車買取アップルは5年連続顧客満足度調査1位!その特徴と評判は?

「車買取業者のアップルは実際どうなんだろう?評判が良いと聞いたので特徴や評判について詳しく知りたい」あなたへ。今回は、車買取業者【アップル】について徹底解説します!

数ある車買取業者の中でもひときわ人気度の高いアップル。顧客満足度は5年連続で1位を獲得しています。そんなアップルには一体どんな魅力があるのでしょうか?特徴や評判、さらにはアップルでの車買取の流れまで詳しく解説します。

ぜひこの記事を読んでスムーズに愛車を売却しましょう!

アップル 3つの特徴

まずはアップルの特徴から見ていきましょう。アップルの評価はとても高く「5年連続で顧客満足度1位」を獲得しています。多くのユーザーから愛されているアップル。愛される裏には、一体どんな魅力があるのでしょうか。

高品質のサービス

アップルの最大の魅力はやはり【サービスの質】。口コミで検索しても「スタッフが親切で分かりやすく説明してくれた」「また利用したい」との声が多数上がっています。先述した顧客満足度1位の結果も、当然ながらユーザーが満足したからこそ得られたもの。査定額が高いのはもちろん、一人ひとりのユーザーに寄り添った対応をしてくれます。

また車買取でありがちな「営業電話」についての口コミも多数あり、「電話対応が丁寧だった」「売ることを強要されないので安心した」といった声も多数あります。一括査定サイト上から申し込んだ際、たくさんの買取店から一斉に電話がかかってきてストレスを感じる人も多いですが、アップルではしつこい電話は一切行なっていないので安心できます。

それなのにも関わらず「手続きがスムーズで良かった」「ほとんど待たされることがなかった」と満足度の高い口コミも多数。アップルでは、面倒に感じる売却も、一つひとつ丁寧に対応してくれます。

加えてアフターフォローも充実。
車売却では面倒な手続きがいくつもありますが、それらも無料代行してくれます。売却の手続き期間には「代車」の無料貸し出しも。

このようにアップルでは、ユーザー側の手間を最大限省いたサービスを提供してくれます。正式契約についても、ユーザーが査定に納得してから行ないます。

中間マージンがないので高額査定が可能

アップルの流通システムは他社とは大きく異なります。車の取引において仲介業者を通さないため、仲介手数料である「中間マージン」が存在せず、売り手と買い手を直接繋ぐことができるのです。そのため高額査定が可能となります。

アップルでは、店舗向けだけではなく、オートオークションにも出品。そうすることで中間マージンが発生しないのはもちろん、時間のロスも最大限にカットできます。

また通常店舗を持つ業者は、在庫を保管するためのコストは大きなリスク。しかし、アップルでは車を買い取ってからわずか1週間ほどでオークションに出品し、商品の回転率を高めることでコストを削減。その分ユーザーに還元できます。

また、アップルでは店舗での買取も可能。しかも、多店舗展開していても店舗ごとに査定額が異なることはありません。「価格の適正化」と呼ばれるシステムによって、どこの店舗で売っても正しい査定をしてもらえます。

独自のネットワークを持つ

3つ目の特徴は【独自のネットワーク】。アップルは全国に236店舗を構える超巨大な買取業者。このネットワークを駆使して「どこの地域だと高く売れるか?」を分析し、より高く売れる地域にオークションをかけることができます。

いわゆる市場調査を行ない「ここなら売れる!」という確信を得てから出品するため、高い確率で高額査定が可能です。

さらに、アップルの流通ルートは、国内のみならず海外にも及びます。自動車には数えきれないほどの車種があり、中には「日本では価値がないけど海外なら高く売れる」ケースも。そのため世界規模で需要と供給を見極めて車を売ることもできます。

また車そのものだけでなく、パーツだけの出品も行なっています。このように、海外にも経済圏を持つことで、アップルではより国内での車買取に注力することができるのです。

アップルの評判と利用した人の口コミ

多くのユーザーから愛されるアップルですが、その評判を具体的に掘り下げて見ていきましょう。ここでは実際にアップルを利用した人の口コミをご紹介します。ぜひ参考にして、アップルでの車売却に役立ててください。

スタッフの対応が親切

「スタッフの対応が優しくて分かりやすかった。今までいくつかの買取店で車を売ったことがあるけど、アップルがいちばん良かったと思う。必要書類や手続きについてもスムーズで、詰まるところも一切なかった。契約から車の引き取りまでも時間を与えてくれたので心にも余裕が生まれたし、引き渡した後はすぐに支払いがされた」

スタッフの対応が良いという声がたくさんあります。買取店にとって車は大切な商品。それゆえに、ユーザーの売却を急かす買取店もあります。その点アップルは、急かすことも一切なく、親切かつスピーディに手続きを進めてくれます。支払いについても、遅延することなくすぐに入金してくれますよ。

予想以上の高い見積もりだった

「一括査定サイトを使って3社から見積もりを出してもらったけど、アップルの見積もりが一番高かった。他の2社と比べて20万円ほど高く見積もってくれたので驚いた。その後アップルに買取をお願いしたが、手続きから入金までスムーズに対応してくれて大満足だった。また利用したいと思う」

アップルでは中間マージンが発生しないので他社よりも高い査定が実現できます。車種や車の状態によっては、自分が思っている以上の高額査定を受けられるケースもあるでしょう。それに加えて手続きもスムーズです。

ユーザーへの心遣いが素敵

「インターネットを使って査定依頼を出したが、わざわざ家まで来て査定してくれた。その時のスタッフの対応も好印象でした。査定もスムーズで納得のいく結果だった上に、ユーザーに対する心遣いが素敵だなと思った。自宅で査定してもらえる上に、ここまで丁寧に対応してくれる買取店は他にはなかなかないと思う」

アップルでは出張買取も実施。スタッフが実際に自宅まで来て査定をしてくれますが、店舗も自宅も関係なく正確な査定を行なってくれるので安心です。査定時間は長くて30分ほど。じっくりと時間をかけて正しい査定をしてくれます。

諦めかけていたところをアップルに救われた

「他社にも査定をしてもらったが、査定額ゼロだったり、5,000円でしか買い取れないと言われたりした。諦めかけていたが、最後にアップルさんで査定をしてもらったところ、納得のいく金額で買い取ってくれた。また売却後に、売った車の写真を送ってくれたので感動した」

アップルでは、他社では買い取ってくれないような車でも査定額をつけることが可能です。独自の流通ネットワークを駆使して、最大限ユーザーに寄り添った対応をしてくれるので安心して車を任せられます。

最後に愛車と一緒に写真を撮ってくれた

「どこで査定してもらっても買値がつかなくて悲しんでいたがアップルが買い取ってくれた。対応もスムーズでとても助かった。また、最後に写真撮りますか?と言われて愛車と一緒に写真を撮ってもらった。ここまでサービスの行き届いた買取店は他にないと思う」

アップルのサービス精神は業界トップクラス。どのスタッフも「ここまでしてくれるの?」というほど親切に対応してくれます。

アップルで車を高く売る方法

続いては【アップルで車を高く売る方法】をご紹介します。ちょっとした工夫をするだけで査定アップを狙うことができます。愛車を高く売るためにも以下のポイントをおさえておきましょう。

外装・内装をキレイにしておく

車においても第一印象は大切。細かい傷がたくさんついていたり、ヘコミがあったりすると、やはり査定額は落ちてしまいます。外装や内装はパッと見るだけで分かるので、できるかぎりキレイに。日頃から車内を掃除したり、定期的に洗車をしておきましょう。

右ハンドルの場合は要注意

右ハンドルの車では、左前が見えづらいため傷がつきやすいもの。傷がついている場合は、ワックスを使って磨くのがオススメです。

サンルーフ

アップルでは「サンルーフ」も査定アップの対象。サンルーフは新車購入時に取り付けると7万~8万円ほどしますが、売却時にはそのままの金額が上乗せされる可能性が高くなります。

エアロパーツ

エアロパーツも査定に影響を与えます。そのなかでも「純正のネジ穴がそのまま使えるエアロパーツ」については査定アップが見込めます。一方で、新しく穴を開けなければならないものはマイナス査定になってしまうので要注意。

タイヤ

タイヤも査定アップにおいて大切な要素。タイヤは走行距離が多くなればなるほど擦り減ってしまいますが、年式相応に減っているのなら問題はありません。ただし、「スタッドレスタイヤ」の場合はマイナス査定になってしまうので注意が必要です。

ドアの鍵穴

ドアの鍵穴も注意しましょう。鍵穴に鍵を差し込んだときに穴の周辺を傷つけてしまうケースが多く、目を凝らして見ると細かい傷がたくさんできていることがあります。ワックスで丁寧に磨いておくのが良いでしょう。

オーディオ類

車内に付いているオーディオ類も査定に影響を与えます。社外のオーディオは判断が難しいですが、「カーナビ」が付いている場合は、純正や社外品問わずプラス査定になる可能性が高くなります。

ハンドルとスイッチ類

運転席周辺にあるハンドルやスイッチは「よく手が触れる場所」。気づかぬうちに傷つけていたり汚れていたりするので、しっかりとチェックしておきましょう。

査定時のアピールを忘れずに!

査定時のアピールも忘れずに行いましょう!査定も「人と人」で行なうものなので、査定士の心を動かすようなアピールをすれば査定額がアップする可能性も高まるでしょう。

特に「長年使ってきた愛車です」とアピールするのがオススメ。持ち主に愛されてきた車というのは、パッと見ただけで分かるそう。少し年季が入っていても、日頃から美しい状態が保たれていれば、「この人は車を大切にしてきたんだな」と思うのです。会話を重ねながらできるところはしっかりとアピールしておきましょう。

アップルで買取してもらうときの必要書類と流れ

それでは最後に【アップルでの車買取の必要書類と流れ】を解説します。
手続きの流れについては他社とほとんど同じですが、アップルに限らず必要書類はやや面倒なので、ここでおさらいしておきましょう。

電話で査定を依頼する

まずは査定依頼を出すところから。査定は電話で依頼するケースがほとんどでしょう。なかには「一括査定サイト」を使ってアップルを見つけた人もいるはず。

一括査定サイトを使った場合は、サイト内にて電話番号を入力しているはずなので、アップルから査定や見積もりに関する電話がかかってきます。そこで伝えられた流れに沿って手続きを進めていきましょう。

加えてアップルは「公式サイトでの無料見積もり」も行なっています。ホームページにリンクして、愛車の基本情報や自分の連絡先などを入力するだけでカンタン査定が可能。また、査定結果はメールアドレスに送られてくるので、入力時にミスしないように気をつけましょう。

実車査定を受ける

電話でスケジュールを確認をしたら、いよいよ実車査定。アップルでは「店舗査定」または「出張査定」のどちらかを選べます。店舗まで足を運ぶ時間がない人は出張査定がオススメ。

いずれにしてもスタッフが手早く対応してくれるので、ほとんど待たずに査定を終わらせることができます。スタッフと会話しながら、ここで愛車のアピールなどもしておくと良いでしょう。

見積もりが出る

実車査定が終わったら見積もりが出ます。ここで「成約するかどうか」を決めるわけですが、すぐに決められなければ、少し時間を空けることも可能。もちろん納得できないときは断ることもできます。

正式に契約

見積もりに納得できたら正式契約に進みます。ここからが少し面倒。契約を進める上でいくつかの「書類」を準備する必要があります。自分で用意するもの、お店側が用意する書類もありますが、必要書類は以下の通りです。

車検証

売却する車の車検証が必要になります。しっかりと車検を受けていることを証明する書類で、車内に保管することが義務付けられています。もし失くしてしまった場合は、運輸支局にて再交付が可能です。

自動車税納税証明書

毎年5月末ごろまでに納税する自動車税の納税証明書。そもそも自動車税を納めていなければ自動車を売ることはできません。もし失くしてしまった場合は税事務所にて再交付できます。

自動車損害賠償責任保険証明証

強制保険である「自賠責保険」の証明証。保険の有効期限が切れていると車を売ることができないので、期限内のものを保管しておきましょう。失くした場合は加入している保険会社に連絡しましょう。再交付を受けられます。

リサイクル券

車のリサイクル料を支払っていることを証明する書類。こちらも普段は触らない書類ですので、車内に保管している人がほとんどです。

実印

書類に「実印」を押すところがいくつかあります。実印がなければ契約を結ぶことはできません。印鑑証明で登録しているものを用意しましょう。

印鑑証明書(2通)

実印を証明するための証明書。手続きをする際には「2通」の印鑑証明書が必要になります。「車の名義変更」「自動車税の権利譲渡」にそれぞれ使われます。個人での売却であれば各市町村にて発行が可能です。法人の場合は法務局にて発行を受けられます。

委任状

手続きを店側に委託するために必要な書類で、最終的には陸運局に提出されます。また委任状には「実印」を押印するところがあるので覚えておきましょう。基本的に委任状は店側が用意してくれます。

譲渡証明証

車の車台番号などが書かれた証明証です。こちらも最終的に陸運局に提出するかたちになりますが、基本的には店側が用意してくれます。同じく実印を押すところがあるので忘れずに。

軽自動車は書類が少ない

軽自動車では必要書類が少なくなります。「車検証」「自動車税納税証明書」「自動車損害賠償責任保険」「リサイクル券」「自動車検査証記入申請書」「押印」だけでOK。実印や印鑑証明は必要ありません。

住所が変わった人は要注意

車の購入から売却までに住所変更をした人は要注意。現在の住所と車検証に記載されている住所が違う場合は「住民票」、何度も住所変更をしている場合は「住民票の除票または戸籍の附票」、結婚などによって名字が変わった場合は「戸籍謄本」が必要になります。

入金

必要書類を提出して手続きが全て終了したら、最後に入金。基本的には買取金額がユーザーの口座に振り込まれることになります。

万が一ローンが残っている場合でも、査定額からローンの残りを引いた分が支払われます。入金をスムーズにするためにも、契約時に口座番号の分かるものを持っていくと良いでしょう。

まとめ

車買取業者【アップル】について徹底解説しましたが、いかがでしたか?
数ある車買取業者の中でも顧客満足度がトップクラスのアップル。アフターフォローや高額査定など、ユーザーにとってありがたいサービスが充実しています。

また口コミについても高評価ばかり。また利用したいとの声も多いがゆえに、アップルにはたくさんのリピーターが根付いています。
車売却が初めての人でも大丈夫。スタッフが優しく親切に対応してくれるので一切問題ありません。この記事を参考にして、スムーズに愛車を売ることができるでしょう。

【最新2019年版】車の買取業者オススメ12社を徹底比較!