車を売却する時の注意点とは?初心者必見のトラブルを避ける方法

車を売却しようと思うけど、どうすればいいか方法がわからない。ディーラーの下取り額があまりにも安すぎる。車は高い買い物ということもあり、売る時にはあれこれと悩むのは当然です。大切な愛車を安く買い叩かれるなどの失敗やいろいろなトラブルを避けるために、車を売る前にぜひ知っておきたい注意点について解説します。

車を売却する初心者の注意点


車を売却しようと考えている人には、車を売るのは初めてだという人も多いでしょう。そのような初心者には特に気をつけて欲しい、車を売却する時の注意点について説明します。

ディーラー下取りより良い方法を知る

「どうせ車を売るのなら、少しでも高く売りたい。」誰もがそう考えますが、車を高く売るためには、まず、【どこへ売るのか】が大切です。車の売却を考えた時に最初に思い浮かぶのが、車を購入したディーラーに相談することです。ディーラーに下取りに出し、新車に買い替えるのはもっとも一般的な方法ではありますが、残念ながら車を高く売る方法ではありません。

ディーラーの下取り額は、実際の買取相場よりも安い金額です。そもそも新車の販売が仕事のディーラーでは、中古車の売買について専門外とも言えます。ディーラーの営業マンは、車の買取り相場を知らないことがほとんど。もっと高く売りたいと頼んでも、期待はできないでしょう。

車を高く売るなら買取専門業者がおすすめ

車を高く売りたいなら、ディーラー下取りよりも、買取り専門業者に相談しましょう。買取業者は、車買取の専門家です。ユーザーが売りたい車の買取相場を、しっかりと把握しています。買取業者は、相場だけでなく、人気のカラーやグレードといった、車の情報を熟知。

ユーザーの車が持つ本当の価値を、正しく見極め、ディーラー下取りよりも高い値段で、買取りしてくれます。

納得いくまで断る勇気をもつ

買取業者を利用して、初めて車を売る人の場合に注意すべきなのが、【査定をしてもらったら、必ず売却しなけらばならない】と勘違いしてしまうこと。決してそのようなことはありません。買取業者の査定士が提示する査定額は、「この値段でいかがでしょうか?」と、車を売りたいユーザーに提案をしている価格のため、嫌ならば断っても構いません

査定士が最初に提示した額などは、買取っても十分な利益が出せるよう、かなり余裕をもった、低い金額である可能性が高いです。人気のある車なら、ユーザーから買取るとすぐに売却が可能で、買取業者は、少しでも安く買取って利益を出そうとします。また、買取業者や中古車販売店は、顧客から仕入れて欲しい車を、リクエストされていることも多いです。

査定額に不満なら別の業者に依頼しましょう

そのため、人気車種でなくても需要があり、その車を、買取業者が欲しがっている場合もあります。どのような車でも、買取業者のニーズによって買取額が違ってくるため、ユーザーは納得がいくまで断る勇気を持つことです。どうしても気に入らなければ、また別の買取店に行けばいい。このような気持ちで臨むことが、車を少しでも高く売るコツです。

車の内外を綺麗にするだけで査定額が違う

車をたかくうりたいなら、売却する前に、車の内外装をキレイにすることも大切です。ボディは洗車をして汚れを落とし、車内は、ごみやほこりなどがないよう、しっかりと掃除しておきます。車の室内に染み付いたニオイも、査定がダウンしてしまうため、必ず消臭をしておきましょう。

美しく磨き上げられた車を見せれば、買取業者の印象が違い、ユーザーが車を大切にしてきたという、アピールにもなります。ただ車をキレイにするだけで、買取業者の査定額が変わることもあるかもしれません。車を査定してもらう前に、ボディの小さな傷やへこみがある場合は、修理せずにそのままにしておきましょう。

キズやへこみはそのまま査定に出す

キズやへこみ程度なら、業者で簡単に修復が可能なため、査定額ダウンにはなりません。むしろ、自前で下手に補修をしてしまう方が雑な仕事はすぐにばれて、査定がダウンすることもあります。

修復歴などでウソをつくと損害賠償に

もし、車で事故を起こして修復歴がある場合は、隠さずに正直に話しましょう。修復歴とは、事故により車が走行に支障を来すほどのダメージを受け、修理された場合をいいます。前後のバンパーを壁にぶつけて交換したなどは、修復歴にはあたりません。

事故の衝撃により、フロント部のラジエーターコアサポートやサスペンションクロスメンバーといった部品を、修理もしくは交換してある車が修復歴アリとなります。もし、修復歴があることを隠したまま車を売却し、その後に事故で修理されていたことが判明した場合はユーザーが責任を追求されることになります。

事故車を隠していると後で大変なことに!

これは、【瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)】という法律によるものです。車を売る場合は、契約した際の車の状態について、ユーザーの側が責任を担保するというもの。修復歴があるのにウソをついていた場合は、瑕疵担保責任の法律に違反していることとなります。

そうなると、買取業者に契約を無効にされ、売却した車を返されるだけでなく、損害賠償に発展する可能性があります。このような重大なトラブルにならないよう、車を売却する時には、査定がマイナスになりそうなことでも隠さずにきちんと伝えましょう。

車を売却した際に起こる注意点


車を売却した際には、よく発生するトラブルがあり、注意しなければなりません。このような、車を売る時の注意点について説明します。

売却キャンセルの有無

車を査定してもらい一度は売却を決めて、契約書にサインをしたけれど、やっぱり売るのが嫌になった。こうしたケースは、誰にでも起こりうることです。車というのはとても高い買い物ですし、ユーザーにとっては、少なからず思い入れがあるもの。

車を売った後に後悔しないか不安な人は、契約のキャンセルが可能なのか、買取業者に確認しておきましょう。売却後にキャンセルができるのなら、惜しい車を手放さなくても済みます。また、その場合のキャンセル料についても、業者にくわしく聞いておくことをおすすめします。

契約後に査定額が減額される

車を買取業者に査定をしてもらい、納得できる数字が出たので売却を決めた。しかし、契約を交わして車を手渡した後に、業者からなにがしかの事情を告げられて、査定額を減額させれれてしまった。このようなトラブルもよく報告されています。査定士がはっきりと示した金額を契約後に下げるというのは、明らかなルール違反に思えますが、こうしたケースは現実に存在します。

せっかく納得して売却を決めたのに、後でガッカリしないよう、契約後に減額されることがないか査定士にはっきりと確認しておきましょう。

車の売却のトラブルを防ぐために


車の売却にまつわるトラブルには、これまでに紹介した大きなもの以外に、ほんの小さな認識の違いで発生する物もあります。こうした、些細なトラブルを防ぐために、注意すべきポイントを紹介します。

査定額に含まれる料金を確認

買取業者が提示した査定額は、ユーザーに対して、現状での車の価値を示すものです。しかし、査定額の中には、それ以外にも、車の売却に関するいろいろな費用が含まれています。契約を決める前に、査定額に含まれる、車の買取り代金以外の料金について、必ず確認しておきましょう。

リサイクル料金

自動車リサイクル法により、車を購入したユーザーは、車の代金と同時にリサイクル料を支払う決まりになっています。リサイクル料とは、車を廃車にして解体し、資源として利用する際に発生するリサイクル費用をユーザーが負担するためのもの。このリサイクル預託金は、車を売却した際にはユーザーに返還されます。

返還というのは、ユーザーから車を買った買取業者が、新たな持ち主となるため、リサイクル預託金をユーザーに支払うということです。このリサイクル預託金が、買取業者によって、車の査定額に含まれている場合があります。そうなると、実質的にユーザーが業者から受け取る金額が少なくなってしまいます。

車を売却する時は、このリサイクル預託金が査定額に含まれているのか、それとも別にその分を支払ってくれるのか、必ず確認しましょう。

自動車税の残月分

自動車税は、車検証に記載された、車の使用者に対して課税される税金です。自動車税は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年分をまとめて支払いますが、車を売ると使用者の名義が変わるため、その後は課税対象車が買取店へと変わります。ですが、法的には、車を廃車にした場合以外では、自動車税の還付は行われません。

そうなると、ユーザーが車を売却すると、車を持っていないのに、翌年3月31日までの税金を負担することになります。そのために、買取業者やディーラーなど販売店では、自動車税の残月分を含めた金額を、査定額として提示します。

例えば、排気量が1,500ccを超える2,000cc以下の車を7月に売却した場合、年間の自動車税額3万9,500円のうち、8月~翌年3月までの分(3万9,500円÷12×8=2万6,333円)が査定額に含まれます。

後で返金請求がないか

車を買取業者に無事売却し、やれやれと安心していると、「契約を破棄して車を返すので、返金してほしい」と言われ、お金を返す羽目になった。信じがたいことですが、このようなトラブルも現実に存在します。修復歴など、査定士の質問には正直に答えたのに一体なぜなの?と、ユーザーはびっくりしてしまうでしょう。

信じられないようなトラブルが現実にある

考えられる原因としては、査定に来た買取業者のスタッフの車についての知識が乏しく、リクエストされていた車とグレードや装備が違うのに買取ってしまったケース。その車を、顧客に販売する際に「約束していた車とは違う」とクレームをつけられたためです。

売却して利益を上げられるはずがそうならなかったために、損をしたくない業者がユーザーに返金を求めたというわけです。どうみても買取業者のスタッフによる不手際ですが、こうした返金請求が、買取業者の権利として認められています。このようなトラブルにあわないように、ユーザーも自分の車についての知識をしっかりとチェックしておきましょう。

そうすることで、査定に来たスタッフが信用できるか否か判断することができます。もし、信用できない場合は、ムリに契約をしないようにしましょう。

車の売却トラブルで相談できる所


車の売却で、もしトラブルに遭ってしまったら?そのようなときに安心な、相談できる窓口を紹介します。

国民生活センター

車の売却でトラブルに遭った時は、【国民生活センター】に相談しましょう。車の取引だけでなく、国民生活に関するいろいろな相談に応じてくれる、便利な窓口です。
http://www.kokusen.go.jp/index.html

JPUC車売却消費者相談室

【JPUC車売却消費者相談室】は、ユーザーが、車の買取りサービスを安心して利用できるよう、業者間のルールーづくりに尽力している組織です。車の売却時のトラブルを、何でも相談でき、ていねいにアドバイスをしてくれて安心です。
http://www.jpuc.or.jp/trouble/

まとめ


車を売却する時には、安く買い叩かれたり、売却後にトラブルに遭うといった失敗がないよう、知っておくべき注意点があります。車を少しでも高く売るノウハウや、トラブルを避けるために必要なポイントをしっかりとチェックして、大切な愛車を納得の条件で売却しましょう。