車を少しでも高く売りたい!高価買取を目指すテクニックとその方法

せっかく車を売るなら少しでも高く売りたいと思うのは、誰もが願うことですよね。車を高く売る方法は色々な手段がありますし、誰にでも出来ることでもあります。今回は、車を高価買取してもらう為のテクニックや方法を紹介しますので、これを読んで高価買取を狙って下さい!

車は下取りより買取

車を売る方法には下取と買取がありますが、その違いを分かっている人はどれくらいいるでしょうか?下取とは、新しい車を購入した時に、今乗っている車をディーラーや中古車販売店に引き取ってもらうことを言います。

買取とは、新しい車の購入とは関係なく、今乗っている車を買い取ってもらうことを言います。簡単に説明すると、下取は今乗っている車を新しく買う車の頭金として下取価格が組み込まれて、新車購入価格から下取価格を差し引いた差額を購入店へ支払う為、下取のお金は直接手元には入ってきません。

一方、買取は今乗っている車を買取専門業者へ売るだけなので、直接現金が手元に入ってきますので、下取と買取とではそこが一番大きく違う点です。では、下取が安い理由と買取が高い理由をそれぞれ説明しますね。

下取りが安い理由

下取が安いと言われる理由として良く耳にするのが、ディーラーの人は新車を売るのが仕事なので、中古車の相場を知らないから安い価格でしか下取を取らないと言われています。某大手買取専門業者のサイトでも、下取が安い理由として挙げられているのを拝見したことがありますが、それはちょっと間違った認識を皆さん、持っているようですね。

中古車販売店で車を買う時も、乗っている車を下取に出すのですが、自社で小売りが出来る良質な車と判断した場合はどうですか?業者オークションで、仕入れるよりも直接仕入れられる訳ですから、仕入れる感覚で下取を取ることが出来るので買取相場よりも断然、高価な価格で下取を行うことが出来ます。

実際に私もディーラーと取引を行っていましたが、新車しか扱わないディーラーでも中古車オークション会場へも出入りしていますし、自社で下取をした車を業者オークションへ何十台も出品しているのを毎週のように見ていました。トヨタの場合だと、T-UPと言う買取専門店もありますし、自社で中古車展示場も持っていますから、中古車のリアルタイムな相場が分からないと言うことは有り得ません。

例えば、大手中古車オークション会場のUSSなどは、毎月取引した車の落札価格をまとめたオークションブックを出していますから、ディーラーでもオークションブックは持っていますし、オークションへ参加出来る端末も所持していますからリアルタイムの相場確認することが出来ます。

なぜ、このような間違った認識が今でも当たり前になっているのかわかりませんが、下取が安い理由としては間違っていますので、説明させて頂きました。では何故、下取が安いと言われているのかと言うと、ディーラー自体が大企業のため高価な相場を打つことが会社的に出来ないのが最大の理由です。

例えば、業者オークション相場で¥50,000-~¥100,000-にしかならない車を買い取る場合、ディーラーだとゼロか¥30,000-くらいでしか下取として価格を打てません。

では、業者オークションで¥50,000-で売れるなら¥30,000-で下取をしても¥20,000-儲かるように見えますが、実際にはオークションへ出品する手数料や運ぶ陸送代が掛かかるので、儲かるどころか赤字になってしまいます。しかも、下取額の¥30,000-しか入札が入らなかったらどうなりますか?出品手数料や陸送代があ丸々赤字になってしまいますよね。

結局、下取をしない方が良かったと言うことになるので、思い切った価格で下取を取ることが出来ない訳です。車を販売する時は、新車販売と下取車の両方で儲けるのが基本ですから、新車販売で儲かっても下取車で損をしてしまったら何をやっているのか分からなくなるので、ディーラーは下取の査定額にシビアなだけなのです。

ディーラーの営業マンは全国に数えきれないほどいますから、全員が無理をして下取車をとっていたら企業として膨大な赤字になってしまうので、確実に儲かる下取査定額しか提示することが出来ないと言う、大企業ならではの決まりが存在している訳です。

買取が高くなる理由

買取が高いと言われる訳には、たくさん台数を買い取ることも理由に挙げることが出来ます。たくさんの車を買い取ることで、「これは自社で小売りしよう!」「これはボロボロだから業者オークションへ出品しよう!」と毎週買い取った車を買取専門業者は仕分けをしています。

こうすることで、小売りが出来るような綺麗な車は、しばらく在庫車として展示場へ寝かせても、買い取った価格を相場が割り込むことはありませんし、ボロボロの車でも事故現状車や冠水車でもない限りは、殆どの車が業者オークションでは売り切ることが出来ます。

他にも色々な理由がありますが、車の買取を中心に事業を行っている大手車買取専門業者でも、買い取った車を自社で直接販売しているケースが今の時代はほとんどです。直接買い取った車を、業者オークションで売り切れば損得は別にして、すぐに現金化することが出来ます。

しかし、業者オークションへ出品するには、会場まで運ぶ陸送料金や出品料など経費もそれなりに掛かります。それが何十台、何百台ともなると膨大な経費が掛かってしまい勿体ないですよね。

そこで、膨大な経費を使うくらいなら買い取った新鮮な車を直接自社で小売りをした方が儲かると言う考えから、買取専門業者が中古車販売を行っていると言う訳です。業者オークションで儲かる価格で買取を行っている訳ですから、小売りをするともっと儲かりますよね。

業者オークションで在庫を仕入れることを思えば、少々高価買取を行っても、在庫を仕入れたと思えばそんなに高価な価格ではないと言う訳で、これこそが買取が高くなる理由です。

車の買取の方法

車の買取方法には、街中で良く見かける車買取専門店、インターネットで話題の車一括買取査定サイト、インターネットオークションなどの個人売買が方法としてあります。車の買取方法について、少し紹介しますね。

買取業者に依頼

車の買取の方法で昔から馴染があるのが、街で良く見かける車の買取専門店ですね。車を売る方法では、一番オーソドックスで車を直接お店に持ち込んでもいいですし、電話やインターネットで査定の申し込みをしても大丈夫なので、初めての人でも依頼しやすいのが特徴です。

また、無料で出張査定も行ってくれるので、わざわざお店に行かなくても大丈夫なところも人気の理由です。

一括査定サイトを利用する

最近、車を売る人が良く利用しているのが、インターネットで申し込みを行う車の一括査定サイトです。近所の買取専門店に査定のお願いをするのも良いのですが、1社だけだと本当に査定価格が正しいか判断が出来ないので、複数店舗を回って査定を行うのが理想とされています。

しかし、現実的には複数店舗を回るのも時間が掛かりますし、複数とは言っても回る数にも限界があります。一括査定サイトは、最初に登録さえしてしまえば一括査定サイトに登録している提携買取専門業者へ、最大数十社に一括で査定を申し込むことが出来ます。数十社で査定価格を競う形なので、より高価な買取価格が期待出来るのが魅力となっています。

個人で売買する

インターネットオークションや知り合いなどと、個人間で車の売買を行う方法もあります。インターネットオークションは、最初の登録が大変なので、慣れていないと大変かもしれませんね。

出品さえしてしまえば、落札されるのを待つだけなのですが、登録する時に落札後の取引の仕方や、名義変更が完了するまでの方法など、トラブルが起こらないように注意ごとを書かないといけません。個人売買を初めて行う人には少しハードルが高い売り方なので、安心して車を売りたい人にはあまり向いていない方法です。

車を高価買取してもらう際の注意点

良いことばかり紹介してきましたが、車を高価買取してもらう時に注意しなければいけないことが、何点かあるので紹介してみますね。

個人で売買が一番だけど

知らない人と個人売買をする時に、一番注意しなければいけないのが、お金は受け取って車は渡したけど名義変更がされずにそのまま乗り回される可能性があると言うことです。友人や知人へ売買する時も同じで、個人売買だと車庫証明や名義変更の手続きが重要なので、初めての人にはハードルが高い売り方と言って良いでしょう。

まず、名義変更の仕方が分からないといけませんし、揃える書類に不備があっても名義変更を完了することが出来ません。もし、必要書類のことや名義変更が不安な場合は、近くの買取専門業者でお金を払えば登録代行してくれますし、自分で名義変更を行う場合は、お近くの陸運支局へ一度、足を運んでやり方を聞いてから売買をするようにして下さい。

一括査定サイトは便利だが

インターネットの一括査定サイトを利用して車の買取査定を依頼すること自体は便利なのですが、ちゃんと調べてサイトを選ばないと大変な目に会うこともあります。最初の登録は数分で終わるのですが、登録が完了した途端に一括依頼をした提携業者からガンガン電話がかかってくることがあります。

一括査定サイトによっては、メールだけで対応してくれる所や、サイトの代表だけから連絡が来るサイトもあるので、自分に合ったサイト探しをする必要があります。

車買取業者に高価買取してもらう方法

車買取専門業者に、高価買取をしてもらうにはどうしたら良いのか?その方法をいくつか紹介しますね。

5つ以上の業者に依頼

近くに車の買取専門店がない場合は、買取専門業者にこだわる必要はありませんし、中古車販売店でも構わないので最低でも5社以上で買取の査定を行って下さい。例えば、5社で買取の査定を行って、一番高価な査定価格が出たお店が、仮に¥500,000-だったとしましょう。その場では、すぐに返事をしないで「希望より少し低いので他の買取専門店も回ってみます。」と言って一回逃げて下さい。

その後電話があった時には「他店で¥550,000-って言われたけど、どうしようか迷っています。」と言ったニュアンスで投げておくと、¥600,000-までは行かないにしても、「¥560,000-ではどうですか?」とか「¥580,000-なら買い取らせて頂きます。」のように営業マンの方から歩み寄ってくるはずです。

このように、複数社で査定を行うことで、まず査定価格の天井が見えてきますから、高価買取を狙うには一番実行しやすい方法です。

車の価格相場を把握しておく

一括査定サイトでは、登録をしないと買取相場が確認出来ないのですが、自分が乗っている車はいくらくらいで売れるのか気になりますよね?そこで、個人情報を登録しなくても気軽に愛車の下取相場を確認出来るサイトがありますので、2社紹介させて頂きますね。

どちらもディーラーが行っているサイトなので、安心して利用することが出来ますが、あくまでも参考相場なので実際の相場とはかけ離れている場合がありますから目安程度にご利用下さい。

トヨタ下取参考価格情報

トヨタが提供する下取参考価格シミュレーションです。乗っている車のメーカー、車名、年式、グレードを選択することで、下取としての参考価格が瞬時に知ることが出来ます。走行距離や装備品、車の状態やボディカラーの入力はありませんから、あくまでも下取最低相場と思って使うと良いでしょう。

日産下取参考価格シミュレーション

使い方はトヨタ下取参考価格情報と同じで、メーカー、車種、年式、グレードを選択していくと下取参考価格が表示されます。トヨタの場合は、「¥30,000-」と一つの価格が表示されるのに対して、日産下取参考価格シミュレーションは、「¥10,000-~¥30,000-」と表示されるのが違いですね。どちらのサイトも目安としては、十分参考になるので是非、使ってみて下さい。

車の高価買取につながるテクニック

車を高価買取してもらうには、車を売る側にもそれなりの交渉術が必要となります。査定してくれる相手も人間ですから、「感じのいい人だから何とかしてあげたい!」と言う気持ちにさせることが大切です。

車を売る側からしても、買取専門業者の担当が不愛想だったり、偉そうだったらその人には大切な車を任せたくないですよね。高価買取へ繋がるちょっとしたテクニックを紹介してみます。

査定士に良い印象を与える

査定士も人間ですから、お互い良い印象を持たせることは交渉するにあたって、非常に大切なことです。どの仕事も言えることですが、コミュニケーション能力が高ければ、思わぬ好結果に繋がることもありますよね。

売る意思を示す

売る側が、車を売る気があるのか?売る気がないのか?意志表示をすることは、買取専門業者の気持ちを動かすのには、一番大切なことかもしれません。車を買取査定する側にとって一番イヤなタイプのお客様は、売る気もないのに来店してくる人です。

買取専門業者も仕事ですし、大事な時間を費やして接客をしてくれる訳ですから、冷やかしで来店されると鬱陶しく思うのは当然のことです。車を売る側が、車を売りたい気持ちをきちんと示すことで、買取専門業者側も親身になって相談にも乗ってくれますし、きちんとした対応をしてくれます。まずは、自分が車を売ると言う意思表示を示すことが、高価買取に繋がる第一歩です。

正直にすべてを話す

車を買取査定してもらっている時に、査定士が色々なことを質問してきますが、嘘や誤魔化しは絶対にNGです。例えば「事故をしたことがありますか?」って聞かれた時に事故をしたことがあるのに「いいえ。事故はしたことはありません。」と言った場合はどうでしょう?

もちろん、査定士は修復した形跡が見受けられたから質問したのに、事故を起こしてないと言われると信用出来なくなりますよね。事故で修理したとしても中古車業界では、修復歴車にはならないケースも多くあるので、修理した個所や経緯を正直に話すようにして下さい。

売るに至った理由を説明

どうして車を売る決断に至ったのか?その経緯を聞かれた場合は、大まかで良いので説明してあげて下さい。もちろん借金の返済などに充てる為などと言った詳細なことまでは話す必要はありませんが、簡単な経緯を話すようにして下さい。

私の経験した人で、奥さんの車を旦那さんが勝手に売ろうとしたケースが実際にありましたが、他人の車を勝手に売るのは犯罪ですしね。査定士も何かおかしいと感じた場合は、この車は買い取っても大丈夫な車なのかを見極める為に、世間話をしながら探ってくるので、安心させてあげて下さい。

その他では、「新しい車を購入する為に、今乗っている車を下取に出したいけど、ディーラーで査定をしたら安かったから。」など立派な理由ですよね。こんな感じで査定士に相談することで、「出来るだけ満足の行く査定価格を出してあげたい!」と思わせることが大切です。

車を綺麗に

車を買取査定に行く前には、洗車と内装の掃除機がけくらいは行って下さい。汚い車だと良い車に見えませんし、外装に関しては特にちゃんとした査定を行うことも出来ませんから。

人間も車も最低限の身だしなみは必要ですよね。「綺麗な車だな!」「この車、絶対に買い取りたい!」と思わせる為にも、車は綺麗にしていきましょうね。

まとめ

車を高く売る為の、その方法やテクニックなどを紹介してきましたが、いかがでしたか?車を売る方法はたくさんありますが、車の買取で出会う人とも一期一会でお互いが気持ちよく取引を行うことも大切なことです。お互いが誠意を持って接することで、狙わなくても自然と愛車の高価買取が実現することでしょう。