高額査定の秘訣は?車買取の流れ徹底調査!

車の買取や査定はそう何度も行うものではないので、知らないこともたくさんあるのではないでしょうか?また、一番気になるのはどれだけスムーズに高額で買い取ってもらえるかです。更に、できるだけ高く買い取ってもらえる方法を選択したいとも思いますよね。

この記事では、車の買取査定のステップや、高額で買い取ってもらうためのポイントを具体的に紹介していきたいと思います。また、トラブルの対処法についてもお伝えしていきます。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

車を買取ってもらう方法とは

車を買ってもらうためにいくつかの方法があります。

  • ディーラー下取り
  • 中古車買取店で査定
  • 車一括査定
  • 個人間売買

これらはどれもメリット・デメリットがあるので、あなたに合った方法を検討してみてください。

ディーラー下取り

  • メリット 査定価格が安くなる
  • デメリット 次に新しい車を買う予定がない場合は向かない

ディーラーのところへ行って乗りたい車種を選択、その後愛車を査定してもらい、下取りに出します。手間はかからず簡単に査定してもらえますが、査定価格が安くなる傾向があります。また、この方法は次に車を購入することが前提の方法なので、今の愛車を手放してもう車に乗らないという方には向いていません。

中古車買取店で査定

  • メリット 素早くその場で価格がわかる
  • デメリット お店で即決する必要がある

全国にある中古車買取店に愛車を持っていくことで無料査定を受けられます。この方法もとても簡単で、中古車買取側は早く車を買い取って販売したいと思っているので査定、買取がとても早いです。あまり査定時間が短いと、しっかり査定されないのではと不安に感じるかもしれませんが、そこはプロなのできちんと査定し、適正価格を提示するので安心です。

デメリットとしては即決を求められるので、じっくり考えて結論を出したい場合や、他社と比較したい場合は、おすすめできません。

車一括査定

  • メリット 買取価格を比較できる
  • デメリット 買取まで時間がかかる

これは、中古車買取店にいかなくてもネット上で愛車を査定、各会社と比較でき一番買取価格が高い会社に売却できます。そのため、一軒一軒中古車買取店に行く必要もなく、時間の節約になります。

しかし、注意すべき点もあります。ネットから車一括査定する場合、個人情報、愛車の車種、年数などを記入しなければなりません。その結果、たくさんの車買取店から頻繁に電話やメールが来るようになります。うれしい反面、それをわずらわしいと感じる人が多いのも事実です。

また、車一括査定はどこも同じと言うわけではなく、大手車買取業者や提携業者数が異なります。そのため、大手買取業者が入っているか提携業者数が多いかどうかを把握することで高価買取を期待できると思います。なお、複数査定する必要があるため、すぐに愛車を売りたいという人には不向きでしょう。

個人間売買

  • メリット 比較的高く売れる
  • デメリット 売るための手間と時間を取られる

個人間で車を売買することのメリットとして、中古車買取店などに比べて愛車を高く売ることができます。なぜなら、中古車買取店で車を買い取ってもらう場合必ず仲介手数料が発生します。手数料が増えればおのずと査定料金にも影響が出るからです。

しかし、ここでも注意が必要です。個人間売買のためすべて手続きを自分で行わなければならず、かなりの時間をとられます。また、個人間の売買なため金銭トラブルが起きやすいという点も忘れないようにしましょう。

中古車の買取相場・価格に影響する要素

中古車の買取相場は常に変動します。それには以下の要素が関係しています。

1.買取時期

まずは、愛車を高値で売れる時期を考えましょう。一年を通して車が高値で売れるのは、一体いつなのでしょうか。

以下の二つの時期に車を売るようにしましょう。

  1. 1~3月、9、10月の時期
  2. フルモデルチェンジ前

では、この高値で売れる時期について具体的に見ていきましょう。

ベストは1~3月、9、10月の時期

以下の表は日本自動車販売協会連合会が発表した2018年度の中古車・乗用車累計台数をまとめたものです。

2018年度

中古車・乗用車類型台数(普通+小型)

1

227,302

2

274,602

3

※426,465

4

266,344

5

272,613

6

273,487

7

273,412

8

262,305

9

250,230

10

※292,445

11

275,403

12

263,235

http://www.jada.or.jp/data/year/y-u-touroku/y-u-type/y-u-type-ns/

上記の表からも分かるとおり、3月と10月の台数が増加していることは一目瞭然です。この時期は、就職や転職や転勤に伴う新生活を開始する時期と重なるため、この時期の前後に新車・中古車を問わず車の購入が増えます。

また、これらの時期は中古車販売店の決算期、半期決算前なので、どの中古車買取店も売上目標の達成のため、多少高くても買い取ろうとする傾向があります。このことから、この時期に車を売るのがおすすめなのです。

フルモデルチェンジ前に売る

これから売ろうとしている車が現行販売中のモデルの場合、次期型が出ると査定評価がマイナスになる傾向があります。これは、新型モデルの発売によって買い控えが起こり、現モデルが中古車市場において人気が下がるからです。

そのため、中古車市場において現行モデルの在庫が増え、おのずと現行モデルの査定が安くなってしまいます。愛車の売却を考えているならモデルチェンジの情報が出たタイミングで動き出すのが理想的といえるでしょう。

なお、日本車はメジャー車種の場合、1~2年に一度のマイナーチェンジ、4~6年に一度のフルモデルチェンジが行われるので、販売時期を考慮に入れておくなら理想のタイミングかつ高価査定してもらえることでしょう。

2.地域

日本最大のオークション会場は東京にあり、そのオークションで中古車を買い入れる業者が集中しています。

そのため、人口が密集している都市や地域によって買取価格に変動があり、東京と比べると地方の買取価格が安くなる傾向にあります。中古車買取業者によってはわざわざ東京へ出向きオークションに参加している場合もあります。

3.業者

中古車買取業者によって得意とする車種や販売ルートが異なります。販売ルートを多く持つ業者を選択することで、より高く買い取ってもらえるでしょう。特に大手買取業者なら安心して査定してもらえそうですね。

また、その業者が「JADRI(日本自動車流通研究所)」に属していると安心です。これは買取・査定行為に対して厳格な審査基準があり、審査を通過した優良とされる買取業者のみが登録できるものです。

気になる車買取業者が見つかったなら「JADRI(日本自動車流通研究所)」に属しているかも確認しましょう。

買取査定の流れ

では次に、買取査定の流れに注目してみましょう。買取査定まで大きく分けて6つの流れがあります。

  1. 買取査定方法の選択
  2. 査定のための準備
  3. 査定を受ける
  4. 必要書類の準備
  5. 売却車両の引渡し
  6. 買取金額の受け取り

1.買取査定方法の選択

買取査定にはいろんな選択肢がありますが、一番安心なのは大手買取業者を選ぶことでしょう。なぜなら、大手買取業者は「日本自動車査定協会」の基準をベースに査定マニュアルを作成しているからです。

全国統一の基準で査定を行い、非常に細かな点まで評価を行っているため、地方や中古車買取店が少ないエリアでも安心して買取査定を行ってもらえます。

2.査定のための準備

査定の準備はいたってシンプルです。まずは洗車と車内の掃除を徹底的に行いましょう。特に座席の隙間のごみやフロアマットなどは、掃除機をかけて査定する人がキズやへこみの有無をみやすくしておくと印象もアップします。

もちろん、査定前の洗車や掃除は必要ですが、日頃から定期的に掃除することも重要ですよ。

3.査定を受ける

車種や年数、走行距離、車の内外の状態などをチェックしていきます。パワーウィンドウなどの電装系のチェックやフロントガラスなどの汚れ、キズなど細かいところまで念入りにチェックが入ります。

査定の時間は約15分くらいですが、査定後も約15分くらい時間をとって考慮されます。そのため、査定がある時間帯は余裕を持って行くようにしましょう。

査定を受ける際の交渉術

ここで査定を受ける際の交渉術、裏技をお伝えします。実際に査定が始まると、希望価格を尋ねられることがあります。

このときついつい「〇〇万円以上で買い取って欲しい」と言ってしまいますが、ここで希望金額を言ってしまうと、せっかく高く売れたのに、その言い値で買い取られてしまうことがあります。そうした状況を回避するための方法をお伝えします。

まず、希望価格を尋ねられたら「相場が分からないから買い取れる限界額を提示してほしい」もしくは「複数の買取業者に査定を依頼しているので、一番高い金額を提示してくれるところに売りたい」と正直に伝えるといいでしょう。

もし車一括査定を行うならこれらの交渉術も必要なくスムーズに査定・比較ができるのでストレスなく選択できますよ。

4.必要書類の準備

次に納得できる査定額を提示されたなら以下の必要書類を提示しましょう。前もって書類を準備することで、車の売却がよりスピーディーに行えます。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 自賠責保険証明証
  • リサイクル券
  • 印鑑登録証明書(軽自動車を売却する場合は必要ありません)
  • 自動車税納税証明
  • 譲渡証明書
  • 委任状

5.売却車両の引渡し

車の引き渡し日は担当者と相談して決めますが、ここで注意しておきたいポイントがあります。まず、車買取業者は必ず車を早く引き渡すようにして欲しいといってきます。なぜなら、早く車を入手して販売したいため、引渡し日をできるだけ早くしたいのです。

しかし、次の愛車が来るタイミングなどもあるので焦って引き渡す必要はありません。事前にきちんと話し合っておくとこの点もスムーズに解決できると思います。必ずしも買取業者の意見だけで決定する必要はありません。

6.買取金額の受け取り

車両引渡しの確認後、多くの場合は現金ではなく契約時に指定した銀行口座に買取金額が振り込まれます。これで買取が完了します。

お店によっては入金のタイミングが異なるため、必ず入金される日を確認しておきましょう。

さて、もし契約後に買取額が減額された場合はどうすればいいのでしょうか。また、契約後修理費を請求された場合はどうすればいいのでしょうか。まず、事前に車のキズや事故歴などを正直に伝えているのであれば、減額を認めることも契約を解消する必要もありません。その点を説明しても中古車業者が取り合わないなら消費者生活センターに相談することをおすすめします。

また、もし愛車にローンがある場合でも、愛車の自動車検査証の所有者名が本人の名義であれば、買い取ってもらえます。なお、使用しているローン会社が車の買取を許可しているなら売却は可能です。しかし、車の売却価格がローン残高よりも低くなってしまう場合は売却できないので注意が必要です。

高額査定のポイント

ここでは、高額査定になるためのポイントをいくつかご紹介します。

普段からこまめに洗車、保管する

査定時に見られるポイントのひとつはやはり見た目です。特に、ボディ部分の汚れ固着、塗装の劣化がマイナスポイントになるため、普段から洗車することで防げます。

また、屋外ではなく屋内で保管するようにし、雨による劣化や色あせ、日焼けを防ぐようにしましょう。

車のキズ

もちろんl、大切に運転してできるだけ愛車のキズがつかないように心がけていると思いますが、もし車のキズやへこみがあると査定で減額の対象になります。小さなキズやヘコミは、市販の研磨剤などで修理しておくと査定額が更に上がるかもしれません。

しかし、大きなキズがついた場合は自分で修理しないようにしましょう。なぜなら、素人が修理をするとなかなか上手に補修できず、それがさらに減額の対象になってしまったり、修理代のほうが高くついてしまうことがあるからです。それでも修理したい場合は自己処理せず、業者に依頼することをおすすめします。

車内のにおいにも注意する

いくら車の外見に気を使っても、車内にタバコやペットのにおいがするとマイナスポイントになってしまいます。次にその車を購入したい人が禁煙者やペットアレルギーがあるとすれば、なおのことです。こまめに車内の掃除、消臭を心がけたいですね。

車検前に査定する

車検の残り期間も中古車購入時に重要な情報です。
それなら車検を通してから売ったほうがお得なのでしょうか?いいえ、車検をわざわざ通して売却したところで、査定額が車検額を上乗せした金額になることはありません。

売りたいタイミングで車検が残っていれば、そのぶん査定額が上がるという程度に覚えておくといいでしょう。なお、車検が切れると買取業者までの移動ができなくなってしまうので、車検が切れる前に査定、買取してもらうのがベストです。

ガソリンは満タンでなくても良い

ガソリンを満タンにしておけば査定が高くなりかもと思うかもしれませんが、これは査定に影響しません。
そのままの状態で査定に出しても問題ありません。

走行距離

5万kmと10万kmという二つの数字が査定のときに大きなポイントになります。もし、走行距離がどちらかの数字を超えると買取価格が下がってしまいます。

より高く買い取ってもらうには、走行距離の数字が超えないうちの買取査定してもらうといいでしょう。

オプションがあれば査定価格がアップするかも

もし純正のETCやカーナビ、ドライブレコーダーなどがあれば査定価格が上がることがあります。それらをすでに外している場合はもう一度装備する必要があるかを業者に相談してみましょう。

コミュニケーションを欠かさない

中古買取業者はこちらが本当に車を売却するのか、それとも他社と価格を比較したいだけなのかを知ろうとします。もし本気で売りたいことが伝われば、ぎりぎりの査定価格まで上げてくれます。

一方で、売る気がないと感じた場合はそこまで上げることはないでしょう。コミュニケーションをきちんととり、こちらの誠意が伝わるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?車の買取査定の方法や流れの理解が深まって、より現実的に愛車の査定を考えるきっかけになったかもしれませんね。

また、愛車を買取査定をするためにはどの方法がベストなのかを見分けられたのではないでしょうか?高額買取してもらうためにも、普段から丁寧に車の掃除やメンテナンスを行うように心がけたいですね。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報