人気コンパクトカーBMW1シリーズの買取は?買取での評価を大公開

BMWのエントリーモデルであり、コンパクトなボディが魅力の1シリーズ。国内でも扱いやすいサイズ感が人気を呼び、女性からも選ばれている1台です。そんな1シリーズの買取では、どのくらいの価格がついているのでしょうか。

大切な愛車だからこそ少しでも高く買取ってもらいたいですよね。そこで、BMW1シリーズの最新買取価格や、高値をつけるコツを紹介します。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報

BMW1シリーズの特徴

初代のBMW1シリーズは2004年に登場しました。初代には<5ドアハッチバック>、<2ドアクーペ>、<2ドアカブリオレ>がラインアップ。その後、2011年のモデルチェンジによって、2代目の1シリーズからは<5ドアハッチバック>のみになりました。

BMW1シリースは、BMWの小型Cセグメントに属しています。
Cセグメントに属する車両のほとんどが前輪駆動であるFFを採用しているのに対し、1シリーズはCセグメント※で唯一後輪駆動のFRを採用。走りが楽しめるよう設計されています。
※乗用車の1カテゴリーで、全長4,200mm~4,500mmの車を指す。

スポーティな外観

BMW1シリーズは、コンパクトでありながらも、スポーティなエクステリアに仕上げられています。細部までこだわりを見せるディテールは躍動感にあふれ、無駄なものを感じさせません。

トップアスリートのような力強さも魅力であり、フロントフェイスに採用されたBMWのシンボルとなるキドニーグリルとエンブレムが存在感を示します。

さらに、大型のエアインテークがスポーティさを盛り上げています。

ラグジュアリーなインテリア

1シリーズのインテリアには上質なレザーシートが採用されました。インパネ周りはシンプルでありながらもモダンなレイアウトで、視認性と操作性が高められています。

また、リアシートにも余裕を設けました。大人4人が乗車できることからファミリー世帯にも適しているといえるでしょう。360Lのラゲッジルームは買い物にも活躍します。

ツインターボエンジン

BMW1シリーズには、低回転域からの俊敏なパワーが魅力のツインターボエンジンが搭載されています。高速走行やワインディングロードでのコーナー、街乗りといったあらゆるシーンで駆け抜ける喜びを感じられます。

重量配分も前後50:50と理想的であり、ダイレクトなステアリング性能からは走行フィーリングが十分に味わえます。そのうえ、スポーツ・コンフォート・ECO・PROの走行モードも搭載。目的に合わせた走りの実現が可能です。

初代BMW1シリーズ<E87型>

2004年に誕生した初代BMW1シリーズは、ヨーロッパだけでなく日本国内でも高く評価されました。E87型と呼ばれた初代は、ハッチバックのボディサイズに全長4240×全幅1750×全高1430(mm)を採用。
国内の狭い道でも小回りが利いて運転しやすいことから、女性でも安心して乗れるBMWとして知られています。

初代のグレード展開には直列4気筒エンジン1.6Lの116iと、2.0Lの118i、120iがありました。さらに2005年には直列6気筒3.0Lエンジンを搭載した130iが追加されています。
2011年まで販売された初代は非常に人気が高く、多くの人から愛されてきたクルマです。

2代目BMW1シリーズ<F20型>

2011年のモデルチェンジによって、目となるF20型が登場します。2015年にフェイスリフトを受けたモデルも、この2代目です。

初代にラインアップされた2ドアクーペとカブリオレは、2代目登場の際に2シリーズへと移行。2代目からは5ドアハッチバックのみとなり、ボディサイズも初代より大きく変更されました。

2代目のボディサイズは全長4,340×全幅1,765×全高1,430〜1,440(mm)。グレード展開も変更され、1.5L直列3気筒BMWツインパワーターボエンジンの118iと1.6L直列4気筒BMWツインパワーターボエンジンの120iがあります。

安全装備

BMW1シリーズは安全装備が充実しているため、安心して乗れると高く評価されています。ドライバーに危険を知らせてくれるものや駐車をサポートするものなど、バラエティが豊富なのも特徴です。

例を挙げると以下の安全装備があります。

  • ACC(アクティブクルーズコントロール)
  • パーキングアシスト
  • リアビューカメラ

ACC(アクティブクルーズコントロール)

先行車との距離を維持し、自動で速度を調整するのがACC(アクティブクルーズコントロール)です。車両停止や再加速も自動で行えるのが特徴で、渋滞時などで停車と発進を繰り返す場面で活躍します。

前方にカメラが装備され、ブレーキ付きのレーダーを利用することでドラビングを常にサポート。道路上をたえず走査するレーダーは前車との距離を維持するため、クルマの速度を自動で調整します。

道路がすいた場合にはシステムにより自動で加速。さらに、接近コントロール警報を兼ね備えているため、クルーズ・コントロールを作動させていない場合でも、衝突する可能性がある場合にはドライバーに警告します。

警告はまずセンターディスプレイ上にも表示され、その後、音声によってドライバーへと注意を促します。視覚と聴覚に呼びかけることで、危険に気づきやすいといえるでしょう。

警告後にドライバーがブレーキをかけられない状況でもクルマが自動的にブレーキをかけますので、非常に安全です。

パーキング・アシスト

縦列駐車や並列駐車をサポートするシステムがパーキングアシストです。駐車可能なスペースがあるかを判断し、ドライバーに代わってステアリング操作を行います。接触事故が未然に防げることから、人気の装備です。

リアビューカメラ

後方に設置されたカメラが映し出す映像をディスプレイに表示し、後方駐車のサポートを行うのがリアビューカメラ。障害物や歩行者も確認でき、死角となる部分を極力減らす役目を担います。

1シリーズのスペック

<118d スポーツ>

  • 全長×全幅×全高(mm):4,340×1,765×1,440
  • ホイールベース(mm):2,690
  • 車両総重量(kg):1,480
  • シート列数:2
  • 乗車定員(名):5
  • ミッション位置:フロア

1シリーズの最新相場

2019年10月現在の買取相場を紹介します。

  • <135i クーペ ベースグレード>
    年式:平成24年(2012年) 走行距離:4万km カラー:ホワイト系
    新車価格:579.0万円 買取価格:152.0万円 残価率:約26%
  • <130i  Mスポーツ>
    年式:平成19年(2007年) 走行距離:9万km カラー:シルバー系
    新車価格:502.0万円 買取価格:44.0万円 残価率:約8%
  • <130i  Mスポーツ>
    年式:平成17年(2005年) 走行距離:8万km カラー:レッド系
    新車価格:491.0万円 買取価格:27.3万円 残価率:約5%

2015年のマイナーチェンジより以前の1シリーズは、それほどの価格が期待できません。また、2011年に販売された初代の1シリーズは大幅に価格が下がります。よって、1シリーズは年式が新しいうちに買取に出すのがいいでしょう。

人気グレードと残価率

116i MSportで46%という残価率です。

BMWはスポーツモデルに人気が集中しているため、MSportの残価率が高い傾向にあります。また、買取ではモデルチェンジのタイミングは非常に重要です。

モデルチェンジ以前のモデルは、残価率が大幅に下がっています。BMWはマイナーチェンジを含めたモデルチェンジを定期的に行いますので、買取を希望する場合にはモデルチェンジ前に売却するのがいいでしょう。

ただ、モデルチェンジ期には売却をする人が増えますので、できるだけ早く買取出に出すのがベターです。

より高額に買い取ってもらうポイント

人気のカラー

1シリーズにはオプションカラーを含めてさまざまなカラーバリエーションがあります。

1シリーズでは、スポーティなBMWらしさを引き立てるホワイトが人気です。ソリッドな純白である<アルピン・ホワイトIII>であれば、買取でも高く評価されるでしょう。

また、ブラック系も人気であり、<ブラック・サファイア>は迫力満点のカラーです。これらのカラーであれば買取での需要が高い傾向が見られます。

人気のオプション

BMW1シリーズで人気のオプションは<メタリックペイント>です。メタリックペイントのオプションを選択すると、より迫力のある1台に仕上がることから中古車市場でも需要が高くなります。

また、<電動ガラス・サンルーフ(チルト&スライド、コンフォート・オープン/クローズ機能付)>も人気のオプションといえるでしょう。

10年落ちの場合、値段はつくのか?

BMW1シリーズは、10年落ちの場合にはそれほどの価格が期待できません。

  • 2008年式(平成20年)116i /青/走行距離6万km
    参考買取価格:8.1万円
  • 2007年式(平成19年)116i /ガンM/走行距離4万km
    参考買取価格:7.1万円
  • 2006年式(平成18年)118i /白/走行距離7万km
    参考買取価格:6.2万円

どの年式であっても10万円を切る価格にまで落ち込んでしまうといえるでしょう。輸入車であるBMWは、年式が古くなることで故障が目立つことがマイナスポイントです。

修理が必要になった際、部品が高いことから維持費がかかりすぎるといった声も聞かれます。そのため、中古車市場では年式の新しいクルマが選ばれる傾向があり、10年落ちのクルマには値段がつきにくいのです。

しかしながら、ディーラーに下取りに出す場合と比べると、買取店での査定は高値がつきやすいといえるでしょう。また、一括査定などを利用し、業者同士を競わせることでも買取価格はアップします。

ドライブに興奮をもたらすBMW1シリーズ!維持費も興奮するほど安い?

【BMWまとめ】高品質なスポーツタイプが勢揃い!人気車種12選

まとめ

BMW1シリーズは、コンパクトでありながらも走る楽しみが十分に感じられるクルマです。なかでも、Mシリーズは人気であり、買取でも高く評価されるでしょう。

ただし、モデルチェンジ以前の1シリーズは価格が下がる傾向にあります。2019年9月29日にはフルモデルチェンジを果たし新型が登場しています。

モデルチェンジは買取価格を左右しますので、できるだけ早めに査定を依頼しましょう。

メーカー・車種別、ボディタイプ別の売却のコツ、エリア別の業者情報、
知っておくと得する売却のコツなどの記事をまとめています。

車買取・査定のお役立ち情報

車買取・査定のお役立ち情報