CR-Zの維持費はどれくらい?人気のハイブリッドスポーツカーを徹底調査!

ハイブリッドタイプのスポーツクーペとして高い人気を誇るCR-Z。惜しまれつつも2017年に生産が中止されましたが、後継モデルの登場も間近との噂も根強くあります。

中古市場でも評価の高いCR-Zの購入を考えている方も多いでしょう。今回は、CR-Zの維持費について調査してみました。

ホンダが生み出したスポーティーなハイブリッド車


CR-Zは、ホンダが2011年に販売を開始したハイブリッド車です。従来のハイブリッド車における環境に優しいナチュラルなイメージを覆し、ハイブリッドスポーツクーペとして誕生したCR-Zはまさに画期的な存在でした。

スポーティーなデザインと走りにハイブリッドシステムを搭載したCR-Zは、ホンダを代表する人気車種として、生産が終了した現在も高い評価を得ています。

エンジンにはホンダの最新技術を投入した1.5L i-VTECを採用し、燃費の良さと走行性能を両立させています。

CR-Zのサイズは全長×全幅×全高が4105×1740×1395mmの3ドアクーペです。車両重量が1130kgと非常に軽いおかげで、スポーティーな走りを存分に引き出しています。

CR-Zは一般的なハイブリットカーよりタイヤ径が1インチほど大きく、扁平率も低くなっています。燃費効率と走行性能の両方に配慮した、ハイブリッドスポーツクーペという位置づけならではのこだわりといえます。

ごく普通のハイブリッドカーではなく、デザイン性や走行性を求め、よりスポーティーな車を好む層にとって、CR-Zは非常に魅力的な仕上がりとなっています。

CR-Zの維持費は年間どれくらい?


自動車を購入する上で、維持費の問題は見逃せません。ハイブリッドカーであるCR-Zは燃費が良い車ですが、それ以外の維持費はどうなっているのでしょうか。

CR-Zの税金

CR-Zはエコカー減税対象車ですが、グレードによって減税額が異なります。また、エコカー減税で税金が優遇されるのは自動車取得税と重量税のみで、自動車税の減税はありません。

自動車取得税は購入の際にかかる税金なので、ここでは毎年かかる自動車税と重量税について解説します。

CR-Zの自動車税

CR-Zは、年額で34,500円の自動車税がかかります。自動車税は排気量によって定められ、CR-Zは1500㏄クラスの自動車税です。

毎年4月1日時点の所有者に対してかかる税金で、毎年同じ金額がかかります。エコカー減税はないので、CR-Zを所有している限り、毎年34,500円の自動車税が発生します。

CR-Zの重量税

自動車重量税は、車の重さ0.5トンごとに値段が変わります。CR-Zの場合、グレードによっても異なりますがエコカー減税対象車の場合、重量税が50%~25%減税されます。

CR-ZαCVT(FF)の場合、重量税が50%の減税となるため、実際の納付額は11,200円です。
それ以外のグレードは25%の減税となり、たとえばCR-ZαのMaster label CVT(FF)の場合、納付額は16,800円です。

CR-Zの保険

自動車の維持費の中で、保険は大きな割合を占める部分です。保険料の節約は維持費の節約に繋がります。

CR-Zの自賠責保険

自賠責保険は任意ではなく加入が義務付けられている保険です。新車購入時には37カ月分をまとめて支払い、それ以降は車検の際に2年分まとめて支払う仕組みとなっています。

普通車の場合、自賠責保険の金額は12カ月で15,520円、24カ月で25,830円です。任意保険に加入していなくても、最低限自賠責保険の1年あたり15,520円は必ずかかります。

CR-Zの任意保険

自賠責保険は必ず加入しなくてはいけませんが、自賠責保険は補償範囲が狭いため、物損事故や自損事故での補償を受けるには任意保険に加入する必要があります。

任意保険は、運転者の年齢や等級、補償範囲などで金額が大きく変わります。価格ドットコムの相場によると、CR-Zの場合は年間5万円前後の保険料を支払っているケースが多いです。

保険料は各社を比較して見直すことで節約できます。年間の維持費を抑えたいなら、任意保険の見直しがオススメです。

CR-Zにかかるその他費用

税金や保険料以外にも、自動車の維持費には細かい項目があります。車を運転する上で密接にかかわってくる、ガソリン代や駐車場代、車検代などについてまとめました。

CR-Zのガソリン代

CR-Z はハイブリッドスポーツクーペで、燃費の良さは上々。街乗りでも高速道路でも優秀なパワーを発揮します。CR-Zのカタログ燃費はグレードによって15.4km/l~21.8km/lですが、実燃費はもう少し少なくなり、10.8km/l~15.3km/l程度です。

ガソリン代を割り出す計算式は以下の通りです。
走行距離 (1万km) ÷ 実燃費× ガソリン価格(140円/l )=年間のガソリン代

ガソリンがリッター140円で実燃費が10.8km/lのCR-Zで年間1万キロ走った場合、年間のガソリン代は約13万円です。
実燃費が15.3km/lのCR-Zでは年間約9万円程度のガソリン代となるため、グレードが高く燃費が良い方が年間のガソリン代が大幅に節約できます。

CR-Zの駐車場代

自宅に駐車場があれば問題ありませんが、駐車場を借りる場合は月々の駐車場代がかかります。CR-Zは一般的な乗用車のサイズなので、立体駐車場などでも問題なく使用できます。

駐車場の賃料は地域によって大きく異なり、全国平均は8,000円ですが都市部になると2万円以上するところも多いです。特に東京都は駐車場代が高く、月額3万円程度かかる地域も多いです。

CR-Zの車検代

CR-Zの車検代の相場は5万円程度が一般的ですが、車検はどこで受けるかで費用が大幅に変わります。

ディーラー車検は安心ですが、その分費用も高いです。車検代を節約して維持費を抑えるなら、ガソリンスタンドや車検専門の業者に依頼するのがオススメです。ただし、CR-Zは2017年に生産終了しているため、この先部品の交換などが必要になった場合は費用がかさむ可能性があります。

中古でCR-Zを購入する際は、車検費用が高額にならないよう、しっかり状態をチェックしておくのが大切です。

CR-Zの購入時にかかる費用は?


自動車を購入する際にかかる費用は、車の本体価格だけではありません。CR-Zの購入時にかかる費用についてまとめました。

CR-Zの車体価格

CR-Zは惜しまれながら2017年に生産を終了しましたが、復活を望む声は根強く、リニューアルして再発売する可能性も大いにあります。

CR-Zの新車価格は、270万円~292万円です。今後リニューアルして再発売があったとしても、おそらくこの価格帯に近い新車価格になるでしょう。また、中古車価格の相場は、21.9万円~249.8万円です。最後の年式が2016年式ということもあり、まだまだ状態の良いCR-Zは中古車価格も高いです。

CR-Zのオプション

CR-Zのオプションは非常に充実しています。オプションの有無によって購入価格も大きく変わりますが、特に純正カーナビや本革シート、スカイルーフなどが人気です。特に人気が高いホンダの純正カーナビのインターナビは、画面の大きさによって10万円~20万円程度です。

CR-Zは生産終了しているため、中古で購入する際に希望のオプションが搭載されている車を探すか、後付けでオプションを付けられる業者を探すしかありません。

メーカーオプションの後付けはできませんが、ディーラーオプションの場合は後付けが可能なものも多いので、一度問い合わせてみるといいでしょう。

CR-Zの自動車重量税

自動車重量税は車検の際に支払うので、車検の残りがある車を中古車で購入する場合、自動車重量税を支払う必要はありません。車検残がない車の場合はエコカー減税の減額率に応じて11,200円~16,800円の自動車重量税がかかります。

CR-Zの自動車取得税

エコカー減税対象車であるCR-Zは、グレードによって自動車取得税が60%から40%減額されます。

CR-ZαCVT(FF)は減税率が最も多く、自動車取得税が60%減額されます。本来67,500円の自動車取得税が40,500円減税されるため、実際の自動車取得税の納付額は27,000円です。

CR-Zの自賠責保険

自賠責保険は、自動車を所有している全ての人が加入を義務付けられています。こちらも車検ごとに支払うため、車検残がある場合は次の車検まで支払う必要はありません。

中古購入時に車検切れの場合は、24か月分で25,830円の自賠責保険が必要です。中古車販売店によっては、車検残がある中古車を買い取る際、全オーナーに自賠責保険の残りに当たる金額を返還している事もあります。

その場合は、車検が切れるまでの自賠責保険に相当する金額を、新オーナーが支払うことになるため、中古でCR-Zを購入する際は自賠責保険の有無について確認しておきましょう。

CR-Zのリサイクル料金

リサイクル料金は、車の廃棄にかかる処分費用で、法律で定められたものです。リサイクル料金を支払うタイミングは、車の購入時です。

CR-Zのリサイクル料金は、11,990円~12,450円です。リサイクル料金を支払うと、リサイクル券が交付されるので、大切に保管しておく必要があります。

CR-Zの代行手数料

車を購入する際、ディーラーや中古車販売店に手続きを代行してもらうと、代行手数料がかかります。

代行手数料の内訳は様々ですが、車検が残っている車で15万円~25万円程度の費用が一般的です。車検が切れている場合、さらに10万円程度の手数料がかかることがあります。

代行手数料を抑えるには、個人でできる手続きは自分ですることをおすすめします。たとえば、購入した車を店頭受け取りにすれば、納車費用を節約できます。

CR-Zを購入する上で注意するべき点


CR-Zは既に生産を終了している車なので、購入手段は中古しかありません。ハイブリッドカーということもあり、修理には費用がかさみます。

特にCR-Zはスポーツカーなので、過走行や修復歴ありの中古車が多く、購入の際にはしっかり車の状態をチェックするのが大切です。

ハイブリッドカーは走行距離が多くなるとバッテリーの寿命が短くなります。CR-Zのバッテリー交換には20万円~40万円程度かかることもあり、バッテリーの寿命に関しては念入りに確認しましょう。

新車登録から5年以上経過している車や、走行距離が10万キロを過ぎている車でバッテリー交換がされていない場合、注意が必要です。

まとめ


CR-Zは生産が終了した現在も根強い人気を誇る車です。ハイブリッドカーのため燃費もよく、任意保険料や駐車場代などを見直して節約すれば、年間維持費も抑えることができます。

エコカー減税を適用すれば重量税や自動車取得税もお得になるので、コスパの良い車種と言えるでしょう。

ただし、中古で購入する際はバッテリーの消耗や修復歴に注意が必要です。状態の良いCR-Zを探すためには、購入前にしっかり確認しましょう。