車を売るならどこがいい?良い中古買取業者の見分け方と大手買取業者を紹介

いざ車を売るとなると、何をどうすればいいのかわからないという方は多いと思います。大切に乗ってきた愛車を売るなら、少しでも高く売れたらいいですよね。中古車買取は個人経営の店舗や大手のフランチャイズ店など、非常に多くの業者がいます。中には悪質な業者もいますので、優良な企業を見極める目を養うようにしましょう。

この記事では、車をより高く売るための中古車買い取り店について、どんな業者なら安心して任せられるのか、逆にこんな業者は要注意など、車を売る際に気になることについてご紹介します。

車をより高額に売るなら中古車買取がオススメ

車を売る方法としては、大きく分けて3つの方法があります。一つ目は、新車を購入する際に一緒に下取りに出す方法、二つ目は、中古車買取店へ売却する方法、そして三つ目は、オークションなどで個人売買をするという方法です。手間をかけずに売りたいという場合は下取りへ、車をより高額に売りたい場合は、中古車買取店へ売却するのがおススメです。

手軽な売却なら下取り

もし、古い車を売って新しい車を購入するのならば、下取りに出すのが一番手間をかけずに済む方法です。名義の変更や各種届出などを、新車の購入と一緒にディーラーに全てお任せすることができます。古い年式の車や過走行の車など、中古車買取店で値段のつかなかった車でも下取りしてくれる場合が多いです。

デメリットとしては、下取り価格が中古買取店へ売却する場合に比べて低いことが多いという点です。ディーラーは新車を売ることが主な目的ですので、多少難のある車も下取りしてくれます。その代わりに査定がとても低くなったり、新車の割引率が低くなったりすることもありますので、コンディションの良い車を少しでも高く売りたい場合は中古車買取店に持ち込んだ方が良いでしょう。

できるだけ高く売るなら中古車買い取り店

車をできるだけ高く売りたいのなら、中古車買取店への売却をおすすめします。なぜ中古車買取店が良いのか?それは、中古車買取店は買取のプロですし、売り物として中古車を仕入れます。そのため、状態の良い車や希少車などの高く売れる車は高く買い取ってくれ、流通経路も複数持っていることが多いので、多くの中古車を売ることができるからです。

少し手間はかかるが一括査定は便利

さらに高く売りたいという場合は、少し手間はかかりますが一括査定が便利です。ひとつの業者だけでなく、複数の買取業者を比べると、同じ車でも買い取り額に違いがあることに気がつくと思います。これは買取業者がお互いに競争するためです。時には10万円、20万円と査定額が変わることがあるので、比較しないと損をしてしまうこともあります。

インターネットで一括査定を申し込むと、一度で複数の買取業者に見積もりを出してもらうことができます。個人情報を入力する必要があるので、信頼のおける査定サイトを利用するようにしましょう。査定サイトで見積もりを依頼すると業者からの営業の電話がかかってくることがありますが、メールでの連絡を希望できるサイトもあります。自分でそれぞれの業者に連絡するよりも簡単で楽ですよね。

車を売るならどこがいい?安心して任せられる業者の特徴

車を売る時には、その業者が安心して任せられる業者かどうかを見極める必要があります。大手の買取業者であればプライバシーマークの認定を受けていることが多く安心です。また、販売先を多数持っていたり、自社でスクラップ工場を持っていたりするので中間コストがかからず高く売れる傾向にあります。

ここでは、安心して任せられる業者の特徴を説明します。

時間をかけた査定を行っているかどうか

信頼のおける中古買取業者では、車を丁寧に時間をかけて査定を行います。査定の前の、車に関してのヒアリングで傷やへこみなどを含めた車のコンディションをしっかり見てもらうことで、引き取り後に傷や故障が見つかって買取額が落ちるということがなくなります。

また、優良業者の査定士は、査定額がどのようにして決定されたかなども詳しく説明してくれます。もしも、説明が良くわからない場合には「詳しく教えてください」とお願いしてみてください。納得がいくまで説明してくれる業者には、安心して買取をお任せできます。

契約内容の説明を丁寧に行っている

車の売却には、名義変更や税金の還付金、保険の変更や解約などの様々な手続きが必要です。売却時の契約書には、車の引き渡し時期やキャンセル料に関してなど、大切なことが書かれていますのできちんと確認するようにしましょう。ここでわからないことがあれば必ず確認し、理解するまで丁寧に説明してくれるのが良い業者です。

その他にも、買取の一連の流れや、振り込み日などをきちんと確認してくれる、こちらの要望もできるだけ汲み取ってくれるなど、真摯に対応してくれる業者には安心してお任せできますね。

プライバシーマークの認定を受けている業者

個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に対して付与されるのがプライバシーマークです。このマークがあるということは、個人情報に関してしっかりした管理がなされているということです。個人情報が悪用されるのを防ぐためにも、プライバシーマークの認定を受けている業者を選ぶと安心です。

良識的な買取額を提示する業者

中古車の買い取り価格は、大体の目安の価格があります。実際に査定をすると、車のコンディションによって多少の上下はありますが、ほぼ目安の金額と同じくらいになるでしょう。異常な高額買取を謳う業者の場合、査定方法が統一されていないために後々トラブルになるケースがありますので、インターネットなどで先に相場を確認しましょう。

逆に悪徳やトラブルに繋がるケースがある業者の特徴

中古買取には個人で経営している業者から大手の業者まで、さまざまな業者がいます。残念ながら、中には悪徳な業者もいます。最近では、優良な業者を装って巧妙に売主を信じ込ませるという業者もいるのです。そんな業者に騙されないために、悪徳業者の見分け方を以下にご紹介します。

著しい高額、または低額の提示

他の業者の査定額やインターネットで調べた相場よりも著しく高い値段や低い値段を提示された時は、まず疑ってみても良いでしょう。異常に高い買取額を提示された場合は、車を引き渡した後に故障が見つかったなどの理由をつけて減額されることがあります。車のコンディションについて故意に隠したり虚偽の申請を行っていなければ、査定の時点で異常を見つけられなかった業者の責任です。減額に応じる必要はありません。

反対に、普通に査定をすれば値段がつくはずなのに、0円と査定されて「処分するにも費用がかかるので、0円で引き取ってあげますからお得ですよ。」などと言われた場合も気を付けましょう。本当は中古車やパーツとして利益が出るはずなのに、それを隠している可能性もあります。なぜその査定額になるのかを尋ね、詳しく説明してくれない業者とは取引をしないことです。

万が一、他の業者に査定をしてもらっても値段がつかない場合は、動かない車でも中古パーツを販売したり有用金属としてリサイクルできるので、廃車専門の買取業者に相談することができます。

税金や還付金の説明をしない業者

車を売却すると、支払い済みの自動車税などが戻ってくる場合があります。通常は還付金などの説明もしてくれるはずですが、まったく税金の話に触れない業者は還付金をそのまま自社の利益にしてしまう悪徳業者の可能性があります。

例えば自動車税は、4月1日時点での所有者に課税されます。4月1日から翌年の3月31日までの1年分を、前払いで5月31日までに支払います。車を売却すると、それ以降は税金がかからなくなるので、売却した月の翌月からの分は還付されることになります。例えば、8月に車を売却したとすると、9月分から翌年3月分までが戻ってきます。3月に車を売却した場合は、還付金はありません。

また、3月に車を売却する場合は、書類の手続きが遅れて4月に入ってしまうと自分に税金の支払い義務が生じることになるので気を付けましょう。いつ手続きが終わるのか、税金はどうなるのかをきちんと説明してくれる業者で買取をしてもらうようにしましょう。

名義変更をしない業者

通常は、買取業者に車を売却して名義変更がされないということはありません。なぜなら、名義を変更しないと買取業者も売却ができないからです。しかし、万が一闇業者のようなところに売却してしまった場合、名義変更がされないままオークションなどに出されてしまうということもあるかもしれません。

売却したのに名義変更がされないと、元の所有者に税金の支払義務が生じます。さらに、交通事故や交通違反があった場合にも、自動車の所有者に罰金などの通知が来ることになります。ある日、急に身に覚えのない駐車違反やスピード違反の通知が来ては大変です。業者に対して、いつ名義変更されるのか時期などをよく確認しておきましょう。

車の売却で安全性を重視するなら大手にお任せ

車の売却で安全性を重視するなら、やはり大手の中古買取業者を選ぶと安心です。大手の業者は査定方法がしっかりマニュアル化されている場合がほとんどで、書類手続きも丁寧です。また、JADRI(日本自動車流通研究所)という団体に加盟しているところが多く、信頼があります。車の買取や査定には厳しい基準があり、その基準を満たした業者のみがJADRIに登録することができます。

アップル

アップルは、全国に200以上もの店舗を持つ大手の中古車売買業者です。もちろんJADRIに加盟しています。オリコンの顧客満足度ランキングの車買取会社部門で総合満足度1位を獲得するなど、顧客の満足度が非常に高い業者です。面倒な書類の手続きもスムーズに行えるのは大手ならではです。

アップルは独自にオークションの値段を査定額に反映させるシステムを持っており、全国のフランチャイズ店舗から一番高い地域の値段を反映して査定を行うことができます。また、海外にも流通経路を持っていて、他社に負けない買取力があります。

カーチス

迅速で丁寧な査定サービスが売りのカーチス。担当者の説明がわかりやすい、親切に対応してくれると評判です。カーチスもカーオークションの相場をリアルタイムで把握するシステムを使い、買取価格に還元しています。地域の価格差を無くし、査定の時点での最高額を提示してくれます。

中古買取業者の中では老舗と呼べるカーチスは、常にお客様の立場に立って、車を売りたい人からは高く買い、車を買いたい人には安く売るという精神で営業しています。JALやANAなどの航空マイルを貯めることができるのも嬉しいポイントです。

カーセブン

カーセブンもJADRIに加盟する優良企業です。車買取を専門にする業者で、ガソリンスタンドや自動車整備工場に併設されるスタイルの店舗が多いフランチャイズです。中間マージンやオークション費用などの余計なコストがかからない独自の流通経路を持ち、その分を査定額に反映してくれます。査定や連絡の速さも評判です。

ラビット

多くの買取業者は、買い取った車を自社で販売することは少なく、オークションに出すのが一般的です。ラビットは、多くの業者が参加している、中古車取引のシェアナンバー1である<USSオークション>の運営会社の子会社です。そのため、市場を把握するのが得意で、他社よりも正確で高い買取価格を実現することができます。中古車買取業界では三本の指に入る規模で、全国に約200店舗を展開しています。買い取り実績も顧客満足度も高く、安心して利用できる業者です。

ガリバー

中古車買い取り実績が14年間連続第1位という業績のある大手業者です。CMや全国に500以上の店舗を持つことで知名度が抜群です。海外にも販売経路があり、広いネットワークを使った販売力があります。ディーラーの下取りでは評価の低いオプション品やエアロパーツなども、査定額にプラスしてくれます。

一括査定を利用するとどのくらいの業者から連絡がくるか

一括査定を利用すると、電話番号などの個人情報を入力する場合が多いので、中古車買取業者から営業の電話やメールが来ることも多くあります。どのくらいの業者から連絡が来るのかというと、住んでいる地域にもよりますが多いと10社近く連絡がくることも。

ユーザーからしてみれば、一括査定のサイト運営者から、それぞれの見積もりをまとめて連絡が来るような気がしますよね。一括査定サイトはあくまでも仲介役で、実際の売買はユーザーと買取業者で行います。営業の電話がたくさんくるのは面倒な気もしますが、車を買い取りしてもらうにはどちらにしろ業者と連絡を取らなくてはいけないので、電話をくれた業者に話を聞いてみると良いと思います。

まとめ

大切な車を売却するには、良い中古買取業者を選ぶことが大切です。まずは一括査定で自分の車がどのくらいの価格で売れるのかを確認して、信頼のおける買取業者と交渉をするようにしましょう。

良い業者を見極めるには、丁寧に査定をしてくれて価格は良識的か、納得がいくまで説明をしてくれるかを観察し、プライバシーマークを取得している業者だとより安心です。逆に悪徳業者は、あまり説明をしてくれない上にすぐに車を引き取ろうとしますので、わからないことがあれば納得いくまで説明してもらうようにすれば被害を回避できます。

この記事を参考に、良い買取業者を見つけてください。