47秒で一括査定のナビクル!その仕組みやメリット・デメリットと評判とは?

ナビクルとは車の一括査定サービスです。ナビクルを利用するメリットやデメリットとは一体、何なのでしょうか?ナビクルで実際に車査定した方の評判や口コミからは、「電話がうざい」「電話がしつこい」という意見がありました。うざい理由や電話の止め方についてもまとめています。

目次

ナビクルとは

<ナビクル>のラジオCMを聞いたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

車の一括査定サービス

ナビクルでは車の一括査定サービスを行っています。
<一括査定>とは1回の申込で複数社を競合させ、最高額を引き出すというサービスです。
ナビクルを運営しているのは東証一部上場企業であるエイチームの子会社エイチームライフスタイルです。

エイチームには他にスマホゲームやツールなどの<エンターテインメント事業>、比較や情報サイトなどの<ライフスタイルサポート事業>とインターネット販売の<EC事業>があります。
その中で<ナビクル>はライフスタイルサポート事業として展開されています。

かんたん車査定ガイドとの違い

エイチームライフスタイルは一括査定サイトとして<ナビクル>の他に、< かんたん車査定ガイド>も運営しています。
<ナビクル>ではラジオCMで顧客獲得に努めていますが、<かんたん車査定ガイド>では主にネット広告で顧客獲得に努めているようです。

<ナビクル>と<かんたん車査定ガイド>のサービスの内容はほぼ一緒だと考えて良いでしょう。
しかし、ナビクルの方がサイトのデザインが「シンプルで見やすい」との声があります。

ナビクル+との違い

<ナビクル>の他に、<ナビクル+>というものもあります。
<ナビクル+>はガリバーと提携し、愛車の情報からマッチする中古車を紹介するサービスです。

また、<ナビクル+>では営業電話なく、愛車の買取査定相場を知ることが出来ます。
そのため、愛車の概算相場のみを知りたい場合や、中古車を探している方は<なびくる+>が便利です。

利用者数280万人以上

ナビクルは2007年にサービスを開始しました。
2016年には40万人と業界全体No.1になっています。
累計登録者数390万人を突破しました。

ナビクルで車査定するメリット

では、ナビクルで車査定するメリットとは、一体、何なのでしょうか?

初心者でも分かりやすい

ナビクルのホームページは車買取が初心者の方でも分かりやすいようになっています。
車売却前に必要な基礎知識、起こりうるトラブルや愛車を高額売却する交渉術についても載っているのです。

入力フォームが簡単

ナビクルの入力フォームは、愛車に関する項目はたったの4項目のみと、とてもシンプルな作りになっています。
また、ホームページでは<47秒で車査定>と唄っています。

すぐに買取相場が分かる

一般的な一括査定サイトでは相場を知りたい場合は、相場を調べる機能自体がない場合や申込後に相場が分かるということが多いのです。
しかし、ナビクルでは車の査定依頼前に分かるのです。

ナビクルではグレード、カラーや車検の時期などから詳細検索出来ます。
これでより詳細な買取相場が分かるのです。

しかし、これはナビクルの実際の市場取引の膨大なデータから算出した概算相場になります。
実際の買取額とは異なるので、注意が必要です。

未来の相場予想出来る

ナビクルでは現在の愛車の相場だけでなく、これまでのデータから<未来の相場予想>出来ます。
<新車からの残存率>という項目では新車時と比較した時、どれだけの価値があるのかを示しています。

そのため、愛車の現在の価値を知ることが出来るのです。
これにより、売却の時期を決定することが出来ます。

JADRIに加盟している買取業者のみと提携

ナビクルはに加盟している買取業者のみと提携しています。
とは優良な買取業者のみが加入出来る団体です。
では提示額を契約前に下げる二重査定や、キャンセル料の請求などを禁止するよう業者に自主規制を求めています。

これに法的強制力はないのですが、車買取業者はに加盟していることを売りにしているため、JADRI加盟店ということで、トラブルを大きく避けることが出来ます、

業界No.1のガリバーも加盟している

ナビクルでは業界No.1のガリバーも参加しています。
ガリバーは沖縄や北海道まで全国対応しています。
また、アップル、ビッグモーター、カーセブンやカーチスなどの大手車買取業者も参加しているため、高額査定が期待出来ます。

お得なキャンペーンが随時開催されている

ナビクルでは10万円キャンペーンなどを随時開催しています。
車を売却する際には、キャンペーンがないか確認しておきましょう。

ナビクルで車買取して貰うデメリット

これまでナビクルで車買取するメリットを紹介してきました。
では、ナビクルで車買取するデメリットとは一体、何なのでしょうか?

買取業者を指定出来ない

ナビクルでは査定依頼前に買取業者の選択が出来ません。
メールや電話で買取業者から連絡が来てから、選ぶことになります。

事故歴や傷の有無についての入力がない

ナビクルでは車の査定依頼の入力フォームに詳細な情報が入力出来ません。
そのため、各買取業者に事故歴や傷の有無について、説明しなければならないのです。

提携業者数が少ない

2018年12月現在ではナビクルの提携業者は55社と少なめです。
先ほど紹介したようにナビクルは加盟店のみと提携しているのです。
しかし、ガリバー、アップルやビッグモーターなどの大手買取業者と提携しているため、全国のどこで査定依頼をしても、2、3社を競合させることが出来ます。
あまり多くの業者に査定依頼しても、手間がかかるだけという場合が多いのです。

沖縄や青森などの過疎地域、または、買取業者が少なく、交通渋滞が激しい東京や大阪の都心では、連絡の数が平均を下回ります。
足りない場合は、信頼出来る地元の業者や一括査定には参加していないラビットやユーポスなどに個別で連絡を取るという方法もあります。

数秒後に電話がかかってくる

ナビクルで車の一括査定をすると、入力した住所を元に自宅近くの買取業者から数秒で電話がかかってきます。
自宅近くの業者が、査定依頼した方に連絡し、実際に査定するという仕組みになっているのです。

一斉に電話がかかってくる

基本的に一括査定サービスは、査定依頼後、提携している買取業者からアポを取るために電話がかかってきます。
業者は話をして、車買取に結びつけたいと考えているのです。
そのため、基本的に全ての業者と連絡しなければならないと考えておきましょう。

電話がしつこい

ガリバーやビッグモーターなどの大手買取業者では、オートコールシステムを採用しています。
申込と同時に電話がかかるようになっているのです。
そのため、車の査定依頼をすると、お客様が電話に出るまで何十回も電話がかかってくるのです。

基本的に1度、電話に出て、査定日を決めるか断れば、同じ業者から連絡がくることはありません。
そのため、査定依頼する際には、営業電話がかかってくる事を覚悟し、30分程度は時間が確保しておいた方が良いでしょう。

ナビクルの利用方法の流れ

ここでは、ナビクルの実際の利用方法を紹介します。

下取りや買取相場を知る

1. トップページにある<下取り・買取相場>を選びます。
2. メーカーと車種を選びます。
3. 必要事項を入力し、<買取・下取り相場をチェック!>をクリックします。
4. 車種の情報と個人情報を入力します。
5. <どこでナビクルを知りましたか>の質問では、お客様が聞いたラジオ局を選びます。
6. <確認画面へ進む>をクリックします。
7. 入力した内容が確認し、問題がなければ<無料一括査定を申込む>をクリックします。
8. 表示された簡単なアンケート6問に答えます。
9. <概算価格をチェック>をクリックします。

これで、概算価格が表示されると同時に一括査定申込完了となります。
ナビクルが提携している車買取業者から連絡があるため、アポを取り、無料査定をして貰いましょう。

ナビクルでの車の買取相場

では、主な車の買取相場はいくら位なのでしょうか?

ホンダ フィット

フィットの中で最も高額査定して貰えるグレードはRSです。
RSはエアロパーツがあしらわれ、スポーティーなモデルです。
一般的に同じグレードの場合、スポーティーの方が高額査定して貰えるのです。
また、値崩れも標準型に比べ、スポーティーな方が緩やかです。

2013年発売の3代目モデルは新車価格の定価は180万円です。
これが4年経過した、走行距離4万kmの場合は、買取相場は90万円以上となっています。
これは回収率が50%以上です。
非常に高水準だと言えるでしょう。

10年以上経過していていても価値がつく

車には<減価償却年数>があります。
<減価償却>とは、ある資産の価値が年々、減っていくという考え方です。
耐用年数を過ぎた価値は0と考えられます。

フィットの減価償却年数は6年です。
一般的に10年経過していている場合は、価値が0円に近くなります。
しかし、2007年発売のGグレードで10年経過した、走行距離10万kmの車の買取相場は、7万円ほどです。

ホンダ オデッセイ

オデッセイの中人気なのは、スポーティーな<アブソルート>シリーズです。
ハイブリッドタイプだと、買取相場が200万円以上になることもあります。

また、RB3型とRB4型では、6年落ちでも100万円ほどの高額査定して貰えることがあります。
10年を経過している車でも、10~30万円ほどの買取相場になる可能性があるのです。

ホンダ フリード

フリードシリーズの中ではエアロパーツがあしらわれた<Gエアロタイプ>と<Gジャストセレクション>に人気があります。
ハイブリッドモデルの<フリードハイブリッド>も高額査定して貰える可能性があります。
運転しやすいサイズで、内装もゆったりと使えるコンパクトミニバンで、若者から支持を得ているのです。

トヨタ プリウス

プリウスはトヨタを代表するバイブリッドカーです。
同じグレードの場合、スポーティーな<ツーリングセレクション>の方が10万円ほど高額で買取して貰えます。

Aシリーズが人気

1番高額査定して貰えるのはAグレードの<プレミアム>シリーズです。160万円ほどで買取して貰えます。
2番目に人気のグレードは最先端の安全装備が標準装備された、価格も手頃なAシリーズです。
その中でも<Aプレミアム ツーリングセレクション>は170万円ほどと高額で買取して貰えます。

一般的にフルモデルチェンジ後や3年後の最初の車検時には需要が増えます。
2010年式、2011年式と2012年式は、2016年冬には大きな値下がりが起きています。
3つの年式が1セットで同じ値動きをする傾向があるのです。

一般的に中古車は時間が経てば経つほど値下がりするため、車買取を考えている方は時期を見て早めに売却した方が良いでしょう。

トヨタ ランドクルーザープラド

2002年の3代目以降のモデルやエンジン2.7リッター仕様のモデルは中古車市場で一定の人気があります。
特に人気なのは、TXシリーズの装備強化タイプのLパッケージです。
また、4リッター仕様の最高峰TZ-Gシリーズも人気があります。

年式が新しいものは高額査定して貰える可能性が高いのです。
トヨタのランドクルーザープラドは海外での需要も高く、一定の人気があります。
そのため、年式が古い場合でも、高額査定して貰える可能性があります。

トヨタ ヴェルファイア

ヴェルファイアはどの年式どのグレードでも、他の車種に比べ、比較的高価買取して貰える可能性があります。
<ロイヤルラウンジLE>という特別仕様のグレード、特に<ハイブリットモデル>となれば、かなり高額で買取して貰える可能性があります。
値崩れも緩やかになっています。

1番人気なのは<ハイブリットモデル>です。
また、2.4Lの4気筒エンジンと、3.5LのV型6気筒エンジンでは、2.4Lモデルの方に人気があるなど、実用的な方が好まれます。

トヨタ ヴァンガード

ヴィンガードは走破性が高いことから、走行距離に関わらず、安定した買取額が期待出来ます。
上質感が魅力となっているため、カスタマイズなどはしない方が良いでしょう。

トヨタ アクア

アクアの中では<G’sシリーズ>が1番高額査定して貰える可能性があります。
G’sシリーズは販売終了しているため、希少性があるのです。
2
2番目に高額査定して貰えるのは、グレードとなります。

トヨタ アルファード

アルファードはどの年式どのグレードでも、高額査定が期待出来ます。
<ロイヤルラウンジLE>という超高級グレード、<ハイブリットモデル>であれば、500万円以上で買取して貰える可能性があります。

また、2代目アルファードでは、ハイブリットモデルを除き、エンジンが3.5 L よりも2.4Lモデルと、実用性のある方が高額となっています。

トヨタ ハリアー

ハリアーはどのモデルどのグレードでも高額査定して貰える可能性があります。
特別仕様を除いたハリアーの最上級グレード<プレミアム・アドバンスドパッケージ>は、非常に人気の高いグレードとなっています。

<240Gグレード>は、新車価格の定価が約267万円でした。
初年度登録から10年経過した、走行距離10万kmの場合は、値段が付きにくいですが、買取相場は50万以上となっています。
回収率は20%弱です。
高水準と言えるでしょう。

トヨタ ハイラックスサーフ

ハイラックスサーフはどのモデルどの車種でも高額査定して貰える可能性があります。
2009年に販売終了となったため、希少性があるのです。
特に人気のある車種は2002年に販売された4代目モデルです。

スズキ スイフト

スイフトは他のメーカーのコンパクトカーと比べ、スポーティーです。
現行モデルは中古車市場での流通台数が少ないため、希少性があります。
そのため、高額査定が期待出来ます。
続いて、3代目、2代目が高額査定して貰える可能性があります。
カラーはホワイトパールとブラックに人気があります。

ダイハツ ムーヴコンテ

ムーヴコンテは2016年に販売終了しました。
まだ、流通台数が多いため、高額査定にはなりませんが、需要があります。

ダイハツ コペン

コペンはどのモデルでも高額査定して貰える可能性があります。
流通台数が少ないため、希少性があるのです。
中でも、2005年以降のモデルは高額査定して貰える可能性があります。

また、本革巻きのステアリングやシートを組み合わせることが出来るアルティメットエディションやレザーパックも、高額査定して貰える可能性があります。

スバル フォレスター

フォレスターは中古市場では一定の人気があります。
特に4代目のモデルチェンジ以降は、高額査定が期待出来ます。
その中でも、自動運転システムを備えたアイサイトを搭載のグレードbに人気があります。

日産 セレナ

セレナの中ではエアロパーツを装備した、ハイウェイスターは根強い人気で、高額査定して貰える可能性があります。
カラーはブラックとパールに人気があります。

日産 ムラーノ

ムラーノの中では<4WD車350XVROUR>や<2WD車の350XV>は高額査定して貰える可能性があります。
現行モデルの2代目ムラーノも高額査定して貰える可能性があります。

ホワイト、ブラックやシルバーなど定番カラーが人気です。
また、特別車レザーアンコールも高額査定して貰える可能性があります。

日産 エルグランド

エルグランドは高級車なため、中古車で購入する方も多いのです。
そのため、高額査定して貰える可能性があります。
定番のホワイトパールかブラック以外のカラーは、値崩れしないことが多いため、プラス査定して貰えるでしょう。

中でも、エアロパーツを装備した、2500ccのハイウェイスターは人気があります。
また、3代目の現行モデルは、中古車市場における流通台数が少ないため、希少性があります。
そのため、高額査定が期待出来ます。

三菱 デリカ

デリカの<4WDタイプ>は新車価格が、少し高めな定価300万円以上のため、中古車として人気があります。
上級モデルとなるGパワーパッケージ、限定モデルやエアロパーツなどの人気オプションを装備していると、さらに高額査定して貰える可能性があります。

ナビクルでの車査定した方の口コミと評判

<クラッチ得する車の売り方ガイド>での評価は5点中3点でした。
以下、口コミになります。

会社所有の車を売る事になって一括見積りサイトを利用しました。入力する項目は少なくて心配になりますが、すぐに見積り回答が返ってきます、見積り回答が返ってくるのは3社位で、同じ会社でも違う支店から電話やメールが続々と入ってきますので対応が面倒です。概算でしか比較出来ないので結局持ち込んで見積りを受ける事にしました、一括サイトで見積りを頂いた所でも実際に見て貰うと30万~50万位の価格変動があったので、サイトではお店のやる気を判断する材料なのかなと思いました

出典:https://clutch-s.jp/kuruma_uru/manzoku_urikata/hyouban/kaitorisatei/%E3%83%8A%E3%83%93%E3%82%AF%E3%83%AB/review/?order=useful

ナビクルで愛車の売却をしました。ナビクルは、車買取の一括査定サイトで、自分の愛車の情報を簡単に入力すれば、最大で10社の見積もりを取れるという優れもの。ナビクルで愛車の売却をして、希望以上の買取価格が付きました。大満足です。

ルミオン 95万円(6万キロ走行)

アップル 買取価格が思っていたより多く、次に購入した車の納車までの間、無料で代車を貸し出してくれるなど、対応はとても良かったです。不満な点は何もなかったです。 平成26年11月に売却

レビュー、口コミを参考にしてこちらのサイトを利用することが良いなと思って利用しました。対応の仕方がとても丁寧で良かったですし、下取りよりも結構高く売れて満足です。また売りたい時に、こちらのサイトを利用したいと思っています。
出典:https://clutch-s.jp/kuruma_uru/manzoku_urikata/hyouban/kaitorisatei/%E3%83%8A%E3%83%93%E3%82%AF%E3%83%AB/review/?order=evaluation

 

 

 

 

 

 

また、ナビクルで実際に車の一括査定をした方からは「電話がうざい」「しつこく食い下がられる」などの声がある一方、「買取金額に満足した」という声もありました。

電話の対処法

電話の対処法をまとめてみました。

メールのリンクをクリックする

1. ナビクルの車買取業者からの電話を止めたい場合は、 <ナビクルのお問い合わせフォーム>から連絡方法のリクエストが出来ます。

2. <メール連絡のみ希望>という項目にチェックします。
3. 必要事項を記入し、問い合わせします。

中には「メール連絡を希望したのに、電話が掛かってきた」と意見もありました。
口コミに電話を止める方法として「個人情報を削除する」というものがあったため、メール連絡を希望しても電話が掛かってくる場合には、こちらの方法を使った方が良いかもしれません。

買取相場の振り幅が大きい

買取相場は中古車市場によって日々変化しているため、平均的な買取相場がありません。
ナビクルの買取相場は各車買取業者が実際に車買取した金額も参考に算出しています。
在庫車にしたい車に関しては高く買取しているのです。
その結果、相場としての振れ幅が大きくなってしまうことがあるのです。

ホームページにも記載されていますが、現時点での最低額と最高額だと覚えておきましょう。

車買取が決まったため、ナビクルの査定をキャンセルしたい

ナビクルの査定のキャンセル方法になります。

1. ホームページのお問い合わせから<Q1.売却先が決まったのでキャンセルしたい >のリンク先に跳びます。
2. キャンセル依頼の項目の中からキャンセル理由を選びます。
3. 必要事項を記入し、<入力確認画面に進む>をクリックします。

まとめ

ナビクルはエイチームライフスタイルが運営する一括査定サイトです。
累計登録者数390万人を突破しました。

ナビクルを使用するメリットは、グレード、カラーや車検の時期などから相場を詳細検索出来ることです。
また、ナビクルはに加入している優良な買取業者のみと提携しています。
そのため、トラブルが少なく、車査定出来るのです。

また、口コミには「電話がうざい」「毎日数十件掛かってくる」という声がありました。
一括査定すると、入力した住所を元に自宅近くの買取業者から数秒で電話がかかってきます。
基本的に全ての業者と連絡しなければならないのです。
しかし、1度、電話に出れば、同じ業者から連絡がくることはありません。