高額査定を目指そう!インプレッサハッチバックの最新買取相場は?

「<インプレッサハッチバック>の買取価格ってどれくらいなの?」
という疑問をお持ちの方のための記事です。スバルの<インプレッサハッチバック>はターボ搭載車などのスポーティなグレードがあり、「走りにロマンを求める人」にも多く愛されている車です。今回は<インプレッサハッチバック>の最新買取相場から、査定額がアップしやすいグレードやボディカラーまでをお伝えします。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

インプレッサハッチバックの特徴


<インプレッサハッチバック>は、2007年から2011年に販売されていた<3代目インプレッサ>のボディタイプの一つです。<3代目インプレッサ>は<セダン>と<ハッチバック>の2種類のラインナップでした。<ハッチバック>とは乗車スペースと荷室スペースに区切りが無く、車両後部に荷物を出し入れするためのドアがあるボディタイプの事です。

<初代インプレッサ(1992~2000年)>と<2代目インプレッサ(2000~2007年)>には<スポーツワゴン>というボディタイプがあり、その後継とも呼べる車が<3代目インプレッサ>の<ハッチバック>になります。

<WRX STI>とは

<インプレッサ>には初代から<WRX>というスポーティグレードが存在しました。<スバル>は世界ラリー選手権に参戦するために、最高の走行性能を備えた<インプレッサ>を生産。そのモデルを<WRX>グレードとして販売したのです。

<スバル>のグループ企業に、モータースポーツ関連のチューニングや部品開発を行う<STI>という会社があります。<WRX>を<STI>の部品でブラッシュアップしたグレードが<WRX STI>です。現在では<WRX>は<インプレッサ>の名を外して独立した車種になりましたが、<インプレッサハッチバック>販売時の<WRX STI>の人気は相当なもので、中古車も台数が非常に多くなっています。

インプレッサハッチバックのボディサイズ

<2代目インプレッサ>の<スポーツワゴン>は5ナンバー車でしたが、<3代目インプレッサハッチバック>では車体が大型化して3ナンバーとなり、<インプレッサ>は全モデルが3ナンバー車になりました。

全長 4,415mm
全幅 1,740mm
全高 1,475mm

インプレッサハッチバックのボディデザイン

<インプレッサ>の外観の特徴としては、グレード<WRX STI><2.0GT>の持つボンネット上のダクトが非常に印象的です。これはターボエンジンに空気を送り込むための<エアインテーク>で、<インプレッサハッチバック>でもターボエンジン搭載車にしか存在していません。

インプレッサハッチバックの内装

インプレッサシリーズの内装は高級感あふれるという感じではなく、どちらかというと実用性重視な質感です。<WRX STI>のコクピットは、メーター回りなどにスポーツ車の雰囲気が感じられます。リアシートも余裕があり、4名乗車ならば快適なドライブができるでしょう。

インプレッサハッチバックの燃費

<インプレッサ ハッチバック>はあまり燃費の良い車ではありません。特にターボ搭載車は走行性能と引き換えに燃費が悪いので、燃費効率を求めるなら1.5L車が良いでしょう。

・1.5L 5MT FF 17.6km/L
・1.5L 4AT FF 16.6km/L
・1.5L 5MT 4WD 16.2km/L
・1.5L 4AT 4WD 14.8km/L
・2L 4AT 4WD 14km/L
・2Lターボ 5MT 4WD 13km/L
・2Lターボ 4AT 4WD 13km/L

インプレッサハッチバックの最新相場

<インプレッサハッチバック>を買取に出すとどれくらいの価格になるのでしょうか。最新の買取査定の例を見てみましょう。

<インプレッサハッチバック2.0i-S リミテッド>
年式:平成23年(2011年) 走行距離:7万km カラー:ホワイトパール系
新車価格:205.0万円 買取価格:29.2万円 残価率:約14 %

<インプレッサハッチバック1.5i-L>
年式:平成22年(2010年) 走行距離:3万km カラー:シルバー系
新車価格:163.0万円 買取価格:28.3万円 残価率:約17%

<インプレッサハッチバック2.0 S-GT スポーツパッケージ4WD>
年式:平成19年(2007年) 走行距離:10万km カラー:ブラウン系
新車価格:259.4万円 買取価格:24.9万円 残価率:約9%

インプレッサハッチバックは年式が古いため、走行距離が短くても買取価格にもそれほど期待できないことがわかります。

インプレッサハッチバックの人気グレードと残価率

<インプレッサハッチバック>はグレードによっては中古車市場でかなりの人気があり、残価率が高い車種と言えます。中古車市場で人気のあるグレードと、査定でプラスになりやすいポイントを紹介します。

ハッチバック S-GT

<2L水平対向4気筒DOHC16バルブターボ>を搭載したグレードで、駆動系はフルタイム4WDになります。中古車市場ではターボ搭載車のほうが圧倒的に人気があり、残価率も高くなりやすいです。16インチホイールが標準装備なので、乗り心地は少し固く感じます。
ミッションは5MTと4AT車がありますが、マニュアル車のほうが人気なので査定額も多少高くなります。走りを楽しむ車なので、燃費は13km/Lと良くありません。

ハッチバックS-GTスポーツパッケージ

<ハッチバックS-GT>に、更に専用の<フロント・リヤバンパー><17インチアルミホイール><ビークルダイナミクスコントロール>などを装備し、よりスポーティにしたグレードです。見た目の押し出し感が強く、人気のあるグレードなので残価率も高くなります。

WRX STI

今まで何度か紹介した通り、<WRX STI>は<インプレッサハッチバック>の中でも別格なグレードで、中古車市場でもターボ非搭載車とはかなりの価格差になっています。指名買いも非常に多く、車に高い走行性能を求める人には現在でも十分な価値を持っている車なのです。<WRX STI>はその車の特性から、基本的にマニュアル車のほうが人気があり残価率も良くなるでしょう。

インプレッサハッチバックをより高額に買い取ってもらうポイント

人気のカラー

オブシディアンブラック・パール

<インプレッサハッチバック>でも黒は一番人気のカラーで、査定額も高くなりやすいです。

サテンホワイト・パール

白は<インプレッサハッチバック>でも安定の人気カラーです。中古車市場でも白い車は売れやすいので、買取価格も高くなります。

WRブルー・マイカ

少し派手目な感じのブルーですが、<インプレッサハッチバック>のボディには良く似合う色で、黒白の次に人気のあるカラーです。

インプレッサハッチバックの人気のオプション

メーターセット

エンジンの油温を視認できる<オイルテンプメーター>と、ターボの過給圧力をチェックできる<ブーストメーター>のセットオプションです。スバルの誇る<ボクサーターボ>を自在にコントロールするための必須アイテム。インプレッサの優れた走りを、より体感するためのオプションです。査定時には純正である事をアピールしてください。

ドライブアシストパッケージ

フロント部の左右に障害物が接近するとインジゲーターが点滅して知らせてくれる<コーナーセンサー>と、後退時に後方の映像がナビ画面に表示される<リヤビューカメラ>のセットです。<コーナーセンサー>はともかく、<リヤビューカメラ>は熟練のドライバーであっても必要性の高いオプションですので、査定でもプラスポイントになりやすいです。

LEDマジカルイルミネーション

フロントシートの足元を、赤、黄、青、緑など8色のイルミネーションで照らします。カラーの切り替えは手動と自動を選ぶことができ、次々と切り替わるイルミネーションが夜のドライブを盛り上げてくれます。昼間の査定時には見落とされやすいオプションですので、査定士にきちんと伝えてください。

インプレッサハッチバックは10年落ちの場合値段はつくか?


<インプレッサハッチバック>は2007~2011年に販売されたモデルですので、そろそろ10年落ちになる車両も多いです。しかし<インプレッサハッチバック>はリセールバリューが高い車種ですから、まだまだ買取価格は期待できます。

・2009年式(平成21年)<インプレッサハッチバックWRX STI>ブラック
走行距離7万km 参考買取価格 85.3万円

特に<WRX>は高値安定です。基本的にはターボ車のほうが高くなりますが、自然吸気エンジンでも十分に値段はつきますので、最低でも10万円以上は狙っていきましょう。

コアなファンが多いスバルのインプレッサハッチバック!整備費など維持費は高い?

まとめ


今回は<インプレッサハッチバック>の買取価格についてお伝えしました。<インプレッサハッチバック>が販売されていた時期からかなりの年月が経ちましたが、<WRX>を筆頭にまだまだリセールが下がらない珍しい車種です。

しかし、さすがの<WRX>も10年落ちを境に買取価格が急速に下がってきますので、<インプレッサハッチバック>を買取に出す事を考えている方は、早急に査定だけでもしておいたほうが良いでしょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報