車を高く売りたい人は必見!愛車を少しでも高く売る方法

車を手放したいと考えるとき、少しでも高く売りたいですよね。ただ、どうすれば高く売れるのかわからない人も多いでしょう。また、大切な愛車は、適正な価格で買取ってもらえる方法を選ぶ必要もあります。車を売る方法は1つではなく、意外にもたくさんあるのです。そこで、愛車を少しでも高く売る方法を紹介します。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

車を売る方法は全部で4つもある!

車を売る方法には、以下の4つがあります。

  • ディーラーで下取り
  • 車買取店で買取
  • 一括査定
  • 個人間での売買

それぞれの売却方法には特徴がありますので、ここからは、4つの売却方法について詳しく説明していきます。

ディーラーで下取り

ディーラーでの下取りは非常にポピュラーな売却方法です。新しい車に乗り換えるときにディーラーを訪れると、下取りを前提として話を進められることもあるでしょう。

ディーラーで新車を購入時にそのまま下取りを選ぶ人も多く、買取方法は下取りしかないと考えている人もいるほどです。

また、下取りによって新車の購入価格が安くなると説明されることもめずらしくありません。なぜなら、下取り価格は新車の購入価格から差し引かれるからです。

車買取店で買取

テレビCMなどで「車を高値で買い取ります」などのうたい文句を聞いたことがある人もいるでしょう。これらの買取店でも、車の売却はできます。

大手の車買取店は全国に支店を持っているケースが多く、そういった買取店に相談すると全国どこでも買取が可能です。車を持ち込むとすぐに査定が受けられ、車の査定にかかる費用も無料なところがほとんどでしょう。

さらに、査定員に自宅に来てもらい、自宅で出張査定をしてもらうことも可能です。

一括査定

車の買取店はたくさんあるため、どれを選んでいいかわからなくなりますよね。そんなときは、一括査定を選ぶ方法があります。

一括査定は、中古車買取店が集められたサービスであり、査定を申込むと一度にたくさんの買取店からの査定価格が提示されるシステムです。

買取店を自分で探して連絡を取る必要がなく、各業者の査定価格を一度に比べられるため、非常に手軽に買取ができます。

個人間での売買

車はそれなりの値段がする高い買い物のため、売却には業者を通さなければならないと考える人も多いでしょう。しかし、個人間でも車の売却は可能です。

ただし、個人間で車を売却する際にはいくつかの手順を踏む必要があります。トラブルに巻き込まれないためにも、売却方法はあらかじめ勉強しておきましょう。

ディーラーで下取りするメリットとデメリット

多くの人が知っているディーラーでの下取りには、メリットやデメリットがあります。メリットとデメリットの両方を知っておくことで、自分に合っているかがわかるでしょう。

そこで、ディーラーで下取りをするメリットとデメリットを紹介します。

ディーラーで下取りするメリット

ディーラーでの下取りは手間がかからないのがメリットです。車の売却に必要となる書類の準備や手続きをディーラーに任せられることから、ユーザーが売却に対して何かをする必要がありません。そのため、非常に簡単に車が売却できます。

また、次の車が納車されるまでの間も、車に乗り続けることが可能です。新車の納車時に、下取りをしてもらう車と交換するイメージに近いことから、車が手元にない期間がないというのもメリットでしょう。

まれに、下取りの車の需要があることで下取り車を先に手放すことを求められるケースもあります。そういった場合でも、ディーラーが代車を用意してくれることが多く、安心して売却が可能です。

ディーラーで下取りするデメリット

ディーラーでの下取りでは、査定価格が下がることがデメリットでしょう。なぜなら、ディーラーは新車販売を目的に下取りを行っているからです。

中古車の買取を専門的に行っているわけではなく、下取りした車は業者オークション等に流されるケースが多くみられます。

そのため、オークションの相場よりも低い金額で下取りされてしまうのです。自社の中古車部門で販売する場合でも、他社メーカーの車は売りにくいことから、他社メーカーの車を下取りに出すと安い値段で買取る傾向にもあるでしょう。

そういった理由から、下取りの場合には安い値段での取引が多くなります。

車買取店で買取のメリットとデメリット

車買取店で買取を行うと、テレビCMのように高価買取が期待できるのでしょうか。どのようなメリットやデメリットがあるのかも気になりますよね。

そこで、車買取店で買取をしてもらうメリットとデメリットを紹介します。

車買取店で買取のメリット

車買取店は、車を買取ることで商品を仕入れ、自社の販売店やインターネットで転売しています。そのため、売れる車は少しでも高く買取りたいと考えているのです。

そういった理由から、高値がつく可能性が非常に高くなります。また、買取を専門にしているという理由で、査定のポイントなどもしっかりとおさえているでしょう。

さらに、独自の販売ルートを設けていることが多く、改造車などの買取も可能です。ディーラーでは純正仕様に高値がつく確率が高いといえますが、買取業者の場合にはオプションでグレードアップさせた車の高価買取も行う傾向がみられます。

そのほかにも、買取店は少しでも早く買取れると在庫が増えるため、車を売るまでに時間がかかりません。買取が終了すると後日現金も手に入ることから、売却によって手元のお金が増えるのもメリットです。

車買取店で買取のデメリット

車買取店の最大のデメリットは、車を乗り換える際に車がない期間ができる可能性があることです。ディーラーでの下取りであれば、新車が納車される際に使用中の車と引き換えになるケースがほとんどです。よって、車が手元にない期間が生まれません。

しかし、車買取店では車の売却をするとその場で車が引き取られてしまいます。新車の納車前に車が引き取られてしまうと、納車までの間、車がない状態になるのです。

納車後に売却すると問題はありませんが、車を売却したお金を新車の購入代金に充てることができません。さらに、納車された車と売却する車の2台が手元にあると、それぞれに駐車スペースが必要になることも多く、現実的ではないでしょう。

また、買取店のなかには悪徳な業者も含まれています。車を安く買取れると、それだけ利益も大きくなることから、相手の足元を見た査定金額を提示することがめずらしくありません。

安い値段で買取られてしまわないためも、きちんと相場を把握し、信頼できる買取店を選ぶことが大切です。

一括査定のメリットとデメリット

高値をつけてくれる買取店を選びやすい一括査定ですが、そのほかにもメリットはあるのでしょうか。また、デメリットもあれば知っておくのがでしょう。

そこで、一括査定のメリットとデメリットについて説明します。

一括査定のメリット

一括査定は、売却したい車のメーカーや車種、年式、走行距離などを入力するだけで、いくつもの買取業者が査定金額を提示してくれるものです。

たった数分間の入力で買取価格がわかるため、非常に手軽なのがメリットでしょう。また、複数の業者に一度に査定を依頼することで業者同士が競い合った金額を提示してきます。

そういった理由から高値がつきやすいのもメリットです。さらに、業者ごとの買取価格を見ることで平均相場もわかるでしょう。

業者ごとに提示してきた査定額を比べるだけですので、交渉が苦手な人でも高価買取が可能になります。

一括査定のデメリット

非常に簡単な作業で高くクルマが売却できる一括査定ですが、デメリットも存在します。それは、業者から勧誘の電話がたくさんかかってくることです。

一括査定を依頼した直後から電話が鳴り始め、多い時には数分おきに電話がかかってくることもあるでしょう。

買取業者は何としてでも車を買い取りたいと考えているため、勧誘の手を緩めることがありません。電話が翌日まで鳴りやまないこともめずらしくなく、ストレスを感じてしまう人も多くみられます。

個人間での売却のメリットとデメリット

車の売却は個人間でも行えます。ただし、気をつけないことにはトラブルに巻き込まれてしまうこともあるでしょう。そこで、個人間での売買のメリットやデメリットについて説明します。

個人間での売却のメリット

個人間で車を売却するメリットは、手数料がかからないことです。取引というのは、仲介が入れば手数料が必要となります。中古車買取店では、買取店の手数料と、場合によって業者オークションの手数料がかかります。

また、下取りディーラーの場合には、ディーラーの手数料と業者オークションの手数料が取られるのです。手数料として差し引かれるのではなく、査定金額からあらかじめ引かれていますので、手数料に気づかないことも多いでしょう。しかし、手数料が発生していることでその分だけ査定価格は低くなっています。

一方、個人間での売却であれば、手数料がかかりません。そのため、手数料分も高く売れるといえるでしょう。反対に、購入者側も手数料をかけずに安く買えます。

売り手と買い手の両方にメリットが生まれるため、満足のいく売買が成立するでしょう。

個人間での売却のデメリット

少しでも高く売りたいという場合には個人間での売却にメリットがあります。しかし、個人間で売却する場合にはすべての手続きを自分で行わなければなりません。

ディーラーや買取業者はプロですので、車の売却の手続きもスムーズに行えるでしょう。一方、売却の経験が少ない人の場合には、ゼロから売却について知る必要があります

さらに、個人間での売却にはトラブルもつきものです。車を引き渡したのに購入代金が支払われないことや、連絡が取れなくなってしまうこともめずらしくありません。

また、売却した相手が名義変更の手続きをなかなかしない場合には、所有者が変わらないことで自動車税の支払い義務が生じてしまうこともあるでしょう。

こうした個人間でのトラブルは後を絶ちません。そのため、個人間の売却は本当に信頼できる間柄のみに限定する必要があります。

状態の悪い車でも売れるのか?

車を売却する際に気になるのが、車の状態でしょう。なかでも年式の古い車の場合には値段がつくのが心配になる人もみられます。

そういった年式の古い車の場合には、査定価格には期待できません。下取りの場合にはほとんど値がつかないことも多いでしょう。しかしながら、買取業者を選ぶことで、車の高価買取も可能になります。

その理由となるのが次の2つです。

  • 海外での販売ルートを考える
  • パーツ単位で買取をする

状態が悪い車でも海外では需要が高い

日本国内では走行距離が10万キロを超えると価値が下がる傾向にあります。しかし、海外で日本車は故障しにくい車として知られ、10万キロを超えている車でも中古車市場では人気です。

また、日本では車検が義務付けられていることから、しっかりとメンテナンスを受けている車と判断されることも多いでしょう。

そのため、日本からの中古車には人気が集中する傾向にあります。買取業者の中には、海外への独自の販売ルートを持ったところもあり、国内では値段がつかない車でも高く買取ってくれることがあるのです。

廃車にしても部品としての価値がある

事故車などの場合には、下取りや買取では値段がつかないことが多いでしょう。海外への転売ルートがあったとしても、事故を起こして大破しているような車には値段がつきません。

しかし、車としては機能しない場合でも、使われているパーツはまだまだ使えるものもみられます。生産が少なく希少なパーツであれば必要としている人もいるでしょう。

そのため、車として販売するのではなく、パーツ単位で査定を受けることも可能です。そうすることで、車としての価値がなくてもパーツに高値がつくことも考えられるでしょう。

中古車としての価値がないと諦めるのではなく、買取り先を変えてみることでお金に換えることが可能です。

まとめ

車を売る方法には4つあり、それぞれの方法にメリットやデメリットが存在します。そのため、メリットやデメリットをきちんと知り、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

車の売却方法のなかでも、買取を選ぶと高値がつきやすいでしょう。車の買取を専門的に行っている買取店であれば、大切な愛車を適正な価格で売れます。

また、買取店には専門分野があり、自分にぴったりの買取店を見つけることも大切です。それでも、一括査定を選ぶと、業者からのしつこい勧誘電話がかかってくることもあります。

そこでおすすめなのがビッドナウ車買取です。ビッドナウ車買取であれば、LINEで簡単なアンケートに答えるだけで、業者からの勧誘を受けることなく買取ができます。

車の売却を考えているのであればビッドナウ車買取に相談してみましょう。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます