車を売るにはどうしたらいい?売却方法とその判断基準とは

これまで乗ってきた車を売ろうと考えたとき、初めての場合、いったいどうしたらいいのか?わからないものです。

車の売り方にはいくつかの種類があり、状況やタイミングによって選ぶ必要があります。また、売る時期によっても価格差があるので、ある程度把握をしていないと損をしてしまう可能性があります。

今回は、車を売るためにおこなうこと、売却方法と判断基準についてお伝えしていきます。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

車を売ろうと思ったらまずすること

車を売ろうと決心したとき、初めて車を売るのであればいったいなにから始めればいいのでしょうか。ここでは、車を売ろうと思ったらまずすることについて見ていきましょう。

どこに売るか?売る方法をリサーチする

車を買取している業者というのはいくつかの種類があり、どのように売りたいかによって選び方が変わります。これから新しい車を購入するために今の車を売却するのか、もしくは車の売却だけをしたいのか、どちらを選ぶかによって買取業者の選択が必要です。

車の売却はどこでもいいわけではなく、最初に選択を間違えてしまうと買取金額が低く損をしてしまったり、売りたいのに売れないといった状況になる可能性もあります。

【1】下取りをリサーチする

まず、車を売った後に新しい車を購入するのであれば、ディーラーに下取りに出すという選択があります。ディーラーでの下取りは新しい車の購入が前提となっていますので、下取りから購入の成約まで一連の流れでおこなうことができ、余計な手間がかかりません。

ただし、下取りは査定時に提示された金額が手に入るわけではなく、新しい車を購入するための割引額とになりますので手元に残りません。

また、ディーラーは自社メーカーの車であれば、ある程度古くても優先的に下取りしますが、他社メーカーの車だと下取りしたとしても最低金額、もしくは下取りできないこともあります。ディーラーは自社メーカーを販売するために営業したり下取りをおこなっていますので、そのあたりを考慮しないと大きく損をしてしまいますので注意が必要です。

【2】買取業者をリサーチする

買取業者とはその名の通り、車の買取のみをおこなう業者であり、ただ車を売却したいのであれば買取業者を選択するのが良いでしょう。いまや全国に多数の買取業者があり、買取業者によって特徴は様々ですので、より良く車を売却するために探して選ぶ必要があります。

買取業者は買取した車を自社で販売したりオークションに出すことで利益を上げているため、比較的下取りよりも高額で買取ってくれるというメリットがあります。直近で車を購入する予定が無い、今後とくに車を必要としていないのであれば、買取業者を選ぶのが良いでしょう。

しかし、車を売却した後すぐに車が欲しい場合、買取業者に売却する手続きと新たに車を購入するための手続きがそれぞれ必要となり、大きな手間と時間がかかります。

ディーラーによる下取りであれば一連の流れで新しい車の購入までできるのですが、そのようなシステムが買取業者にはなく、一から販売店を探し購入の手続きを進めなければなりません。

【3】個人売買をリサーチする

車の売却方法には下取りと買取の他、個人売買という方法もあります。買取業者などを通さずに個人間で契約から様々な手続き、代金の支払い、車の引き渡しまでをおこなうものです。

友人や知人、親戚で車が欲しい人を見つける、またはインターネットのオークションサイトなどを使い、希望する人に落札してもらうなどの方法があります。金額や引き渡しのタイミングなど双方で同意のうえ決定できますので、買取業者を通すわずらわしさはありません。

しかし、買取のプロである業者を通さず手続きをおこなう必要があるため、手続きに時間と手間がかかる、手続きが少々わかりづらいなどのデメリットもあります。また、特にオークションなどで買い手を募った場合、色々な面でトラブルが起こる可能性があり、余計な手間に時間を割かれることもあり得ます。

起こりうる様々なことを考慮したうえで、個人売買を選択すると良いでしょう。

買取相場をチェックしておく

車を売ることを考えたとき、できるだけ早い段階で車の買取相場をチェックする、確認するクセをつけておくことも大切です。車の買取相場というのは、いま現在所有している車が中古車市場においてどのくらいで売られているのか、平均価格を知ることができるものです。

買取相場をチェックしておくことで買取業者に安く買い叩かれるのを防ぐことができますし、逆に買取相場の価格から有利に交渉を進めることも可能です。

買取相場を知る方法としては大きく分けて3つあり、

  1. 中古車買取相場のWEBサイトを利用する
  2. 中古車業界に関わっている友人や知人に聞く
  3. 買取業者へ見積もりを依頼する

となっています。3つの知る方法にはそれぞれの特徴がありますので、状況に応じて選択する必要があります。

【1】中古車買取相場のWEBサイトを利用する

まず、中古車買取相場のWEBサイトを利用する方法ですが、こちらは匿名で利用することができ、いま所有している車の情報を入力するだけで表示されるのでとても便利です。こちらが車の下取りを希望しているか、買取を希望しているか、によって確認するWEBサイトが変わりますので注意が必要です。

下取りの相場を調べたい場合、トヨタが公開している下取り参考価格情報、日産が公開している下取り参考価格シュミレーションがあります。車の簡単な情報入力だけで下取り相場が確認できますし、トヨタか日産の車であれば精度の高い下取り相場を確認することができます。もちろんトヨタや日産以外の車も確認できますが、情報があまり多くありませんので、参考程度に考えると良いかもしれません。

下取りではなく買取希望の場合、グー買取やナビクルなど数多くの買取相場のWEBサイトがあり、こちらも簡単な情報入力だけで確認することができます。

それぞれのWEBサイトによって細かく入力できたり大まかな情報だけの入力だけだったりと違いがありますので、どこまで調べたいかによって使い分けると良いでしょう。

【2】中古車業界に関わっている友人や知人に聞く

もし近くに中古車業界に関わっている友人や知人がいれば、直接聞いてみることでよりリアルタイムな情報や有益なことが聞ける可能性があります。中古車業界の人間だけがわかる内部情報などもありますが、現在の買取相場を直に確認できるだけでも非常に有益な情報になります。

しかし、場合によっては事情により教えることを躊躇されたり、拒まれたりすることもありますので、そのときは無理に聞き出そうとせず、WEBサイトを利用するなど違う方法を考えたほうが良いでしょう。

中古車業界に関わっている友人や知人がいれば、という限定された買取相場の確認方法になってしまいますが、とても有益な確認方法と言えます。

【3】買取業者へ査定を依頼する

買取業者へ査定を依頼することでもある程度の買取相場を確認することができます。ディーラーの下取り査定もしくは買取業者の買取査定、どちらでも確認することができ、そのまま売却の手続きを進めることも可能です。

また、一括査定サイトを利用するというのも一つの方法であり、こちらは登録している複数の買取業者が見積もりを出しますので確認することができます。こちらも車の情報を入力するだけで簡単に査定ができ、所有している車がどのくらいの金額で取引されているのかがわかりますので、とても便利です。

同様に、もし希望する金額を提示した買取業者がいれば、そのまま売却の手続きを進めることができるため、ムダがありません。

車を洗車、清掃する

こちらは買取業者に査定依頼したとき、より高い査定金額を取りつけるためにおこなっておいたほうが良いでしょう。買取業者は査定する際、チェック項目がありそれに準じて進めていきますが、買取業者も人間ですので見た目を先行してしまう可能性があります。

また、洗車がされていないと傷をチェックすることができず確認できないため、マイナス評価になることもあります。外装だけではなく内装の清掃も大切であり、とくにタバコやペットなどのニオイ対策はしっかりとしておく必要があります。

ニオイは残りやすいため、普段から換気に気を付ける、定期的にクリーニングするなど対策をしておくことで、ある程度のマイナス評価を避けることができます。

売る時期によって価格に差が出るってほんと?

買取業者の査定による買取価格は一年を通して同じではなく、時期やタイミングによって価格に差が出ます。より高く車を売りたいと考えているのであれば、時期やタイミングを考慮しながら査定を依頼し売却を考える必要があります。

ここでは、売る時期によってなぜ価格に差が出るのか?その内訳について見ていきましょう。

季節によって価格は変わる

買取価格は季節によって大きく差が開き、一番買取価格が高騰するのは1月から3月と言われています。この季節には新生活を始める人が多く、それに伴い車の需要が増えることが理由です。入社や入学、転勤などで移動することが多いため、必然的に車の購入が増えます。

また、この時期は買取業者からすると売れることがわかっているため、多少高い金額でも買取ってもらいやすくなります。秋から新生活を始めるという需要もあるため、1月から3月を逃した場合は9月頃も価格がある程度高騰するのでこちらも狙い目です。

車検の時期や走行距離でも価格は変わる

車は年式も新しく走行距離が短いほど査定価格も高くなり、買取金額が大きくなります。しかし、車には必ず車検があり、3年、5年、7年、10年という区切りでおこなわれ、車検の年数が上がるほど車の性能は落ちるため買取価格は下がります。

走行距離も多ければ多いほど車に負荷をかけていると認識され、その分性能も落ちていると認識されますので、やはり価格は下がります。

モデルチェンジでも価格は変わる

所有している車のモデルチェンジがおこなわれるときにも買取価格は変わります。モデルチェンジはだいたい3年から5年でおこなわれることが多く、買取を考えている人はモデルチェンジがおこなわれる前、ニュースなどで発表された直後くらいに買取が増える傾向にあります。

モデルチェンジがおこなわれ発売された後だと中古車市場にモデルチェンジ前の車が増え、飽和状態となり買取価格は下がります。しかし、モデルチェンジ前の発表段階であれば中古車市場での需要は高く、買取価格は上がるため、モデルチェンジ前か後では価格の上げ下げが激しくなります。

車の売り方にはどんな方法がある?

これまで乗ってきた車をいざ売ろうと考えたとき、売り方にはいったいどのような方法があるのでしょうか。車の売り方には大きく分けて3つあり、どれを選ぶかは状況によって変わるため、正しい選択をすることが大切です。

ここでは、車の売り方の方法について見ていきましょう。

ディーラーでの下取り

売り方の一つ目は、車メーカーの傘下であるディーラーへの下取りに出す方法です。下取りというのはそのディーラーにおいて新しい車を購入することが確定しており、車を購入することを条件とすることで買取ってもらうものです。あくまでディーラーにて新しい車の購入が条件ですので、ただ単に車を売却したいという理由では下取りをすることはできません。

また、下取り手続きはもちろん新しい車選びから納車、所有していた車の引き渡しといった広範囲をカバーしてくれるため、ほとんどおまかせで進めてくれます。しかし、買取と比べて下取りは査定価格が安くなる傾向にあり、交渉次第では高くなりますが、損をしたと感じるかもしれません。

なお、下取り査定で提示された金額が手元に入るわけではなく、あくまでこれから購入する新しい車の割引額として設定されるので、金額が手元に欲しい人にとっては難しい選択になるかもしれません。

買取業者での買取

売り方の二つ目は、中古車の買取を専門としている買取業者に依頼して買取ってもらう方法です。下取りに出すよりも比較的高額で買取ってくれることが多く、お得感は高くなります。

大手の買取業者であればとても多くの買取実績があり、柔軟に対応してくれるので、交渉によって高額な買取価格を実現できます。テレビCMを出しているような大手から、個人店でおこなっているものまで様々あり、中にはあまり質の良くない買取業者も混ざっているので気を付ける必要があります。

一つの買取業者で即決せず、いくつかの買取業者に査定依頼をおこない、納得のいく金額を提示するところを探すのが良いでしょう。

個人売買による取引

売り方の三つめは、所有している車を欲しがっている友人や知人、またはオークションサイトなどで募って売買する方法です。友人や知人など顔なじみであり、気ごころが知れていれば自由にうまくやり取りできますが、まったく知らない他者との売買になるとトラブルに発展しやすいというリスクがあります。

下取りや買取といった業者を挟まないので金額に対しては高く設定することができますが、場合によっては数百万円という大金が動くので、後々お金周りのトラブルが起こりやすくなります。最悪の場合は裁判になってしまうケースもあり、余計な時間と手間がかかる可能性もあります。

また、個人売買は契約書などの必要書類を一から作成する必要があり、慣れていないと書類作成と個人間のやりとりで大きく時間がかかってしまうでしょう。

車業者が入らないので自由度は高い分、それだけ色々なリスクもあることを念頭におく必要があります。

車を売るときに必要な書類はなにか

車を売却するときには様々な必要書類があり、基本的にはそれらを自分で集める必要があります。

ただし、多くの書類はすでに保管しているものだったり市役所や区役所に申請すれば手に入るものばかりですので心配はいりません。できるだけ最初に用意しておくと手間も省け、売却がスムーズになります。

【1】車検証

数年に一度の車検によって発行されるものであり、安全に車が走行できるということを証明する書類です。

車検証というのは自宅保管ではなく車内での保管が義務付けられているので、多くは車のダッシュボードなどにしまってあります。万が一紛失してしまっても手数料は300円ほどかかりますが、普通自動車であれば各自治体の運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会にて再発行が可能です。

【2】自賠責保険証明書

車に乗る際には強制的に加入が義務付けられている、自賠責保険に入っていることを証明する書類です。

車検証と同様、自宅保管ではなく車内での保管をしていることが多いため、ダッシュボードに入っていることは多々あります。こちらも万が一紛失してしまった場合には、自賠責保険に加入している保険会社にて再発行が可能です。

【3】自動車税納税証明書

車に対しての税金である自動車税を納めているのを証明するための納税証明書です。

この自動車税が支払われていないと車の売却ができませんので、未納になっている場合は速やかに支払う必要があります。こちらも紛失してしまった場合には、県税事務所および自動車税管理事務所、同駐在事務所にて再発行が可能ですので、見当たらない場合には問合せしましょう。

【4】実印

実印は居住している市区町村にて印鑑登録手続きをおこなった印鑑のことです。

普通自動車を購入する際にも実印は必要になりますので、多くの人はすでに登録手続きが完了し保管しています。軽自動車の場合には実印ではなく認印でも何ら問題はありません。

各種の書類では実印を必要としますので、忘れずに携帯しておくようにしましょう。

【5】印鑑証明書

印鑑証明書とは、市区町村にて印鑑登録をしたことを証明する書類です。

最初に印鑑登録をしていれば印鑑証明書は簡単に発行することができます。市役所や区役所、もしくは多くのコンビニで発行が可能です。印鑑証明書は3か月以内に発行されたものが必要となりますので、こちらも忘れずに覚えておきましょう。

【6】リサイクル券

リサイクル券とは、2005年1月に施行された自動車リサイクル法により定められたリサイクル料金の納付を証明する書類です。

特別なことが無ければ車の購入時にはリサイクル料金を納めていますので、リサイクル券を保管しています。普通自動車、軽自動車問わず車を売却する際にはこのリサイクル券が必要になりますので、探しておくようにしましょう。

もし紛失してしまった場合には再発行はできませんが、自動車リサイクルシステムのWEBサイトで発行できる自動車リサイクル料金の預託状況が代わりとなりますので、印刷しておくようにしましょう。

【7】住民票

車検証に掲載されている住所に変わりなければ必要ありませんが、もし変わっている場合には住民票が必要になります。市役所や区役所、行政のサービスコーナーなどで発行できますので、必要な際は揃えておきましょう。

上記の必要書類のどれか一つが欠けているだけでも車の売却はできません。余裕をもって書類は集めておくことが大切です。契約後の混乱を防ぐため、できれば契約前には必要書類を揃えておくと売却がとてもスムーズになります。

車の売却方法に迷ったときの判断基準

車の売却方法には大きく分けて3つの種類がありますが、いざ売却しようと考えたとき、迷いが生じることがあります。どの売却方法も一長一短があり、どの売却方法が確実ということは言い切れませんが、どのような状況なあるか?によって選ぶことが大切です。

ここでは、車の売却方法に迷ったときの判断基準について見ていきましょう。

ディーラー下取りを考える場合

ディーラーでの下取りには4つのポイントがあり、

  1. 大変な書類手続きをディーラーがおこなってくれる
  2. 納車されるまでいまの車に乗っていることができる
  3. 買取金額が安くお金が手元に入らない
  4. 新しい車を買うという条件で下取りできるので、買取のみはできない

というものです。車を売る、買うというのは本来面倒な手続きをしなければなりませんが、それらをディーラーがおこなってくれるので、比較的簡単に売却と購入ができます。

人気車など購入する車によっては納車に時間がかかることもありますが、納車までの間は現在の車に乗っていられることができるので、納車まで車が無い、という混乱を防ぐことができます。

しかし、買取専門業者と比べると下取り金額は低い傾向にあり、交渉次第ではある程度高くなりますが、それでも大きく変わらないというのが現状です。また、交渉の末納得いく下取り金額になったとしても、その金額は新しい車を購入するための割引額となりますので、手元にお金が入るわけではありません。そこを間違えてしまうと状況によっては大変なことになりますので注意が必要です。

下取りはディーラーにて車を購入するという条件に納得したうえで、初めて下取り依頼をすることができます。ただ車を持っていっても新しい車を購入する意思がないと下取りしてもらえず、時間のムダになる可能性があります。

下取りはこのような理由から、次の車を買いたい、面倒な手続きを任せたいというときに大きな効果を発揮します。逆に車の購入予定がない、手元に現金が欲しいなどの場合は、下取りでの取り引きは希望に沿わないでしょう。

買取業者に売却を考える場合

車買取専門業者での売却には3つのポイントがあり、

  1. ディーラー下取りよりも買取金額は高くなる傾向にある
  2. 買取専門業者を探し出向くか出張依頼して査定を受ける
  3. 買取相場を知らないと損をする可能性がある

となっています。買取業者は基本的に自社で中古車を販売したりオークションに流通させることで利益を得ています。

買取金額については融通がききやすく、査定での審査項目はありますが、交渉次第では大きな買取金額を提示されることがあります。ディーラーによっては中古車販売を手掛けているところもありますが、基本的には処分することになるので下取り金額は高くならないといった事情があります。

買取を依頼するには数多く存在する買取業者から探す必要があり、買取業者の店舗に出向き査定を受けるか、出張してもらい査定をしてもらう必要があります。ただし、店舗に出向いての査定は金額がかかりませんが、出張査定の多くは出張費がかかるため注意が必要です。

また、自分の車が買取相場ではどのくらいの価格で流通しているのか?ある程度把握しておかないと、買取業者に足元を見られてしまう恐れがあり、大きく損をしてしまう可能性があります。このことから、買取業者に依頼する前には買取相場をチェッする必要があり、買取業者とうまく交渉をすすめていくためにも買取相場を把握しておくことが大切です。

個人間での売却を考える場合

個人間での売却には、

  1. 車が欲しい人に直接販売することができる
  2. ディーラーや買取業者を通すわずらわしさがない
  3. 面倒な書類手続きをすべておこなう必要がある

といったポイントがあります。友人や知人、もしくはオークションで買いたい人を募り、ディーラーや買取業者を通すことなく直接販売することができます。

契約事項なども自分で作ることができますので、自由度が高く幅が広がります。また、ディーラーや買取業者を通すわずらわしさが無いので、営業をかけられたり損をしたりというデメリットを回避することができます。

しかし、自由度が高い分手続きに手間と時間がかかってしまいますが、それと合わせてトラブルが起こりやすいという傾向にあります。個人間といえど場合によっては数百万円単位のお金が動きますので、後々お金にまつわるトラブルが発生することがあり、場合によっては裁判沙汰になることもあります。

メリットもデメリットもありますので、トラブルを避けるためにあらゆる可能性を考えたほうが良いでしょう。

まとめ

車を売る方法にはいくつかの種類がありますが、どの売り方にも一長一短がありますので、色々なことを想定する必要があります。

下取りにするか、買取にするか、個人売買にするか、どのような結果が欲しいかを整理する必要があり、それによっての選択することが大切です。

損をせず、できるだけお得になるよう、売却方法や判断基準をしっかりと考えていきましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報