車を売却する時の相場を知る方法は?売却時に書類は何が必要?

新しい車の購入時など、車の売却時には自分の車はいくらで売れるのか、その相場が非常に気になりますよね。売却の値段によっては、もしかしたら買える車のグレードが変わるかも(!?)しれません。

自分の車の大体の相場を知っておけば、いざ売却する時にそこからかけ離れた査定額を出された時にも役に立ちます。
本稿では、車の売却にかかわる以下の4つのポイントを解説していきます。

売却相場を知る方法
サイトで車を査定してもらう方法
自分で買い取り価格を計算する方法
車の売却時に必要な書類

きっとあなたのお役に立てる記事ですので、是非最後までご覧ください。

車の売却するときの相場が知りたい!

自分の車の相場、気になりますよね。
今すぐ売却したい方はもちろん、今後売却を控えている方も、今現在の売却相場はいくらなのか、さらに、実際に売るときの相場は大体どのくらいになっているのかが非常に気になるところしょう。

以下にネット上で車の相場を知る方法を示していきます。ネット上で申し込みができるので読み終えたらすぐに行動に移せるのも良い点ですね。

車の相場を知るには2つの種類がある

ネット上で自分の車の相場を知る方法は2つです。【サイトで車を査定してもらう】方法と【自分で買い取り価格を計算する】方法です。

1.サイトで車を査定してもらう場合

短時間で、しかも無料で車の査定額を出してくれる便利なサイトは数多くあります。
大きく2つに分けると、中古車買取業者の査定サイトと、一括査定サイトがあります。

中古車買取店の査定サイトの性格は様々で、査定の精度はそこそこだが匿名でできるサイトや、査定額は低めに、だが堅実な額を出してくれるサイト、とにかく高めの査定額を出してくれるサイト等々、サイトの特徴は千差万別です。
中古車買取店の査定サイトを何社か使って、より高額で売却できる会社を使うと良いですね。

そして一括査定サイトとは、これらのサイトに一括で申し込みをできるサイトであり、読んで字の如く一度に数十社のサイトの査定額を知ることができるサービスもあります。こちらは必要な情報を登録すると間もなく買取業者から一斉に電話がかかってきます。

対応や交渉が少し面倒に感じるかもしれませんが、車をできるだけ高く売却したく、手間に感じない人には向いているのではないでしょうか。

2.自分で買い取り価格を計算する場合

車の相場を知る手段として、サイト上で査定してもらう他に自分で計算するという手段もあります。個人情報保護の観点からなるべく査定に出したくない人は自分で計算して相場を導き出すのもありですね。ただ、計算による買い取り価格はまったく正確かと問われると頷くことはできません。大体の目安として考えておいてください。

それでは早速、サイト上で査定してもらう方法と、自分で計算する方法を解説していきましょう。

サイトで車を査定してもらうにはどうしたらいい?

サイト上で車の査定をしてもらうにはいくつかの方法があります。今回は、買取サイトに登録して査定してもらう方法と、個人情報の気になる方にも使うことのできる完全匿名のサイトについても触れたいと思います。

買取サイトに登録をして査定をしてもらう

買取サイトにて査定を申し込むにあたり、いくつかの項目を登録する必要があります。買取業者によってその項目は多少違ってくるのですが、多くの場合、メーカー名、車種名、グレード、年式、車体の色、走行距離等を入力します。また、お客様情報として名前、郵便番号、メールアドレス(もしくは電話番号)の登録が必要です。

電話番号の入力の必要がなくメールのみで査定結果を教えてくれるサイトもあります。そうして大体の査定額を出してもらったら、実物(あなたの愛車)を見て査定をしてもらいます。当然ですが、同じ車種の同じグレード、年式の車でも状態は車ごとに異なります。査定をしてもらうには現物を見てもらう必要があります。

そのため、精度の高い査定をしてもらうならば個人情報の登録は必要不可欠なのです。
近くに店舗がある会社ならこちらから持って行って査定してもらっても良いですし、自宅まで出張して査定してくれる買取業者もあります。査定にかかる時間はおよそ10分程度で済みますので、時間的な負担は軽いですね。

個人情報が気になる場合は匿名でOKの場合も

とにかく個人情報を入力したくない、営業電話がかかってくるのは嫌だ、という人には、完全匿名で査定できるサイトがあります。
・トヨタ<下取り参考価格情報>(https://toyota.jp/service/tradein/dc/top
・日産<下取り参考価格シミュレーション>(http://tradein.nissan.co.jp/MAKER/

上記2つはトヨタと日産のサイトですが、両社とも国産メーカーはだいたい網羅しています(日産については対応車種が少なめです)。
ただこちらは過去の下取り価格のデータから概算の査定額を割り出しているので、正確性には欠けます。とにかく匿名でザックリ、だいたいで良いから売却額が知りたいという人は使ってみてください。

自分で買い取り価格を計算するにはどうしたらいい?

次に、サイトで申し込むのではなく自分で計算する方法を説明していきます。
一般的に、車の買取価格を自分で計算するというのはあまり聞かないかもしれませんが、大体の買取価格は思った以上に簡単に導き出すことができます。

それでは、計算の仕方を説明していきましょう。

①車情報サイトで自身の車と同じ条件を調べる

まず、グーネットやカーセンサーnet 等の、中古車情報サイトで売却したい車と同じ条件の中古車を検索します。入力項目はメーカー名、車種名、グレード、年式、走行距離等々、できる限り詳細に入力します。
そして検索し、条件に合った車を見つけ、本体価格をチェックします。

②1の情報にディーラーの仕入れ値をかける

次にディーラーの仕入れ値をかけるのですが、中古車販売業者の利益率は一般的に15~20%です。よって、販売時の本体価格から利益を引いた割合(100%-20%=80%)をかければ、オートオークションでの大体の相場を導き出すことができます。
ちなみにオートオークションとは、中古車販売業者を対象とした会員制のオークションで、全国で約30の入札会場があります。

③2の値段にオークションの相場90%をかける

そして最後に、オートオークションでの相場価格の90%を買い取り価格の上限とすると想定し90%をかけます。
すると、以下のような計算式ができあがります。ここでは①で検索した本体価格が500万円だった場合を想定します。

本体価格×中古車販売業者の仕入れ値の割合(80%)×オークションの相場(90%)=買い取り相場
となるので、この式に500万円の本体価格を当てはめると
500万円×80%×90%=360万円

① ~③の手順を踏んで計算すると、中古車情報サイトでの販売価格が500万円の車の買取価格の目安は概算で360万円ということになります。

ただし、上記の計算方法はあくまで概算を示すものであり、正確性には欠けます。なぜなら中古車市場は非常に流動性が高く、ニーズや供給量等日々マーケットの状態が変わるため、全く同じ条件の車でも同じ値段の査定額が出ることはほとんどないのです。
そうは言っても、実際に査定に出す前の段階で「目安」として頭に入れておくには手軽で便利な方法です。

是非一度愛車の相場を自分で計算してみてください。

車の売却に必要な書類

査定も終わり、いざ、売却する時には必要な書類が複数あります。売却時に慌てて探すことにならないよう、普段から各書類の在り処を把握しておきましょう。

自動車検査証

車検証はいつも車内において保管することが義務付けられています。
万が一紛失してしまった場合は、再発行の手続きをとりましょう。再発行は運輸支局で手続きを受け付けてもらえ、即日発行されます。
国土交通省 全国運輸支局等のご案内(http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000034.html

自賠責保険証明書

強制保険の加入証明書です。
この自賠責保険証明書がなかったり、保険の期限が切れていたりする場合は車を売却できません。
紛失した場合は保険会社に再発行してもらい、期限切れの場合はしっかり加入しましょう。

自動車リサイクル券

自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金の支払いを証明する書類です。
車検証と同じ場所に保管されている可能性が高いです。

万が一紛失した場合は、自動車リサイクルシステムのHPの「リサイクル料金検索」(http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html)に必要事項(車検証に記載されています)を入力し、印刷するとリサイクル券の代わりになります。

自動車納税証明書

自動車税が納められていることを証明する書類です。自動車税を納めていないと車は売却できません。もし未納分がある場合は速やかに納付しましょう。また、自動車納税証明書にも有効期限があるので注意してください。万一紛失した場合は再発行できるので、お住まいの地域の税事務所に問い合わせて再発行しましょう。

印鑑証明書

実印の登録証書で、車購入の際にも使ったものです。こちらも有効期限(発行から3か月間)があるためしっかりと有効期限内のものを2通用意しましょう。

実印

軽自動車の場合は認印で構いませんが、普通車の売却時には印鑑証明に登録された実印を使います。買取業者に売却すると、移転登録を任せることが多いので譲渡委任状にも押印の必要があります。

また以上の必須書類に加えて、あった方が良いもの(あるとプラス査定になるもの)が3種類あります。

・新車購入時のメーカー保証書
・整備手帳
・取扱説明書

以上3点を揃えておくと、プラス査定となることが多いので保管してある場合は提出しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
本稿では、「車を売却する時の相場を知る方法」と「売却時に必要な書類」について解説しました。
愛車を売却したいと思ったら、まずは自分に合った方法で相場を知り、相場を踏まえたうえで何社かに実際の査定を依頼しましょう。
そして、いざ、売却時に困ることのないよう必要書類はあらかじめ準備しておくことが大切です。

不足しているものがある場合は早めに揃えておきましょう。まずは、先に説明した方法のどれかで愛車の相場を知ることから始めてみてください。