革新的なテクノロジーのアウディA3スポーツバック!高価買取のポイントは?

既存のハッチバック車とは一線を画すアウディA3スポーツバックは、中古車市場ではどのような価値があるのでしょうか。買取価格や査定額アップにつながるポイントが気になります。そこで今回は、A3スポーツバックの買取事情について検証します。

A3スポーツバックの特徴

A3スポーツバックは、狭い街中でも扱いやすいサイズ感というコンパクトカーのメリットをそのまままに、広さや使い勝手で劣るという従来のデメリットを覆した車でもあります。

ボディサイズを最大限に活かした室内設計は、十分な広さと使い勝手の良さを兼ね備え、コンパクトカーだからと妥協することのない、上質さや走りの味わいも感じることができます。

革新的なAudiの姿勢や高い技術は、ボディサイズのデメリットを覆そうという強い決意が感じられ、A3スポーツバックは新たな車の基準を提案した車だとも言えます。その仕上がりには目の肥えた自動車評論家の評価も高く、プレミアムコンパクトカーの名を欲しいままにしています。

さらに、走行時の衝突の危険を検知、警告するシステムや、必要に応じてブレーキを自動的に作動させるシステムなど、先進的な安全装置も採用され、高い安全性でドライバーをサポートしています。

A3スポーツバックのデザインについて

実用性の高さと美しさが同居するA3スポーツバックのフォルムは、非常にスポーティに磨き上げられています。

アウディの高い製造技術により、シャープなプレスラインが実現されることで、ボディの仕上がりの良さや存在感が際立っています。無駄な線や装飾に頼っていないので、精度の高いボディラインが一層引き立ち、洗練された機能美や上質感を創り出しています。

アウディを象徴する、シングルフレームグリルを核としたフロントマスクから、まるで日本刀のような切れ味の鋭さを感じるサイド部、そして視認性の高い鮮やかなテールライトが印象的なリアビューにいたるまで、一切の妥協がないことがわかります。

そしてA3スポーツバックのインテリアも、厳選された素材で見えないところまで愚直にていねいに作り込まれています。インテリアも細部にわたってこだわり抜かれ、目立たない部分においても最上級の質感を持ち、室内の雰囲気を演出しています。

最上級の質感に加え、最先端で革新的なテクノロジーも搭載されているので、今までに体験を得ることができます。乗り心地は人それぞれ違うので数値化が難しい要素ですが、そのようなフィーリングにおいても、A3スポーツバックはとことんまで追求し、ユーザーの満足度を高めています。

A3スポーツバックのボディサイズ

続いては、A3スポーツパックのボディサイズをご紹介します。

  • 全長:4.33m~4.34m
  • 全幅:1.79m
  • 全高:1.43m~1.47m

日本の狭い道でも扱いやすいボディサイズとなっていますが、A3スポーツバックの真骨頂は室内空間の素晴らしさです。ボディサイズを無駄にしない配置で、最大限のスペースを確保しています。

しっとりとした乗り心地に加え、身体をしっかりと保護して正しい姿勢を保つことができるシートは、一つ一つゆとりのあるサイズ設計なので、コンパクトカーとしては最上級のゆとりを感じることができます。

A3スポーツバックの燃費性能

A3スボーツバックに搭載されるTFSIエンジンは、インタークーラー付きターボチャージャーとガソリン直噴という技術をベースに、高効率と高出力を両立させているアウディブランド最先端のエンジンです。低速域から力強い走りが味わるのが特徴で、上質な走行性能を楽しむことができます。

そして、幅広い回転域での強大なトルクと低燃費、低排出ガス性能も持ち合わせています。A3スポーツパックのカタログ燃費は、16.0~19.5km/Lとなっています。

また、妥協なく最適化された車両全体の重量バランスと、軽量かつ高剛性なボディも、A3スポーツバックの燃費性能に大きく貢献しています。

A3スポーツバックの買取相場

続いては、A3スポーツバックの最新買取相場をご紹介します。

  • 2017年式 (平成29年)<A3スポーツバック1.4TFSI>ホワイト系
    走行距離 2.0万km 新車販売価格293.0万円 参考買取価格230.4万円 残価率78%

人気グレードで、非常に高い残価率となっています。車の状態に加えオプション品も充実していたことから、このような高額査定となっています。

  • 2015年式 (平成27年)<A3スポーツバック1.8TFSIクワトロ>ホワイト系
    走行距離2.0万km 新車販売価格429.0万円 参考買取価格154.2万円 残価率35%

登録から5年未満の車ですが、リセールバリューは1.4Lのグレードよりも下がっています。状態の良いうちに早めに売却をすることが高価買取のポイントと言えそうです。

  • 2015年式 (平成27年)<A3スポーツバック1.4TFSIシリンダーオンデマンド> ブラウン系
    走行距離3.0万km 新車販売価格381.0万円 参考買取価格118.8万円 残価率31%

基本グレードとの新車価格差は50万円ほどありますが、残価率や中古車市場での人気を踏まえて考えると損をしやすいグレードかもしれません。オプション品や車の状態をしっかりアピールすることが重要です。

A3スポーツバックの人気グレードと残価率

A3スポーツバックは、排気量が1.4Lと1.8L(2017年のマイナーチェンジ以降は2.0L)のグレードがあり、それぞれ基本グレードと上級グレードに分けられます。

買取事例を見ていても、A3スポーツバックは1.4Lエンジンを搭載した基本グレード1.4TFSIの人気が圧倒的に高く、ユーザーからはコストパフォーマンスの高さが評価されています。

A3スポーツバックの上質な走り心地は基本モデルでも十分に体感でき、新車価格も最も安いことから、1.4TFSIの一人勝ちという状況が目立ちます。

コンパクトカー市場では、国産・輸入車問わず競合車が多いため、人気のない車はリセールバリューが特に低い傾向にあります。A3スポーツバックは、比較的各モデルの人気が高いため、相場も安定している様子が見られます。1.4TFSI以外のグレードにおいても、一定の査定額が付いていることからも、その人気ぶりは伺えます。

ただし、国産車の人気コンパクトカーと比較すると残価率は劣ります。特にモデルチェンジやマイナーチェンジが発表されるタイミングでは、相場が下がりやすいので、注意が必要です。

A3スポーツバックをより高額に買い取ってもらうポイント

続いて、A3スポーツバックをより高額に買い取ってもらうポイントをご紹介します。

人気のカラー

A3スポーツバックのボディカラーは、下記となります。

  • アイビスホワイト
  • グレイシアホワイトメタリック
  • モンスーングレーメタリック
  • フロレットシルバーメタリック
  • ミトスブラックメタリック
  • タンゴレッドメタリック
  • マコウブルークリスタルエフェクト

マコウブルークリスタルエフェクトは特別色となるため、オプション料金が発生しますが、鮮やかな発色で特別感を演出することができます。
ただし、車のリセールバリューは定番色や人気色の方が高い傾向にあります。

日本ではホワイト・ブラック・シルバーのボディカラーが、圧倒的な人気となっています。A3スポーツバックでも、アイビスホワイト・グレイシアホワイトメタリック・ミトスブラックメタリックの人気が高く、査定時にもプラス要素となります。

ただ、ヨーロッパや北米では人気色の傾向が異なります。ブルー系やレッド系が人気色となりますので、海外での販売ルートを確保している買取業者であれば、査定額アップにつながります。

人気のオプション

A3スポーツバックのオプションで、アウディの最新技術であるバーチャルコックピットを選ぶことができます。メーターパネル全体を12.3インチの高精細モニターとし、運転に必要な情報がすべて集約されています。

さらに、必要に応じてナビの地図やオーディオ、電話などのメニューをステアリング操作一つで、柔軟に切り替えることができます。見やすく斬新なデザインのインターフェイスは、A3スポーツバックの先進性を象徴するオプションだと言えるでしょう。

先進性を強調するA3スポーツバックにおいて、このようなオプションは高く評価されます。クルマとの対話をより深めるバーチャルコックピットは、買取業者のニーズも非常に高いようです。

10年落ちの場合値段はつくか?

A3スポーツバックは2012年に現行モデルへと移行したため、10年落ちの車は型落ちモデルとなります。型落ちモデルも人気の高い車ですので、10年落ちの車でも値段がつく要素は十分にあります。

走行距離も少なくトラブルの少ない車であれば、問題なく値段はつくものだと考えられます。ただ、人気の高いクルマになればなるほど、下取りと買取では査定額に差が出やすい傾向にあります。

業者によってのニーズが違うため、A3スポーツバックの再販に自信のない業者であれば、相場より安い価格で提示される可能性があります。買取業者のニーズはわかりづらいため、多くの業者にアプローチをして、A3スポーツバックの相場を把握しつつ、高い査定額を提示してくれる買取業者を探しましょう。

まとめ

今回は、A3スポーツバックの買取情報をご紹介しました。上質なコンパクトカーとして、人気は安定していますが、ニーズのある買取業者に売却することが高価買取のポイントとなります。車一括買取査定サイトなどを利用し、多くの業者にアプローチすることをオススメします。