高額買取の方法やおすすめ車買取店【人気ランキング】

車の売却を考えたとき、いつどのタイミングで売ればいいのか?高額買取してもらう方法は?など、気になることは多々あります。

ただ単に車を買取業者に売却しただけでは高額買取は期待できませんし、高額買取を実現させるには、その方法やしっかりとした買取店を選ぶ必要があります。

ビッドちゃん
今回は、人気ランキングとして高額買取の方法や本当におすすめできる車買取店について見ていきましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

買取店の特徴とは

いまや多くの車買取店が存在しており、車買取と言ってもカーディーラーでの下取りから小さな個人経営のもの、全国展開している大手など、多岐に渡ります。そして、一口に買取店といってもそれぞれの特徴があり、買取店ならではの取り組みなどがあります。

ビッドちゃん
ここでは、そんな車買取店の特徴について見ていきましょう。

カーディーラーの下取り

買取店の一つとしてカーディーラーがあります。カーディーラーは本来専門のメーカーの車販売店のことを指していますが、新車を購入するという条件が合えば、下取りに出すことができます。

カーディーラーでの下取りは、あくまで新車購入が条件ですので、ただ車を買取するだけというのは請け負っていません。ただし、条件が合えば車の下取りから新車購入までの一連の手続きをすべて代行してくれるため、非常に頼りになります。

また、下取りと買取の大きな違いがあり、買取の場合は買取金額が指定した口座に入金され手元に入るのに対し、下取りの場合は買取金額がそのまま新車購入費用に当てられるため、手元には入りません。

そして、下取りは買取専門店に比べると買取金額が低い傾向にあるので、思うような買取金額は期待できない可能性があります。車を売却した後に新車を購入する予定があるという場合は、買取方法の一つとして下取りを考えておくのが良いでしょう。

買取価格は高額になりやすい

買取専門店での買取は、店舗ならではの販路があったりコストを減らす仕組みがあったりと、比較的高額な買取価格になりやすいという特徴があります。

買取店で運営している中古車販売店に卸せるので大幅なコストカットができたり、業者オークションに独自の出品方法があり手数料を低くしていたり、また買取店によっては海外に大きな販路を持っており輸出専門にしていたりと、それぞれ買取価格を上げるための工夫をしています。

また、中には買取った車そのものを販売するのではなく、不動車や故障車で販売できない車の部品だけを抜き取り、パーツのみ卸しているという買取店もあります。それぞれの買取店ではいくつかの工夫をしてコストを下げる努力をしていますので、その影響によって買取価格を高くすることができています。

独自の中古車販売店を所有している

多くの買取店は中古車販売店を自社で運営しており、買取した車をそのまま中古車販売店に卸して販売をしています。自社で中古車販売店を運営することで手数料などかからずコストカットでき、浮いたコスト分をそのまま買取価格に反映できるといった強みがあります。

また、買取店に中古車販売店が併設されていれば、買取に出してすぐ中古車の購入ができますので探す手間が省け、なおかつ店舗独自のキャンペーンなどが適用になる場合があり、かなりお得に車を購入できる可能性があります。

そして、こちらも多くの買取店では板金や塗装、修理なども取り扱っているので、車に傷やヘコミ、塗装剥がれなどがあってもそれほど査定に響かない場合もあります。自社で運営している中古車販売店というのも、買取店として大きな特徴と言えるでしょう。

社外品のオプションパーツも買取してもらいやすい

カーディーラーでは専門のメーカーの車を取り扱っていることからマイナス査定になってしまう社外品のオプションパーツですが、買取店では場合により高額な買取価格がつくことがあります。

自社で中古車販売店を運営していれば、オプションパーツを取り付けたカスタムカーでも問題なく卸すことができますし、業者オークションに流通させることもできます。また、買取店によってはカスタムカーの買取専門店もありますので、それらを利用することでカスタムカーならではの高額買取が期待できます。

カスタムカーをそのまま卸すのではなく、なかには社外品オプションパーツを取り外しそれだけを卸している買取店もあるため、社外品のオプションパーツも買取価値は高いと言えるでしょう。

時期によっても高額買取をしている

車買取業界では当たり前にの話になっていますが、ユーザーが車を高額で売却することができる時期というのがあります。その時期というのは1月から3月にかけての春の入口と、9月から10月にかけての冬の入り口です。

この時期は進学や就職、転職や異動などが頻繁にありますので、通勤や引っ越しなどで車の需要がとても高まり、自然と車が売れていきます。買取業者としては放っておいても車が売れる時期であり、できるだけ在庫を抱えておきたいと考えますので、こちらも自然と高額な買取価格がつきやすくなります。

こちらは通勤や引っ越しなどに使うため、社外品のオプションパーツがついていたり、不動車などは対象にならず、あくまで普通に走行できる車の買取価格が上がります。

不動車や故障車の買取専門店がある

車の売却は基本、走行に問題なく故障をしていないという前提があります。多くの買取店では不動車や故障車は買取の対象にならず、0円査定で引き取り、逆に廃棄代がかかることもあります。

しかし、買取店のなかには不動車や故障車といった動かない車を専門に買取している専門店があり、廃棄するのであればそのような専門店に依頼するほうがお得と言えるでしょう。

そのような専門店は、中古車販売店などに車をそのまま卸すのではなく利用できそうな部品やパーツを取り外し、それらをパーツ店などに卸したりオークションに出品することで利益を得ています。不動車や故障車だからと諦めて廃棄するのでなく、買取専門店への依頼を考えたほうが買取価格が付く分お得です。

買取店によって得意な車種がある

多くの買取店ではメーカーや車種、グレードや年式など問わず、査定をおこない買取をしています。しかし、それぞれの買取店は得意としている車種があり、買取店が求めている車種であれば高額な買取価格を期待できます。

車種には人気度合いがあり、こだわりを持っているユーザーも多く、とてもニーズが高い車種もあります。買取店もそのようなことから、多くの車種を買い取って中古車販売店に卸すことも大事ですが、得意とする車種といったスタイルを作ることで買い手がすぐにつき販売できるというメリットがあります。

どの買取店がどの車の車種を得意としているかは、買取店のWEBサイトに掲載していたり口コミや評判からある程度わかりますので、ちょっとした参考にしてみると良いでしょう。

走行距離が長くても海外販路で販売している

日本の車は燃費が良く耐性もあることから海外では人気があり、好調な売れ行きを記録しています。そのような状況から、多くの買取店では海外へ独自の販路を持っており海外へ販売しています。なかには海外販売専門店などもあり、買取店が求める車種とマッチすれば、高値での買取が期待できます。

海外ではトヨタのヴィッツやホンダのフィットといった小型車の人気は高く需要があり、また、軽トラや軽自動車も人気がありますのですすんで買取をしてくれます。

気になる走行距離や年式などですが、海外では走行距離が長くても年式が古くても、耐性や燃費の良さで選ばれますので、特に問題とならないようです。走行距離が長かったり年式が古い車は、一度海外に販路を持つ買取店に足を運んでみると良いでしょう。

車を高く買い取ってもらう方法

所有している車を高く買取ってもらうにはいくつかの手順や方法があり、それらのコツを実行していくことが大切です。高く買取ってもらいたい気持ちがあるものの、手順や方法を知らずに買取依頼をすると、思った以上の買取金額にならなかったなど思わぬ損をすることがあります。

ビッドちゃん
ここでは、車を高く買い取ってもらう方法について見ていきましょう。

一括査定を利用する

一括査定とは、WEBサイトから時間や場所を問わずに多くの買取業者に査定を申し込むことができるものサービスのことです。査定依頼をしてからしばらく待つと複数の買取業者から査定額が提示されますので、その中から査定額の一番高い買取業者を選ぶことができます。

WEBサイト上での一括査定が終わったあとは、実際に買取り業者に査定してもらう必要があります。車を買取店に持ち込む他に、出張で来てもらえる買取店もありますので、状況によって選択するのが良いでしょう。一括査定サイトでは多くの車が高額な買取価格になり、その理由は、一括査定サイトに契約している複数の買取業者がそれぞれ競合となるからです。

買取業者は買取った車を中古車販売店に卸したり、業者オークションに出品させるなどして利益を得ています。そのような背景から、他店より高い買取価格を提示することでユーザーに選んでもらう必要があり、その結果として車を高く買取ってもらえます。

一括査定サイトに申し込むことは、車を高く買取ってもらう方法の一つと言えるでしょう。

高く売れる時期を把握しておく

車の買取価格は1月から3月頃が高くなる傾向にあります。1月から3月頃というのは、進学や就職を控えた学生や新社会人、転勤で異動になった社会人など、多くの人の生活環境が変わる時期でもあります。

それに伴い車の需要が最も高くなり、買取店としても売れることがわかっています。在庫を抱えておきたいという理由から高めの買取価格にしてでも手に入れたいという背景があります。

また、9月から10月というのも仕事で異動が多い時期であり、同じく需要は高まり車は売れます。可能であれば、このような時期に車の売却を考えるのも、高く買取ってもらう方法の一つです。

メンテナンスノートを提出する

車にどのくらいメンテナンスをして乗っているか?というのも査定時にはチェックされます。定期的にメンテナンスをしていれば車を大切にして乗っていると評価が高くなりますし、逆にまったくメンテナンスをしていないと、車を大切にしていないと見なされ、評価は低くなります。

査定員は査定時に車の状態や外装、内装をチェックしますが、日々の細かなメンテナンスはわかりません。メンテナンスノートを提示することで車にキレイに乗っているというアピールにもつながり、査定員の心証も良くなります。

メンテナンスノートが手元にあり、日頃からメンテナンスをしているのであれば提示して高評価を得るのが良いでしょう。

純正品のオプションパーツは残しておく

車にこだわりを持ち、社外品のオプションパーツを取り付けてカスタマイズするのも好きな人にはたまらないでしょう。

しかし、買取店によっては社外品のオプションパーツは査定対象外としているところもあり、マイナス査定になってしまうこともあります。そのような理由から、純正品のオプションパーツは残しておき、査定時に提示すると良いでしょう。

また、社外品のオプションパーツの取り外しには手間も費用もかかり、万が一取り外し時に傷がついてしまったら査定額が下がってしまいます。取り外さずに買取店に査定を依頼し、その際に純正品のオプションパーツを提示することでプラス査定になることは多々あります。

走行距離と年式を考慮しておく

買取においてすべての車に当てはまることですが、車は走行距離が短かかったり年式が新しければ、買取価格は高くなります。逆に走行距離が長かったり年式が古いと買取価格は低くなる傾向にあり、二束三文で買取られてしまうことは多々あります。可能であれば、走行距離が比較的短いとき、年式がまだ新しいときを狙って売りに出すのも高額買取が期待できる方法です。

また、2年、5年、7年、10年といった区切りの良い年数を超えると買取価格は下がっていきますので、できればその年数を超えないように売るのが良いでしょう。

モデルチェンジをチェックしておく

車はモデルチェンジをおこなうことで新機能を装備したりスタイリングを一新し、これまでの購買層はもちろん新たな購買層の取り入れを狙っています。

マイナーチェンジは2~3年に一度、フルモデルチェンジは5~6年に一度のペースでおこなわれており、新しいスタイルとして売り出されています。実は、そのようなモデルチェンジも買取に影響を及ぼしており、売るタイミングによっては買取価格が安くなり損をしてしまうことがあります。

モデルチェンジが発表され売り出される前の車種であれば、ニーズが高いので高額な買取が期待できます。しかし、モデルチェンジが発表され売り出されてしまうと、買い替えをする人が増えこれまでの車を売りに出すので、中古車市場に同じモデルが増えるなど飽和状態になります。そうなると自然と買取価格は下がり、結果的に損をしてしまうことになります。

高額で売る機会を損失しないためにも、モデルチェンジが発表され売り出される前に売却することが大切です。

不動車や故障車は専門店に売る

車買取店のなかには特定の車を専門で取り扱うところがあります。例えばですが、カスタムカー専門やキャンピングカー専門、トラックや軽トラック専門などです。そして、専門店のなかには不動車や故障車を専門で買取るところもあり、不動車や故障車を所有しているのであれば、買取依頼をしてみるのが良いでしょう。

不動車や故障車の専門店は、引き取った車を販売するのではなく、まだ利用できる部品やパーツを取り外し、それを販売することで利益を得ています。これまでは不動車や故障車といった車は廃車代がかかるなど、損をしてしまう傾向にありました。ですが、そのような買取店が増えてきたことにより、村をすることは少なくなりました。

不動車や故障車と諦める前に、そのような専門店に問い合わせしてみるのが良いでしょう。

海外に販路を持つ買取店に売る

走行距離が10万kmを超えていたり、年式が10数年経っている車は、買取店に査定依頼をしても値段がつかないか、廃車になることがほとんどです。しかし、それは日本だけの話であって、海外では日本の車は人気がありニーズが高く、走行距離が長くても年式が古くても売れていきます。

買取店のなかには海外に販路を持っているところも多く買取価格がつきますので、走行距離が長くても年式が古くても、そのような海外に販路を持つ買取店を探すことが大切です。

車検を受けずにそのまま売る

場合により、車検を受けるタイミングと売りたいと思うタイミングが重なるときがあります。そのようなときは、車検を受けるのではなく買取依頼を優先しましょう。

車検を受けておくほうが買取価格が高くつきそうなイメージがありますが、実際には多少プラス査定になるくらいです。車検というのはこれから乗り続ける車に対して払う費用であり、まとまった金額ですのでコストもかかります。

これから車を売るユーザーが車検を受けてしまうと費用が膨らみ、買取価格から足が出てしまい損をしてしまうケースもあります。車検を受けずに売ってしまうほうが最終的に手元に残るお金は多くなりますので、金額面でお得になります。

車買取の人気ランキングとそれぞれの特長

買取店にはそれぞれの特徴があり、特徴を知っておくことで買取の理解が深まったり、買取店の見えない部分が現れてきます。

また、高く売る方法を知っておくことで損をせず、理想の買取価格に近づくことができます。これから実際に車を売ろうと考えたとき、どこの買取店に売れば理想の買取価格に近付けることができるのでしょか。

ビッドちゃん
ここでは、車買取の人気ランキングとそれぞれの特長について見ていきましょう。

ガリバー

買取業界のなかでも最大手であるガリバーは株式会社ガリバーインターナショナルが運営しており、買取店は500店舗以上あり、全国に展開しています。買取は国産車はもちろん、輸入車や商用車、事故車など、あらゆる車の買取をおこなっています。

ガリバーは中古車販売店も手掛けており買い取った車を卸しますが、販売店以外にもオートオークションに出品するなど、販路が多くあるので高額な買取を実現させています。

また、買い取った車がもし店舗で2週間経過しても売れ残っていた場合、業者オークションに流通させ捌いていますので在庫を抱えることなく、無駄な経費を省くことができ、その分を買取価格に反映させることができるので高額な買取を実現させています。

ガリバーの大きな特徴の一つに「ドルフィネット」という独自のシステムがあります。ドルフィネットというのは、パッと見ただけではわかりにくい情報を写真を使い可視化したさせたものです。基本データや過去の修復歴といった文字データ、車両の画像から大小の傷やヘコミ、内装外装といった細かい部分を含めたあらゆる画像で確認できます。

このドルフィネットにより、現車を見てもわかりにくい細かな部分をチェックすることができるため、購入時の不安を解消することができます。

ユーザーに満足していただくガリバーの取り組みとして、2011年に納車前整備工場を設立しています。これは、ガリバー独自の品質基準を設け、買取った車を自社で販売する前に新車に負けないレベルの検査整備を実施する、というものです。この工程を通すことでユーザーが満足する車を販売することができ、顧客満足度を高めることができる工夫と言えるでしょう。

そして、ガリバーでは「クレームガード保険」というものを提供しています。車を売却した後、もし問題が見つかると買取業者は提示した買取価格を取り消し、減額の交渉をしてくることがあります。

クレームガード保険はこのような売却後に問題が見つかっても減額にならないことを保障した保険のことであり、一万円ほどで加入することができます。減額交渉は売却した後の大きなデメリットとなりますので、加入しておくことをおススメします。

ちなみにですが、このクレームガード保険はガリバーだけの保険ではなく、他の買取店でも提供しているものです。

ガリバーの中古車買取はお得?口コミ評判から徹底調査!

アップル

アップルはアップルオートネットワーク株式会社が運営している車買取専門店です。現在は全国に200店舗以上を展開しており、東京にも多数展開していますので、アップルの看板を見かけることは良くあります。

創業は1989年という老舗であり、創業当初から常に顧客満足度を意識したサービスの取り組みを考え、革新的に進化を目指している、意識の高い買取店です。すべてのメーカー、すべての車種の買取をおこなっており、国産車はもちろん輸入車、軽トラなどの商用車、事故車なども取り扱っており、買取らない車はないほどユーザーの希望に答えています。

海外への販路も獲得しており、海外のどのエリアでどの車のニーズが高いか情報を仕入れていますので、高い海外販売のスキルを持っています。とくに日本車は耐久性や燃費の良さから海外では人気が高く、どのような車でも信頼度高く販売することができます。

不動車や故障車などそのままでは販売できない車でも、使えるパーツや部品を取り外して国内はもちろん海外販売もしていますので、あらゆる販売形態があることがアップルの特徴と言えるでしょう。

また、アップルは展示会場での販売は一切おこなっておらず、業者オークションに流通させ販売をしています。全国に点在する業者オークションに精通しており、どの車種がどのオークション会場で望まれているか?理解しています。そのため、買取った多くの車をいち早くニーズの高いオークション会場へ流通させているため、即座に販売することができ、、売れ残ることがまずありません。

アップルは買取った車を小売業者にも卸しており、より多くの販路を構築することで流通を強化させています。その結果、売れ残りが少なくなり在庫を抱えることなく、高額な買取価格を実現させています。

アップルのスタッフはユーザーへの対応もしっかりと教育されており、しっかりとユーザーの声を聞くことで取引がスムーズにすすみますので、ユーザーとの信頼関係は高くなります。買取店の多くは取引後も営業電話をかけてくることがありますが、アップルではそのような営業電話をかけないことも信頼感につながっていると言えるでしょう。

車買取アップルは5年連続顧客満足度調査1位!その特徴と評判は?

ビッグモーター

ビッグモーターは西日本最大手の買取店であり全国に13店舗以上を展開をしています。もちろん東京にも多くの店舗を展開させており、買取依頼をすることができます。

買取の得意な車種というものはなく、あえていえばすべてのメーカー、車種の買取を得意としています。国産車、輸入車、商用車、事故車など買取の範囲も広く、どのような車でも買取をしています。

ビッグモーターは車買取以外にも車に関連する多くのサービスを提供しており、板金や塗装といった修理関連、あらゆる保険の取り扱い、中古車だけではなく新車の販売、車検整備工場などがあります。

年間12万台というとても多くの買取実績があり、それに付随して7万台の販売実績を持っています。この数字は買取業界のなかでもトップクラスであり、他の買取店の追随を許しません。

2013年には買取業界最大手のガリバーを抜き、販売台数一位の実績を確保しています。なぜこれほどまでの高い買取実績、販売実績を持っているのかというと、ビッグモーターならではの独自の販売経路を持っていることが挙げられます。

買取店の多くは買取った車を業者オークションに出品し利益を得ています。しかし、ビッグモーターは業者オークションに流すだけでなく「ダイレクト販売方式」という販売形態を取り入れています。

ダイレクト販売方式というのは車の買取から販売までをビッグモーターで一通りおこなう販売方式のことです。通常は買取った車を業者オークションに流通させるため、オークション出品料や輸送費などポイントごとに様々なコストがかかり、そのコストだけでも馬鹿にできない金額になります。

ダイレクト販売方式を取り入れることにより、そのような大きなコストを削減することができ、削減できたコスト分を買取価格や販売価格に反映させているため、ユーザーはお得に車の売却や購入をおこなうことができます。

また、全国に展開している中古車販売店に即座に卸すことができるので、在庫不足により販売できないといった販売ロスを防ぐことができ、ユーザーも欲しい車をすぐに購入できるというメリットもあります。

ビッグモーターの販売は中古車メインと思われがちですが、実は新車の販売にも力を入れており、新車販売でも高評価を得ています。

スタッフの教育も行き届いており、車の買取や販売だけでなく、整備や車検などあらゆるサービスに関わるスタッフの教育も一貫しています。スタッフに対する評判も高く、親切・丁寧に接してくれた、買取に関する質問に温かく答えてくれたなど、口コミも多くあります。

ユーザーを第一に考え、買取実績、販売実績ともに高いというのは伊達ではありません。

中古車買取業界No.2のビッグモーターはおすすめ?特徴と評判について

カーセブン

車の買取と中古車販売に力を入れているカーセブンですが、本社を東京都品川区に構えており、株式会社カーセブンディベロプメントが運営しています。

カーセブンもすべてのメーカー、車種に対応しており、国産車、輸入車、商用車、事故車問わず買取をおこなっています。

カーセブンの特徴の一つに車の年間販売台数がとても多いというのがあります。中古車の年間販売台数はおよそ9万台と言われており、新車の販売も手がけているのでそれを合わせるとおよそ18万台となっています。すごい販売台数を出しているカーセブンですが、ここまで販売台数を伸ばしている理由として「ダイレクト販売方式」を取り入れているというのが挙げられます。

ビッグモーターもこのダイレクト販売方式を取り入れていますが、ダイレクト販売方式は大手資本の企業でないと取り入れるのは難しい販売方式です。

多くの買取店は、買取った車の販売のために業者オークションを利用し、多くの車を流通させ購入してもらうことで利益を得ています。しかし、業者オークションはオークション出品料、オークションに出品するための輸送費、利益の差し引きなど馬鹿にならないあらゆるコストがかかります。そのコストを埋めるため、できるだけ買取価格を下げてユーザーから買い取ろうと考えますし、買取った車の販売にはかかるコスト分を上乗せする必要があります。

ダイレクト販売方式では業者オークションに流通させるためのコストがかかることがなく、買取から販売までカーセブンにて一気通貫でおこないますのでユーザーにとってもメリットが多くなります。ダイレクト販売方式にすることで、本来なら業者オークションにかかるコストが不要なので、その分高めの買取価格としてユーザーに提示することができます。

また、買取価格だけではなく中古車の販売価格にも同じように反映させることができるので、車の購入を考えている人にとっても非常にお得になります。

カーセブンでは全国に展開している店舗の在庫を確認できるよう、専用のオンラインシステムを導入しています。このオンラインシステムにより在庫を一瞬で把握することができるため、在庫不足に陥らないよう迅速な提供が可能になっています。在庫は常時1万台以上の用意があると言われていますので、在庫不足により買えないといった不満を解消したり、購入の取りこぼしなどを防ぐことができます。

カーセブンにはもう一つ大きな特徴があり、それはカーセブン加盟店の多くはメーカーの新車販売ディーラーで成り立っているというところです。カーディーラーが加盟店ですので信頼が厚く、他の買取店との大きな差別化につながっています。

車買取・車査定・中古車販売のカーセブン!特徴やSNSでの評価をチェック

T-UP

T-UPは日本が誇るトヨタ自動車が運営している買取と販売をおこなっている店舗であり、全国におよそ1,300店舗を展開していると言われています。

トヨタ自動車が運営しているためトヨタ車しか買取できないイメージがありますが、そのようなことはありません。他の買取店同様、様々なメーカーの車種を買取しています。しかし、やはりトヨタ自動車が運営していますので、トヨタの車が色々な面で優先されてしまうのは否めないと言えるでしょう。

T-UPでも買取で取り扱っているのは国産車、輸入車、商用車、事故車など多岐に渡っています。

また、T-UPも独自の販売経路にて買取った車を流通させています。トヨタ車メインとなってしまいますが、全国に約1,700店舗あるトヨタU-Carに卸したり、GAZOO.comという車情報サイトに掲載したりと、様々な販路があります。独自の販売経路があるため余計なコストが発生することがなく、その分を買取価格や販売価格に反映させ、多くのユーザーから支持を得ています。

トヨタというメーカーの安定感、そして全国規模の買取や販売をおこなっている実績から、安心して買取や購入を検討することができるでしょう。

カーチス

東京都千代田区に本店を持つカーチスは全国に70店舗以上を展開しています。株式会社カーチスホールディングスが運営しており、CM効果により知名度が上がりました。

カーチスも車種やメーカー問わず買取をおこなっており、国産車、輸入車、商用車、事故車などを問いません。

カーチスの魅力として、様々な手数料が安いうえに買取価格が高めということが挙げられます。カーチスは中古車販売店を運営しており、直接販売できることから余計なコストがかからないので、その分を買取価格に反映させています。

また、カーチスには面白い取り組みとして「紹介者制度」というものがあります。これは、カーチスのことを家族や友人、知人に紹介し、紹介された人がカーチスで車の売却が成立すると、現金で2万円が進呈されるというものです。2万円といえば高額ですので、車を売却する人とは別に紹介者もお得になるシステムは面白い試みと言えるでしょう。

カーチスは大型の販売店舗も構えており、様々な車種が揃っており、実際に車を見ながら担当者と相談して購入を決めることができます。

全国70店ほどとそれほど店舗数は多くありませんが、中古車業界での人気は高い傾向にあります。中古車販売店を運営している強みから、他社と比べて10万円以上の差がついたという声も聞くことから、ユーザー目線を大切にしている買取店と言えるでしょう。

車を売る際に知っておきたい!カーチスの評価や車買取のメリット・デメリット

グー買取

グー買取は株式会社プロトコーポレーションが運営しており、すべてのメーカーや車種の買取をおこなっており、国産車、輸入車、商用車、事故車問わず積極的に買取っています。

国内において最大規模の中古車検索サイトであるグーnetや車情報誌のグーを発行しており、このような様々なメディアでも有名になっています。

基本的にはグーnetから買取依頼をおこないます。車の情報や個人情報の入力をおこなうことで買取相場が提示され、どのくらいで売却できるのかが把握できます。住んでいる地域別に検索ができますので、近くの買取店に依頼することが可能であり、近くですので余計な時間や手間がかかりません。

出張査定にも対応しており、グー買取の査定は日本自動車鑑定協会の認定を受けたプロが担当するため、安心して査定依頼をすることができます。

また、グーnetでは車の購入も可能です。「グー鑑定」という独自の鑑定を用い、車の品質や状態などを細かくチェックしたお墨付きの車を購入することができます。

グー保障という保障サービスもおこなっており、グー保障がついた車は3年間の修理交換などの費用が保障されるというものです。ブレーキやエンジン、ステアリング、エアコン、電装部分など、およそ300点以上の保障があります。とくに中古車の場合は購入から早くて一年ほどで故障する箇所が出てくることがあり、修理交換費などけっこうな金額がかかります。その点、グー保障をつけていると余計な費用がかかりませんので、結果的にお得に修理交換できる計算となります。

グーnetは場所や時間を問わず利用することができますので、余分な時間や手間をかけず買取をしたいときには重宝するでしょう。

まとめ

いまや日本全国に車買取店は点在しており、それぞれの買取店によって買取方法や提供しているサービスは異なります。少しでも高い買取価格を目指すのであれば、高額で売る方法を把握して安心と信頼のある買取店を選ぶことが必要不可欠です。

ビッドちゃん
車買取店それぞれの特徴を理解し、高額な買取価格になるよう、買取依頼をすすめていきましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報