車査定前にチェック!概算価格を調べる方法とは

「近いうちに愛車を売ろうと考えてるけど、出来るだけ高く売りたい。”概算価格”を知りたいんだけどどうやって調べればいいの?査定前にだいたいの価格を知っておきたい。」と考えているあなたへ。

そこで今回は【車売却における概算価格を調べる方法】をご紹介します。概算価格を知っているか知らないかで、後々の売却金額にも大きな差が生まれるのも事実です。この記事では、【概算価格を知っておくべき理由】をはじめ【概算価格を調べる方法】また【概算価格を知る際の注意点】まで詳しく解説しています。それではさっそく見ていきましょう。

ビッドナウ 車買取なら、
LINEでカンタン!45秒
しつこい電話も一切ありません

車の一括査定・購入相談をしてみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます

車の査定概算価格を知っておくべき理由

「そもそも概算価格って何?どうして知っておくべきなの?」と思っている人も多いことでしょう。そこでまずは【車の査定概算価格を知っておくべき理由】について説明していきます。概算価格ですが、知らないよりは知っておいた方が圧倒的に役立ちます。自分が損しないためにも、まずは以下の理由を抑えておきましょう。

その車種のだいたいの相場感覚が分かる

概算価格を知ることの最大のメリットは【その車種の相場感覚を掴める】ということです。

「概算」ですからざっくりとした数字にはなってしまいますが、何となくの相場が分かります。実は、この概算価格を知っているか知らないかで、のちのち大きな差になるのです。また、今ではインターネットを使って調べるのが主流となっているため、誰でも簡単に概算価格を知ることができます。

「車の知識にはちょっと自信がない・・・」という女性や、「忙しくて店舗に足を運ぶ暇がない」という方でも大丈夫です。たった数分で概算価格は調べることができます。

買い叩きを防止できる

概算価格を知っておくべき理由のひとつに【買い叩きを防止できる】が挙げられます。車を売ろうと考えたとき、「下取り」または「買取」のどちらかを選ぶことになるでしょう。

特に買取業者での買取で注意してほしいのが「買い叩き」です。買取業者は買取のプロです。多数の実績を積み重ねている一方で、営業トークも饒舌なスタッフがたくさんいます。できるだけ商品を安く仕入れようと考えているため、あの手この手でトークを仕掛けてくることでしょう。

そのため、スタッフの言葉を鵜呑みにして、結果的に安く買い叩かれてしまったというケースも多数あるのです。それらを防ぐためにも概算価格が重要です。自分が売ろうとしている車のざっくりとした買取価格を知っていると「基準」が分かりますよね。そうすると、スタッフが提示してくる金額が高いのか安いのか自分で判断することができます。

安ければ「概算価格ではこれくらいの金額になっているのですが、どうなのでしょう?」と聞くこともできますよね。基準さえ知っていれば自分が損をしなくて済むわけです。「こんなはずじゃなかった・・・」と後で後悔しないためにも、概算価格を知っておくことはきわめて重要なのです。

交渉に有利になる

買い叩きの防止にもやや似ていますが【交渉を有利に進められる】のも概算価格を知っておくべき大きな理由です。

車を売ることを決めたら必然的に買取店やディーラーに足を運びますが、スタッフの言葉を鵜呑みにしない限り、ほぼ必ず金額交渉することになります。ここで概算価格を知っていれば、かなり有利になるのです。先ほど言ったように「価格の基準」が分かっているわけですから、スタッフが提示してくる金額に対して、「サイトでは〇〇万円だった」「他の買取店では〇〇万円だった」とハッキリと意見を言えるようになるわけです。そうすると、交渉の主導権を握れます。

買取店側としては車は大切な商品ですから、目の前にある車をどうしても買い取りたいわけです。そのため、ある程度攻めた交渉でも応じてくれる可能性が高いでしょう。そういった意味でも、概算価格を知っておくことはとても大切なのです。

車の査定概算価格を調べる方法

それでは続いて【車の査定概算価格を調べる方法】をご紹介していきます。たしかに概算価格を知ることは大切ですが「どうやって調べればいいの?」といった疑問が出てきますよね。ここでは具体的な調べ方を説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。誰でも簡単にできますよ。

メーカーが運営するサイトを使う

まず1つ目の方法が【メーカーが運営するサイトを使う】です。

全てのメーカーではありませんが、概算価格を知るツールとして「参考価格シミュレーション」というサイトが存在します。現状、トヨタと日産の2社しか運営していませんが、主に「下取り価格」を調べることができます。使い方はいたってシンプルで、専用ページから「売りたい車のメーカー」「売りたい車の車種」「売りたい車の年式」を入力するだけです。

一括査定サイトであれば、もう少し踏み込んだ車の情報や個人情報を入力する必要がありますが、参考価格シミュレーションでは、そういった情報は必要ありません。個人情報を入力しなくても概算価格を知れるのは大きなメリットと言えるでしょう。

ただ、このシミュレーションはあくまでも「下取価格」となっています。買取店での買取価格ではなく、ディーラーでの下取価格なので、買取金額がやや低くなってしまうのがデメリットです。買取だけを考えているのならあまりおすすめできませんが、車を買い替えたい人は一度使ってみても良いでしょう。

口コミサイトから相場感覚を掴む

2つ目の方法は【口コミサイトから相場感覚を掴む】というものです。

インターネット上にある口コミサイトを開くと、実際に一括査定を受けて車を売った人の口コミが出ています。売却金額だけでなく「売った車の年式」「ボディカラー」「走行距離」「査定依頼を出した買取店の数」などの情報も併せて載っています。特にカービューというサイトがおすすめです。

車種によって口コミ数は異なりますが、実際に車を売った人の情報ですので、信用度は高いと言えます。
また日本車だけでなくドイツ車やアメリカ車、イギリス車、イタリア車などの外車の口コミも載っています。基本的にどんな車の概算価格も調べることができるでしょう。先ほどご紹介した「参考価格シミュレーション」などと並行して使うと、より相場感覚が掴めるはずです。

一括査定サイトを使う

3つ目の方法が【一括査定サイトを使う】です。

一括査定サイトとは「複数の買取店に査定依頼を出すことができるサービス」のこと。また査定依頼だけでなく簡単な見積もりも出すことができます。さらにサイト内で概算価格を知ることもできるため、店舗に足を運ばずして相場感覚を掴めますよ。

サイト内だけで概算価格を調べるのも良いですが、複数の買取店とアポイントを取り、実車査定の予約まですることが可能です。実車査定を受けて本格的な見積もりを出してもらうのもひとつの手ですね。見積もりを複数社から出してもらえば、より正確な相場を知ることもできます。

ただ一括査定サイトでは「個人情報」を入力する必要があります。悪用されるようなことはまずありませんが、個人情報に対して抵抗のある人だと利用しづらいでしょう。ただ、情報の正確性はかなり高まるので、「自分に合った買取店を選びたい」「より詳しい買取金額を知りたい」と考えているのなら、一度使ってみるのが良いでしょう。

概算価格を知る際の注意点

それでは最後に【概算価格を知る際の注意点】を見ていきましょう。あらかじめ概算価格を知っておくことで、買い叩きを防いだり交渉を有利に進めたりすることができますが、一方で注意点もいくつかあります。具体的に以下の注意点をよく覚えておきましょう。

そもそも概算価格を調べるサイトは精度が低い

まず1つ目の注意点が【概算価格を調べるサイトは精度が低い】ということ。相場が分かるといっても、あくまでも「概算」です。概算価格を調べられるサイトのほとんどは、情報量が少なかったり、実際の買取金額と異なったりします。たしかに概算価格を知っておくことで交渉が有利になるなどメリットがありますが、概算価格そのものを信用しすぎないようにしましょう。

より正確な数字を出したいのなら、前述した「一括査定サイト」にて実車査定を受けるのがおすすめです。実際に査定を受けて本格的な見積もりを出すのに越したことはありません。まずは概算価格をざっくりと調べて、その後実車査定を受けるのが良いでしょう。

一括査定サイトだとたくさん電話がかかってくる

何度もご紹介している一括査定サイトですが、比較的大きなデメリットでもある【たくさん電話がかかってくる】ということ。

「一括査定」なので、10~30社もの買取店とアポイントを取ることができます。その際、査定依頼を出した数だけ電話がかかってくるわけです。10社に依頼をしたら最低でも10回の電話がかかってくると考えた方が良いでしょう。その電話にうんざりしてしまう人が多いのも事実です。

また、なかには頻繁に電話をかけてくる業者も存在しています。そのため、一括査定サイトの口コミでも「電話がしつこい」といった内容のものが寄せられています。同サイトは、概算価格を知るためのツールとしてはとても便利ですが、一方でデメリットもあるということを覚えておきましょう。

いくつものサイトで概算価格ばかり見ても意味がない

何度も言うように、概算価格はあくまでも概算です。参考価格シミュレーションや一括査定サイトなどさまざまなツールがありますが、概算価格だけをたくさん調べてもあまり意味がありません。

本格的な見積もりを複数出してもらうのであれば正確性は高いですが、インターネット上でおおむねの価格だけ調べていても、結局のところ納得のいく金額で車を売ることはできないでしょう。そのため、ある程度概算価格が分かったら早めに実車査定を受けるのがおすすめです。インターネットだけで完結するのと、実際に査定を受けるのとでは天と地ほどの差があるといっても過言ではありません。

「買取価格」と「下取価格」は異なる

今回の記事で概算価格を調べられるサイトをいくつかご紹介しましたが、ひとつ注意してほしいのが【買取価格と下取価格は違う】という点です。買取は「買取店での買取」、下取りは「ディーラーでの下取」となります。

基本的に下取りよりも買取の方が売却金額は高くなるのです。下取りをするディーラーは本来「新車販売のプロ」です。買取店と比べて買取実績は圧倒的に少ないため、正確な査定ができなかったり、買取の知識が乏しかったりします。車を買い替えるのであればディーラー下取りでも問題はありませんが、そうでないのなら買取店に依頼するのが良いでしょう。

まとめ

車査定における概算価格について解説しました。いかがでしたか?車を売るときに、だいたいの価格を知っているか知らないかで大きな差が生まれます。特に車売却が初めての人はなおさらです。

ざっくりとした相場を知っておけば買い叩かれる心配もありませんし、交渉にも有利になります。ぜひ今回の記事を参考にしながら概算価格を知って、納得のいく価格で車を売りましょう!

クルマを売買するなら

LINE@でカンタン
一括査定・購入相談!

  • ・しつこい電話一切なし!
  • ・複数業者見積もりで価格が上がる
  • ・購入相談もできる!

いますぐ相談してみる

※利用規約とプライバシーポリシーに同意したとみなされ、LINEで友だちに追加されます