車を売るなら見積もり必須?依頼方法やチェック項目とは

そろそろ愛車を売ろうと思っているあなた。見積もりや査定依頼のことで悩んでいませんか?
「愛車を売りたいけど見積もりって必要なの?」「見積もり時に気をつけるべきことはどんなことがある?」など、この記事では、愛車を売るときに気になるであろう疑問に答えていきます。

よく耳にする「見積もり」ですが、詳しくはよく分からないのが本音ですよね。車を売るのが初めてだったら尚更よく分からないかと思います。たしかに車売却において見積もりは必要です。少し難しく感じるかもしれませんが、いくつかのポイントを抑えておけば誰でも受けることができますよ。

今回の記事では、見積もりの依頼方法や見積書のチェックポイントについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしながら快適なカーライフに役立ててくださいね。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

まずは売却方法を決めよう

車を売ろうと思っても、いきなり見積もりを出すわけではありません。まずは【車の売却方法】を決める必要があります。車を売る方法によって見積もりの依頼先も変わってくるのです。見積もりについて考える前に、まずは以下の方法を確認しておきましょう。

買取業者

車を売るもっともポピュラーな方法として挙げられるのが「買取業者への売却」です。文字どおり、車の買取を専門としている業者のことで、その数も圧倒的です。

ガリバーやアップル、ビッグモーターといった超大手業者をはじめ、あまり名の知られていない個人店、さらにはスポーツカーや旧車など特定の車種を買取対象とした専門店まで、多数の買取業者が存在しています。

そんな買取業者ですが、大手業者となれば販売まで行っていますが基本的には「買取専門」となっているのが特徴です。
当然ながら下取りをメインとする販売店よりも買取実績が圧倒的なため、他の方法よりも買取金額が高くなる傾向にあります。買取金額の高さや信頼度から多くのユーザーが利用しているのも事実です。

「少しでも愛車を高く売りたい!」という人は買取業者を利用してみるのが良いでしょう。

中古車買取業界No.2のビッグモーターはおすすめ?特徴と評判について

車買取アップルは5年連続顧客満足度調査1位!その特徴と評判は?

ディーラー下取り

2つ目の方法として挙げられるのが「ディーラー下取り」です。文字どおりディーラーへ車を下取りに出す方法のことで、車を買い替えるときによく利用されます。

ただ、そもそもディーラーとは新車販売店のことです。つまりディーラー下取りとは「新車を安く買える代わりに今の車を引き取ってもらう方法」ということになります。

買取だけを専門とする買取店に対して、新車購入を前提としているのがディーラーというわけです。
しかし先述したように、ディーラーは「新車販売のプロ」であって「買取のプロ」ではありません。買取業者と比べても買取データや実績が少ないのも事実です。そのため買取金額が低めになってしまいます。

愛車を高く売りたいという人にはあまり向いておらず、どちらかと言えば新車を安く買うための方法としてディーラー下取りを捉えておくのが良いでしょう。

ディーラーで車を売るのは得をする?下取りVS買取論争に終止符!

個人売買

3つ目の方法が「個人売買」です。言わずもがな個人同士で車を取引する方法のことで、ディーラーや買取業者を通さないので余計なお金がかかりません。コストがかからないという点においてはかなり有効な売却方法と言って良いでしょう。
ただ、ひとつ注意しておきたいのが「個人間でのトラブル」です。自分たちで手続きさえ行ってしまえば高額買取が狙えるのですが、高い確率でトラブルが起きます。個人売買によるトラブルは多数報告されており、さらに大ごとになってしまったケースもあるのです。

個人売買は、いくら信頼できる知人や友人といっても「商売」のひとつです。お金が絡んでくることなので、契約内容などをしっかり決めておく必要があります。それらがおざなりになると必ずと言っていいほどトラブルに発展してしまうので、十分に注意しましょう。もし心配なのであれば個人売買ではなく買取業者に依頼するのが堅実でしょう。

買取業者の見積もりの依頼方法

いくつか車の売却方法をご紹介しましたが、ここでは買取業者での見積もりの依頼方法をご紹介します。数ある方法の中でもっともオーソドックスなのが買取業者での売却です。買取業者では具体的にどのように見積もりを依頼すればいいのか?詳しく解説します。

①愛車の買取相場を調べる

見積もりを出す前に、まずは愛車の買取相場を調べましょう。

あらかじめ自分自身で「その車のだいたいの価格」を知っておけば、実際に見積もりで出された額が高いのか安いかを判断することができます。安かった場合その場で断ることも可能です。できるだけ高い金額で車を売るため、あるいは安く買い叩かれないようにするためにも相場を知っておくのがオススメです。

ではどのように相場を調べれば良いのでしょう?具体的な方法ですが【相場参考サイト】が挙げられます。文字どおりインターネット上で相場価格を調べられるサービスのことで、誰でも簡単に利用可能です。

相場参考サイトにはいくつか種類はあるのですが、「ナビクル」のサイトを例に挙げてみましょう。サイト内に入ったら専用ページにて入力作業を行います。ここで入力するのは「売りたいクルマの基本情報」です。メーカーや車種、年式など基本的な情報を入力するだけで相場をシミュレーションできます。

相場参考サイト以外にも「一括査定サイト」なるものも存在しますが、こちらは個人情報を入力しなければなりません。相場参考サイトでは個人情報を入力する必要はないので安心です。
わずか数分で相場のシミュレーション結果が出てきます。またナビクルのサイトの場合、現在の相場だけでなく「過去と未来の相場」まで知ることができます。過去と未来の相場が分かれば「いつ売るのがベストタイミングか?」も分かるため、より高額で愛車を売れる可能性が高まるわけです。

いきなり見積もりを依頼する前に、まずは以上のような相場参考サイトを使ってみてくださいね。

②買取業者をリサーチする

相場参考サイトなどでざっくりとした相場が分かったら、次に買取業者をリサーチしましょう。1社だけでなく2〜3社をピックアップしておくのがオススメです。

買取業者を見つける方法は「近くの買取店に足を運ぶ」「一括査定サイトを使う」の2つがあります。

前者は説明しなくとも大丈夫かと思いますが、後者はぜひ覚えておきたい方法です。一括査定サイトとは「複数の業者に査定依頼を出すことができるサービス」のことで、インターネットを通じて何社とも同時にアポイントを取ることができます。インターネットさえ繋がればスマホひとつで業者を探すことが可能です。

また、査定依頼を出すということは「実車査定を受ける」ということです。一括査定サイトを通じていくつかの買取業者とやり取りを行なって、実車査定のスケジュールを決めたり、口頭でのカンタンな見積もりを出してもらったりします。

一括査定サイトには何百社もの業者と提携している超大手もあれば、信頼できる業者だけを数十社だけ集めた少数精鋭のサイトもあります。どれを選ぶかはあなた次第ですが、基本的にどのサイトを使っても高額買取は狙えると思って良いでしょう。

一括査定サイトは電話がかかってくる

前述したように一括査定サイトはとても便利なものですが、ひとつ注意しておきたいことがあります。それは「電話がかかってくる」ということ。一括査定は複数業者に査定依頼を出せるサービスですが、依頼を出した分だけ電話がかかってきます。それぞれの買取店とアポイントを取るわけですから、1社1社を相手にしなければなりません。

1回の電話ならまだしも買取店によっては何度も電話をかけてくるケースもあり、口コミなどでは「電話がしつこい」という声が多いことも事実です。依頼を出した数だけ電話がかかってくることを踏まえて一括査定サービスを利用しましょう。

③買取業者に査定依頼を出して見積もりを作ってもらう

一括査定サイトを使って買取業者をピックアップしたら、実際に査定依頼を出して実車査定を受けましょう。
実車査定には「店舗査定」と「出張査定」の2つがあり、どちらかを選ぶかたちになります。店舗査定は言わずとも分かるかと思いますが、出張査定はよく分からない人も多いのではないでしょうか。査定士が自宅まで来て無料査定をしてくれるサービスのことです。わざわざ店舗に出向かなくても査定を受けられる便利なサービスです。

土日が混雑しやすかったり営業時間が決められたりする店舗査定に対して、出張査定は自由度が高いですね。自分の都合に合わせて査定スケジュールを決められます。

ひとまず店舗・出張のどちらかを選んで査定を受けましょう。査定はプロの査定士がマニュアルに沿って行いますが、だいたい15〜30分ほどで終わります。意外とすぐに終わるのでスキマ時間でも可能です。
査定が終わったら買取業者側が見積もりを出してくれるので、それをよく見てみましょう。見積もりを見て契約するしないを決めるわけですが、納得できない場合は交渉を行います。

複数の買取店に見積もってもらうのが◎

見積もりは何社から出してもらっても問題ありません。むしろ複数の業者から見積もってもらった方が良いでしょう。

というのも、1つの業者だけだと買取相場が分からないからです。他に比較対象がないと見積もり金額が高いのか安いの分からないですよね。

そのため最低でも2〜3社の買取業者から見積もりを出してもらうことをオススメします。買取相場を知る目的はもちろんですが、業者同士を競争させることで車がより高額で売れやすくなるのです。
交渉に置き換えて考えてみましょう。複数の買取業者を見ている場合、仮に1社の買取金額に納得できなかったとき「他の買取業者は〇〇万円で見積もってくれました」ということができるわけです。他者を引き合いに出すことで交渉が有利になります。
買取業者は買取のプロでありながら「営業のプロ」でもあるため、あの手この手でセールストークを仕掛けてくることでしょう。そういったトークに飲まれないためにも「比較対象」を作っておくことは重要なのです。

一括査定サイトを使えば簡単に複数業者とアポイントを取れるので、出張査定などで何社か見積もりを出してもらいましょう。

キャンセルについて確認しておく

見積もりを出してもらったら「契約するかどうか」を決めるわけですが、ここで気をつけたいポイントがあります。それが【キャンセル】についてです。

車売却においてもっとも多いのがキャンセルトラブルであり、ユーザーと買取店で齟齬が生じやすい項目となります。
車の査定は基本的に一度で終わりますが、ときに「再査定」や「キャンセルペナルティー」となるケースがあるのです。
買取店から突如「車に不具合があった」などと電話が来てもう一度査定を受けなければならないのが再査定、こちら側が契約後にキャンセルしたときに違約金を請求されるのがキャンセルペナルティーです。この2つによるトラブルが多数報告されています。
ただ、以上の2つは中古車業者が作ったJPUCという組織によって禁止となっています。ほとんどの業者はJPUCに加入していますが、なかには加入していない小さな業者も存在しているのです。

再査定やキャンセルペナルティーを課せられた場合、基本的には買取店側が悪いということになるため、国民生活センターなどに問い合わせる必要があります。
そのため見積もり後に「再査定」「キャンセル料が発生」などといった言葉が出てきたら要注意。後々トラブルに発展させないためにも、あらかじめ確認しておくようにしましょう。

車買取一括サイトはなぜおすすめ?優良買取業者の見極め方を伝授!

見積書のチェックポイント

それでは最後に【見積書のチェックポイント】をご紹介します。見積もりを受けた後に受け取れる見積書ですが、初めてだと見方もよく分からないのが本音かと思います。そこで、いくつかのチェックポイントを挙げて見積書について解説していきます。以下を抑えておけば手続きがもっとスムーズになるはずです。

見積書は必ず紙媒体で受け取ろう

実車査定が終わった後に受け取れる見積書ですが、必ず【紙媒体】で受け取るようにしましょう。買取店によって見積もりの伝え方は異なり、なかには口頭だけで伝える買取店があったり、そもそも見積もりを伝えてこない買取店があったりします。
いざそんな買取店を目の当たりにしたとき「見積書って必ずもらえるものじゃないの?」「簡単に受け取れるものなんじゃないの?」と拍子抜けしてしまうケースもあるんです。

なぜ買取店が見積書の提出を拒むのか?それは他店と比べられるのがイヤだからです。他の買取店より査定金額が低かった場合、ユーザーに逃げられてしまいますよね。それゆえに「そもそも見積書を提出しない」という選択をするわけです。
見積書を受け取れない可能性もあることを視野に入れておきながら、買取店側がもし見積もり書を出す気配がなければハッキリと見積書を作るよう伝えるようにしましょう。

もし口頭だけで契約を結んだ場合あるいは見積書なしで契約をした場合、万が一キャンセルしたくなったときなど高確率でトラブルに発展してしまいます。

見積書とその車の買取相場を比較しよう

見積書を受け取ったら必ず「買取相場」と比較するようにしましょう。買取相場の調べ方はいくつかあり、【相場サイトを見る】あるいは【他の買取店の見積もりと比べる】が挙げられます。

簡単に相場を調べるなら相場サイトがオススメです。相場サイトはインターネット上で誰でも手軽かつ無料で買取相場を調べることができます。「ナビクル」や「グー買取」といったサイトを使うのが良いでしょう。

使い方もいたってシンプルです。サイト内の専用フォームにて、メーカーや年式、走行距離など「売りたい車の基本情報」を入力してシミュレーション結果を出すだけ。わずか数十秒〜数分で相場を見られます。
正確性はやや劣りますが、もらった見積書を見て「買取金額が高いか?安いか?」をざっくりと比較するには十分な方法と言えます。
続いてオススメしたいのが【他の買取店の見積もりと比べる】です。リアルな見積もりなので正確性も高い上に、また買取金額の交渉材料にもなります。

ひとくちに買取店といってもピンキリです。買取実績の豊富な大手もあれば、小さく経営している個人店もあります。それぞれの買取店で買取相場もかなり異なります。
先述したように「リアルな見積書」を交渉の引き合いに出せば高い確率で交渉に応じてくれるので、ぜひ他店にも査定依頼を出してみてください。

交渉が苦手だという人はあらかじめ調べておいた買取相場を印刷するなどして「なぜ買取金額が低いのか?」「見積もりはどのように取ったのか?」「オプションの見積もりはどうなっているのか?」など根掘り葉掘り聞いてみるのが良いでしょう。

税金の還付や手数料について確認しよう

見積もりを受け取ったときに意外と忘れがちなのが【税金の還付】と【手数料】です。払いすぎた税金が戻ってきたり、見積もりの中によく分からない手数料が含まれていたりするケースがあります。

まず税金の還付ですが、代表的なのが「自動車税」です。毎年4月1日の時点で自動車を持っているすべての人に支払いの義務がある自動車税ですが、実は1年分を前払いにするシステムになっています。そのため仮に7月に車を売った場合、残りの月数分の自動車税は返ってくるのです。そこで注意したいのが、買取店によって自動車税の還付金が見積書の中に含まれているケースです。査定額が予想より高いなと思ったときは、査定の内訳に自動車税の還付金が含まれているという場合もあるので注意深く見ておきましょう。
また、自動車税だけでなく自賠責保険やリサイクル料も同様です。買取店によってはこれらが査定額の中に含まれているケースもあるのでしっかりと確認しておきましょう。さらに悪質な業者になると、そもそも還付金などを査定に入れず、着服する業者もあるので注意するようにしましょう。

手数料も忘れてはいけません。車の売却には「整備費用」「納車費用」などといった費用がかかるケースがあります。手続きを代行したら「手続き代行料」が必要で、手数料について総額10,000〜20,000円程度の場合が多いです。
これらの費用が見積書の中に含まれていないかどうかも確認しておきましょう。

車を売却したら税金は返してもらえるの?還付制度と確定申告の方法

まとめ

車売却における見積もりについて詳しく解説しました!いかがでしたか?

車を売るのが初めてだとどうしても難しく感じてしまう「見積もり」。
でも大丈夫です。今回ご紹介した見積もりの依頼方法や見積書のチェックポイントを抑えておけば、明日からでもすぐに実践することができますよ。

ぜひ参考にしながらスムーズに愛車を売ってくださいね。あなたのカーライフがより素敵になることを祈っています。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます