車検が切れた車はどうすればいい?買取りしてもらうときの注意点

車検が切れてしまって、自宅にそのまま放置したままの車はありませんか?車検が切れてしまった車は売ることは出来ないの?そんな悩みを抱えている人は少なからずいるはず。そこで今回は、車検切れの車も売ることが出来ることを紹介していきます!

車検とは

車検とは、車を所有することを法律で認めてもらうと共に、車に不具合がないように、安全に使用出来る車であることを確認するために定められた制度のことを言います。自動車の場合、車検を継続して一定期間ごとに受ける必要があり、特殊な自動車以外は新車で購入した時は3年後、それ以降は2年ごとに継続検査を受けなければいけません。

車検を受けると新しい自動車検査証が交付されて、車検満了日などが自動車検査証に記載されます。また、車検に合格した際に貰う車検ステッカーをフロントガラスの見えやすい場所に貼らなければいけません。

車検切れの車でも売ることは可能

結論から言いますと、車検が切れている車でも車検が付いている車と同じで、問題なく売ることが出来ます。ただ、車検が切れたままの状態だと公道を走ることは出来ませんから、仮ナンバーを借りるかキャリアカーなどで車を引き取りに行く必要があり、買取専門業者によっては引き取るための費用が別途掛かる場合があるかもしれません。

買い取る車の査定額がそれなりにある場合は、車を引き取る金額を売ったお金の中から相殺すれば良いですが、故障などで全く動かすことが出来ない買取としての価値がないような車の場合は、廃車手続きも必要となるので買取査定を依頼した買取専門業者と相談して下さい。

買取専門業者側からすると、車検が残っていても車検が切れていても、車を買い取ること自体は全く問題ないですし、査定自体も車検が切れているから安いと言うようなことはありません。

このように、車検が切れていても買取としては全く問題ないのですが、その車に買取るだけの価値があるかどうかが重要なので、車検切れの車で売ろうかどうか迷っている人は、なるべく早い段階で買取専門業者へ相談するようにしましょう。

車検が切れるギリギリ直前が一番の売り時!

車検を受けたばかりの車は、買取査定に出せば高く買い取ってくれると思っている人は多いのではないでしょうか?「車を売りたいけど、もうすぐ車検が切れるから車検を受けてから売った方がいいかな?」って聞いたことがありますが、答えはNO!です。

たとえ車検を受けたとしても、車検に掛かった法定費用や車検整備費用など、車検を受けるために多額の費用が掛かるので、その金額以上の高価査定が出れば良いのですが、実際はそこまでのプラス査定は考えにくいのが実情です。車検が切れていても、車検が数か月残っていても、車検を受けたばかりだとしても、買取の査定は車本体の状態がどうかがポイントなので、車検の有無については査定額にそこまで大きな影響はありません。

車検が満タンであったり、1年以上車検が残っているとでは、多少は評価があがるのかもしれませんが、高価査定の基準ではないので、車検を受けるだけ無駄となってしまいます。

中古車を購入する立場から見ると、車検がたくさん残っている方が嬉しいですし買いやすいのですが、中古車販売業者の立場からすると車検が切れてしまっている車の方が、自動車税や自賠責保険を支払わずに済みますから、お金をかけずに気兼ねなく在庫車として販売することが出来ます。

中古車販売店では、自社で車検を安く通すことも出来ますし、車検切れの車が他のお客様に売れたときは、購入されたお客様自身が自動車税や自賠責保険料や車検費用を支払うようになるので、中古車販売店としては何の問題もありません。

全く車検が切れてしまっているよりも、車検まで1~3ヶ月くらい残してある方が、公道を走ることもできますし、ナンバープレートが付いている車なので名義変更などの手続きがやりやすいメリットはありますね。

車検が切れてしまっている車だと、買取契約後に買取専門業者が積載車で引き取りにいく必要があり、車検がギリギリ残っている車と比べると手間と時間が余分にはかるので、車検がギリギリでも残って売る方が査定的にもいいと言えます。

車検が切れている車を売るときの注意点

車検切れの車を査定依頼するときは、「近所だから少しくらいは乗っても大丈夫かな?」と思っても、絶対に公道を運転しては駄目ですから、買取専門業者へ出張査定の依頼を行って下さい。

万が一、車検が切れた状態の車で公道を走ってしまうと道路運送車両違反で違反点数が6点、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金になってしまいますし、自賠責保険の期限が切れていた場合は、自動車損害賠償保障法違反が加えられるため、違反点数が12点と1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金になってしまいます。

どうしても車検が切れている車に乗らないといけない場合は、市役所などへ自動車検査証と新しく加入した自賠責保険を持参の上、仮ナンバーを借りる手続きを行ってから乗るようにして下さい。また、車買取専門業者へ買取を依頼する時は、車検が切れている旨とキャリアカーなどで引き取りに来るようお願いしましょう。

出張買取を頼む

車検切れの車でも最近の車買取専門業者は、無料で出張買取査定を行ってくれる業者がほとんどなので、売る側は特に何も心配する必要はありません。車買取専門業者へ車検の切れている車の買取査定を依頼する場合は、必ず車検が切れてしまっている旨と現在の車の状態を伝えて下さい。

買取専門業者の中には、事故で大きく破損した動かない車の買取はしていない買取専門業者も多いので、ある程度のことを電話で伝えることも重要です。

車検切れの車を売るときの必要書類

車を売るときの書類とは、一般的には名義変更を行うための書類なのですが、普通車の場合は車検が残っていないと名義変更をする事が出来ません。車検が切れている車の名義変更をするときは、車検を受けてから名義変更を行わないといけませんが、今回は車検切れの車を買取専門業者へ売る訳ですから普通の売買とはちょっとやり方が違います。

車検切れの車を買取専門業者へ売るときは、一時的に車を使用出来ない状態にする手続きをしなくてはいけませんので、それに必要な書類を用意する必要があります。この一時的に車を使用出来ない状態にする手続きのことを、一時抹消登録と言います。

余談ですが、一時抹消登録は一時的に使用出来なくするだけなので、車を使うときが来たら車検を受けて再登録行うことで、再び車に乗ることが出来ます。
抹消登録にはもう一つ永久抹消登録があり、こちらは永久抹消登録をしてしまうとその車は、二度と復活出来なくなる手続きなので覚えておいて下さい。

一時抹消登録は、買取専門業者が車を引き取ってから行うので、一時抹消登録に必要な書類だけを用意しておいて、買取契約が完了したときに買取専門業者へ渡して下さい。

一時抹消登録に必要な書類

【自動車検査証】:車検証のことで、基本的には車に車載してあるはずです。

【委任状】   :自動車検査証の所有者欄に記載されている人の実印を捺印します。

【印鑑証明書】 :委任状に捺印した実印が、自動車検査証の所有者欄に記載されている本人の実印で間違いないことを証明するための証明書です。

※印鑑証明書は、発行日から3ヵ月以内のものじゃないと証明書としての効力がありません。

※軽自動車を抹消登録するときは、普通車と違って認め印と自動車検査証さえあれば車検が切れていても名義変更をすることが可能です。

高く売るためのポイント

車を高く売るために必要なことで、最低限行わないといけないのが、車の内外装を綺麗にしておくことです。基本的なことですが、汚い車だと小傷や塗装状況も確認することが出来ませんし、見た目も良くありませんから、せっかく良い車でも安っぽく見えてしまいます。

そこまで綺麗にする必要はありませんが、日常行う程度の掃除はして買取査定をするようにしましょう。また、カスタムをしている車や純正パーツと交換するような装備品を付けている場合は、外した純正パーツを保管してあるかどうかで、買取査定も変わってきます。

純正パーツから社外パーツへ交換したときに、取り外した純正パーツを捨ててしまう人がたまに居ますが、絶対に捨てないようにしましょう!社外パーツの中には、車検に通らないパーツもあるので、次に車を買った人が純正パーツを購入しないといけない状況になることがあります。

そのような理由から、純正パーツがない場合は買取としての査定評価も大きくダウンしてしまうので、車を高く売るなら絶対に純正パーツは保管しておかなければいけません。もう一つ、車を高く売るために必要な物は、装備品の取扱説明書やパーツの保証書や車の取扱説明書と整備記録簿があるかどうかをチェックして下さい。

車の整備記録簿は、人間で言うカルテのような物で、その車がいつ、どのような部品を使って、どのような修理やメンテナンスを行ってきたのかが、整備記録簿には全て記載されています。車がどのような状態で乗られていたのかは、整備記録簿を見れば一目瞭然なので、高価買取を狙う上では重要なアイテムの整備記録簿は、大切に保管しておいて下さい。

車検が切れていてもOKの買取専門業者

車検が切れていても買い取ってくれない買取専門業者はまずないですが、大手車検が切れている車の買取に長けた買取専門業者を数社、紹介させて頂きますね。

ガリバー

全国47都道府県に550店舗を展開する、車買取専門業者国内最大大手のガリバー。ガリバーでは、毎日500万台もの車の買取が行われていることもあって、中古車買取台数も中古車販売台数共に業界No.1の実績があります。

ガリバーでは、車検が切れている車の買取ももちろんOKですが、故障してしまって動かなくなった車の査定も行っています。故障している箇所を修理するよりも、修理しないでそのまま売った方が、直し損をすることがないですから助かりますね。

しかし、ガリバーでは走行が可能な事故現状車は買取出来るのですが、損傷が激しく走行が出来ない不動車の事故車の買取は行っていません。

ビッグモーター

全国307店舗を展開する、国内最大大手の中古車販売業者のビッグモーターです。2016年~2018年8月のTCPマーケティング調べでは、中古車買取台数2年連続No.1、中古車販売台数3年連続No.1、中古車買取価格中古車販売顧客満足度No.1の実績があります。

ビッグモーターは、中古車販売業者にも関わらず、年間120万人もの人が車の買取査定の申し込みをしていて、キャッチフレーズが「他店よりも1円でも安ければご相談下さい。」をうたっています。車の買取でも輝かしい実績があるビッグモーターですが、何と言っても中古車買取価格中古車販売顧客満足度No.1なので当然、車検が切れている車の買取査定でも高価買取が期待出来ます。

カーネクスト

カーネクストは、車検が切れた状態で放置したままの車や、故障で動かなくなった車などを引き取り料、陸送費用、解体費用、廃車の手続き代行費用全て無料で行ってくれます。

他社が嫌がる事故でボロボロになってしまった上に、車検も切れてしまっているような車でも、カーネクストなら買い取ってくれるので心強いですね。車検切れの車、不動車、事故車のことならカーネクストに依頼すれば全て解決してくれます。

複数の買取専門業者を比較してみよう!

先ほど紹介した買取専門業者を比較すると、どの買取専門業者でも問題なく買取を行っています。故障して動かなくなった車も、現状のまま買い取ってくれるのも助かりますね。

普通に走行が出来る車検切れの車は、やはり大手買取専門業者のガリバーやビッグモーターの方が高価買取が期待出来そうに思えます。ただ、車検切れで全く動かない車の買取となると、大手買取専門業者よりも、不動車を得意としているカーネクストが料金的にも良いように感じますね。

まとめ

車検が切れた車の買取について紹介してきましたが、普通に動くからと言って車検が切れた車を運転しないようにして下さいね!

事故を起こしてしまったら保険も使えませんし、大変厳しい処罰を受けることになるので、取り返しのつかないことになってしまいます。車検が切れてもそのまま放置せず、車買取専門業者へ相談して早めに売るようにしてくださいね。