車売却はどの方法がベスト?売るタイミングや手続きまとめ

そろそろ愛車を売ろうと思ってるけど車を売るのは初めてで…まず何をすれば良いのか分からない。と悩んでいませんか?
「車の売却」と聞くと少し手続きが複雑そうに見えたり、まず何をすれば良いか分からなくなったりしますよね。
たしかに車を売るのは誰でもすぐに出来るほど簡単ではありません。

でも大丈夫。あらかじめざっくりとした知識さえ覚えておけば、スムーズに愛車を売ることはできるでしょう。
今回の記事では、車を売却する方法をはじめ最適な売却方法、売却のタイミング、手続きや書類について徹底解説しています。
初めての方でも心配は不要です。ぜひ今回の記事を参考にしながら、スムーズな愛車売却に役立ててくださいね。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

目次

車を売却する方法

そもそも車ってどうやって売ればいいの?と考えている人も少なくないはずです。そこで、まずは車を売却する基本的な方法をご紹介します。自分の目的によって最適な方法は異なってくるので、まずはそれぞれの方法の特徴をおさらいしておきましょう。

ディーラー下取り

まず最初の方法として挙げられるのが【ディーラー下取り】です。これは、メーカーの傘下であるディーラーに愛車を下取りに出す売却方法のことです。ただ下取りとは、新しい車を安く買う代わりに今の車を売りに出す方法であるため、そもそも車を買い替えることを前提とした人でなければディーラー下取りを依頼することはできません。
またディーラーはメーカーと親しいことから、他の販売店や買取店と比べてもブランド力や信用度が高いです。安心して車を預けられるでしょう。
しかし、ディーラーはあくまでも「新車販売のプロ」であるため買取実績が少ないのがネックです。買取専門業者と比べると経験が浅いため、正確な査定ができず買取金額が低くなりやすいのも事実です。

中古車買取店での買取

2つ目の方法は【中古車買取店での買取】です。中古車の買取を専門としている店舗にて車を売る方法で、ディーラー下取りよりも車が高く売れやすくなります。

前述したように買取店は「買取のプロ」であるため、大手になれば圧倒的な買取実績を持っています。多くのユーザーから車を買い取っている経験から高額買取を実現してくれることでしょう。

信用度に関してはディーラーよりもやや劣ります。また、ひとくちに買取店も言っても、ガリバーやビッグモーターといった超大手から、あまり聞きなじみのない個人店までピンからキリまであります。数が多すぎるぶん悪徳業者も混ざっているため、買取店選びには気をつける必要があります。

良い買取店と巡り会えた場合、納得のいく金額で愛車を売ることができるでしょう。

個人での取引

3つ目の方法として挙げられるのが【個人での取引】です。いわゆる個人売買ですね。あなたの車を欲しいと言っている知人が友人がいるのなら、そのまま個人間で売却を進めていくのもひとつの手です。

ただ、正直なところ個人取引はあまりオススメしません。なぜなら、ディーラーや買取店に依頼するよりもトラブルに発展しやすいからです。車の売却では数十万〜百万の大金をやりとりするため、後々お金周りのトラブルに発展しやすくなります。最悪の場合、裁判に発展してしまうケースもあるのです。

また個人取引となると一から契約書を作らなければなりません。たしかに高額売却を狙える方法ではありますが、後々のリスクのことを考えるとあまりオススメできないのが現状ですね。

売却方法の選び方とは

 

「車を売る方法がいくつかあるのは分かったけど、果たして自分はどの方法で売れば良いんだろう?」と思いますよね。ここでは売却方法の選び方について解説していきます。車の売却は個人の目的に合わせて変えていく必要があります。具体的に以下のポイントを抑えながら売却方法を選びましょう。

手間をかけたくない人は「ディーラー下取り」

ディーラー下取りの最大のメリットは「手間がかからない」ということです。新車を買うことが前提とはなっていますが、売却と購入を同じディーラーで済ませることができます。

ディーラー下取りでない方法で車の買い替えを行うと、売却と購入をそれぞれ違う店舗で行わなければなりません。店舗が違えば手続きの方法やスタッフも異なるため、売却がさらに面倒なことになってしまいます。

そういった意味でディーラー下取りの「簡潔さ」は大きな魅力と言えます。買取金額はやや低くなってしまいますが、信頼できる上に手間もほとんどかからないので、誰でも簡単に車を売ることができるでしょう。

最大限高く売りたい人は「中古車買取店での買取

中古車買取店での買取の大きなメリットとして挙げられるのが「高額買取が狙える」という点です。先述したように中古車買取店は買取のプロです。買取実績はもちろんプロの査定士が揃っているため、より正確な査定額を出してくれます。ディーラーでは見てくれない部分も細かくチェックしてくれますし、買取に関するどんな疑問にも答えてくれます。

さらに買取店は数が多いためどこの買取店も「ウチで買い取らせてほしい」と考えているわけです。そのため自然と買取金額も高くなります。出来るだけ愛車を高く売りたいと考えている人にはぴったりの売却方法と言えるでしょう。

信頼できる知人がいるのなら「個人間での取引」

もし信頼できる知人や友人がいるのなら個人間での取引でもOKです。ただ先述したように、トラブルに発展するリスクが高いためあまりオススメはできません。「しっかりとした契約書を作る」「お互いに契約内容に合意した上で取引をする」といったことを決めて納得した上で取引するようにしましょう。

一括査定サイトを使うのがオススメ

出来るだけ高く車を売りたい人の中でも「もっと高く売りたい!」と考えている人にオススメしたいのが【一括査定サイト】です。中古車買取店に一括で査定を出せるサービスのことで、インターネットにさえ繋がれば誰でも簡単に利用できます。

基本的にはサイト内にて「売りたい車の基本情報」「所有者の個人情報」を入力するだけです。時間を待たずに買取店から電話がかかってきて、基本情報を元に作った簡単な見積もり、それから実車査定のスケジュールなどを決めることができます。

複数の買取店と同時にアポイントが取れるのは大きなメリットと言えるでしょう。なぜなら、複数に査定依頼を出すことで競争が生まれて買取金額がアップするからです。また、基本的にはサイトに一度登録し、あとは待っているだけで買取店側から連絡があります。買取店側がリードしてくれるので車を売るのが初めての人でも安心です。

車を売却するのに良いタイミングとは

続いて売却するタイミングについて解説します。売った車はいわゆる中古車市場に流れます。今や中古車市場は超巨大となっているため、さまざまな要因によって価格も変動するのです。そのため「車が高く売れる時期」があったり「あまり高く売れない時期」があったりするわけです。車を売るのにふさわしいタイミングがいくつかあるので、ぜひ以下を参考にしてみてくだい。

1〜3月がもっとも高く売れる時期

車を売却するためのベストタイミングは【1〜3月】です。なぜかというと、この時期に車の需要が増えるから。1〜3月というのはユーザーにとって「まもなく新生活が始まるタイミング」でもあります。もうすぐ春を迎えるに当たって新しく車を買おうと考える人が多くなるわけです。

また店側からすると車が売れるのが分かりきっているため、多少高い金額でも買い取ってくれやすくなります。
1年を通して1〜3月がもっとも高く売れやすいですが、これを逃した場合は9月でも良いでしょう。秋から新生活を始める人も多いため、買取金額もアップしやすくなります。

ただ、これらのタイミングはどこの買取店も混雑するため手続きに時間がかかります。手続きが終わらず4月を迎えると高額買取のチャンスを逃してしまうため、出来るだけ早めの準備をしておきましょう。

モデルチェンジが行われる前に売る

モデルチェンジが行われるタイミングで売るのもオススメです。具体的にはモデルチェンジが行われる「前」に売るのが良いでしょう。

そもそもモデルチェンジとは文字どおり、今のモデルから新しいモデルに変わることを指します。新しいモデルが発売されるということは、古いモデルの需要が減るとも言えるわけです。つまり古いモデルの価値は下落します。そのため、新しいモデルが発売され「前」に売ってしまうのが得策というわけです。

もし今の車を売ろうと思っていて、その車種がまもなくモデルチェンジを控えている場合は、しっかりとタイミングを見計らって売却するようにしましょう。

車検や走行距離のタイミングで売る

車検や走行距離のタイミングで売るのもひとつの手です。車検は3年、5年、7年、10年という区切りで行われます。この年数が経つごとに車の性能は落ちるため、車検費用もかさみやすくなります。

走行距離も同様です。走った距離が長くなればなるほど車の価値は落ち込みます。走行距離に関しては50,000km、100,000kmを迎えると買取金額がガクッと落ちると言われています。

車検、走行距離ともに以上の区切りを迎える直前に売ってしまうのが良いでしょう。

売却額が下がる要因を知っておこう

車が高く売れることもあれば、そこまで高く売れないこともあります。では一体なぜ売却額が下がってしまうのでしょう?ここでは、売却額が下がってしまう要因について解説していきます。売却額の下落にはいくつかの要因が考えられるので、あらかじめチェックしておきましょう。

年式や走行距離が長くなった

先ほどにも説明した通り、年式や走行距離によって売却額は変動します。言わずもがな、年式や走行距離が大きくなればなるほど売却額は下がるわけです。

年式の場合、「最初の1年」を超えたタイミングで売却額はガクッと落ち込み、2年目以降は価格が安定します。その後は5年、10年といった大きな区切りを迎えるタイミングで売却額が大きく落ち込みます。これらには車検のタイミングも関係してくるので、売る時期をよく見定めましょう。

走行距離についても、先述したように50,000km、100,000kmを迎えるタイミングで売却額が大きく落ち込みます。

モデルチェンジが行われた

先述したように、モデルチェンジによっても売却額は下がります。新しいモデルが発売されると世の中は新しいモデルに注目するわけです。人気度と需要が新しいモデルに集中するため、型が古くなったモデルは売れなくなるのです。もし今の車を売るのならモデルチェンジ前に売ることを考えるのが良いでしょう。

競合車がリリースされた

競合車のリリースも売却額を下げる要因になります。競合車というのは、他メーカーの似たような車種のことです。似たような車種がたくさんあるとユーザーの需要が分散してしまい、結果的に売却額も下がってしまうわけです。実際に車を売る際には「他に似たような車種がないか?」「その車種と年代が被っていないか?」などもよくチェックしておきましょう。

車の状態が良くない

車を売るときには実車査定を受けることになりますが、車の状態が悪いと売却額も下がってしまいます。実車査定では外装や内装、年式や走行距離、エンジン、オプションなどさまざまなカテゴリーを細かくチェックして車に金額を付けるわけです。

日頃からしっかりとメンテナンスを行っていれば大幅な下落は考えにくいですが、あまり手入れを行なっていなければ売却額はガクッと落ち込むので要注意です。小手先のテクニックで誤魔化そうとしても、相手はプロの査定士なのですぐにばれてしまいます。

納得のいく金額で愛車を売るためにも、日頃からメンテナンスを行うようにしましょう。またメンテナンスノートや整備記録といった書類があると好印象です。

売る時期を間違えた

先述したように、売る時期によっても売却額は変動します。1〜3月、9月に売れれば高額買取が見込めますが、それ以外のシーズンに売った場合、期待以上の金額にはなかなか届かないでしょう。決して安いというわけではありませんが、やはりベストシーズンと比べると売却額は落ち込んでしまうので、もし愛車を売るのならば1〜3月をオススメします。

買取店とのミスマッチ

言わずもがな、買取店選びを間違えると売却額が低くなってしまいます。ひとくちに買取店といっても、ガリバーやビッグモーターといった誰もが知る超大手をはじめ聞きなじみのない個人店まで幅広い店舗が存在しているわけです。
そんな中から自分に合った買取店を選ばなければなりません。もし悪徳業者や評判の良くない買取店に当たってしまった場合、大きく損してしまうことになります。
自分の目的に合った買取店を選ぶためには、事前に口コミや評判を調べておく必要があります。また一括査定サイトを使って優良業者を選びましょう。
下調べするのは面倒かもしれませんが、何も知らないで近くの買取店に行くよりは安心安全と言えます。

交渉に失敗した

交渉によって売却額も変わってきます。スタッフとの交渉が上手くいけば売却額は高くなり、逆に失敗すれば納得のいく金額での売却は難しくなるでしょう。

基本的には、実車査定を受けてその見積もりに納得がいかなければ交渉を行うことになります。交渉を有利に進めるためには「ここの店で売る意思があることを伝える」「複数の買取店から見積もりを出しておく」といった手段が有効です。
スタッフに売る意思があることが伝われば、「ここで売る気があるんだな」と思ってくれるので交渉にも応じてくれやすくなるでしょう。

また複数の買取店と比較しておくことも有効です。なぜなら、どの買取店も「ウチで売ってほしい」と考えているため、「他の買取店の方が高く買い取ってくれた」などという証拠を見せられると交渉に応じざるを得ないからです。出来るだけ高く愛車を売りたいという人はぜひ試してみてくださいね。

車売却の手続きや書類

「具体的にどうやって手続きを進めれば良いの?」と疑問に思っている方も多いはずです。それでは最後に【車を売るときの手続き書類】を見ていきましょう。車の売却を完了させるためにはいくつかの書類を集める必要があります。やや複雑になってはいますが、事前に確認しておけば問題ありません。スムーズに愛車を売るためにも以下のポイントを覚えておきましょう。

買取店を決めたら店舗とアポイントを取る

買取店を決めたら店舗とアポイントを取ることになります。一括査定サイトなどWeb上や電話での申し込みの場合、買取店から折り返し電話がかかってきます。そこで簡単な見積もりを出してくれたり、実車査定のスケジュールを決めたりできます。

また直接店舗に出向く方法でもOKです。自分の目的に合った買取店に当たる可能性は低いですが、近所の買取店に行って査定を受けてみるのも良いでしょう。先述したように「複数の買取店」を周っておくのがオススメです。できれば3社以上を見ておきたいところですね。比較基準が多いと売却額も高くなりやすいので、余裕があればぜひ試してみてくださいね。

実車査定を受ける

買取店とアポイントが取れたら実車査定を受けましょう。実車査定には【店舗査定】と【出張査定】の2つがあり、どちらも無料で受けることが可能です。

店舗に車を持ち込んで査定を受ける店舗査定に対して、自宅までスタッフが来て査定をしてくれるのが出張査定です。市街地から遠い田舎など地域によっては出張査定に対応していないところもありますが、基本的には買取店側が自宅まで駆けつけてくれます。
査定時間は長くても30分ほどです。出張査定であればちょっとしたスキマ時間に受けることができるので、普段仕事で忙しい人でも大丈夫です。スケジュール調整さえできれば1日に2〜3件の買取店の出張査定を受けられるのでぜひ試してみてくたさいね。

見積もりに納得できたら契約

実車査定の内容を元に見積もりが作られるわけですが、これに納得できたら買取の契約を結ぶかたちになります。
納得できなければ交渉に入ります。ユーザーファーストな買取店であれば交渉にも応じてくれますが、なかには応じてくれないところもあるので要注意。そんなときに備えて複数の買取店を見ておきましょう。

基本的には「ここで売りたい」という姿勢を見せれば交渉に応じてくれるはずなので、「すでに書類も揃えている」「〇〇日までに売りたい」など相手が喜ぶような発言をするのがオススメです。

契約のために必要な書類を揃える

買取店との契約が決まったら次に【必要書類】を揃えます。車の売却を成立させるためには、車検証や自賠責保険の証明書などさまざまな書類が必要になるので、しっかりと確認しておきましょう。

基本的地は自分で用意することになります。ただ多くの書類は、すでに保管しているものだったり市区役所で簡単に取れるものばかりなので心配はいりません。

種類が多いだけで揃えるのは簡単です。最初は面倒かと思いますが、すぐに準備してしまいましょう。

車検証

車が安全に運転できることを証明するための書類です。数年に一度の車検によって更新されます。車検証は車内携帯が義務付けられているため、多くの人は助手席のダッシュボードに入れたままになっているはずです。もし紛失してしまった場合は「運輸支局」にて再発行が可能です。

自賠責保険証明書

強制保険である「自賠責保険」に加入していることを証明する書類です。車の所有者への加入が義務付けられているため、車検証の同様に助手席のダッシュボードに保管しているはずです。契約前に確認しておきましょう。もし紛失してしまった場合は「加入している保険会社」にて再発行が可能です。

自動車税納税証明書

毎年4〜5月に納税する義務のある「自動車税」の納税証明書です。自動車税が未納だと車を売ることができないので、もし支払っていない場合は速やかに納めるようにしましょう。もし納税証明書を紛失した場合は「管轄の税事務所」にて再発行が可能です。

実印

市区町村に「実印登録」された印鑑のことです。軽自動車を売るときには認印でも問題ありませんが、普通自動車の場合は実印が必須となります。購入時にも実印は必要なのですでに作っている人がほとんどでしょう。契約書類にて実印を押す場面が何度かあるので忘れずに持参するようにしましょう。

印鑑証明書

実印を証明するための書類です。実印登録さえ行っていれば印鑑証明書は簡単に作ることができます。管轄の市区役所またはサービスコーナーなどですぐに発行可能です。また印鑑証明書は「3ヶ月以内のもの」を要求されるケースが多いので覚えておきましょう。

リサイクル券

自動車リサイクル法にて定められた「リサイクル料」を納めていることを証明する書類です。ほとんどの人は購入時に預託金としてリサイクル料を納めているため、その引き換えとして渡されるリサイクル券を探しておきましょう。長年触れない書類なので紛失しやすいです。もし失くしてしまった場合は「自動車リサイクルシステム」のホームページでの専用フォームを印刷することで代用できます。

住民票

車検証に登録されている住所と今の住所が違っている場合、住民票が必要になります。市区町村役場もしくはサービスコーナーなどで簡単に発行できるので、早めに準備しておきましょう。

ポイント①:書類が全て揃わないと売却できない

車を売ってためには、前述した全ての書類を揃える必要があります。どれか一つでも欠けていると買取金額は受け取れません。また自動車税などもしっかりと納めておく必要があります。

ポイント②:スムーズに売るなら契約前から書類を準備しておく

「どうしても〇〇日までに売らなければならない」と急いでいる人、あるいはスムーズに車を売りたい人は、契約を結ぶ前から書類を用意しておくのがオススメです。多くの書類は助手席のダッシュボードに入っていますし、印鑑証明書や住民票といったものも市役所やサービスコーナーにさえ行ければ簡単に手に入ります。すでに書類が揃っている段階で契約を結べば、契約を結んでから書類を準備するよりもはるかにスムーズに車を売ることが可能です。

車両の引き渡し

一連の契約が完了したら、いよいよ愛車の引き渡しです。基本的には車を引き渡した後に入金されます。また引き渡し日には複数の書類にサインと印鑑を押すことになるのですが、押印した瞬間から「自分の車ではなくなる」ので、キャンセル料の有無や金額などもしっかりと聞いておきましょう。

また引き渡し日の設定にも要注意です。買取店側としては「1日でも早く買い取りたい」と考えているため早めのスケジュールを設定してきますが、一度考えた方が良いでしょう。なぜなら、もし新しい車を購入している場合その車の納車日の前に今の車を引き渡すことで「車に乗れない期間」が発生してしまうからです。なかには代車を用意してくれる買取店もありますが、自分の車に乗れない空白の期間が発生するのは嫌ですよね。そうならないためにも買取店とのスケジュールはしっかりと打ち合わせしておきましょう。

入金

愛車を無事に引き渡せたら最後に入金です。買取店によって異なりますが基本的に入金は【銀行振込】となります。そのため契約時などに「口座番号の分かるもの」を持っておくと良いでしょう。車を引き渡してから入金までは2日〜1週間ほどです。1週間以上経ってるのに入金されない場合は買取店に問い合わせてみましょう。

まとめ

車の売却方法について詳しく解説しました!いかがでしたか?
初めて売る人にとっては難しく思ってしまう車売却。たしかに手続きや書類集めなどは面倒に思う部分も多いですが、実際にやっていればそこまで難しくはありません。単に書類の数が多いだけで、多くの場合はすでに持っている書類を探すだけなので意外と簡単です。初めてだと不安に思う点も多いかと思いますが、もし分からないことがあれば店舗のスタッフに気兼ねなく聞いてみましょう。自分の目的に合った買取店であれば優しく説明してくれるはずです。

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます