軽自動車を売るには一括査定がお得?ディーラーの下取りが安い理由

軽自動車を査定に出すときは、「どうせ安いんだから」と初めから期待をしないで出す人が多いような気がします。しかし、そんなことはありません!中古車業界での軽自動車人気は、今の時代も変わっていません。軽自動車の査定について紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

軽自動車はディーラーの下取りに出さないほうが良い?

軽自動車はディーラーへ下取りに出さない方が良い?という質問を色々なサイトで拝見したことがあります。果たして本当に軽自動車は、ディーラーへ下取りに出さない方が良いのか?ディーラーに軽自動車を下取りに出さない方が良い理由をいくつか紹介します。

ディーラー下取りに出すデメリット

軽自動車をディーラー下取りに出すデメリットから、できるだけ分かりやすく説明していきます。

下取り条件額は最低条件が基準

ディーラーは、新車を販売することが主な仕事で、下取り車を積極的に取ることはありません。昔からディーラーの下取査定基準は、自動車業界の中でも最も低い価格設定と言われています。

中古車での軽自動車は、乗用車ほど値落ちはしないのですが、裏を返せば軽自動車の下取を頑張って取っても原価は高く、販売価格は安いので利益率が悪い車種でもあります。例えば、トヨタでヴォクシーの新車を購入したとして、下取りにワゴンRを入れたとしましょう。

ワゴンRにオプション品が多数装備されていても、ディーラーの査定基準ではオプションパーツは査定価格に加味されませんし、極端な話しをするとワゴンRが人気のボディカラーでも、不人気のボディカラーでも、下取りの査定価格はほとんど変わりません。

ワゴンRはトヨタの車ではないですし、他メーカーの車なので代車にも使うことができません。

トヨタの中古車販売店・U-carでは、色々なメーカーの中古車を取り扱っていますが、トヨタの中古車を映えさせるために展示している状態です。トヨタの人間が自分の会社の車より、ライバルメーカーの車を褒め称えることはしませんし、トヨタじゃなくて他の自動車メーカーの営業マンでも同じことでしょう。

トヨタでワゴンRを下取りに取っても、子会社の中古車展示場には、よっぽど売れる要素が詰まったワゴンRじゃないと展示場に並ぶことはありません。確実に儲かる下取り価格でしか取らないので、下取りの条件額が最低条件となってしまうのです。

下取りは営業マンの成績にならない

下取りした車は、ディーラーの営業マンの成績にならないのか?
この質問の答えは「下取りも成績になります。」営業マンの成績にならないのは、ディーラーで買取りだけを行ったときです。

しかし、下取りも成績になるとは言っても下取った台数ではなく、下取りで利益が出たかどうかの方が重要です。ディーラーの営業マンは、社内では買い取れない査定価格の下取りがある場合は、知り合いの中古車販売店や買取専門業者へ横流しをするケースがあります。

例えば、下取りの軽自動車をお客様が他店に査定に出さずに、「このワゴンRを50万円で下取りしてくれたらヴォクシーを買います。」と言った場合、どうしますか?ワゴンRを50万円で下取りできれば、ヴォクシーを売ることができる訳ですから、ディーラーの営業マンも何とかしたいですよね。

しかし、ディーラーの下取査定価格ではワゴンRを30万円でしか取ることができません。そうなると営業マンとしては、困りますよね?ワゴンRさえ50万円で下取りできたらヴォクシーが簡単に売れる訳ですから。そこで、知り合いの中古車販売店や車買取専門業者へ何とか50万円でワゴンRを買い取れないかを打診する訳です。

軽自動車を専門に扱っている中古車販売店なら中間マージンはカットされますし、50万円で在庫を仕入れたと思えば良い買い物になるので喜んで買い取ってくれる訳です。このように、ディーラーの営業マンは軽自動車を下取りに取るよりも、新車の販売に重きをおいているのが実状です。

ディーラーでの下取り価格は安くなるもの

ディーラーが下取りを査定するときに使用する相場価格の資料は、自動車業界で【赤本】と呼ばれるレッドブックを使用しています。中古車販売店や車買取専門業者が参考にする相場価格の資料は、業者オークション企業が発行しているオークションブックや、自社での買取実績を元に買取り相場を算出する方法が主流となっています。

ディーラーが使用している赤本は、オプションパーツや傷の凹みなどの減点材料などは評価されず、最低基準の相場価格が記載されています。それに対して中古車販売店や車買取専門業者が使用しているオークションブックは、ボディカラーや修復歴の有無、オプションパーツの付加価値など、赤本と比べてかなり精度の高い相場価格が記載されています。

赤本は、損害保険会社や公共機関でも使用されている相場ブックなので、軽自動車は特に低い価格で記載されていますから、ディーラーが下取る軽自動車の価格が安くなるのも当然かもしれません。また、ディーラーは下取りをした車の流通経路が、子会社の中古車展示場で小売りをするか、業者オークションで売却するしか方法がないため、下取りの価格を高く付けることができません。

それに比べて中古車販売店や車買取専門業者は、業者オークションで売却するのはもちろんですが、自社でメーカーの種類や車種に関係なく安く小売りができますし、業者間での転売も活発に行っていますし、輸出業者へ直接流すこともできます。このようにディーラーは、査定価格の基準が低いのに加えて、流通経路も少ないため、下取り価格が安くなってしまうことが良くわかります。

高年式・低走行の物

元々、軽自動車は値落ちの少ない車種なので、高年式で少ない走行距離の軽自動車は特に中古車相場も高い傾向にあります。軽自動車は車種やグレードによって査定額が大きく変わりますが、ディーラーの下取り査定ではこの細かな査定基準が含まれていないため、高価買取を期待できません。

10年落ち以上の古い車

ディーラーで10年落ち以上の古い軽自動車を下取りする場合は、車種・グレードに関係なく、ゼロ円~3万円くらいでしかとることができないでしょう。赤本での10年落ち以上の軽自動車は、査定価格はゼロ円の車ばかりで、参考にもなりません。無料で引き取っても、子会社の中古車販売店や板金工場の代車で使用するらいしか利用価値がないはずです。

軽自動車は古くても価値が高い場合がある

軽自動車の中でも、古くても価値が高い車種もあります。古い軽自動車の中でも特に希少価値が高く、中古車相場も全く検討がつかない軽自動車を少し紹介しますね。

1970年式/ダイハツ・フェローバギー

フェローピックアップのシャーシを利用して作られた、定員2名乗車のバギーです。360cc・2サイクルエンジンで、馬力は26psしかなく、現在なら玩具の車にしか見えないかもしれませんね。生産台数・100台しかなく、激レア軽自動車の代表格と言って良いでしょう。

1976年式/スズキ・ジムニー55

今でも人気のスズキ・ジムニーですが、この初代ジムニーは当時としては珍しい新規格の550ccエンジンを搭載したモデルです。外観は、アメリカのJeepを彷彿させる作りで、屋根もドアも幌で出来ていて、まさにTHE JEEP!中古車で出て来たらいくらの値が付くのか想像できないほどの超レアの軽自動車です。

他にもスバル360や少し新しい所では、スズキ・カプチーノなど価値の高い軽自動車は多く存在しています。軽自動車は、エンジンの作りも普通車ほど複雑ではないので、レストアやオーバーホールをすることで、現在でも古い軽自動車を楽しむことはできます。

一番高い額で売るための方法

軽自動車を一番高く売る方法として考えられることは、新車で購入してから一番最初の車検が来るまでに売ることですね。軽自動車は、普通車と比べてリセールバリューが高い車種で、普通車の場合は相場の落ち幅が大きく売り頃が掴みにくいのですが、軽自動車の場合は相場が安定しているので、緩やかにしか下がっていきません。

軽自動車は新車を購入してから3年までが中古車相場が一番高い位置にあるので、軽自動車を一番高く売るなら新車を購入してから3年までの間がオススメです。

買取査定

軽自動車は中古車相場が安定しているので、買取査定でも普通車と比較しても良い価格で取引が行われています。軽自動車専門店や激安価格を掲げた中古車販売店が数多く存在していますが、安い軽自動車を業者オークションで落札しても、落札手数料や陸送料金が掛かってしまうと、原価が上がってしまうので中古車販売店ではそれを嫌う傾向にあります。

どれだけ安く仕入れることができるかが、軽自動車販売の基本なので軽自動車を買取に出す場合には、車買取専門店と中古車販売店の両方で査定を行うと意外と高い買取価格で取ってもらえる場合があります。

おすすめの一括査定サイト

たくさんある一括査定の中でも、特に軽自動車を売るのに適しているオススメサイトを紹介しますね。

ズバット車買取比較

提携している車買取専門業者数・150社以上で、一括査定サイトの中でもトップクラスの規模を誇っています。累計利用者数も150万人以上の実績がありますし、これだけ多くの車買取専門業者と提携していたら、あらゆる車種の査定にも対応できるので、特殊な車に乗っている人でも安心して利用することができますね。

カーセンサー 簡単ネット査定

宮川大輔さんと川栄李奈さんのCMでお馴染みの大手リクルートが運営するカーセンサーです。国内最大規模のカーセンサーですが、一括査定サイトの中でも最大30社まで無料査定が可能なところが最大のメリットになっています。

また、迷惑な営業電話の対策として、カーセンサーではメールでの取引が行えるように工夫されています。他サイトで思うような価格が入らなかった車でも、これだけ多くの買取専門業者が参加していれば、高価買取も期待できるでしょう。

かんたん車査定ガイド

利用者実績280万人突破の一括査定サイトの代表格とも言えるかんたん車査定ガイドです。かんたん車査定ガイドの大きな特徴は、査定依頼を行った後に、だいたいの概算価格が分かるので買取相場が分からない人には、売る価格の目安ができるので交渉に使えそうですね。

ユーカーパックのオークション形式で車を売る

ユーカーパックは、一般的な車買取サイトと違って、オークション形式の車買取サイトです。もう一つ変わっているのが、車の査定はユーカーパックと提携しているガソリンスタンドで行い、査定が終了するとユーカーパックのオークションサイトに車が掲載されます。

オークション形式なので、全国2,000社以上とも言われる自動車業者が入札で競い合うのですが、その競合している各社の査定価格を自分のスマホで確認することもできます。しかも、査定料、出品料、売れたときの成約料全てが無料となっています。

良く問題になっている営業電話もユーカーパックからの電話だけですし、営業マンと面倒な交渉もする必要がありませんから、人見知りの人でも気軽に利用することができます。

まとめ

軽自動車の買取り査定について紹介してきましたが、中古車相場も安定していますし、長期間乗っても大きな損をすることがないのが魅力ですね。ディーラーで新車を購入しても軽自動車を下取りに出すことは避けて、一括査定を上手く使って出来るだけ高く買取りしてくれるところを探してみてくださいね!