車査定サイトの営業電話は苦手?しつこい電話の理由と価格交渉のツボ

車を売りたい時に便利な、<車査定サイト>が広く普及している現在、ネット上に数多くのサイトが存在します。ユーザーの選択肢が広がるのはメリットですが、その反面、「営業電話がしつこくてうるさい」という不満の声も。買取業者の営業電話は、なぜ掛かってくるのか?その理由と、車をかしこく売る必見のツボを紹介します。

営業電話は大きなデメリット


一括査定サイトなどを使ったユーザーは、「サイトに見積もりを依頼したら、本当に高く買取りしてくれた」「ディーラーでは、値段がつけられないと言われたのに、きちんと納得できる価格で買取ってもらえた」など、想像していたよりも高値での買取りが実現したと、喜びの声が上がっています。

これらは決してデマゴギーではなく、現実に、ディーラーで下取りよりも、買取業者の方が、確実に高く売却できます。それは、新車の販売がメインのディーラーとは異なり、買取業者は、中古車の販売ルートをしっかりと確保しているからです。このような、車を売りたいユーザーと、買取業者との橋渡しをするのが<車査定サイト>です。

たくさんの業者がサイトに登録し、ユーザーからの見積もり依頼を常にチェックして、欲しい車があれば、ぜひとも手に入れようと懸命になります。

査定サイトは個人情報を登録する

車を売りたい人の中には、今すぐにと考える人もいれば、とりあえず買取り相場だけ教えて欲しいと思う人など、さまざまです。車査定サイトでは、車の情報と住所氏名、電話番号といった個人情報を入力します。数多くの買取り業者と提携するクルマ一括査定は、業者が常に、車を売りたい人の情報をチェック。

そうなると、少なくとも複数の業者に、ユーザーの個人情報が知られることになります。一括査定を使うと電話がたくさん鳴るのは、サイトでユーザーの連絡先を把握しているため、欲しい車があれば、いつでも直接電話ができるからです。

車を高く売るには、とっても便利な車査定サイトですが、買取業者に連絡先を知らせなければ、交渉が始まらないというデメリットが存在します。

時間構わず掛かってくる電話にうんざり

クルマ一括査定では、サイトの種類にもよりますが、ユーザーの車を欲しいと思った業者から、必ず電話が掛かってきます。それは、ユーザーの所有する車に、それだけ価値があると考えることもできます。しかし、昼夜を問わず、複数の業者からひっきりなしに電話が鳴るのは、やはり迷惑だと感じてしまいますよね。

中には、ユーザーが査定サイトに登録をした直後に掛かってくるなど、きちんと見積もりしてくれたのか、不安になってしまうことも。買取業者からすれば、とにかく売り物がなければ商売になりません。どのような車であっても、必ず売却して利益を上げる術を持ち合わせている買取業者は、際限なく車を買い続けるのがセオリーです。

売りに出された車があれば、表現は悪いですが、まるで死骸に群がるハイエナのように、我先にと交渉を持ち掛けます。一括査定は、愛車を高く買ってくれるのがユーザーにとってはいい点ですが、業者にとっても、直接交渉ができるのが、願ってもないメリットとなります。

なぜ車査定サイトを利用すると電話がくるのか


車査定サイトに見積もりを依頼すると、複数の業者から電話が来るのは、ユーザーの車が欲しいと思う業者が多く登録されているからです。しかし、何度も電話を掛けてこなくても、売りたい場合は、ユーザーの方から連絡をするのにと考えてしまいますよね。このような買取業者からしつこく電話がかかる、その理由について、詳しく説明します。

一括査定の業者ではなく各社の買取業者から電話がくる

クルマ一括査定に情報を入力して、自宅で待っていると、いきなり電話が掛かって来て「○○様でいらっしゃいますか?私、株式会社<車を高く買います>の△△と申します。お車の買取りの件で、ご連絡させていただきました」と、「あなたは一体誰?」と思わず口にしたくなるような展開に。

このように、聞いたことのない相手から、いきなり電話が掛かって来たら、一体どういうこと?とびっくりしてしまいます。ユーザーからすれば、登録したサイトの運営会社から、連絡があるものと考えます。

クルマ一括査定はあくまで仲介役

ですが、クルマ一括査定は、あくまでユーザーと業者とを結ぶ仲介役です。買取り事業そのものには、直接かかわっていないため、その後の交渉は、ユーザーと業者との直接取引になります。このメリットは業者だけでなく、ユーザーにとっても、車を高く売るチャンスと言えます。

とはいえ、いきなり業者から「ぜひウチに買い取らせてほしい」と言われても、困ってしまうでしょう。多くのユーザーは、まずは自分の車の買取り相場を知ったうえで、売ろうかどうか決めたいところ。ユーザーは、信頼できる買取り業者を見つけるため、サイトを使います。それなのに、知らない業者からしつこく電話が掛かってきたら、かえって信頼を失うことにもなりかねません。

最初に電話した所が車を買い取れる可能性が高いから

一括査定サイトに登録したユーザーに、直接電話で交渉できるのは、買取り業者にはメリットですが、逆に迷惑と思われて失敗してしまうこともあるでしょう。そのようなリスクは、もちろん、買取り業者も十分に承知しています。

それでも電話を掛けてくるのには理由があり、それは、【最初に電話を掛けた所が、車を買取れる可能性が高い】という、ユーザー心理を見据えたセオリーが存在するためです。当然のことですが、自動車ユーザーの多くは、車の売買に関しては素人です。いきなりの電話に、最初は驚いたとしても、「自分の車に、こんなにも早く電話をしてくれた」と、ちょっと嬉しくなることも多いでしょう。

ユーザーとの直接交渉こそ業者の真骨頂

買取り業者は交渉のプロ。顧客に嫌がられず、丁寧で、好かれるような話し方を、十分に心得ています。「通常では~万円のところを、今なら〇〇円アップで買取らせていただきます!」「お客様は、本当にラッキーです。よくぞこの時期に査定を依頼されましたね」

といった、常套手段をいくつも持っていて、他の業者と比べられる前に、営業トークで押し切って買取しようと迫ります。ユーザーにしてみれば、こんなに一生懸命に買い取りたいと言ってくれるなら、お願いしてみようかな?と、コロリと手に落ちてしまうでしょう。

とはいえ、最初に電話を掛けてくれた業者が、決して、安く買取ろうとしている訳ではありません。最初に連絡をくれたのは、ユーザーの車がぜひとも欲しいからで、もっとも高い値段だった場合も。買取り業者からの営業電話がすべて悪いのではなく、ユーザーにとっても、車を高値で売却できるチャンスだということを、覚えておきましょう。

基本営業電話なしで査定する方法


買取り業者からの電話が、すべて迷惑ではないことはわかるけれど、知らない相手からの電話は受け取りたくない。このように考えるユーザーも多いでしょう。どうしても営業電話が嫌だという人には、基本営業電話なしで、愛車を査定してもらう方法があります。

値段を知るだけならおすすめの公式サイト

愛車を売るのに、安く買い叩かれるのは嫌だから、とりあえず自分の車の買取り相場だけ知りたい。このような人におすすめの、買取相場が簡単にわかるサイトがあります。それは、自動車メーカーの公式サイトにある、<下取り参考価格情報>のページです。

トヨタ

トヨタの公式サイトに、下取り価格参考情報のページがあります。こちらは、名前や連絡先といった個人情報を入力する必要はなく、愛車の名前や年式を入力するだけで、おおまかな値段がわかるというもの。トヨタ車以外に、国産車なら全メーカーの車種に対応しているため、下取りの相場が知りたいなら、気軽に利用できるのがメリットです。

ただし、表示される価格は、あくまでトヨタディーラーで下取りをした場合の目安です。そのため、買取り業者の査定額よりもかなり安く、高値で買取してもらいたい人には、あまりおすすめできません。車をすぐにでも売りたいというのでなく、とりあえず、参考までに相場を知っておきたいというなら、使っても良いでしょう。

日産

トヨタ以外では、日産の公式サイトにも、<下取り参考価格シミュレーション>があります。トヨタと同じで、車の情報を入力するだけで金額が表示され、とってもお手軽です。日産の場合も、ディーラーでの下取り価格の目安が表示され、車を高く売るための参考にはなりません。

改造車や事故車、特殊な車両については、サイトの価格を参考にせず、最寄りの日産ディーラーにへ問い合わせが必要です。

有名な中古車情報誌のサイトがある

電話なしに査定できる方法には、この他に、有名な中古車情報誌のサイトがあります。おすすめは、<カーセンサー.net簡単ネット査定>。こちらは、中古車専門の情報誌として有名な、カーセンサーが運営する、クルマ一括査定サイトです。このサイトは、電話でなく、メールで連絡を取り合うことが可能な業者だけを、選べるのがポイント。

これなら、しつこい営業電話に悩まされることなく、メールで提示された査定額を見て、車を売却するかどうか決めることができます。

完全に電話をなしにはできない


カーセンサーの一括査定では、面倒な営業電話に対応する必要はありません。ですが、最終的に自宅まで買取に来てもらうには、やはり業者と電話で相談する必要があります。どうせ電話が掛かってくるなら、いっそ信頼できる業者だけと提携している、車査定サイトを選びたいところ。

それなら、車の売買を規制する団体、<JPUC(一般社団法人日本自動車購入協会)>の監修を受けた、サイトを利用するのがおすすめです。

規制団体JPUCによって一応制限はある

JPUCでは、中古車の取引にトラブルがないよう、ユーザーと業者とに有益な情報を提供するために、加入する業者すべてに審査を設けています。JPUCに優良と認められた業者だけが、団体に加盟することを許されています。一括査定サイトとして有名な<かんたん車査定ガイド>と<ナビクル>は、JPUCに加盟する買取り業者だけが登録することのできるサイトです。

そのため、ユーザーがより信頼性の高い、買取り業者を選ぶことが可能。JPUCでは、車査定サイトを利用した場合の【しつこい勧誘電話】【キャンセルに伴うトラブル】【契約が成立したのに、買取金額が減額された】といった被害に、ユーザーが遭わないよう、加入業者に規制を設けています。

サイトのキャンセル機能を使う

クルマ一括査定サイトに見積もりを依頼したけれど、さまざまな理由で、売却するのをあきらめなければならなくなった。このような事も、少なくないでしょう。高いお金を出して購入した、大切な愛車を、一度は売ろうと考えたけれど、気が変わって売りたくなくなった。そうした場合は、一括査定サイトのキャンセル機能を使用しましょう。

かんたん車査定ガイド>と<ナビクル>では、ユーザーのお問い合わせフォームから、キャンセルを依頼すれば、ネットで簡単に処理できるからおすすめです。他には、<ズバット車買取>も、サイトのお問い合わせフォームで、キャンセルができます。

電話なしにできないなら車の査定に利用する


<かんたん車査定ガイド>や<ナビクル>のように、優良な業者だけと提携するサイトは、ユーザーにとってはありがたいです。しかし、最終的には、ネットでの見積額が高かった業者を選び、まず電話で価格交渉をしてみましょう。車をより高く売りたいのであれば、業者がつけた値段でそのまま買取してもらうと、をするのは間違いありません。

たとえ心を動かされる金額だったとしても、気持ちをぐっとこらえて、「この値段ではとても売れない」と一言いい、交渉の余地がありそうなら、出張査定を依頼しましょう。

想定される質問の答えを用意

車を売る際の交渉を有利に進めるには、買取り業者が質問すると想定されることを、事前にチェックして、あらかじめ答えを用意しておくことです。例えば、価格交渉では常套手段である「希望価格はいくらぐらいでしょうか?」といった質問に、「○○円です」と素直に答えるのはやめましょう。当然ながら「とてもその価格では買取できません」と、価格を下げてくるでしょう。

そのような質問には、「限界まで価格を上げて欲しい。限界まで」と、きっぱりと言い切ること。電話ならば、面と向かって、相手に直接言うよりも易いですし、自信を持って交渉に臨みましょう!

とにかくその場で決めない

買取り業者から「この金額で限界です。これ以上はムリです」と言われて、それならお願いしますと、電話で易々と受け入れてしまうのも間違いです。高値で買取ってもらうポイントは、何が何でもその場では決めないこと。最終的な判断は、出張査定に来てもらった際に、担当の査定士と直に交渉しましょう。

複数の業者の金額を控える

買取価格をアップする有効な方法は、競争原理を働かせることです。そのために便利なのが、車一括査定サイト。ネットで複数の業者からの見積金額が表示されるので、すべての数字をメモして控えておき、電話交渉に臨みましょう。業者から、具体的な査定額が出てきたら、「他社では、○○万円で買取るらしいので、もう少しアップしてほしい」と、すかさず切り出しましょう。

まとめ

車を高く売るためには、とても便利な査定サイトですが、しつこい営業電話には困りもの。迷惑な営業電話を避けるために、優良な買取業者だけと提携する、車一括査定サイトがおすすめです。とはいえ、車を高く売るためには、やはり業者と直接話をして、価格交渉をするのは必須です。

電話は苦手とケンエンしないで、電話だからこそ思ったことを話しやすく、高価買取が期待できることを、ぜひ覚えておきましょう。