに買取店ができています。このように現代で中古車市場が盛り上がっているのは、一括査定サービスが要因といっても過言ではありません。

それだけ手軽で便利なサービスなんです。使い方はいたってシンプル。サイトの中にある専用フォームにて「売りたい車の基本情報」と「所有者の個人情報」を入力するだけです。入力後に申し込み完了ボタンを押せば、あとは買取業者からの電話を待つだけ。電話にて買取店とやり取りをして、気になる業者があれば実車査定を予約するかたちになります。もちろん何社同時に査定を受けても問題ありません。

一括査定とディーラーの買取ってどう違うの?メリット・デメリットを解説!

個人での売買

最後にご紹介する売却方法は【個人での売買】です。文字どおり個人間で車を売り買いする方法で、もし売り先がいるのなら実践しても良いでしょう。ただ、正直オススメはできません。なぜなら、トラブルに発展しやすいからです。個人での売買となると、基本的には知人や友人へクルマを売るかたちになるかと思いますが、手続き周りのことや税金の支払いをどっちが持つかなどで、揉める可能性がとても高いです。

書類の準備もすべて自分たちで行わなければならないため、買取店やディーラーに持っていくよりもかなりハードルが高くなります。車好きな人や個人売買を経験したことのある人であれば問題ないかと思いますが、あなたがもし車売却の初心者なら避けておいた方が良いかもしれません。ただ個人の場合だと、自分たちで買取金額を決めることができるため、比較的高額になりやすいのも事実です。

下取り相場の調べ方

それでは続いて下取り相場の調べ方をご紹介します。車を買い替えようと思っている人であれば「ディーラー下取り」を選ぶのが良いでしょう。でも相場が分からないと不安ですよね。そこで、ディーラー下取り相場の具体的な調べ方について解説していきます。

下取り相場シミュレーションを使う

下取り相場を知るための代表的な方法のひとつに【下取り相場シミュレーション】があります。トヨタやニッサンとった大手が運営しているサイトがいくつかあり、インターネットにて「下取り 参考価格」と検索すると表示されます。

トヨタのサイトを例に挙げてみましょう。まずトップページに「下取り価格参考情報」というタイトルが出てきて、その下にメーカーや車種名、年式などを選択する欄があります。その選択欄にしたがって必要情報を入れましょう。加えてボディタイプやモデル、グレードを選択すればOK。わずか数分で簡単なシミュレーション結果が出てきます。

ここで注意しておきたいのは、下取り相場シミュレーションは「あくまでも参考価格」であることです。参考価格と実際の査定額は異なるケースがほとんどなので、このシミュレーションで出た数字を信じすぎないようにしましょう。

実際にディーラーに足を運ぶ

下取り相場を知るためのもうひとつの方法として【実際にディーラーに足を運ぶ】が挙げられます。相場を知るというより見積もりを立ててもらえます。インターネットで調べるのもオススメなのですが、やはり自分の目で見て聞いた情報の方が信憑性は高いですよね。

また実際に店舗に足を運べば、スタッフが親切に対応してくれるはずです。下取りについての基本的な知識や新車購入に関することなど、ざっくばらんに話してくれるはずなので、時間に余裕のある人はディーラーに行ってみるのが良いでしょう。

また、なかには長年付き合いのあるディーラーがいる人もいるのではないでしょうか。そういった方は最初からディーラーに行ったり電話をしてみたりすると良いでしょう。付き合いの長いディーラーであれば信頼して下取りをお願いできますよね。

買取相場の調べ方

次に買取相場の調べ方をご紹介します。車の売却においてもっともポピュラーなのが「買取」です。買取となると、買取店やサイトの数がたくさんあるため、相場も調べやすくなります。買取相場の詳しい調べ方は以下の通りです。

相場サイトを使う

買取相場の調べ方としてもっともポピュラーなのが【相場サイトを使う】です。先ほどご紹介した下取りシミュレーションと同じように、買取においても相場サイトが存在します。例えば「ナビクル」や「グー買取」などが代表例です。
正確性はやや劣りますが、売りたい車のだいたいの相場を知ることができます。また、一括査定サイトのように個人情報を入力する必要がありません。

ナビクルを例に挙げてみましょう。まず「ナビクル 相場」と検索すると、相場参考サイトが出てきます。その中の専用ページにて入力作業を進めていきます。メーカーや車種名を選択するかたちになるのですが、全てロゴや画像で表示されているので、車の情報が分からなくても問題ありません。わずか数十秒ほどで相場が表示されます。

またナビクルの場合、今現在の相場だけでなく「過去の相場」「未来の相場」まで見ることができます。過去と未来のデータを参考にすることで、「愛車を売るベストタイミングはいつなのか?」が分かりやすくなります。
相場サイトといえどクオリティはかなり高いので、使ってみる価値は大いにアリです。

【匿名でできる!】車の買取査定サイトのメリットとデメリットは?

口コミを元に調査!グー車買取のメリット・デメリットとは?

47秒で一括査定のナビクル!その仕組みやメリット・デメリットと評判とは?

買取店に見積もりを依頼する

2つ目の方法が【買取店で見積もりを出す】です。相場を調べるというよりダイレクトに買取店に足を運んでしまいましょう。買取店では無料で査定を受けることができます。店舗査定はもちろん出張査定サービスを実施している買取店も多いので、一度使ってみると良いでしょう。もちろん無料です。
また、一つの買取店だけで終わらせず、複数から見積もりを取ってもらうのがオススメです。複数の買取店に見てもらうことで「リアルな相場」が分かります。
インターネットで調べるのとリアルで調べるのとでは、やはり吸収レベルがまったく異なります。実車査定を受けておけば、買取金額の予想と現実によるギャップも少なく済むでしょう。

車に詳しい知人に聞く

3つ目の方法として挙げられるのが【車に詳しい知人に聞く】です。もし車に詳しい知人がいるのなら、その人から聞くのが手っ取り早いですね。実際に車を売ったことがある人なら、より参考になるでしょう。さらに、同じ地域に住んでいる知人であれば利用する買取店も近くにあるはずですよね。実際に買取店に足を運ぶ前に、まずは知人に連絡を取ってみるのも良いでしょう。

相場が変動するのはなぜ?

それでは最後に、相場が変動する理由について解説します。売却・購入に関係なく、中古車価格というのは常に不安定だと言われています。ちょっとした市場の変化によって買取相場がガラッと変わってくるため、あまり慣れていない人だと売るタイミングに迷ってしまうこともあるかと思います。相場が変動するのには以下のような理由があるので、ここで確認しておきましょう。

年式や走行距離による変動

相場が変動する大きな理由のひとつに【年式や走行距離】が挙げられます。これらは車を査定する上でも大切な指標になっており、相場にも大きな影響を与えます。年式が古くなれば古くなるほど買取相場は下がり、走行距離も長くなれば長くなるほど買取相場は下がるわけです。

なかでも「5年」「10年」「50,000km」「100,000km」といった大台に乗ると買取価格はガクッと落ちてしまいます。ですので、もし愛車を売るのなら大台に乗る前に売るのがオススメです。

また年式の場合、13年を超えると自動車税が一気に高くなるので要注意です。車の性能が下がり続ける一方で維持費だけが高くなる一方なので、どれだけ乗っても13年以内には売るのが望ましいでしょう。

車種による変動

車種によっても相場は大きく異なり、基本的に「人気車かどうか」が相場に影響を与えます。多くの人に認知されている人気車種であれば比較的高額かつ安定した相場となっていますが、マイナーな車種であれば常に不安定です。

新車市場とは異なり中古車市場は「一度乗られた車たちが再販売されている場所」となります。そのため需要と供給のバランスがうまく取れず、期待以上に高く売れるときもあれば、安くなってしまうときもあるのです。マイナー車種に乗っている人は特に注意しましょう。どんな車種であっても、定期的に相場をチェックしておくことが大切です。

モデルチェンジによる変動

実はモデルチェンジによっても車の買取相場は変化します。モデルチェンジとは「車が古いモデルから新しいモデルに様変わりすること」です。新しいモデルが発売されるということは、古いモデルの需要が少なくなるとも言い換えることができます。
モデルチェンジによって新しいモデルに人気が集中します。そこまで性能が変わらなくても、何か新しいだけで需要が爆発的に増えるのです。

一方で古いモデルの価値はモデルチェンジを機にどんどんと下がってくるので、もし車を売るのなら「モデルチェンジ前」がオススメです。後に売ってしまうと、買取金額が大きく下がってしまいます。もし車を売ろうと考えていて自分の持っている車が間もなくモデルチェンジを控えているという場合は、必ずモデルチェンジが行われる前に売ってしまいましょう。タイミングを見計らって1〜2ヶ月前から準備しておくことが大切です。

ボディカラーによる変動

車の買取相場は【ボディカラー】によっても大きく変わります。ひとくちにボディカラーといってもさまざまな種類がありますが、なかでも「スタンダードカラー」は買取相場が高くなりやすい傾向です。

ブラックやホワイト、シルバー、パールなどが代表例ですね。これらのカラーは老若男女問わず需要があります。シンプルで落ち着いた色は誰にでも合うため、根強い人気があるわけです。逆にイエローやグリーンなどといった奇抜なカラーは人気がありません。そういったマイナーなカラーを欲しがる人が少ないため、買取相場も低くなりやすいのです。

車の状態による変動

実車査定を受けるときに気をつけておきたいのが【車の状態】です。プロの査定士が査定するわけですから、車の状態も細かくチェックされます。車の状態が良ければ買取金額は高くなりますし、状態が悪ければ買取金額は低くなります。

外観や内観の美しさはもちろん、エンジンやホイールの状態、オプションの有無、消耗品の状態などさまざまなポイントを見られます。細かく分けられたカテゴリーを隅々までチェックして総合的に判断されるのです。

また、事故歴や修復歴の有無も相場に影響します。今までに大きな事故や修理を経験した車は、買取相場も大きく落ち込みます。だだ、小さな傷やヘコミ程度であれば問題はありません。車の骨組みとなるフレームが歪むなどの大きな事故を起こしていない限り、大幅に買取相場が下がることはありません。

オプションによる変動

先ほど少し説明しましたが【車のオプション】によっても買取相場は大きく変動します。なかでも重要なのが「純正オプションなのか?社外オプションなのか?」です。当然ながら純正オプションの方が買取金額は高くなります。反対に社外オプションの場合は、むしろマイナス査定になってしまうケースもあるので要注意です。

「車を買ったときは純正オプションを付けていたけど、その後すぐに社外オプションに交換した」という人は、もし純正オプションを保管しているのなら売却前に交換しておくことをオススメします。仮に交換できなくても、買取店のスタッフにオプションの存在を見せるだけでプラス査定になるので覚えておきましょう。

車のニオイによる変動

あまり知られていませんが、実は【車のニオイ】も買取相場に大きく影響を与えます。特に気を付けたいのが「タバコ」と「ペット(動物)」です。車内でタバコを吸う人は、知らぬ間にニオイが染み付いているので気をつけましょう。

ペットをよく車に乗せている人も要注意です。ニオイは自分ではなかなか気づけないもの。気づいたときには遅かったというケースも多いです。実車査定の日程ギリギリに消臭剤をかけても、査定士に一瞬で見抜かれてしまうので、日常的にケアしておくことが大切です。

季節による変動

車の買取相場ですが、実は【季節】によっても大きく変動します。季節によって車が高くなったり安くなったりするわけです。なかでも【3月】と【9月】は相場が高くなりやすくなります。

なぜなら、これらのシーズンというのは消費者にとって「まもなく新生活が始まるタイミング」です。特に3月は中古車市場が大いに盛り上がります。多くの消費者は、進学や就職、転勤などによって「そろそろ春になるし新しい車を買おうかな・・・」と考えるわけです。つまり車の需要が爆発的に伸びるということ。
買取店側も、この季節になると車がたくさん売れることが分かっているので、できるだけ多くの在庫を確保しようと考えています。そうすると、いつもより少し高い金額でも買い取ってくれるのです。このタイミングは車を売りたい人にとっては大チャンス。

3月にピークを迎えるので、1月ごろから準備しておくのが良いでしょう。9月も同様です。

住んでいる地域による変動

自分が住んでいる地域によっても買取相場は変動します。中古車市場では「田舎か?都会か?」が重要なポイントになっています。

全国で見ると東京の買取相場がもっとも高く、それ以外の地域には大差がありません。ある程度人口の多い都会になると買取相場が高くなる傾向にあります。一方で田舎になると買取相場はやや下がります。ただ、田舎すぎるとそもそも買取店が存在しないという問題もあります。そうすると出張査定も受けられない可能性が高いので、あらかじめ買取店に問い合わせて確認しておく必要があります。

経済状況による変動

日本国内の経済状況によっても買取相場は変動します。なぜかというと、車は消費者にとって大切な資産だから。生活必需品のように日常的に購入するわけではありません。車は即決して買えるものではないため、国の景気によって需要が大きく変化するわけです。景気が良くなれば車の需要も大きく増えますが、一方で景気が悪くなれば需要は減ります。中古車市場となると、その変動幅はさらに大きくなるのです。
また、日本国内だけでなく海外の景気も買取相場に影響を与えます。特に為替です。例えば、円安になれば「輸出向けの中古車」の相場が高くなります。

まとめ

車売却での相場の調べ方について詳しく解説しました!いかがでしたか?いざ相場を調べようと思っても何をすればいいのか分からない人が多いはず。

でも大丈夫です。今回ご紹介した方法を使えば、誰でも簡単に愛車の相場を調べることができますよ。
また、車の売却には「下取り」と「買取」があるので間違えないようにしましょう。ぜひ今回の記事を参考にしながら相場をチェックして、スムーズな愛車売却に役立てましょう!

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます