車買取店よりお得?カーオークションのメリットデメリットを徹底解説

「車を売りたいけど、『カーオークション』って高く売れるの?」
「車を売るのに、『ディーラー・買取店』と『オークション』ではどちらが得?」

という疑問をお持ちの方も多いです。結論から言いますと、車をカーオークションに出品すれば、多くのケースでディーラーや中古車買取専門店より高く売却することができます。

ただ、カーオークションは一般人にとって身近な売却手段ではないので、きちんとした知識をつけてよく検討してから出品すべきです。今回の記事では「カーオークション」の実態からカーオークション代行業者の選び方、オークション出品での注意点をお伝えします。



目次

オークションとカーディーラーとの違いは?


車を買取してもらうにはいろいろな手段があります。代表的な売却先が「カーオークションでの落札」「カーディーラーでの買取」「中古車買取専門店での買取」の3つです。それぞれ特徴が異なり、メリット・デメリットがありますので解説していきます。

ディーラーや買取店は買取価格が安いことが多い

ディーラーの買取価格

ディーラーでの買取は「新車購入時の下取り」になります。下取り価格は相場より安いことがよくあります。ディーラーでは「1台の新車を販売して、いくら利益が上げられるか」を追及していますから、なるべく安く下取りすることで利益を出そうとします。

ユーザーの興味関心は大部分が新車のほうにいっていますから、下取車の市場での価値を調べたりせずに営業マンを信用する傾向があります。新車で10万円値引きされたとしても下取りで10万円損していたら、差し引きゼロになってしまいます。

ディーラーでの買取価格は営業マンの重要な駆け引き材料のひとつなので、最初から適正価格が提示されることはあまりありません。

中古車買取店での買取価格

「ガリバー」などの中古車買取専門店でも、買取での提示額は状況によってかなり幅があります。一店舗だけの訪問で売却しようとすれば、かなり安い価格を提示してきます。一括査定などで複数店の競合の末に出た価格よりも数十万ほど安くなるでしょう。営業マンもノルマがありますので、少しでも安く買取したいのです。

中古買取専門店では販売経路を多数もっています。ケースバイケースですが交渉次第ではディーラーより買取価格が高くなることが多いです。ただし、車売却の諸手続きや査定の段取りなど、ディーラーより手間がかかり面倒です。ディーラーはまかせきりになれますので。

オークションなら中間マージンが抑えられる

ディーラーや中古車買取専門店は、店舗の維持費や人件費といったものを取引から捻出しないと成り立ちません。ですので車の買取価格は、会社を運営するための費用(中間マージン)の分だけ安くなります。

車をオークションで売却するときにも代行業者に代行料を支払うのですが、ディーラーや中古車買取専門店の中間マージンよりも大幅に安い金額なので、結果として自分に入る金額は多くなるのです。

確実に買い取ってもらうならディーラーや買取店がいい


車のオークションでは出品した車が必ず落札されるわけではありません。最低落札価格を決めて出品した場合、その価格で落札する人が現れなければ流札ということになり、車を売却することはできません。

売買が成約しなかったとしても、オークション会場に払う出品手数料などの諸費用は払わなくてはならないため、かなりの損失になることがあります。きちんと相場をつかみ最低落札価格を設定すればあまりそのようなことにはなりませんが、売却に期限がある場合などはディーラーや中古車買取専門店で売却したほうがよいでしょう。

車の買取オークションを利用するメリット・デメリット


車の買取オークションの良い面と悪い面を紹介します。

メリット

高額買取してもらえる可能性がある


車をオークションに出品するには、実際に各地にあるオークション会場に車を持ち込む必要があります。車が出品されるとネットワークを通じて全国の業者に車の情報が送られ、中古車販売店など数万の業者が参加しての「競り」になります。なので予想を超える価格で落札されることも。

「高額で売却できる可能性」という点では、ディーラーや中古車買取専門店に持ち込むよりも大幅に高くなります。

落札額に消費税も加算される


めでたくオークションで車が落札されたとしましょう。落札した業者は「事業」として取引を行いますので、落札額に消費税を上乗せして支払う義務があります。一方、車を売却した側は業者にオークション代行を依頼しただけの事業をしていない一個人ですので、受け取った消費税を国に納税する義務はありません。

つまり落札価格に8%上乗せしてもらえるということです。100万円で落札されたのなら8万円多くもらえることになります。

デメリット

オークションに出すにはローンを払い終わっている必要がある

車にローンの残債(払い終わっていないお金)が残っていると、オークションに出品することはできません。残債を払ってしまうか、ローンを組み替えるなどの対応が必要になります。

売れなくても手数料はかかる

車を出品するには、オークション会場に手数料を支払わなければなりません。手数料の金額は各会場によりちがいますが、おおよその相場は次のようになっています。

■出品一回につき
・国産車 10,000円/回
・輸入車 12,000円/回

この手数料は出品にかかるもので、もし落札されなくても支払わなくてはいけません。もう一度出品するときには、また一回分の手数料を支払います。

ずっと売れない可能性がある


無理な最低落札額をつけたり車の価値自体が低かったりすると、何回出品しても落札されない恐れもあります。「ディーラーや中古車買取専門店で売却したほうがよかった…」ということもありえます。出品前に車の価値や状態をよく確認するようにしましょう。

購入者からのクレームが入ることがある

出品する車に不具合のある場合は、出品票に記入しておかなければなりません。古い年式の車になると、売却したあとに思いもよらぬ故障個所がみつかることがあります。

オークション会場は落札から一週間程度の保証期間を設けていて、その間に出品票に記載のない不具合が出た場合は、出品者が部品の費用を保証しなくてはなりません。保証するのは部品代のみで修理代金は支払う義務はありません。

信頼できる業者でないとトラブルが発生する可能性も


トラブルの事例として以下のようなことが報告されています。

・オークション出品代行業者が落札金額を偽り、不当に利益を得ようとした。
・落札者が支払った消費税を渡そうとしない。

オークション出品代行業者はあくまで「出品手続きを代行する役割」ですので、本来、落札者が支払ったお金を好きなように分配することはできません。主催者発行の書類で落札金額を提示してくれる業者もいますので、そういう信頼できる業者を見つけて事前によく確認をしてから出品するようにしてください。

オートオークションには一般人も参加できる?



「オートオークションの参加資格」はどうなっているのでしょうか?

オークションに参加するには条件がある


オートオークションは民間の会社が営業していてさまざまな会場がありますが、一定の条件を満たさなければ入会できません。以下のような条件があるオートオークションが多いです。

・古物商許可証を1年以上保持していること
・常設の展示場と事務所をもつ事業者であること
・連帯保証人がいること

参入障壁が低いといっても、誰でもカーオークション入会できるものではないことがわかります。

業者がやり取りする場!一般人は参加できない


上記のように古物商の免許をもち事業者としての形がないと、カーオークションに入会することができませんので、車を出品・落札をすることはできません。一般人がゲスト的に参加することは不可能です。

オークションに参加するには代行に依頼する必要がある


一般人が自分の車をオークションで売却するには、今のところオークション出品代行業者に頼むしかありません。ネットで検索すればたくさんの代行業者が見つかります。どこの業界でもそうですが業者のレベルもピンキリなので、まずはメールや電話などでよく話を聞いてきちんとした応対のできるところにしぼってください。

オークションの代理出品はオークション会場も認めているビジネスで怪しいものではありません。ですが、納得のいく取引にするために、なにからなにまで業者まかせにせず自分でも知識をつけて出品に挑んでください。

オークションで車を買い取ってもらうコツ


車を売却まで持っていくには、ただなんとなく車を出品するのではなく売却されやすくなるポイントを押さえてください。

希望の売却金額と相場の買取金額に折り合いをつける

高く売るためにわざわざオークションに出すのですから、最低落札価格を高めにつけたくなるのが人情です。ですが、こちらの気持ちと業者が実際に落札できる金額が一致するとは限りません。代行業者に聞けばだいたいの相場がわかりますので、最低落札価格を上げすぎないようにしましょう。もし落札者が誰もいないと結局は損をしますので。

可能な限り綺麗な状態にして出品する


外装、内装ともに一手間かけてきれいにするだけで、かなり車の印象が変わってきます。厳密には、落とすことのできる車の汚れは落札価格を下げるものではありません。

ですが、一通り汚れやゴミをとればパッと見の感触は全然ちがってきますし、写真での印象もよくなります。価格を決めるギリギリのところでそういう感覚がものを言います。特にガラスがポイントです。なるべく汚れを落としておいてください。

中古車のオークション代行業者を比較!


車を売却するためのオークション出品を代行してくれるおすすめの業者を4つ紹介します。

カーオークション.jp

オークション代行業者の中では最大手。ネットでの口コミも高評価が多いです。出品代行手数料は売却価格に関係なく一定でお得。

オークション出品代行料 一律35,000円(税別)

現在、期間限定で「落札されなかった場合の出品代行手数料ゼロ円(実費はかかります)」のサービスを実施中。中古車オークションではまれに落札されない場合もあります。そのときも代行手数料を取られてしまうと大損になってしまいますので、これは安心できるサービスです。

おすすめ度★★★★★

カーオークション.jp

オークサポート

webサイトで「車種、年式、グレード、状態」などを入力すると、個人情報を入れることなしに自分の車のカーオークション会場でのだいたいの落札相場を知ることができます。実際にはこの価格に諸経費が上乗せされますが、おおよその目安になるでしょう。

オークション出品代行料 一律30,000円(税別)

オークションで発行される取引明細を公開してくれるので安心です。

おすすめ度★★★★

オークサポート

SHオート


『高く売る』コツ&ノウハウを伝授してくます。
売却結果は主催者発行書類を提示し、明朗会計orお支払い。
車内外清掃と陸送の専門業者の紹介も可能です。

■オークション代行手数料は売却価格により変動します。
¥301,000~¥500,000 ¥30,000
¥501,000~¥1,000,000 ¥35,000
¥1,001,000~¥1,500,000 ¥45,000

おすすめ度★★★★

中古車オークション代行ならSHオート


くるまオークションドットコム

最高値で売却するために独自ノウハウを提供してくれます。名古屋圏に展開する企業です。

おすすめ度★★★

オークション出品代行料 一律52,500円(税別)

くるまオークションドットコム

まとめ


今回はカーオークションと代行業者についてお伝えしました。車を売却するなら、なるべく高く売りたいものです。カーオークションは車を高く売れる手段ですが、必ず高値で売却できるわけではありません。ごくまれにですがトラブルの話も耳にします。

「自分も知識をつける」「信頼できる業者を見つける」この2つのことを実行するようにしてください。